アサシンクリード リベレーション

Updated
 
1.0 (1)
960   1   0
アサシンクリード リベレーション

製品情報

ジャンル
アクション
価格
7,770円
発売日
2011年12月1日
対象年齢
CERO:Z 18才以上のみ対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
消費期限ギリギリ
2012年3月にプラチナ獲得。
エツィオ・サーガ三部作の最後ですが、どちらかというとこれ以前のアサシンクリードの総決算といえます。
エツィオの物語はエンバースで締めくくられ、アルタイルの結末といった要素からそう感じました。
次の3からは、良くも悪くも別ゲー化が加速しているので(特に4)、個人的にはリベレーションまでをクラシックと呼びたい気分です。

さて、トロフィーについては、2と同じくらい簡単で、作業はあるものの、鬼門なしで進められます。
書物をコンプする『賢人』トロフィーがバグで取れず、かつ銀行に金が貯まらないといったバグもありましたが、現在は殆どが解消しています。
私がプラチナまで発売から4か月もかかったのは、その両方にひっかかったためですw
一方のオン関連のトロフィーは、取得条件自体は簡単なものの、やはり過疎という問題がのしかかってきます。
幸い、BHと比べると多少人は残ってたりしますが、それでも間違いなく減り続けているため、プラチナを目指すなら一刻も早く取りかかってください。
次の、5(仮)が出てしまうと、いよいよ不可能となる可能性が高いです。

総合的な難易度としては、やはりマルチプレイの過疎次第という要素が強すぎるため、☆3に限りなく近い☆2だと思います。
こちらも、オフのストーリーは、多少エツィオが荒っぽいものの、その結末は非常に感慨深いので、ぜひサーガをご堪能ください。
レビュー投稿者トップ50 63 reviews
エツィオ最終章
(Updated: 2018年 12月 15日)
コンプ難易度 
 
1.0
エツィオさん、ホント歳取ったなぁ・・・(しみじみ
でも、暗殺技術は向上するばかりで恐ろしいw

『深遠なる記憶』を取得する為に、今回から全シークエンスでのフルシンクロが必要となります。
とはいえ、そこまで難しい物はなかったので、何回かチャレンジすれば取得できると思います。

それより私が苦労したのは、追憶の旅関連のトロフィーでした。
FPSが苦手な私にとっては苦痛以外の何物でもなかった・・・(酔う
UBIさん、マジヤメテ・・・m(_ _)m

レビュー

コンプ時間
25時間(DLC含まない)
前作にあたる『Assassin's Creed Brotherhood』より遥かに簡単ですが、『Assassin's Creed II』と同程度の作業があったので、★ 3 に極めて近い★ 2 という事で、プラチナ取得難度は★ 2.4。全体的に収集要素が多く、それなりに時間がかかります。

バグがあるらしい【爆弾マニア】に関してですが、私は特に問題無く取得出来ました。
今年の 1 月下旬頃に取得しましたが、最初に最新パッチを当てた上でプレイして取得出来たので、いつの間にか修正パッチが来ていた?のかもしれません。

続編も出ちゃってるので、全ゲームモードをプレイする【探検家】が厳しそうなイメージですが、平日の夜間にプレイしていたら 2 ~ 3 時間で獲得出来ました。
ぬるい
2013年1月現在、まだオンラインは過疎っていません
バグが存在し、現バージョンでは爆弾マニアの取得ができません、ホームのゲームデータ管理からシステムデータのみを消して始めると取得可能です。
問題は続きからができないので(アップデートをもう一度するとできる)、始めから爆弾つくりが可能になるまでをやらないといけません、面倒です
オンはぬるい、前作と比べてぬるすぎる。
まだ間に合う
2012年7月くらいに購入しました。
オフは他の方がレビューしてるので割愛。
ただしバグで取れないとかはなかったです。

オンは過疎りつつありますが人は居ます。(2012年9末現在)
ただし平日夜は、ほぼLv50ばかり。
煙幕、ミュート、挑発三昧でなにもさせてもらえず、ストレスがたまるので初心者にはオススメできません。週末の午前中などは低Lvの方も結構いるのでそちらがオススメです。

またニコ動にて「ゆっくり実況 ブラザーフッドマルチプレイ」で再生数が多い動画をオススメします。HowToとしてもすばらしいですが、かなり笑えます。この動画をみるとマルチプレイがやりたくなります。ブラザーフッドなので前作になりますが、大筋は変わってないので問題なしです。

11月には続編がでるのでそれまではプラチナ狙えると思います。
バグに注意。
(Updated: 2012年 9月 20日)
バグにより現在のverでは爆弾マニアが取れませんでした。wikiなどでよく調べてゲームデータを消すなど対策をして下さい。

トロ難易度は抑えめです。オンラインも簡単ですので総評でやや簡単の★2。ただ、全てのルールでプレイが厳しくなっていましたので今後時間が経つとメンドクサくなりそうです。

オフラインのフルシンクロのノーダメや見つからないは爆弾や毒の使い方を理解すればサクサク取れると思います。あとは私だけかもしれませんが、「大技」のやり方を間違えていて全然とれませんでしたので。パラで飛んでワイヤー上で○ボタンで落ちてすぐ○連打です。(ずっとR1+×とかやってました。。)

◎重要なことを忘れていました。「税金逃れ」というトロがあるのですが、テンプル騎士の使者が出る確率がもの凄く低い上ランダムなため、赤マークの逃げ回る人物がいたら必ずタックル(悪い噂?ゲージがMAXになりますが、殺しても可です。)とにかく見つけたら逃がさないこと。


★あとDLCについて一言(これは難易度に含んでいません。)
トロフィーデザインやボリューム、価格などについてとても印象が悪いです。まるで談合して下さいと言っているオンラインのマップやキャラ指定、一人称視点の短い別ゲームなどトロフィーのために買っても虚しいです。
オフは簡単、オンは好みによる
ACⅡはプラチナコンプ済み
シリーズ物の4つめで1以外はプレイ済み
3作の中で最もプラチナ会得が楽で、内容、操作性共に最も面白い
しかし、いきなり始めると話が全く分からないので注意
特にフリーランニングの登り具合が非常に快適になっている
攻撃もカウンターや弟子などを駆使すれば楽
グラフィックもⅡ、BHとは段違いに綺麗になっているのも魅力
オンラインの対戦は好みが分かれる
とりあえず煙幕が強すぎるので使えない序盤は攻撃もカウンターも失敗しまくるのが残念
以下トロフィー関連

ストーリークリアで結構手に入るのはもはやお約束
意識して行うもので面倒なのは、「電撃戦」「ネズミ取り」「指利き」くらい
「電機戦」は5人以上を集めて煙幕を駆使
「ネズミ取り」は5人以上集めてフックブレードで引っ掛けるのを繰り返す
同時に当てないといけないので地味に苦戦した
「指利き」は盗賊のチャレンジをクリアする必要があるので序盤から積極的に雇っていきたい
今作の盗賊は死体をあさるだけでなく街中で通行人から自動で金とアイテムを盗んでくれるので、人通りの多いところで停止させてから放置するだけで金があっという間に集まる
弟子を各地に派遣するのと併用して「賢人」の費用集めにぜひ
「地獄絵図」はイェニチェリのアジトに潜入する時に失敗覚悟で毒爆弾を投げまくるとあっさり取れる
「深遠なる記憶」は全てフルシンクロが必要だがそこまで厳しいところはなく、しいて言えばシークエンス7のメモリー4のノーダメジクリア
敵が2人ないし4人セットで出てくるので、さくらんぼ爆弾でおびき出して1人か2人くらいは毒矢で倒しておくと非常に楽
ピストルだと一撃で死なない敵もいるので死ぬまでに時間はかかるが毒矢安定です

自分が非常に苦痛だったのがオンラインでのトロフィー
レベルを20にするまでで大体全て取れると思う
「戦術家」は感染ルールでひたすら逃げ続ければ初見でもいける
というかレベルを20にするまでの過程が非常に退屈
そもそもオンラインのバランスがあまり良くない
煙幕の使い勝手が良すぎて攻撃、防御どちらにも有効なうえ解除レベルが20なので使えると思った時にはプラチナ会得
オンラインの対戦が面白いと感じる人であれば苦も無くできるだろう
非常に個人的な感想ではあるがオン対戦が結構時間がかかるので☆3くらいが妥当
相変わらずバグの多いこと多いことw
(Updated: 2012年 5月 13日)
ACシリーズ4作品目

プラチナゲットは少し運が絡みますね
前作で鬼畜だったオン関係トロフィーはかなり楽になりました

今作のオンライントロフィーはレベル20到達までに全て取れると思います
「戦術家」など最初とれるか心配でしたが、慣れてきたら2505なんて連発できます

「話題独占」は全てを集めるのではなく13種類の表彰を通算でとればいいのでいつのまにか取得。

しかし、一番の問題が過疎とマッチングの悪さ
「探検家」全ゲームモードプレイとありますが、たとえ検索でゲームモードを指定しても他の
ゲームモードに飛ばされる謎仕様のため、人気のないゲームモードには中々マッチングできない


自分が取得した1月下旬も昼間はほとんどマッチングせず外人タイムの夜中にプレイしました
とにかく根気よく目当てのゲームモードにとぶことを目指すしかありません


オフライントロフィーですがアサシンシリーズ恒例の収集トロフィーも半分集めれば残りはマップ上に表示される優しい仕様なので前作までと比べかなり楽

ただ何故かアニムスデータの断片の最後の1こが出ず一回やり直したらなぜがでてくる謎のバグがありました


「弱い者いじめ」
これは最初ドゥーチェが分からず「?」となりました。マップ上でターゲット表示されている、店の前で酒?を飲んでいる男をタコ殴りにすれば取得です。ちなみに何度殺しても復活するのでご安心を


「税金逃れ」
これはもう運です。確実な出現方法はないと思います。自分は適当にミッションをこなしていたら現れました。くれぐれも殺さないように

「賢人」
自分がプレイした時はバグのせいで取得できず、PS3のゲームデータを一度消し1,00で取得できました。

「ネズミ捕り」「地獄絵図」「静かなる死」「俺には見える」のトロフィーは下の島マップ左上のほうにあるランドマークにて、陽動爆弾で敵を集め個々に取得しました
動画で詳しいやり方が見れるのでそちらを参考にすれば簡単なはず

オフライン難易度2(バグなしで)
オンライン難易度2(1月当時のマッチング状況において)
(Updated: 2011年 12月 30日)
プラチナ獲得までの難易度はかなり下がっています。
難易度的には BH>Ⅱ>R ですかね。☆で表すと2.2といったところでしょうか。
以下は自分が注意した方がいいかな、と思った所を挙げていきます。

『仕上げ』
前作の旗、前々作の羽根に当たる今作のアニムスデータの破片は100個の内50個獲得すると
残り50個の位置を自動的に表示してくれるので動画や位置を検索しなくてもすべて入手する事ができました。

『鉄のカーテン』
自分はタワーディフェンス系のゲームが苦手みたいで、動画を見てプレイしましたが中々上手くいきませんでした。
攻城兵器?にはバリケードをいくら強化しても一瞬で壊される(2段階強化でも3回攻撃されると破壊される)
のでその分を銃兵や弩兵に回した方が有効です。

『指利き』
盗賊の物色は盗賊ミッションのセット2(イーグルダイブ40回、1キロの距離を登る、戦闘中に合計250Aを奪う)
をこなさないとしません。意識しないと絶対に気づかないままクリアしてしまうのがほとんどでしょう(笑)

『賢人』
50万Aほどの資金が必要なのでお金を温存しておくか銀行前で放置もありかもしてません
(今作はランダムで追跡者が出現するので突っ立って放置してるといつの間にか…)

マルチプレイですが、前作をプレイしていれば全く問題なく取得できますし、
もし前作をプレイしていなくてもそこまで難しいモノはありません。
イントロセッションや訓練エリアなど、前作より初プレイに適していると思います。

結論として、前作BHのマルチプレイトロフィーほどの凶悪なモノも全くなく、
取得物系(羽根や旗など)も表示してくれるようになっています。

全体的にストーリーも短めで取得しやすいタイトルになっていると思います。


これを見たプレイヤーに英知の父の導きがあらんことを。
マルチトロフィーが簡単に!
アサクリはシリーズ全て経験済み
マルチトロフィーが鬼畜だった前作とは違い、非常に容易に取得出来るようになった今作。

■ストーリー
ストーリー系はいつものように各シークエンスクリアとお題クリア、それと新しく追加された「追憶の旅」クリアです。
ストーリーには特筆するほど難しい箇所がないため、フルシンクロも簡単かと思います。
フルシンクロでネックとなってくるのは、「傷を負わない」「見つかってはいけない」「〇〇分以内にクリア」あたりかと思います。
「傷を負わない」→カウンターを基本にしていればそれほど難しいものではありません。カウンター無効の槍兵相手には距離を取って飛び道具で仕留める、もしくは弟子に任せるなどすれば問題ないかと思います。
「見つかってはいけない」→今作の新要素である爆弾を使用すれば見つからないでおくことが容易です。ある程度の慎重さは必要ですが、アグレッシブな行動をとっても意外と気付かれません。
「〇〇分以内にクリア」→1度では無理でも2,3度やれば問題なくクリア出来るかと思います。BHのロムルス教徒のアジトに比べれば楽に感じました。

「追憶の旅」→1人称視点での操作になるので、慣れていない方は多少手こずるかもしれません。とは言え敵が登場するわけでもないので特に問題はないかと思います。足場のブロックとブロックが消える壁、流れる壁の仕様さえ分かれば難しい箇所はありません。ただ非常に面白くなく、なんてクソゲーと思わずにはいられない内容になっています。(好きな方はごめんなさい。。)

「税金逃れ」→前作に比べ出現しにくくはなりましたが、クリアまでに数回はお目にかかれるはずです。(私の場合クリアまでに10回は見かけました。)見かけた場合は、進行中のメモリーに影響がなければ無理してでも追いかけたほうが無難ではあるかと思います。


■マルチプレイ
レベル20にする過程で大半は取得出来ます。対戦が苦手でもやっていれば自然と取得出来るようなものばかりです。意識しないと取得出来ないのは「探検家」ぐらいでしょうか。
余計なお世話マッチングのせいで、プレイしたいルールでマッチングされないことが多々あります。(デスマッチを選択したのに、ウォンテッドの部屋に放りこまれるなど。)全ルールプレイしたはずなのにトロフィーが取得出来ない場合は大抵この仕様のせいでしょう。開始早々の部屋にマッチングすれば気付くでしょうが、終了間際の部屋に放り込まれた場合は気付かないこともあるかと思います。
私はアサシネーションと宝箱争奪戦でマッチングするのに苦労しました。


シリーズ未経験者は前作までの全シリーズプレイしてから今作を始めるとより一層楽しめると思います。プラチナトロフィーも狙うのであればBHは相当厳しいと思いますが。。。今作が発売されたことによるプレイヤーの移行でマッチングするかも不明。時期的なことも踏まえ、フレンドが8人いないと不可能と言ってもいいかもしれません。

難易度は多少面倒なものはあるものの、難しいものはなく簡単なので★1とします。
眠れ、安らかに
(Updated: 2012年 3月 01日)
AC2(前々作)とブラザーフッド(前作)はプレイ済み。
前作と同じく本編+オンライン対戦が必要となります。

本編は前作までと同じようにストーリークリアとお題系トロフィーとなります。
お題系は意識しないと取れないものが多いですが、概ね問題ないでしょう。
フルシンクロも鬼門となるようなものはなく、特に今回はパズルがないので攻略サイトを開く機会すら無いかもしれません。
とりあえずストーリークリアまで進めて、その後に取れていないトロフィーを集めればいいと思います。

・仕上げ

前々作でいうところの羽、前作でいうところの旗に相当するものがアニムスデータの断片です。
前作もそうだったと記憶していますが、半分取得で地図を得られますので、それまではタカの眼を使いながらウロウロして集めましょう。

・炎の男

てっきりギルドミッションのことだと思い込んでたので取得が遅れたトロフィー。
実際はピリ・レイスがいる家屋内の壁に絵画が飾ってありますが、これを調べることで開始される爆弾チュートリアルで取得となります。

・賢人

本の購入にトータルで50万近くの金が必要になったと思いますので、終盤に向けて無駄遣いせず貯めておくのもいいかと思います。
もっとも前作のように放置していれば銀行に振り込まれる仕様ですので、そういう意味では問題はありません。

・税金逃れ

もしかしたら一番困るかもしれないトロフィーがこれです。
シリーズ経験者なら「前作でいうところのボルジアの使者」といえば何のことか理解出来るかと思いますが、初プレイの方はそもそも何のことを指してるのかもよくわからないと思います。
意図的に出現させられるかわかりませんし、(本当はタックルがベストですが殺害でもいいようなので)もし見つけたらあらゆる手段を使って仕留めましょう。
ちなみに私の場合はストーリークリアまでに3回の出現を確認しました。

前作では多くのプレイヤーを悩ませるどころかプラチナを諦めさせる原因ともなったマルチのトロフィーですが、今作は簡単になっています。
「13種類の表彰を獲得する」なんかはバラエティ大の再来かと不安になりましたが、実際は数多くある表彰の内の13種類を達成するだけで構いません。
1ラウンド中に13種類というわけでもないので、他のトロフィーもそうですが、Lv20の過程で狙わずとも取得出来るでしょう。
ちなみに私の場合は約6時間でLv20達成となりましたが、前作のマルチを経験していないプレイヤーなら+数時間は必要になるかもしれません。

以下は追加トロフィーについて。

・マルチプレイ用キャラクターパック

いずれも追加されるキャラクターを使用してのお題系トロフィーです。
追加されるキャラクター使用にレベル制限などはありませんが、アビリティの突進を習得するにはLv20が必要となります。
それほど難しいものではないのですが、「冷酷無比」はマンハントを指定されているが故に、リーダーになれるかどうかという問題がありますので、そういう意味で巡り合わせが悪いと思わぬ時間を浪費してしまうかもしれません。

・マルチプレイ用マップパック

追加マップDLCという性質上、時間が経てば経つほどマッチング面で厳しくなることが予想されます。
(というか、少なくとも日本ゴールデンタイムにおいては、配信日で既に微妙でした。)
特にこのゲームのマッチングはそのルールで人が少ないと判断された場合、別のルールへと強制的に移行させられます。
普通にランクを上げる分には便利なこの機能ですが、意図的に特定のルールでプレイしたい場合には迷惑極まりなく、更にトロフィー条件として特定のマップが指定されているのも問題で、運が悪いと機会にすら恵まれないでしょう。
もっともプライベートマッチにて取得は可能なので、有志で集まれるならトロフィー的に詰むことはありません。
ちなみに対戦に必要な人数はルールによって異なりますが、ウォンテッド開始に必要な4人が最高となります。

・失われた記憶

こちらはシングル用のDLCで、タイトルから開始する独立型ミッションが追加されます。
本編でもプレイすることになる主観視点のアレを流用した内容で、トロフィー的にはノーミスが少し面倒くさいくらいで難しいものではありません。
クリアだけで約2時間、トロフィーの為の作業として更に30分程度を費やしました。
ちなみにストーリーは本編を補完するものですが、前作であるブラザーフッドをやってないと何を補完しているのかサッパリわからないと思います。

仮にシリーズ初プレイだとしても難易度は★2が妥当だと思います。
気軽に楽しめる良バランスに
(Updated: 2011年 12月 08日)
当方、BHのみプレイ経験あり。(コンプはマルチが難しく断念)

今作は最終章ということもあってか、
前作と比べストーリーのボリュームも控えめで、
マルチのトロフィーも劇的に簡単になっているため、
気楽にプレイできる作品に仕上がっていると思います。
各トロフィーについては下の方の説明が丁寧なので、個人的に面倒だったものを補足程度に。

【ストーリー】
★深遠なる記憶
 シークエンス7-4 に若干苦労しました。
 火薬を入手するまでは、最初の4人 ⇒ 煙爆弾(先に一人は誘き出して暗殺しておくと尚良し)
 次の2人 ⇒ 坂(階段?)を登ったところでわざと発見され、坂を利用しぶら下がり状態から暗殺
 火薬直前 ⇒ 同様に発見され、坂まで戻り、ぶら下がり状態で次々暗殺

 火薬を入手したら、目的地直前までダッシュで駆け抜け、
 広場に出ると右手奥に梯子があるので、急いで昇る(梯子からでないと投石に被弾する可能性あり)
 登った先の足場からぶら下がり状態になり、3~6人が追いかけてくるので、次々と暗殺。
 落ち着くと足元の2人組、広場の4人組がそれぞれ数人ずつは残っているはずなので、
 4人組に毒爆弾を投げ、すかさず足元の2人組にエアアサシン。
 (稀に4人組の死体に反応した兵士に見つかる場合もありますが、再度梯子を昇り真下の死体に反応している間に暗殺)

 毎回カウンター&キルストリークを狙っていると時間も手間もかかる上、
 失敗したときの精神ダメージが大きいため、上記のやり方で取得しましたが、
 チートの無敵でフルシンクロ達成でも解除されるのか既に検証できなかっため、チート使用でも可能ならば当然そちらで。

★税金逃れ
 テンプル騎士団の使者の出現が完全にランダムなのか、ある程度条件があるのか詳細が不明なため、一番苦労しました。
 ストーリーのトロフィーが残りこれのみになるまで、一度しか目撃できなかった上、
 「金を奪う」という内容からR1+△のカウンターかと勘違いしてしまい、
 様子を見ていたのですが殴っているうちに死んでしまい、それから音沙汰無しでした。

 ストーリーが終わってから、武器庫の門付近によく出現するという情報を頼りに、宝箱回収をしていたら1時間程で出現し、
 追いかけて普通にアサシンブレードで暗殺すると取得できました。

 完全に運だとは思いますが、『安楽イス将軍』取得後、放置していた地中海防衛にて、
 侵攻されていた街を全て奪い返したら15分ほどで取得できました。(それまでは計5時間、街を徘徊しても出なかった)
 全く関係ないとは思いますが、どうしても出ない方はオカルト程度に・・。

★指利き
 50人とか多過ぎ、こまめにやっておくべきだった・・と思いましたが、
 盗賊が生きている限りずっとアビリティが発生するため、
 『地獄絵図』の参考場所や、4人組で徘徊している兵士にアサシンシグナル3を繰り返して、割りと一瞬で取れました。

★ネズミ取り
 崩した足場の判定が意外と狭い
 銃兵が混じっていると、なかなか足場に近付いてくれない
 足場と敵の距離が近いと、敵に対し掴み系の技が発生してしまう

 上記の点から、恐らく2番目に苦労したと思われます。
 事前に足場を崩せる位置関係、状況を把握しておき、敵と足場の距離を意識してまきびしを撒かないと、
 すぐに爆弾が底を尽きて補充のための往復が面倒です。私が下手なだけかもしれませんが。


【マルチプレイ】
★本物のテンプル騎士団
 シンプルデスマッチがオススメです。
 マップが狭いため接触が多く、アビリティもないためほぼ確実に暗殺&名誉の死が発生するため、
 他モードと比べ高スコアになり易いです。

★探検家
 感染の3R目のみ参加後、トロフィー取得を確認できたため、最初から参加している必要はないようです。


技術的な難易度はほぼ無いといって良いのですが、オンラインの対人(しかも複数人)に得手不得手がある点、
税金逃れのような若干運が絡む点から、★2が妥当かなと思います。
コンプ時間はPS3のデータ管理から確認。特に意識しなくても30~40時間ほどで取得可能と思われますが、
この手のゲームが得意な方なら、事前に情報が揃っていれば24時間切れるかもしれません。
BHより簡単
Ⅱ、BH(DLC除き)コンプ済み。
ストーリーの難易度は有って無いような物なので収集系や特殊行動系等についてレビューします。
クリア後も自由にミッションセレクト等出来るのはもちろん、時期限定のは無い(はず)ので今作は取りこぼすともう一周は無いと思います。

■収集系
大体が塔の頂上等、屋根や出っ張りに設置されています。
一見遠くて分からなくても鷹の目で設置されている場所を見れば地図にアイコンが記されますのでそれを頼りに収集するのが基本となります(動画見たほうが早いですが。。。)。

千の言葉に値せり
全部で10枚、3~4枚集めると地図に残りのアイコンが表示される本が書店に並びます。

仕上げ
全部で100個、30個集めると追憶の旅が全てアンロック。50個集めると自動的に地図に残りのアイコンが表示されます。途中で行けるようになる島にもあるので注意。

賢人
書物ミッション、店売りの書物コンプ(街と島両方)。店売りコンプはかなりお金が掛かるので金策はしっかりと。

大導師
弟子をLV10まで鍛えるとマスターアサシンミッションが表示されます。それをクリアし、LV15辺りまで鍛えるとまたミッションが出ますのでクリアします。これを7人やるだけ。経験値は地中海ミッションや、戦闘中に呼び出すなどで貯まっていきます。

■特殊行動系
結構どこでも狙えますが自分がちょっと詰まったものだけ。

鉄のカーテン
2-6での初防衛時に狙うと楽でした。基本的に兵をMAX配置して自分も銃で攻撃してれば大丈夫です。バリケードはそんなに気にしなくてもいけました。

指利き
盗賊アビリティなるものがあると気づいたのが本編クリア後でした;
盗賊ギルドチャレンジの対象のセットをクリアするとアビリティが解除されますので、後は盗賊雇ってテンプル騎士団しばくと勝手に漁ってくれます。一般市民からもスッテくれるようになるのでちょっとした金策にもなります。

安楽イス将軍
ロードスも支配で取れるのかは分かりませんが、自分はロードス以外支配で取れました。
同時じゃなくても支配している状態であればOKです。支配後に攻め込まれている都市があっても取れるのかは不明です。
弟子の数やLVが十分に揃ってから狙うのをお勧めします。

■フルシンクロ
DNAシークエンスのみでOKです。
シリーズ初の人には辛いかと思いますが、リプレイから何回でもチャレンジできますし戦闘系は立ち回りを覚えれば上手く動けるようになるはずです。

■追憶の旅
1人称でパズル要素があります。2、3辺りで若干詰まりましたがそれ以降は楽でした。
落下中でも足場を作れる、走りながらでも足場を作って渡れるを意識しておけば難しく無いです。

■マルチプレイ
基本のトロフィーに関してはBHよりも劇的に簡単になっています。経験者なら2、3時間やればあらかた取れてるのではないでしょうか。
最終的に残るのはLV20と人によっては全セッションでプレイだと思います。
前者は楽しみながら出来ると思いますが、後者は不便なマッチングの為希望のセッションに入れないというのが多々あります。今はまだ大丈夫だと思いますが早めに取ることお勧めします。


長くなりましたが(自分の)本作はバグやフリーズも無くシリーズ通してやってる方には、
是非エツィオ3部作の最終章としてやって頂きたいです。
求められるスキルもBHより無く時間も総合して☆2が妥当かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。