レビュー詳細

PSN配信タイトル(あ~わ) 2011年 10月 18日 273
俺が簡単に殺されたことあるか?
(Updated: 2016年 11月 30日)
今回、レビューさせていただきます本作は、世界一美しいFPSと豪語される、人外シューターの決定版。
その名も、『クライシス』でございます。
他タイトルのキャンペーンモード、最高難易度を苦戦しつつもクリアできる程度の腕前ですので、プラチナトロフィーの取得に至るまでに要した時間は、ステルス動作に慣れてらっしゃる方々の参考にはなりませんでしょう。
そもそも、プレイステーション4が盛りを見せている最中に、旧世代機のマイナーなダウンロードゲームをプレイされる方がいらっしゃるかどうか。

えー、さて。プラチナトロフィーの取得難易度に関しましては、『道に迷ったとしても何とかたどり着けるし、なんだかんだ言って楽しい』との観点から、敢えて『普通』の評価とさせていただきます。
このタイトル、慣れるまでに時間がかかりましたから。

主としては難易度デルタよりも難易度イージー(最低難易度)の方で苦戦、と言いますか、クリアに時間を要しました。
最初のステージで一時間以上も長居をした時点で難易度デルタの攻略は不可能に近いだろう、と考えておりましたので、アクト1辺りをクリアします頃にはのんびりモードでプレイしておりました。
ふと、難易度デルタの難しさに気を惹かれましたので、唐突にチャプターセレクトからあの忌まわしきスカイダイビングへと一っ飛びさせていただくと、恐ろしいことに難易度イージーよりもはるかに簡単である、との印象を受けました。
個人的な意見としては、難易度デルタの方が簡単で楽しいということになりますかね。
何言ってんだこいつ、と思われた方。カルシウム不足の兆候かもしれませんよ。

主のプラチナトロフィー取得に至るまでの道のりは、以下に記します。

一、難易度イージー(最低難易度)でアクト1攻略。
二、難易度デルタで、副次目標を含めて攻略。

作業感は全く沸きませんでしたので、安心してお買い求められる作品である、と推せます。

本作の最低難易度の呼称を覚えておりません、となかいがお送りしました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。