レビュー詳細

71O91jr8vKL._AC_SL1252_
RPG・SRPG 2019年 10月 01日 3599
小さいの、でかいの、太いの
(Updated: 2020年 9月 26日)
コンプ難易度 
 
2.0
キャラデザが非常に話題になったアトリエシリーズの一つ。
続編が発表されたので、積んでいた本作を消化しました。
せっかくなので、夏のセールのタイミングでシーズンパスを購入したため、DLCについても軽く触れます。

アトリエシリーズおいてまず取り上げるべきは、期限の要素が存在するかどうかですが、今作では存在しません。
時限要素やフラグ折れについても、アップデートパッチを当ててさえいれば存在しません。

トロフィーについては、クリアまでの難度はそこそこ。
チュートリアルの説明が非常に簡素なのに対し、システムが全体的に複雑で、よくわからないまま難所に放り込まれてしまう局面が非常に多かったです。
今作の調合システムは、別レシピに派生するシステムにより、強力な装備、アイテムを作成したい場合、レシピ派生元から数十個の素材を投入する必要があるため、
・特性「属性値+」、「影響拡大+」持ちの高品質の素材を用い、以下に少ない素材数で欲しいレシピまで到達する
・インゴット系素材やクロース系素材のステータスUP系の潜在特性(例:作成装備攻撃+5)は、素材を投入する毎に加算される
といった要素が必要です。
このゲームはインフレが激しく、装備を作りきった場合は操作を止めっぱなしにでもしない限りは負けることがないようになりますので、上記システムを理解できるかどうかで難易度が大きく変化します。

その他、個別トロフィーについては以下のとおりです。
・究極の錬金術
ライザ自身で作成したアイテムに、素材を追加投入して再錬成し、アイテムのレベルを99にすると解禁されるトロフィーですが、アイテムレベルは、現在の錬金レベルを超えることができないため、錬金レベル99到達後に取得可能です。
ゲームクリア直前まで進める必要こそありますが、ジェムの稼ぎとして賢者の石を量産する小技が存在するため、そこまで苦ではないと思います。

・世界を創造するもの
採取地調合はパスワードを用いて高レベルのボトルを作成できますが、流石に直接レベル51以上にした場合はだめでした。
レベルを上げたいボトルに対し、素材の代わりに別のボトルの採取地を投入する手順で強化していくことになります。
また、こちらについても、現在の錬金レベルを超えることができないため、錬金レベル51到達後に取得可能です。

全体の難易度については、時限要素がないためシリーズ比では簡単な部類ですが、他と比べシステムが複雑であるため、結局の所は他と同程度といった感じでした。

--- DLCについて ---
トロフィーも無ければ、攻略の助けになる要素も少なく、シナリオ、キャラクターの補完としての側面が強かったです。
強力な新規スキルを含む素材を拾うことが可能でしたが、アップデート追加の難易度「LEGEND」や、全ステータスカンスト武具の作成などにこだわる人向けで、本編の救済措置的なものは殆どありませんでした。
難易度「NORMAL」の範疇であれば、対裏ボス用の装備構築こそ必要ですが、本編の素材、スキルのみでクリアは可能でした。

レビュー

コンプ時間
55h強

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2020 プラチナトロフィー