ウェルカムパーク

Updated
 
1.0 (4)
277   2   0
ウェルカムパーク

製品情報

ジャンル
アプリケーション
販売
発売日
2011年12月17日

 

ユーザーレビュー

4 reviews

View all reviews
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
えっ!?これ結構難しくないですか?
(Updated: 2017年 6月 22日)
私の後にトロコンする人は出てくるのだろうかというくらいの遅さですが、トロコンしたのでコメントします。

まず第一にここのサイトを見て大半の人が簡単とか書いてるのを見てショックを受けましたw
私普通に難しかったんですけど・・・
自分の反射神経のなさと頭の悪さに愕然としましたw

以下気になったトロフィーについてコメントします。

【クイックタッチ賞】
苦戦したトロフィー①
全部で3種のゲームから構成されていますが、タイムが非常に厳しい。
種目順でいくとクリアタイムは
①26.543秒②16.566秒③16.891秒と本当にぎりぎりでした。

あとタイムを削れるとしたら1種目目かなあという気はしますが、これ以上追及するつもりもありませんw
2種目目はVITAのタッチ反応の悪さにイライラしましたね。
3種目目はこれ以上タイムを削れる気がしません。

【フォトパズル 15パズル賞】
苦戦したトロフィー②
クイックタッチ賞と同じくらい苦戦しました。

頭が悪いので、途中から解法を勉強しました。
自分のやり方としては、
①最初は横ワープが使えるので、1、2、3、4を横ワープを使い、縦の列に合うように並べ替える(並びが悪く綺麗にそろわない時はリセット)
②縦ワープが使えるようになったら、縦ワープを使い①で並べた1、2、3、4を一番上の段に持っていく
③自力で5,6,7,8を完成場所に揃える
④自力で9,13を完成場所に揃える
⑤自力で10,14を完成場所に揃える
⑥11,12,15を横ワープを使い完成場所に揃えて完了

クリアタイムは44秒台でした。初期配置の運も絡んでくると思います。
⑥は何回か練習してやり方を覚えました。
てか誤タッチでやりたくもないワープが何回も炸裂してイライラしましたよw

【総評】
取得時間的には完全に★1ですが、技術的にそこそこ難しいと感じたので★2としたいところなのですが、やはり★1にしましたw
総合的には1.8くらいという感じがします。

てかVITAにウェルカムのソフトなのにVITAの操作性の悪さを感じるソフトでしたw
間違いなくあと10年経って反射神経がさらに劣化したら完全にトロコンは不可能ですねw
ここでは、プレイステーションヴィータのシステムを紹介しています。
プレイステーションヴィータに内蔵されているオマケのようなゲームの本作。
オマケにしては良く出来た代物で、通勤、通学ともに、時間を楽しく潰せること間違いなしです。
飽きさえしなければの話ですが。

さて、今回星一つの評価にした理由は『誰でも、時間をかけずに』という観点に基づいた『手軽さ』にあります。
要は、プレイステーションヴィータ本体さえ持っていれば、どこでだってコンプリート可能。
時限要素なし。オンライン要素なし。特別なプレイヤースキルを必要とせず、しかも短時間。
これを『とても簡単』と言う表現方法以外で形容できるでしょうか。
少なくとも、私からは『無茶苦茶簡単』や『超簡単』と言った語彙の少なさが良く分かる回答しか出て来ません。

ではでは。手軽にゴールドトロフィーが取得できるので、是非挑戦してみて下さい。


追記
主は、カメラを利用したパズルゲームには、アルファベットを(3×3と4×4の規格で、綺麗に)並べた紙を用いて対応しました。
カメラだけが難しい
タイトル通りスライドパズルだけが難しいです。が、他のミニゲームも意外とwelcomeのくせにタイムがギリギリです。
スライドパズルは毎回ランダムなので何回もやって慣れるしかないですね。

アプリがあるならやったほうがいいですが、自分は気づきませんでした。
当たり前ですが、画像は判別しやすいものをとったほうがいいです。
頑張ってください。
スイスイと
(Updated: 2019年 5月 02日)
コンプ難易度 
 
1.0
始めからVITA本体に入っているお試しゲームですが、買って1年以上経つにもかかわらずやってませんでした。
と言うかトロフィーついてることすら知りませんでした。

特筆すべきはクイックタッチとスライドパズルでしょうか。
クイックタッチは配置こそ変わりますが2回押し、同時押しなどの数字のギミックは固定なので何度も挑戦していればおのずとできるようになると思います。しかし、フリックパズルは位置に多少運が絡むかも。

スライドパズルは自力でやるとなかなか難しく、下手するとタイム更新どころかクリアすらできないこともあると思います。
15パズルで検索すると自動で答えを導き出してくれるアプリなどがあるので、面倒な人はそれを使えばすぐに終わります。

シンプルなのでブーストゲー以外の何物でもないですがちょっとしたヒマつぶしくらいにはなりそうですね。

レビュー

コンプ時間
40分
トロフィー厨御用達ゲーム
(Updated: 2015年 7月 25日)
コンプ難易度:1
面白さ:1
作業感:1
技術:2
運:1

2014/12/14にトロフィーコンプ致しました。
全プレイヤーにおけるウェルカムパークマスター取得率 2.0%(2015/07/25現在)

■プラチナトロフィー取得における大体の道筋

①:ただひたすらミニゲームに挑戦

■オススメのキャラ・武装など

信じるのは己の力のみ

■感想

Vitaを購入して初めてプレイすることになるであろう本作。
Vita機能を活用したミニゲーム集を規定タイム内にクリアするだけです。

私はフォトパズル15よりもクイックタッチ賞のほうが難しかったです。

フォトパズル15に関してはネット上に攻略法がたくさん載っていますので
理解すれば、どんな配置になろうとも簡単にクリアできます。

クイックタッチについては運だと思うので、何回も繰り返しませう
意外に難しい
(Updated: 2019年 8月 20日)
コンプ難易度 
 
1.0
『クイックタッチ賞』
私は約25秒、17秒、17秒で獲得しました。
タップは片手だと27秒が限界でしたが、両手で試したところ25秒まで短縮できました。
フリック&ドラッグと背面タッチはどう頑張っても17秒が限界でした。
タップと背面タッチは出現パターンを覚えることで高速化が図れると思います。

『フォトパズル』
スライドパズルの性質上、パネルをランダムに配置すると解けない場合があるが、それを回避するために「ワープ」があるのだと思われます。この「ワープ」のおかげでパズルの難易度が下がっており、運次第では難なくクリアできることもあると思います。
私は諸事情により文字(平仮名とアルファベット)を撮影してパズルにしましたが、4つすべてで苦労しました。
私が気付いた攻略のコツは以下の通りです。
・ワープを待たない(例えば上下のときに左右になるまで待つのは時間の無駄)
・ワープなしでもある程度揃えられるようにする

意外に難しいですが、頑張ればなんとかなるバランスだと思うので☆1にします。

レビュー

コンプ時間
約1時間
PlayStation Vitaへようこそ
「フォトパズル 15パズル賞」が鬼門でしょう。
ワープ機能をうまく使うのが鍵でしょう。あとは良い配置になれるかの運でしょうか。

「クイックタッチ賞」
正直こっちのほうがしんどかったです。
特にタップステージには苛つかせてくれました。
フリック&ドラッグと背面タップではタイムを縮めるのは難しいのでタップで頑張りましょう。
うは
けっこう熱くなれた。
簡単
楽しみながらできた。
本当に解説することは無い。
ありがとう、B'z。
(Updated: 2014年 5月 23日)
・「ループボイス賞」
マイクに声を当てる…との事ですが、アパート・マンション住みの方や、大きな声を出す事に抵抗を感じる方もいると思います。
そういった方は、ウォークマンやipodなどの音楽プレイヤーの音量をMAXにして、イヤホンをvitaのマイクに押し当てればOKです。あっという間にボールが20個たまります。
私はB’zの「熱き鼓動の果て」をvitaに聴かせました。
さすがは声量抜群の稲葉さん…文句無しの美声により、一瞬にしてトロフィー取得まで導いてくれました。ありがとう!
ロック系の音楽がお勧めですね。

・「フォトパズル 15パズル賞」
当初、一定時間ごとに上下左右の波が切り替わって、その波の方向へピースをワープさせられる事に気が付かず、余計な時間を費やしていました。
ワープの存在自体には気付いておりましたが、ワープできる時とできない時があり、1時間以上も「???」と疑問に感じながらリトライを繰り返していました(汗)。
その仕組みに気が付いた結果、数回のリトライで無事トロフィー取得に至りました。
やはりワープをいかに効率良く使っていくかが攻略のカギだと思います。
難しいですが、コツさえ掴めば大丈夫です。

・「クイックタッチ賞」
三つの種目で1分以内が条件ですが、稼ぎどころはタップでしょうか。
フリック&ドラッグは、番号の位置がランダム(?)なので運要素が強いような気もします。

・「ハローフェイス賞」
目2つと口1つ、計3つの物を置いて(または描き)、それを三回撮影すればOK。
私はサプリメントのケースがちょうど3つあったので、それを使ってやりました。

《まとめ》
vitaに最初から入っているミニゲームという事で、vita本体に慣れる意味でも非常に楽しませていただきました。
こういう「vitaに慣れてもらいつつ、楽しませて、なおかつトロフィーも得られる」というアイデアは本当に素晴らしいと思います。
パズルは練習
最後に残るであろうトロフィーは自分は1〜順番に数字を紙に書いて写真撮ってやりました。
それでも、パズルを練習or運が無いとだめです。
まあ、それほどでもなので☆1。
トロフィー熱再燃
15パズルだけは難易度高いので、楽になる画像をサイトから探して利用しました。
考えていることはみんな同じで、すぐ見つかりました。
あとは運が良ければ何回か挑戦してれば取れますね。
トロフィー厨入門()
Vitaを買ってまず最初にプレイするゲームだと思います。
大体のトロフィーはプレイしていれば取れるのですが、一つだけずば抜けて難しいものがあります。

ハローフェイス賞は丸いものが3つあれば簡単に終わります。
例えば10円玉等のまるいものを3つ、目、口という風におけば認識されます。
同じものは認識されないので違う丸いものを3セット用意しましょう。

一番の問題は15パズル賞でしょう。
7、8、14パズルは呆気なくクリアできたので15も余裕だろうと思っていた矢先、クリアまで25分近くかかりました。
縦、横にスライドさせるのは同時にできないので、臨機応変に対応していき、数を積めば誰でもクリアできると思います。
最初は1分切ることすら難しかったのですが、慣れてくれば25、30秒くらいでクリアできるようになります。

あるゲームが欲しくて今更Vitaを買ったのですが、もう2年もたっていたとは。
スキルは特にいらず、短時間でコンプリートできるので難易度は☆1
(Updated: 2013年 12月 12日)
簡単です。
難易度だけのレビューです。
(Updated: 2013年 12月 12日)
簡単です。
簡単‼︎簡単‼︎超簡単‼︎
ですw
15パズルが難関にはなると思いますが、数をこなせば大丈夫です。
「ハローフェイス賞」の為に...
紙とペンを取りに行くのが、一手間かかりました。

皆さんの鬼門の「フォトパズル 15パズル賞」は運良く一発でいけました。
wikiの16までの画像を使用するのと、定期的に変わるワープの特性を優先的に使えば難なくいけると思います。
詰まったとしても数こなせばいつかは取得出来ると思います。
はじめまして、PS Vitaさん。
(Updated: 2019年 1月 24日)
コンプ難易度 
 
1.0
今更と言えるほどのタイミングでPS Vitaを購入。現在プレイ中のゲームを放置して、本体内蔵のこのアプリケーションをプレイ。
PS Vitaのタッチパネル、ジャイロ操作のチュートリアルも兼ねているので、興味があるならプレイするとよろしいかと。

みなさんおっしゃるとおり、トロフィーは15パズルが鬼門。
ただし、このゲーム独自の特殊ルールである「ワープ」によって普通のスライドパズルよりは難易度が下がっているので、配置次第では非常に楽になる。
ワープをうまく使えるかどうかで難易度が激変するので、まずは脇の?をタッチすること。

その他については特に難しいものはないが、一応補足。
クイックタッチ賞の条件である総合1分以内クリアは3つのミニゲームを通しでプレイする必要がある。
前のミニゲームに戻れないことだけ注意していればリスタートはいくらでも可能なのでそこまで時間はかからないだろう。
ハローフェイス賞の顔の作成は、まさかの人の顔を認識しない嫌らしい仕様。
イラストや自分の顔で楽しようと考えているアナタ、そうはいきませんw
・_・のような、目と口を認識できる記号を書き並べておけばちゃんと通ります。
ただし、一つのものを使い回せるかは未検証なのであしからず。

コンプ難易度はコンプ時間と、クリアタイムは別としてスライドパズルそのもののクリア難易度がワープによって下がっていることから、☆1。
実力が無くても、配置調整による運ゲーにすればそこまで時間はかからない。

タッチパネルのチュートリアルとしては十分な出来だが、左利きへの配慮がなかったことは不満だった。
そのせいでフリック&ドラッグで右手を思うように動かせず、誤認式を繰り返していた。
DSの教育ソフトやスマホでは当たり前のように実装されているのに・・・

レビュー

コンプ時間
1h
15パズルが桁外れの難しさ
このアプリにもトロフィーがあるのをつい最近知ったので慌ててプレイ。
大半はやっていれば自然に取得できるものばかりですが、15パズルだけはそうもいきません。
wikiに詳細な方法が載っているので参考に。
私はバカなのでwikiを読んでも全くわからず2、3時間くらいトライしてようやく突破したのでコンプ時間が極端なものになっています。

スキルはいらないので★は1でもいいんですが疲れたので★2にさせてください。
ナメてた
タイムアタック系が意外とシビアでした。

まあとりあえずやってみましょう
R
VITA内蔵のトロフィー
2つ目の100%タイトルになりました。

VITA内蔵のアプリケーションで誰でも簡単にコンプリート出来ると思います。
強いて言えば15パズルがネックになると思いますが、wikiの16迄の数字が書かれた画像を使うのと、定期的に上下左右入れ替えが出来るシステムを利用すれば、数をこなすだけチャンスが出てくると思います。
簡単なのでオススメです。

プラチナ 無
DLC追加 無
オンライン関連 無
そいつの耳元で「Welcome to PlayStation VITA」ってささやいた
スキル的には15パズルとクイックタッチが多少難易度高いかと思います。
15パズルは、パソコンで最短経路探索ツールなどを使えばすぐにクリアできるかと思います。
クイックタッチは多少反応が悪いので戸惑うかもしれませんが、何度か練習すればそこまでつまらないと思います。

とりあえず、VITAを購入したのならば先ずは遊んでみては?
G
背面タッチ
vitaに最初から入っています。

全体的に簡単ですが思った通りに背面が反応してくれなくて苦労しました。
Vita 初コンプ!
おそらく、Vitaを買って最初にコンプする作品になると思います。

フォトパネル15が1番面倒だと思いますが、絵の左右が虹色になると、列や行(縦と横)に
スライドできるので、うまく使えば、クリアできると思います。
(初期配置で難易度が変わると思います)

サクッとコンプ出来るので難易度は1以下で十分だと思いました。
難しいのはフォトパズル 15パズル賞
(Updated: 2013年 11月 26日)
vitaに最初から入っている機能お確かめゲーム。背面タッチや画面タッチ等、vitaの機能を味わえる作品になっています。
難しいのはフォトパズル 15パズル賞。これに大半の時間を費やしました。時間によって上下移動や左右移動ができる事に気が付くのは、プレイして30分後…これを駆使し、何とかクリアできました。
攻略方法はwikiに書いてある①~⑯を書いた紙を撮影しつつ、①~④をまず揃え…を参考にさせて頂き、1時間半程でコンプリートする事ができました。
View all user comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。