レビュー詳細

TOARISE
RPG・SRPG 2021年 10月 25日 460
記憶の中でずっと二人は生きていける
コンプ難易度 
 
2.0
前作のベルセリアから約5年ぶりの新作。
前々作でのやらかしもまだ記憶に新しいですが、今作は非常に丁寧に作られていてシリーズ復活の第一歩としては十分すぎるくらいの仕上がりだと思いました。
自分はPS5版をプレイしましたが、PS4版も別トロフィーだけど同じ内容です。
もう他の方が詳しく解説してくださっているので、自分はちょっと気になったものだけレビューします。


・壁を壊す者
野営した時に発生するアルフェンと他のメンバーとの会話イベントを全部見れば獲得。
各キャラ5回ずつ5人分ありますが、注意点として1つイベントを見ると次のイベントを見るのにリアルで1時間程度?待たないといけないこと。
この仕様があるせいで終盤とかクリア後にまとめて見るのも結構大変なので、ストーリーを進める合間に少しずつ見ておくといいと思います。

・ゴッドアングラー
釣りのミニゲームで全44種全て釣ると獲得。
やるにあたってはルアー選びが一番重要で、ルアーの種類によって釣れる魚がほぼ決まっています。
竿は初期の兄さんの釣り竿で最後まで行くのはまず無理なので、ひとまず20種類釣って報酬の「フィッシュスナイパー」を手に入れてください。
最低限これがあればヌシも含めて全部釣れます。
それでも厳しいなら修練場の個人戦最上級をキサラでクリアすると「マリントルーパー」という竿が貰えるので、これならもう間違いなく誰でも簡単に釣れるようになります。

・アームズマニア
103種類のうちの100種類なのでほぼ全て作らないといけません。
素材集めもそうだけど、とにかく金がかかるのがネック。このゲームとにかく物価が高くて(主に消費アイテム)金欠に陥りやすいので、よく考えてからお金を使うことをオススメします。
素材も後半のものになると大量に消費するので、稼ぎ作業を減らしたいならDLCの素材消費量が1になるやつを入れるといいかも。

・強さの頂
単純にこれが一番面倒だったと思います。レベル上げは無料DLCのフルーツサンドを食べてひたすら裏ダンジョンの異界を周回するのが一番効率的だと思いますが、それでもそこそこ時間がかかるのでDLCの経験値2倍は買っておいてもいいかもしれない。

・過去を超えし者
登場する敵の強さからいっておそらくほとんどの人が最後にクリアすることになるサブクエスト。本編で登場する領将の強化版との連続戦闘です。
使ってくる攻撃などは本編のときと同じですが、全部で7連戦な上に敵の強さが本作最強クラスなので、しっかりキャラを鍛えて装備もちゃんと整えてから挑みましょう。
難易度指定とかはないので、こだわりがなければ難易度を最低まで落としてやるのが一番よさそう。

・精鋭部隊
こちらも強敵撃破トロフィー。敵は1体だけですが、第2形態まである上にアイテム使用不可なので、序盤から全力でいってCPを使い果たしてしまうと後半かなり苦労することに…
回復も術に頼ることになるので、前半は範囲攻撃に注意しながら温存しつつ戦い、形態チェンジ後の突進攻撃はキサラのブーストで止めつつ全力で畳みかけましょう。


時限なし、2周目限定もなし、難易度指定もなしと前作以前とは比べ物にならないくらい簡単。
ただ裏ボス撃破やサブクエ全制覇、レベルカンスト、釣りコンプなど時間のかかる要素が多く、1を付けられるほど簡単ではないので★2で。
今までのシリーズの個性だったアニメっぽさがかなり薄まったせいか、第一印象はこんなのテイルズじゃない!って思う人も多いかもしれないですけど、実際にプレイしてみると基本は従来のテイルズそのままに、次世代機用RPGとしてブラッシュアップしたような感じで好感触でした。
個人的には今年プレイしたゲームの中でベスト3に入るくらい素晴らしい作品だったと思います!
まだやるかどうか迷ってる人がいたら是非やってみてくださいな(*^^)v

レビュー

コンプ時間
69時間

© 2021 プラチナトロフィー