サウンドシェイプ

Updated
 
1.3 (7)
507   2   1
サウンドシェイプ

製品情報

ジャンル
アクション・ミュージッククリエイター
販売
価格
1,200円
発売日
2012年9月27日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象

 

ユーザーレビュー

7 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
1.3  (7)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
クラウド同期気持ち良すぎる
(Updated: 2015年 9月 06日)
フリープレイから。
音をテーマにした横スクロールゲーム。ボリュームはともかくよく出来ている作品だった。

トロフィーは収集物も時限要素も無く、ただステージをクリアしていくだけでコンプ出来る。

プレイモードのステージを一通りクリアするとビートスクールモード&デスモードが出現。
ビートスクールモードは最悪攻略サイトを真似すれば取れるので楽だが、デスモードが少々厄介。
デスモードは出現するアイテムを時間内に一定数獲得するというミニゲームのような内容で、アイテムの出現箇所はランダムなためいかに近場にアイテムが出現するかの運ゲーになりがち。
運が良ければ1回でクリア出来るような難易度。運が悪ければ何度も何度もやり直すような難易度。運が悪くても挫けず、ツキが回ってくるのを待とう。
とはいえデス&ビートスクールモードは1ステージごとに銀トロフィーという破格のご褒美が用意されているので、モチベーションはかなり保てる。

更にはPS3,Vita間でクラウド同期を行うと2機種分のプラチナトロフィーが獲得出来るという大出血サービスまで。「ティローン」連発は正に快感。
難易度は☆1。
500円でいいだろ
デスモードが鬼門。
vitaでプラチナ取ってからクラウド同期でプラチナまで駆け抜けるので5分!
デスモードになってからが本番!
(Updated: 2013年 2月 04日)
このゲーム、プラチナが二つ取れるというトロ厨には何ともおいしいゲームです。私もほいほい釣られて購入してしまいました。
内容は粘り気のあるボーリングの玉を目的地にまで導くゲームですが、それはプレイモードまでのお話。
本当のスタートはプレイモードを全クリした後のデスモード。これが非常にイライラさせてくれます。クリアできる時は数回やっただけでクリアできるのに、運が無い時は何回やっても駄目。ですがいずれクリアできる難易度になってます。重要なのは折れない心。
ビートスクールは攻略動画や画像がありますので参考にするとあっという間に終わります。
最後に、PS3かvitaでプラチナを取得し、クラウド同期したら今までのイライラが吹き飛ぶこと請け合いですよ。頑張って下さい。
起動前→PS3でプラチナ取得済みならトロフィーウマーだろJK!
PS3でプラチナ取得済みなら起動するだけでトロフィー連鎖!と思っていた時期が僕にも(ry
実際はPS3のオプション→クラウド同期→vitaでクラウド同期→トロフィー連鎖です。
これに気づかずかなり焦ってましたw
教えてくれた人に本当に感謝!
原因解明までにかかった時間と普通にプレイしてのプラチナ取得までの時間と大して変わらないのは気にしないb
根気は必要だがすごく簡単
コンプ時間は測ってないので正確なところは分かりませんが、おそらく3~5時間ぐらいだったと思います。

最初のプレイモードはチュートリアルな意味も含めているので本当に簡単。
プレイモードを全てクリアするとビートスクールとデスモードが解禁されます。

まずビートスクールですが、ただの音当てリズム当てゲームです。全く分からなくても総当たりでなんとかなるようになってるので、意味が分からなくても誰でもクリアできます。もちろん音を当てられるならより簡単です。

デスモードですが、シビアな制限時間内に、難しいステージ上に配置されたノートを取っていくというものです。
難易度は高いと思います。テクニックは必須ですがそれ以上に運も必要です。ノートの出現位置によってはいくら最適な動きをしたとしても時間が足りなくなることがありますし、逆に運が良ければ少しミスをしても時間を余らせてクリアできたりします。

デスモードで重要なのはめげずに何度もやり直すことです。運ゲーといっても、どのステージも30分~1時間程度粘ればクリアできるようにはなっていると自分は感じました。

自分はこういったアクションゲームは好きかつ得意なので、楽しくプレイすることができましたが、何度も死ぬようなアクションゲームが嫌いor苦手な人は避けた方がいいと思います。おそらくかなりイライラすることになるでしょう。

内容の難易度的にもコンプまでの時間的にも簡単だと感じたので、☆1とさせて頂きました。

ちなみにトロフィーのリストはシルバーだらけで、プラチナもあるので、トロフィー的にはおいしいゲームだと言えます。さらにPS3と同期することで2倍のトロフィーが手に入ります。
運>>>実力
ゲーム内容は音楽のリズムがヒントに進めていくアクションゲームです。

トロフィー獲得の手順は最初にプレイモード全20ステージをクリアし
プレイモード全クリアするとビートスクールとデスモードが出現するので
それらをすべてクリアするとプラチナ獲得となります。

プレイモードは頻繁にチェックポイントがあるので
それほど苦労はしないと思います。

ビートスクールは流れる音楽と同じ音楽を丸い玉(ノート)を配置して作るモード。
ある程度音感があれば1ステージあたり数分でクリアできます。
(わからなければ動画もあるのでそれを見るのが手っ取り早いです)

問題はデスモードです。制限時間内に丸い玉を
規定数取るというものなのですが…、正直ただの運ゲーです。
ステージ内の敵のパターン自体は何度かプレイすれば問題ないレベルですが
制限時間が厳しく、丸い玉の出現パターンがランダムな為
丸い玉の出現パターンによっては制限時間に間に合いません。
ステージによってはかなりの強運が必要になります。
デスモードクリアに必要なのは集中力と根気です。
私は2~4ステージクリアしたらゲームをやめて
しばらく時間をおいたらまたプレイしてデスモードを全てクリアしました。

デスモードが運ゲーではあるものの、プラチナ獲得までの時間が短く
スキルはそれほど必要としない為、コンプ難易度は★1とします。

スキル:★2
時間 :★1
いらいらいらいら
(Updated: 2012年 10月 02日)
このゲーム、1200円でPS3版とVITA版が買える上に、ブロンズ無しのプラチナ有とトロフィー好きにとってはたまらない内容。
自分はほいほい釣られて買いました。

普通のコースは平凡なアクションゲームをやってる感じですが、
プレイモード全クリアのゴールドトロフィーを取ってからがこのゲームのスタートを切ったと言っていいのではないでしょうか。

そこからはステージをクリアする度にシルバートロフィーを貰える訳ですが、かなりしんどい。
デスモードは制限時間内に決められた数の丸い奴を取るというシンプルな内容なのですが・・・
かーなーり、きついです。
何がキツイか。
・制限時間が厳しい。
・障害物のパターンがいやらしい。
・丸い奴の出現パターンが完全ランダム。
(近くで3つ一気に取れる場合もあれば、端から端に移動させられる場合もある。)

デスモードの裏技的な攻略方法は無いと思われます。
必要なのは、集中力、的確な判断力、大胆さ、根気、やる気です。
とにかく障害物のパターンを把握した上で、丸い奴を取る最短のルートを構築して何度も繰り返すことです。
自分は多分平均的に毎ステージ30回はやり直していると思います。
また、少しでも疲れたと感じたなら一旦止めることもお勧めします。
休憩してからやると案外簡単にいけたりするもんです。
なんせ運任せなもんで

ビートスクールに関しては、誠に申し訳ありませんがYoutubeに上げられてる動画を参考にさせていただきました。
5分ぐらいやりましたがさっぱりだったもんで・・・。

クロスセーブ対応なので、プラチナを取った後はクラウド同期をしてPS3版を起動してみてください。
素晴らしい世界が待っていますよ。
何と連続で34個のトロフィーが獲得出来るのです。
これは今までの苦労から解放してくれるかのようで壮観でしたね。

最後に
1200円でプラチナが2つもらえるのだからかなりお得。
アクションが得意な人はスムーズに行くはず。
それでも運任せなのでかなりイライラ。
よくある(?)場面としては、
順調に行って後一つでクリア!→かなりの遠距離に出現→焦って取りに行こうとして障害物でアウト。→あぁぁあああぁ!
って感じですかね。とにかく根気です。集中力です。
自分はもうデスモードは永遠にやらないです。

難易度は2~3かと思いますが時間がそんなにかからなかったので☆1とさせていただきます。
参考になれば幸いです。ではでは

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー