ワンダと巨像

Updated
 
4.0 (2)
519   1   1
ワンダと巨像

製品情報

ジャンル
アクション・アドベンチャー
開発
販売
価格
3,980円
発売日
2011年9月22日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ICO/ワンダと巨像 Limited Box 6,980円

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
アグロッー!!アグロッー!!
(Updated: 2015年 4月 06日)
PS3にて初プレイ。ワンダと言うちっぽけな青年を操り巨像を次々と駆逐していく巨像虐待ゲーム。はじめのうちは操作性とカメラの視点の悪さも相まって巨像を1体倒すのに四苦八苦するが、次第に慣れます。操作性の悪さ=プレイヤーの上手さと比例するので、当然のことながら何体も何体も倒すうちに上手くなり、3週目ぐらいになってくるとワンダになすがままにされる巨像が可哀想に思えてきます。それぐらいノーマルの巨像は簡単なのですが、問題はハードの巨像のタイムアタック。これはもうTA攻略動画を見ずにクリアするのは難しいです。動画なければプラチナは諦めてました。ほんと偉大な先人達に感謝です。

プラチナトロフィーまでの流れ

1週目は普通にクリア。1体目の巨像の左足に捕まり何も出来ないまま殺されたりしながらも10時間ほどでクリアできました。

2週目はノーマルのタイムアタックを先にクリア。トカゲを狩ると同時に巨像も狩りました。(移動が面倒かったので)トカゲは攻略サイトに剣で切れとあるが、トカゲがチョロチョロと動き回って厄介なので、私はタイムアタック報酬の爆発する矢でほぼしとめました。崖近くにいるトカゲは爆風で吹っ飛ぶので注意が必要です。こまめにセーブ推奨。トカゲ探すのに時間がかかり10時間でクリア。

3週目はスーパー駆逐タイム。移動とスキップできないムービーにイライラしながら2時間ほどでクリア。

4週目は果実集めと巨像を11体目まで狩りながら3時間ほどでクリア。果実はたまに地面にめり込んで見えなくなるときがあるので、そのときは慌てずに落ち着いて落ちた場所付近をボタン連打すれば拾えます。もし最悪拾えなかったらセーブ&ロードすれば元通りになってるので心配ありません。

ハード1週目は巨像が固くなって弱点も増えているので少し時間かかりましたがとくに問題はありません、4時間でクリアしました。

ハード2週目タイムアタック。10時間ほどかかりました。内訳は3体目に3時間4体目に1時間15体目に4時間です(笑)こいつら強すぎました。

リトライ回数が半端ないのですごく長い時間プレイしてると思いきや終わって見れば40時間きってのプラチナ取得
TAプレイヤーさんに感謝
タイムアタック以外は攻略サイトを見れば問題無く取れると思います
トカゲはノーマルタイムアタックの報酬の閃光の矢とトカゲの感知石を入手した後に収集した方が楽

タイムアタックに関しては先人が時短術を数々生み出してくれていたので割とサクッとクリアできました
あえて言うなら12体目が個人的には辛かったです
1戦が長い上に誘導に手間取っていると時間切れになってしまって大変でした
ショートカットの方法もいくつかあるのですが自分には上手くいかず何回も挑戦して終わらせました

収集要素、タイムアタックの攻略等の情報が非常に豊富なので楽させて貰えました
ワンダよ、鉄腕たれ!
(Updated: 2014年 8月 15日)
長らく放置していたが最近コンプ。情報は既に多く存在しているけど重要だと思ったことだけ書いときます。

まず基本的な操作やシステムについて調べましょう(取説はデザインはいいけど中身が薄い)。
具体的には、アグロの操作、アグロはある程度自動で障害物を避けて走ること、ジャンプ刺し、巨像の頭頂部における安定ポイントの存在などです。また、「鉄腕ワンダ」のために周回は必須ですので各巨像の効率的な攻略法を確認しておきましょう(例えば、10体目や13体目は楽にワンターンキルが可能)。2周目のTA時に見ておくのが良いかと。その際はスーパープレイ動画がある程度参考になりますが、スーパー過ぎて真似するより普通にやった方が良い場合も多いです。

果実について
空中庭園に行くにはけっこうな握力が必要になります。自分の場合はトカゲをコンプして以降全く狩っていなかったので3周目でもギリギリでした。道中のトカゲはある程度狩っておくのが良いでしょう。

TAについて
3体目:タイムがきついです。この巨像に関しては、頭頂部の安定ポイントに拘らなくてもMAX刺し可能なので、安定ポイントに拘りすぎずに刺した方が良いかも。
6体目:個人的にはコイツが一番厄介でした。すごい揺られます。左手で苦戦したので、まずしゃがんだら左手にしがみつきMAX刺し、立ち上がったらすぐ隠れてしゃがむのを待つ、というのを三回繰り返し、後は普通に頭→背中で倒しました。左手はジャンプ刺しの方が速いのですが変なとこを掴んでしまうと逆にロスになるのでやめました。
15体目:タイムは余裕があります。掴まりながらの移動が多く、途中で握力切れで落下というパターンが多かったので、移動を減らすために刺す順番を変えました。まず頭を速攻でつぶす→右ひじを攻撃→落下中に手の平を掴み2回刺し→着地し再び橋の上へ→左胸をつぶすという流れです。最速狙いではないのでこんな感じで適当に。

TAは動画研究にもそれなりに時間がかかりましたが、動画が充実しているのは嬉しいです。

コンプ難易度について
巨像を倒すのは1周目は楽しいです。ただ何度も倒すのは流石に飽きます。長い移動もあり周回が精神的にもかなりきついです(エンディングが唯一の癒しか)。カメラワークも良くないし、ワンダが揺られ過ぎだったり、巨像から落下した場合は再び乗るのが面倒なことが多かったりするのでストレスがたまります。TAと収集系だけなら難易度3とするのですが周回のつらさが加わるので4ということにします。
コンプがきついだけで、世界観とかBGMとか良いし、ゲーム自体はおもしろいですよ。
やっとこさ
(Updated: 2014年 5月 05日)
ディスクを無くしてずっと遊べなかったタイトル。
フリープレイで再配信されたためやっとプレイすることができました。
PS+マジ感謝。

ICOから引き続きプレイ。
ノーマル2周、ハード3周+αでコンプ。
タイムアタックはどちらも2周目の初めに全部終わらせました。


各トロフィーについて


『完璧な収集家』
タイムアタック・ハードの全てのアイテムを入手した

大半の巨像は攻略手順が決まっていて、時間的余裕もそれなりにあるのでノーマルの感覚でもだいたいクリアできます。
難しいのは3体目、4体目、15体目あたり。

まず大前提として、それぞれの頭頂部の弱点にある安全地帯と呼ばれる比較的揺れの少ないポイントを確認しておいてください。

3体目・剣士の巨像は規定タイムが短いので剣からのジャンプショートカットはほぼ必須と言ってもいいです。
この巨像はワンダが右腕に掴まっている時のアクションが大人しく硬直も長めなので、腹にしろ頭にしろ左腕にしろまず右腕に乗ってこの動きを誘発させてから攻撃しに行くと安定します。
このことを知っておくだけでもだいぶ戦いやすくなると思います。
剣からのショートカットは右腕の腕輪すぐ上にジャンプし、そのまま右腕に掴まり少し待ちます。
すると巨像は右腕の拒絶アクションに入るので、すかさず腹にジャンプして紋章を攻撃します。
上手くいけば5連MAX刺しの1コンボで終わりますが、手間取ると3~4連刺しの後に揺らされるので、隙を見て残りを入れるかもう一度右腕にジャンプして拒絶アクションを誘発させるかして腹にトドメを差します。
腹が終わったら右腕を伝って肩の上へ。
ここでまた拒絶アクションを誘発させてから頭の安全地帯に張り付き5連刺し、1回で終わらなくてももう一度一連の動作をする時間くらいは残っていると思うので焦らず手順を踏むこと。
頭が終わったらまた右肩で例のアクションを誘発し、確認する頃には左腕がいい感じに上がってきているので飛び付きます。
落ち着いて位置を調節しても3回刺せると思うのでこれで討伐完了です。

4体目・馬の巨像も基本戦法では時間不足になるのでショートカットが重要になってきます。
コイツのショートカットは右後ろ脚にアグロジャンプで飛び付き、反動ジャンプで足のもう一段上へ飛んで、そこからケツの飾りに掴まります。
この方法では反動ジャンプのタイミングを覚える必要があり、ショートカットできるようになってからも揺れが比較的激しい巨像なので上手く攻撃できず何度もやり直すことになると思います。
個人的には耐久力の低い両肩はMAX刺しじゃなくて5分刺しを数回に分けたほうがやり易かったです。
頭はかなり振られるので安全地帯を最優先で確保しましょう。
ジャンプ刺しもやり易い部類なので絡めていくと時間短縮に繋がります。

15体目・猿人型の巨像は各所の振りこそ大きいものの、規定タイムは長めなので基本戦術通りでも十分間に合います。
この巨像も3体目ほどではないですが肩に乗ると肩を回す短い隙が生まれるので、これを利用します。
開幕は一番厄介な左胸に矢を集中させて少しでも耐久力を減らしておきましょう。
基本通りに肩まで乗り、頭に攻撃する場合は右肩の肩回しアクションを誘発させてからすばやく安全地帯に移動して攻撃します。
上手くできればMAX刺し複数回入れれますが、頭を振られたら失敗なのでもう一度肩回しを誘発させましょう。
左胸に攻撃する場合は左肩の飾りの一番紋章寄りのふちにぶら下がれるよう慎重に下りていきます。
ぶら下がっていると今度は左肩を回すアクションをするので、それを確認したら手を放して紋章付近に掴まります。
肩回しから次の動作まで僅かに隙があるので、ここで8分~MAX刺しを1回入れれます。
次の行動を開始すると攻撃は難しくなるので無理に追撃するよりも一旦肩に上がり、再度飾りからの肩回しを誘いながら地道にダメージを蓄積させたほうが安定するかと。
残りの右手も基本通り、まず右肘をチョイ刺しして武器を落とさせます。
刺した後に肩を上って、肩回しを誘発させつつまっすぐ飛び降りればそのまま右手に掴まることもできますが、落ちてしまっても普通に右手振り下ろしから掴まって問題ないです。
右手振り下ろしはワンダをあまり動かさずに巨像正面少し離れたところに棒立ちさせておけば結構使ってきます。
振り下ろし後はすぐに右手を引っ込めるので、右にジャンプ避けした後はすばやく手のひらに張り付きましょう。


『収穫祭』
全ての果物を入手した

屋上庭園の48個も含まれるので取得できるのは庭園に上れるようになる3・4周目あたりになります。
私は屋上庭園の分も含まれることを知らずに果物マップを頼りに2周目無駄に果物集めしていました…。
集める際の注意点としては、たまに落とした果物が地面に埋まってしまうこと。
完全に埋まらない限りは拾えるので、見失わないよう2~3個落としたらこまめに拾うクセをつけるといいでしょう。
万が一完全に埋まって取れなくなった場合はセーブ&ロードでまた樹の上についてるので再回収できます。
あと屋上庭園の48個は視認性が良く比較的見つけやすいとはいえ、数が数なので見落としが発生しやすいです。
取ったら能力ダウンなど先に取って良いことなどないので、必ず地上の果物を全て回収してから庭園に上りましょう。


『絶滅の光とかげ』
尾が光るトカゲを全て倒した

ノーマル・ハード共に100%倒しましたが、範囲攻撃の閃光の矢が使えるノーマルのTA後の方が幾分か気楽に集められました。
祈りの塔周辺などの物陰に逃げたトカゲも爆風で倒せるので非常に便利です。
ただし、崖側面にいるトカゲを尻尾ごと崖下に落としたり、崖近くで撃って自分が崖に吹っ飛ばされる可能性もあるので運用には十分注意を。
また、通常の矢で倒していく場合は倒し損ねに気を付けましょう。
尻尾に矢を当て切り離し、トカゲ本体の尻尾付近にさらに矢を当てたにも関わらず動きまくるトカゲに一度だけ遭遇しました。
もちろん矢が刺さったままの状態で逃げ回ってました。
当たり判定、死亡判定共に怪しいので、ハードで回る際は矢で落として剣で倒すなど、極力剣で倒すのが吉です。


『鉄腕ワンダ』
腕力が最大値まで到達した

1周で済むHP最大とは違い、3~4周する必要がある面倒なトロフィー。
握力ゲージの円が画面右下に達してもまだ伸び、最終的にゲージMAX時はほぼ透明になり見えなくなります。
私の場合、ハードの4周目4体目討伐と同時に取得しました。
トカゲは1周目9割、2周目は道なりにトカゲ石に反応する分のみ(4割程度?)、3周目は100%倒しても3周以内達成にはまだ足りなかったので、トカゲの上昇率はほんとオマケ程度なんだなと感じました。
トカゲはトロフィーのために1回だけ集めて、あとは周回する方が断然楽だと思います。


トロフィーについて、以上


超ストレスゲーな側面もありつつも、やはり高評価されるタイトルなだけあり巨像の圧倒的存在感と広大なフィールドを駆ける冒険感はさすがの一言。
多くを語らない一見単純な物語も、シンプルが故の奥深さ・切なさがあり素晴らしかったです。
PS2時代にこんな大作が作られていたとは驚きです。

ただ、トロフィーコンプを目指すならば少しだけ評価は変わってきます。
ただでさえ広すぎるフィールドを4回以上同じ道を進まねばならず、若干の違いはあれど同じ敵を各6回以上倒す必要があるので、後半の作業感はもの凄いです。
ショートカット等、動画がかなりあがっているので難易度だけでいえば☆2寄りですが、この作業感も含めて☆3とさせていただきます。

ちなみにコンプ時間ですが、ノーマル3周目のデータをハードのデータで上書きするという初歩的な大失態をやらかしたため少々長くなっています(今回はいろいろやらかしたもんだ…)

あと馬、崖付近で速度落とすのは分かるんですが、何でもない緩い坂道で遅くなるのはアレなんなんですかね?
果物やトカゲ狩ってる時も地味に邪魔してくるし、別に攻撃されていない時にも猛スピードで逃げ出すし、移動の基本手段である以上もう少し調整してほしかったというのが本音。
でもED見る度に許しちゃう憎めないヤツ。
高スペックが故に・・・
(Updated: 2018年 12月 14日)
コンプ難易度 
 
4.0
先にも後にも一番の鬼門はハードTAクリアが条件の『完璧な収集家』だと思います。

PS2版では処理落ちが発生していた為、クリア出来ましたが、
PS3版ではスペックが進歩したが為に処理落ちが起きず、巨像が少し動くだけでワンダは振り回されます。
非常にストレスが溜まります。

ムリゲーなのが3体目、15体目です。
特に3体目はショートカット必須+運次第だと思います。
15体目はショートカットを使えば、かなりタイムの短縮が出来ますが、結局運が絡んできます。

・・・非常にストレスが溜まります。

レビュー

コンプ時間
36時間
絶滅の巨像
(Updated: 2013年 11月 09日)
PSplusのフリープレイ登場を機にプレイしました。
タイムアタックやトカゲ・果実の収集作業など
中々にやりごたえのあるタイトルだったなと感じています。
決してストレス面での意味ではありませんからね...?

ですが少なからずストレスを感じる場面はあると思います。
今作はゴールドトロフィーの一部が難易度的な意味で輝いていました。


周回クリアで挑戦出来るタイムアタックのクリア報酬のアイテムの使用で楽になるトロフィーもあるのですが問題はそのタイムアタック自体。
   「万全な収集家」         「完璧な収集家」

ノーマルクリア後にプレイできる難易度 ハードモードをクリアした際
遊べる様になるタイムアタック(ハード)

これのクリア報酬を全て集めるトロフィーがあります。

クリアとなるには巨像を規定タイム以下で倒す必要があるのですが
問題はその規定タイムの短さです。
ノーマルだけであればどうという事も無いのですが....

私は全16体の巨像 その内の3体目 そして15体目に苦戦しました。 
やはりここで躓きました。

有志の方々の攻略動画を参考に進めていけば非常に攻略が楽になります。
ですがそれだけで終わらせる訳にもいかないのでおおまかな討伐方を少々...

まず3体目ですが
巨像の腕輪を壊す流れを飛ばすアレ(以下ショートカット)は無くても立ち回り次第ではクリア出来ます。私には無理です。

やはりショートカットは重要ポイント、何とかコツを掴みましょう。
個人的には刃の欠けている部分の付近でしゃがむ ~ 飛び乗りが一番成功率が高かった気がします。
剣先に近すぎず、遠すぎずを意識して飛んでみましょう。

その後は 頭→腰→腕の流れで討伐。
途中腰から腕に飛び移るのですがここを失敗すると終わります、気を引き締めて下さい。
頭→腕→腰の順番でも割と倒せますよ!

お次は15体目の巨像です、タイムは長めに設定されているものの、一度落下してしまうと再び巨像に乗るまでが意外に長く、ミスが出来ません。

頭部に登った際 揺れが少なく非常に攻撃しやすい部分があります。
そこを探し攻撃しましょう、背骨の近くが揺れないだけかもしれません...
腕の急所を潰しに行く前に腕力を回復させておきます、それから腕へ。
急所を潰し胸へ進む前にまた背骨付近で腕力を回復、胸を力の限り攻撃し右手へ。
胸は削り切らなくても余裕はありますので右手を先に潰しましょう。
胸は二回に分けた方が確実です、ちまちま削っていきましょう。

さて、次は収集系トロフィー!   といきたい所なのですが...
攻略情報も充実していますのでさほど苦労する事は無いと思われます。

屋上庭園へと至るルートについては...
祠の裏側から苔の生えた丸い柱を目指す様にすれば辿り着ける筈です。
背面ジャンプで柱に掴まり登っていくと到着。
果実は地上と比べて非常に見つけ易いです。

トカゲ狩りについてはアイコンの周囲を注意深く観察する事が重要ですね。
タイムアタック報酬の感知石を使用しないと疲れます、それはもう。

それでは最後に難易度!
全体の作業量と最低限必要なスキルを考慮した結果 ★4...といきたいのですが
発売してから時間が経過した事で攻略情報も充分出回ったと言えるので★3で。

それでもタイムアタックやトカゲ狩り、果実収集は骨が折れますけれどね...
そこは★4手前の★3と言う事で!
ちょっと巨像狩ってくる
(Updated: 2013年 10月 11日)
とにかく作業量が多くて辛い!
鉄腕ワンダの為にストーリーを3周以上必要だったり、ストーリーと同じ敵のタイムアタックをノーマルとハードでそれぞれしないといけなかったり、閃光の矢の爆風でも落とせない果実を、通常の矢でちまちま射抜いて収穫したりで終始作業感MAX
おまけに一部飛ばせないムービー&EDに、足も遅く、ちょっとした段差でもいちいち立ち止まったり操作性がクソすぎる駄馬、などなどストレスもマッハです。

今作の鬼門とされるトロフィー「完璧な収集家」
HTAは現在、かなり攻略情報や動画が出揃っているのでかなり楽になっています。
現にPS2版未プレイの自分でも動画の動きを真似しながらで、3時間ほどでHTA制覇出来ました。
 鬼門の3体目の巨像ですが、2つある固有モーションを誘発させればかなり安定します。
15体目の門番気取り君も、同じく固有モーションがあるので誘発させれば余裕です。
(※15体目の巨像は1度ミスで落下しても1分ほどタイムが余りました)
他の巨像は正攻法でも割と余裕のある設定です。後はしゃがみ状態の刺しと、掴み状態の刺しの違いなんかも知っておくともっと楽になるかと思います。

個人的にはHTAより、「絶滅の光とかげ」「収穫祭」「鉄腕ワンダ」などの周回+収集要素の方がよっぽど辛かったど...
このトロフィーの作業量は、なかなか発売どころか新情報すら発表されない「 人喰いの大鷹 トリコ」までの繋ぎである可能性が微レ存...
レビュー
ICOとセットで購入しました。
ほかの方が述べている通り、トロコンはなかなか難しいです。
ゲームの内容に関しては、前作ICOとのつながりをほのめかすようなシーンや広大なフィールドをアグロに乗って駆け回る爽快感(周回を重ねると苦痛になる)、自分の何倍もの大きさの巨像を倒す達成感(周回をかさねると作業になる)等が味わえてなかなか楽しむことが出来ました。

「絶滅の光とかげ」
2週目以降のタイムアタックでの報酬と攻略サイトをあわせれば大体3~4時間ですべて集められます。とかげはセーブポイントである祈りの塔には一匹以上必ず配置されるため、ついでに「祈りの塔めぐり」を取得すれば効率が良くなります。

「収穫祭」
「禁断領域の解放」の取得条件である屋上庭園にも果実があるため、腕力が最大近くになる3週目後半~4週目に収集すれば無駄がなくなります。

「完璧な収集家」
今作におけるトロフィーの中で最も苦労しました。3体目を除けばそれほど難しくはないのですが、私は3体目だけで約8時間もかかってしまいました。途中からいろんな動画を参考にさせていただき、剣から直接腰や腕章の上に飛び乗ろうとしたのですが成功率が4割くらいしかいかなく、たまに成功しても落下したり時間切れとなってしまい心が折れかけました。その後、最初の位置取りの失敗を期に、正攻法で鎧を破壊した後攻略してみたのですが約30秒残して倒せましたので剣から飛び乗る方法がどうしても苦手な方は試してみると良いかもしれません。


ICOから続けてプレイしてみての感想ですが他の方の指摘でもある通り操作性やカメラが不自由すぎてとてもストレスがたまりました。ノーマル1周目だけのプレイだったらそれも雰囲気を演出するための仕様など適当に取り繕えるかもしれないが、周回ややり込みを重ねるごとに苦痛でしかなくなり、特にタイムアタックでは確実に髪の毛が減りましたので頭髪が気になる方は絶対にトロコンを目指さないほうが良いと思います。
攻略動画やサイトがたくさんあり、発売当初とは比べるまでもなく簡単になったと思いますが、それでも難しいHTA3体目がいるので難易度★4をつけさせていただきます。
初のコンプ
(Updated: 2014年 2月 06日)
PS3にて初プレイ

苦労したこと
・腕力の最大が上がりづらかった。トカゲ狙ってるけど全然上がらない気がする
巨人倒したほうが早いかも。
・ハードタイムアタック。
3体目と15体目です。それ以外は比較的楽にできますが・・・
3体目で詰み先に15体目やったらこっちはあんがいクリアできたのですが
3体目はかなり時間かかりました。
ミスれない、シビア、見づらいカメラ等あってかなり難しいです。
特に自身のスキルを上げるしか攻略法がないので★4が妥当かと
ひたすらに反復作業の繰り返し
PS2既プレイです。クライミング系アクションゲーム。
ストーリーの出来は別にして、操作性・システムはとても劣悪です。
壁際では仕事をしない・巨像に貼り付くと途端に荒ぶるカメラ、
巨像に貼り付くと異常な頻度で振り回し(高難度)、
明らかに調整しないで時間設定されたタイムアタック
アグロが思った通りに動かない
とイライラさせる要素がかなりあるのでプラチナまでの道は思った以上に険しいです。
自分はゲーム開始当初にジャンプを×ボタンに割り振りました。
以下は注意すべきトロフィー


『完璧な収集家』
この作品最大の壁。攻略を知らなければ詰むレベルの時間設定(主にHTA:3)
の巨像がおり、攻略法を知っていてもそれを実践するのにいくらかの練習が必要です。
「動画を見て、動きが分かっていてもその動きが完璧すぎて自分では真似できない」
という人も多いので、完璧に真似をしようとせず時間を有効に使って攻略していきましょう。

『絶滅の光とかげ』
収集系トロフィーでも中々の難度。タイムアタックをこなすとトカゲ感知石を貰えますが、
詳細な位置までは載ってないので結局は動画か攻略マップに頼る事になります。
現在(3/19)すべてのトカゲ場所を網羅した1つの動画がないので
こまめに上げられてる動画から探すか、マップを頼りに自分で探すしかありません。
文字だけで載っている攻略サイトも少なくないので探すのは思ったより大変です。


『絶滅の光とかげ』だけなら☆2程度なのでしょうが『完璧な収集家』
のおかげでプラチナ取得まで1年半近く(1年近く放置でしたが)かかりましたので
☆4とさせていただきます。
参考動画の充実につき難易度は緩和
(Updated: 2013年 1月 30日)
まず、1週目にノーマルを自力攻略をしましたが、慣れない操作と弱点捜索などで結構やりごたえのあるゲームだと思いました。巨像攻略はちょっと頭を使うパズル要素的でもあるので、時には見当違いなことをしてたりで。。
※最初に好みにボタンやカメラの設定を必ず調整した方いいです。


○収穫祭・絶滅の光とかげ・祈りの塔めぐり(収集系のトロ)

トカゲや果実は周回で持ち越せないので、握力が少ない周回で地上の果実を集めても時間の無駄になりますのでご注意を。通常は4週目で果実とトカゲを一緒に集めるのがいいみたい。またトカゲは1週目から見つけ次第どんどん倒した方がいいです。
?収集トロは嫌というほど色んなゲームにありますが、その中では比較的楽な方かと思います。(もちろん、アイテムと攻略サイト様がのおかげ)

○タイムアタック

ノーマルの巨像は通常のスキルで問題なく倒せます。難しいと思えば、攻略サイトで手順を確認してやればでとくに詰まる要素はないと思います。

ハードについてもほとんどがノーマルの時の経験をそのままでも心配ありません。(ただし、安定ポイントの知識や大きなロスが駄目な巨像もいるのでそこだけ注意)

★それで難しいと言われるのが、皆さんと同じで3、15体目の巨像です。(4と6も攻略知識がないときついです。)

特に3体目はたぶんメーカーの調整ミスです(笑)PS3になってワンダの揺れ耐性が明らかに弱くなっているのに規定タイムの見直しが行われなかった為、他の巨像の難易度と比べ明らかに浮いています。

ただし、難しい分だけあってこの2体については動画サイトや個人ブログなどたくさんの攻略指南や研究が見つかります。その中で自分にあった攻略を見つけ、参考通りにやれば、アクション苦手でも頑張れるはずです。

実際に私は3体目は剣からのジャンプショートカットを参考に、15体目は時間が多めなので左胸を2回に分けての通常プレイで、詰まること無くクリアできました。

私のコンプ難易度は参考動画のお陰もあって★3で。もちろんアクションのスキルがある程度は要求されますので苦手な方は★4と考えて見て下さい。
PS2版は未プレイ。操作性が悪く、ジャンプやカメラ操作に慣れるまでかなり時間がかかりました。
ゲーム自体の難易度が高めでノーマルでも十分歯ごたえがあって楽しめました。

トロフィーをコンプするためにはノーマルを3周+αしないといけませんが、TAアイテムを揃えたら1周3時間程度です。
『絶滅の光とかげ』は何匹か壁を登った崖の上に居たりしたのでwikiで場所を確認しないと見つけるのは困難。
『収穫祭』は常に表示が出てるので取得漏ればまず無いです。ただこれもフルーツが見辛いので実際にやってみると大変です。
無駄に広大なマップなので収集物を集めるだけでもかなりの時間がかかりました。

一番難関のHTAは1.3.6.15体目が特に苦戦しました。
安定ポイントをすぐ見つけられるだけでグッと時間短縮出来ます。
参考動画がUPされているので安定ポイントやショートカットを覚えてひたすら反復練習するのみ。

1周目こそ面白かったですが、2周目以降は完全に作業です。
プレイ中はなにかとストレスだらけでした。TAで上手く行かないときはイライラが半端ないです。
テクニックと言うよりは根気が無いとコンプは不可能かと。コンプ時は達成感よりも解放感の方が強かったです。
トロフィー目的のプレイよりも純粋にゲームを楽しむ程度でやめるのが丁度いいタイトルだと思いました。
感動的なストーリーとそこから現実に引き戻す高難易度タイムアタック
(Updated: 2019年 1月 24日)
コンプ難易度 
 
4.0
ICOのプラチナ獲得後にプレイ。
こちらもICO同様PS2では未プレイ。
ICO同様、△がジャンプボタンであることと、掴むというゲーム性から、操作性になれるまでは時間がかかりました。

高難易度トロフィーは「絶滅の光とかげ」、「収穫祭」、「鉄腕ワンダ」、「完璧な収集家」の4つ。
難易度の低い順に
・絶滅の光とかげ
TAクリアで取れるトカゲの感知石の使用を推奨。
しかし、これを使っても、表示ポイントと実際にいるポイントがずれていることが多く、攻略サイトなしでは見つけることすら困難。

・収穫祭
TAクリアで取れる果樹の地図の使用を推奨。
こちらも、果実の存在するポイントを記したのみで、数の表記がない。地図上に2つある場合、2つの木に果実が存在します、という意味。一つの木にいくつの果実が存在するかはこれも攻略サイトなしでの把握が困難。
一応地図からマークが消えればそこでの収集が終わったことになるが、取りこぼした場合、いくつ残っているのか把握できないのが難点。
また、空中庭園の果実も数に含まれるので、これの獲得は自然と終盤に。マップ表記がなく、取得時の効果もパラメータダウンなので、地上のものを全て収集後にとること。
獲得後はセーブせず、タイトルに戻ることを推奨。

・鉄腕ワンダ
トカゲを狩るより周回したほうが早い。あとHARDでは巨像撃破後にパラメータ上昇がないようなので、NORMALでやること。
それでも約4周分の周回プレイが必要。

・完璧な収集家
高い難易度は3体目と15体目に集中。
他は凡ミス、5体目は落下さえなければ時間にはかなり余裕がある。
15体目は、胸の弱点を刺すときに揺れの少ないポイントをいかに短時間で探し当てるかが全て、頭は揺さぶる割には耐え切れるポイントが甘く、NORMALの延長で問題ない。
一番鬼門は3体目。もうこいつのTAはやりたくない。それくらい規定タイムが短い。
私はPS3用の攻略動画が出来る前にコンプしたので参考になるかどうか不明だが、大剣の反動を利用した大ジャンプはほぼ必須テクニック。
そこから胴体の弱点をいかに早く潰せるかが全て。
頭はNORMALと同様に。腕はあえて弱点と逆の腕に回ること。すると腕を上げ、歩いて弱点にたどり着けるようになり、握力の負担が減ります。
そこからは駆け引き。一気に潰すか、揺れが強くなるまでに回避し、パターン化させるかでしょう。ただ、胴に時間をかけ過ぎると前者しか使えません。練習を重ねましょう。

プラチナ難易度としては、周回の面倒さとTAのきつさから☆4。
ただ、このゲームに感動し、興奮したのも事実。ICOとともに、おすすめのゲームです。

レビュー

コンプ時間
40時間程度
(Updated: 2012年 4月 16日)
収集物系トロフィー三種の内、二つは広大なフィールドを隅々まで走り回らなければならず、加えて操作技術系のトロフィーも有り、更に最低 4 周しなければならない点も考慮し、プラチナ取得難度は★4.0位。


鬼門となるトロフィーは【鉄腕ワンダ】と【完璧な収集家】・・・後、人によっては【絶滅の光とかげ】も・・・。
【鉄腕ワンダ】は、タイムアタック(ノーマル)で手に入る「活力の前掛け」+「剛力の仮面」を付けてれば、トカゲ無視で 1 周約 2 時間前後で周れますし、腕力の上昇値は、確か巨像 1 体でトカゲ 8 匹分なので、毎周トカゲ狩りをして進めるよりも、巨像狩りだけを目当てに周回を重ねた方が早いと思います。更に言えば、各巨像に向かう際の最短ルート上に「祈りの塔」は 20 箇所前後もあるので、そこに生息する光トカゲの尻尾だけでも手に入れて周回を重ねるのが一番早いかもしれません。

【完璧な収集家】の方で重要なのは、安定パターンを早目に見付ける事。
時間が掛かったのは 3 体目と 15 体目・・・15 体目は安定パターンを発見してからは 2・3 回でクリア出来ましたが、3 体目は大分苦労しました・・・。どちらの巨像にも言える事ですが、巨像の特定モーションを意図的に誘発させられるかどうかが非常に重要になって来ます。
まず 3 体目・・・右腕の腕輪よりも一段上にある足場~右肩までの位置にワンダが居ると発生する「右腕を長時間降ろすモーション」・・・15 体目は、左肩にワンダが乗ると発生する「左腕を大きく振り回すモーション」・・・この二種類のモーションを効果的に利用出来れば、時間内の討伐が非常に楽になります。
動画や攻略情報は色々と出ているので、実際に私がクリアした際の簡単な流れを以下に記載しときます。ちなみに・・・下記の二体程では無いですが、6 番目もその他の巨像の中では比較的時間がかかりました・・・正攻法でクリアしましたが、左手の甲に乗る際は人差し指から登れば最大溜めを 1 回出来る位の時間は確保出来るので、覚えておくと楽になると思います。

・3 体目
開始直後、4 秒程前進して腹部へ弓攻撃・・・石の剣に乗って腕輪へジャンプ後、腕輪より上の段に移動して前述した「特定モーションを誘発」
すかさず腹部へ飛び移り、腹部への最大溜め攻撃を数回入れて紋章消し作業開始。腹部の紋章を消したら再び腕輪に飛び移って「特定モーションを誘発」させてからすぐにジャンプ移動で右腕を駆け上がり、頭に最大溜め攻撃を数回入れてから紋章を消す作業開始。
頭の紋章も消したら左腕の紋章辺りに飛び移って、後は普通に紋章消して終了(左腕の紋章消し作業は、多少運が絡みます)

・15 体目
すぐに振り返り、左側ルートから橋破壊イベントまで進み、巨像の左肩にある肩鎧の最上段辺りに飛び乗り、その段の端にぶら下がり「特定モーションを誘発」
モーションの反動を利用して、すぐ横にある左胸の紋章に飛び移り、特定モーション後の硬直時間中に 8~9 割溜め攻撃を 1 回だけ行い、すぐに肩鎧まで戻って端にぶら下がり、再度「特定モーションを誘発」・・・このヒットアンドアウェイ戦法を 3 ~ 4 セット行えば、最大の難所である左胸の紋章消し作業を短時間で消化出来ます。
左胸が終わったら、頭へ移動して安定ポイントを早々に見つけて紋章消し作業開始。位置的には紋章の左上(首に近い方)に有りましたが、15 体目は全身を思いっ切り振るので見付けるまでちょっと大変かも・・・頭が終わって 1 分前後残っていれば後は安心。剣を落とさせるイベント後に右手の紋章消して終了。


か~なり面倒な【絶滅の光とかげ】は、むしろ【鉄腕ワンダ】の通過点位の気持ちで、無心で乗り切りましょう。
ちなみに私は「トカゲの感知石」を手に入れ、攻略 Wiki の地図も用意して準備万端で臨みましたが、何処かで取りこぼしがあった様で、全箇所回った段階で未取得のまま・・・その後も 30 分位走り回りましたが見付からず・・・あれだけ丁寧に一箇所づつ虱潰しにやって来たのに・・・等と考えてたら急に悲しくなって来て・・・丁度近くにあった「祈りの塔」に向かって「閃光の矢」を無心で放ってたら・・・「ピロン♪」といういつもの音と共に【絶滅の光とかげ】のトロフィー GET・・・どうやら取りこぼしてたのはたった一匹で、その一匹が丁度近くにあったウサ晴らし用の「祈りの塔」に張り付いてた様です・・・ゲーム中、無意識に「あ・・・ラッキー♪」と声が出たのは久しぶり。
嘘の様で本当の話ですが、コレは極めて稀なケースかと思われます・・・一歩間違えるとこんな神任せ的な状況になってしまうので要注意です。


ICO とセットで購入し、ICO のプラチナ取得後に続けてプレイしました。
作品自体は、ゲームとして捉えると大きな敵とひたすら戦うだけの単調な内容ですが、ICO に続き今作もストーリーが素晴らしかったです・・・簡単に説明すると、ある理由で犠牲になった女の子(抜け殻のヒロイン)を蘇生させる術を知ったワンダ君(主人公)が、禁断の地へ踏み入り色々頑張る・・・といった内容。
生と死という相反する運命に抗うワンダ君ですが、巨像を倒し祠に戻る度、女の子には生を象徴する様な強い光や寄り添う生き物が増えていくのに対し、死を象徴とする影がワンダ君を取り囲み、次第にその数が増えて行くという・・・もうこの時点で涙腺が決壊しそうでしたが・・・16 体目直前の某イベント~エンディングの「おわり」表記までずっと泣いてました・・・終始、哀しくも美しいストーリーで、久々にストーリー性のあるゲームを楽しめた、という感じで非常に満足出来ました。憂鬱一歩手前位のこんな感じが一番良いのかな・・・・・・とにかく、プラチナ抜きにしても非常にオススメな作品なので、購入検討中の方は ICO とセットで是非どうぞ。
最後の一撃はせつない(色んな意味で)
今更ながらレビュー
PS2未プレイ、リマスターで初ワンダです。
Normal4周 Hard2周でやっとコンプ
とかげ、果物はタイムアタックのアイテムで簡単なります。
Hardタイムアタックがかなり鬼畜
3体目、6体目、15体目にかなり苦戦しました。

今となっては攻略、動画が盛んになっているので
大分楽になってます。
鉄腕ワンダが結構取れないです。
4周目の13体目でやっと解除されました。

初めてやるHardの1体目、HTAクリア後のHardの1体目をやるとかなり
上達したなって実感できます。

トロコンはストレスがかなり溜まるので注意
HTAのせいで☆4
結構楽しめた作品です。
あらゆるストレスがあなたを襲う
他のレビュアーが書いてあることがほとんどです。まったく同じ感情がわきます。
ただ一番重要なアドバイスがないので私から言わせてもらうと、
”トロフィーコンプを目指さないこと”です。

コンプ時間40h前後でゴールドトロフィーが何個もっておいしいんじゃ?と思ったのが今思えば失敗でした。
このゲームはノーマルで1週して雰囲気を味わい、そこでやめるのが一番面白い。
各地にいる光るトカゲを狩ってなにが楽しいのか。それも一週だけじゃ全然足らず何度も狩る必要がある。同じ箇所で複数でるトカゲも居てわざわざセーブ&ロードをしなくちゃならない。
おまけに隠しフィールドにいってまた果樹を探す。これを食べるとせっかくトカゲを狩りまくってあげたステータスがどんどん下がるというプレイヤーの苦労をあざ笑うかのような謎仕様。(もちろんセーブしなければいいだけの話ですが)

2週目以降、TA中などもスキップできないボス戦中のイベントシーンやエンドロール。エンドロールにいたっては10分を超えていました。最低でも4週は必要なので軽く40分以上プレイヤーが操作できない時間があるということになります。そういうことに意識を払えなかったのかとスタッフを疑いたくなります。

ただTAはごく一部を除き、非常に楽しかったです。初見ではあんなに苦労したのにあっさり倒せるようになると気持ちいいです。まぁ問題はそのごく一部でまた多大なストレスが…

他の方もおっしゃってるとおり操作性も酷いものです。今までプレイしたゲームで一番酷いと思います。馬に関してはわざとだと思うのですが、そんなことじゃ何の愛着もわきません。わくのはストr

著名なクリエイターらしいですが、いかにも芸術家気取りな(失礼)感じなのでゲームの面白さを履き違えているのでは?と思います。

と愚痴りだしたらやめられない、とまらない。そんなゲームでした。
もはや愚痴だけで何のレビューにもなっていませんが、私のような思いをする人間がでないようこのレビューを投稿させていただきます。
①周目10h:ノーマルクリア10h
②周目10h:ノーマルクリア4h、タイムアタック3h、トカゲコンプ3h
③周目3h:ノーマルクリア3h
④周目6h:ノーマル15体目で腕力MAX3h、果実コンプ3h
⑤周目5h:ハードクリア5h
⑥周目10h:ハードタイムアタック10h

PS2版プレイ済みの方であれば35時間程でコンプできそうです。

トカゲ狩りがめんどくさい方は、巨像をバンバン倒して腕力を上げた方が楽だと思います。
トカゲ77匹+10匹程で4週目の15体目の巨像を倒した時に腕力MAXになりました。
ハードタイムアタックは動画を参考に揺さぶられ難い安定ポイントに捕まって連続して刺すのが重要です。

(Updated: 2011年 11月 01日)
レスポンス、馬のAI、視点カメラ…トロフィー抜きにしてもこれらの操作性がとにかく酷かった。

○ノーマル1周目
普通にプレイ。トカゲ全77匹、果実は屋上庭園以外全部取ったが、結果的に果実は不要で2周目(または3周目)にだけ集めれば良く、時間の短縮が可能です。[13.5時間]
○ノーマル2周目
1周目同様、トカゲ全77匹、果実も集めておいた。巨像15体倒した後、屋上庭園へ行き、トロフィー「収穫祭」を取った。これで3周目の果実集めは省ける。タイムアタックは2周目の最初にやっておくといいだろう。2周目で「収穫祭」を取るには壁の途中の斜めの狭いブロックで休む必要があり要テクニック。面倒なら果実は3周目に回すと良い。[8時間+TA2.5時間]
○ノーマル3周目
トカゲ74匹(巨像16体目前の祠の3匹以外)を集めた状態で、巨像15体目を倒したところで腕力が最大になり、トロフィー「鉄腕ワンダ」を取得。[5時間]

○ハード1周目
普通にプレイ。[5時間]
○ハード2周目
タイムアタック。1番難しいと言われていた3番目からやった。最初は鎧を壊してから倒す方法を模索したが結局上手くいかず5時間ほど無駄にしたが、動画にあるように剣の振りを利用する方法で倒せた。3体目は7時間40分で撃破。他には15体目に2時間、6体目に50分、9体目に35分、7体目に30分で他はどれも10分以内で倒せた。[TA計13時間]

最難関はやはりハードTA3体目だが動画にあるように剣振りから上に行けるようになり、糞なカメラ動作に慣れさえすればクリアは遠くないでしょう。

難易度は☆3~3.5といったところだが操作性の悪さで苦しめられる分だけアップで☆4です。
次はステータストロフィー無しにして欲しい
(Updated: 2011年 10月 29日)
PS2版はノーマルクリアまでプレイ済み。PS3でトロフィー付きになると聞いて、ノーマル・ハードクリアとタイムアタック位だろうから楽だな、まさか雰囲気ゲーにステータス関係のトロフィーはあるまいと予想していたらばっちり裏切られた。

まずこのゲーム操作性が悪い。ICOに比べればましになっているがそれでも。馬は障害物自動回避機能が付いているが曲がったら曲がりっぱなしなので変なふうに進むし何故か十六番目までの原っぱで減速しまくるし、細い道は歩いたほうが早いことさえある。ワンダはワンダで全然揺れてないのに滑るし。意味が分からないのはICOでは崖でふらつくとそのまま元に戻れたのに今作ではふらついたら下に落ちる仕様。嫌がらせか。そしてカメラアングルもよろしくない。

ゲームはICOに比べアクションが重要になったもののアドベンチャー性が高くこっちのほうが重要なのは相変わらずで決まったルートをたどって巨像を倒していくことになる。

トロフィーで難しいのはハードタイムアタッククリアだが、多くの攻略動画はPS2のもので、HDリマスターされた今作ではどうやら若干巨像が激しく動く(むしろワンダが非力になったのか)ので自分で何とかしなければならない。
3番目と15番目の巨像はhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm15842726とhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm15860494を参考にしたら簡単にとれた。
他ほとんどの巨像はハードといえど10回もやれば出来るだろう。自分は4番目と6番目にも苦労したのでこれらの攻略法も少し書いておく。
4番目
はじめ通常プレイ入口側丘に登ったら一発だけ矢を打つ。巨像が怒ったら肩が大きく動くのでそれを目安に地下に潜ると良い。何発も打ってしまうと巨像が先に行き過ぎ半回転して大きくタイムロスになる。巨像が丘の向こうを右前足で突いたらこちらに気づくことはないので尻のほうに走る。これで一分三十秒ほどで尻に掴まれる。あとは普通に倒す。
6番目
隠れたらまず左手の紋章をジャンプ刺し3回で消したい。左手はとんでもなく揺れるため最大溜めをやっている余裕が自分には無かったので。手首側に行き過ぎるとリングを掴んでしまうため指のほうを狙うことを推奨。左手の紋章が消えたらひげに掴まるわけだが、攻略サイトにもある通り正面以外の場所に掴まると運が良ければ自然に肩に掴まれるのでタイム短縮が可能。

しかし個人的には「絶滅の光とかげ」「収穫祭」「鉄腕ワンダ」のほうがはるかに辛かった。
フィールド上にいる光るトカゲを全部狩る、フィールド上にある果実を全部取る、腕力最大と別になんという事もなさそうな感じだが、マップは非常に広い。光るトカゲ狩りはそんなに辛くないが一周目に相当トカゲを狩っていないとトカゲと果樹は近いところにあることが多いにも関わらず「収穫祭」と両立できず、「収穫祭」では庭園の果実が非常に見つけづらい。
自分が腕力最大になったのは4周目6番目を倒した時だったがそもそも周回が半端じゃなく面倒。トカゲ狩り、果実狩りで一周ずつ使っているから巨像を何体か倒しただけだが、それでもそう感じた。このゲームは前述のようにアクション性よりアドベンチャー性のほうが重要で、うまく巨像の弱点を見つけることに楽しみがあるから、巨像の倒し方を知ってしまっている以上周回の意味があまりない。タイムアタッククリア報酬のアイテムを使用すれば腕力にもよるが巨像の弱点はほぼ一撃で消滅するので、移動時間のほうがはるかに長く、かなりの作業感と虚しさが襲う。

コンプ時間も短く、HTAの鬼門三番目も前述の動画を参照すればそんなに苦労なく終わったのでここまでは星3程度だが、トカゲ狩り及び果樹狩り、そして「鉄腕ワンダ」のための作業がもう本当に虚しくて嫌になるので体感的にはこの評価。
HTAが非常に難しい。できないと言ってもおかしくないですね。
攻略動画等もほとんどPS2時のものだから動きや揺さぶられ方も若干違うので、
参考にはならない部分もあるでしょう。
プラチナ取得は5だと思います。
鬼門はハードタイムアタックをクリアする完璧な収集家のトロフィー。
移植にあたり動作性の変化なのか、開発者の意図なのかはわからないが
PS2版に比べワンダがふらつきやすくなっているため、
何体かの巨像の難易度が上がっている。
特に3体目が劇的に難易度が高い。
ハードタイムアタックをクリアするのに10時間ほどかかったが
3体目に5時間、それ以外の15体に5時間という感じである。
それほど3体目は難しい。
収集系のトロフィーもやや面倒。
光トカゲは感知石を手に入れればマップに居場所が表示されるが
それでもわかりにくいものが何匹かいる。
また腕力を最大に上げるには4周ほどしなければばらないので
それなりに時間はかかる。
タイムアタックが難しい
トロフィー条件に周回プレイ必須のものがあるので少し面倒だが、別に周を重ねるだけなのでそこまで難しくはない。

やはり難しいのはハードタイムアタック。これは動画等を参考にしてコツを掴まないと厳しい。
とはいえアクションが苦手な人でなければそこまで苦労するほどのものではないと思う。
キャッスルバニアのタイムアタックと似ているので、やったことがある人なら頑張れば普通に取得できると思われる
タイムアタックが大変
(Updated: 2011年 12月 14日)
PS2版は、ノーマルクリアのみ経験済み。
大体のトロフィーは周回、マップを周る事で取れますが
万全な収集家・完璧な収集家(タイムアタック)は
プレイヤーの腕が必要です。
先にタイムアタックでアイテムを入手すると
トカゲ・果実探し、周回クリアが少し楽になります。

ハードがクリア出来れば、タイムアタックもある程度クリア出来ると思いますが、3体目は大変な割りに時間が短く、苦戦すると思います。
私の場合は3体目以外、ほとんど1回目でクリア出来ましたが
3体目は極端に難度が高く、2時間ほどやり直してやっとクリア出来ました。

完璧な収集家のトロフィーは、やり方が分かっていても
アクションが得意な人しか取れないと思うのでプラチナ難度は高めだと思います。
好きなゲームは意地でもプラチナを取る!
いつもみんなのコメントをみていたので、そろそろ自分も何かを書こうかなと思って、やっと決心した。
自分の日本語がたぶんまだまだ問題があると思うが、それでももし皆さんの役に立てたら、嬉しい限りだ。
では、要注意なところは分けて説明する。
1.「収穫祭」は空中庭園に行かないといけないので、3周目からお勧め~もし上に登る腕力が足りなかったら、次の周に集めなおすハメになるかも。
2.「絶滅の光とかげ」は地図があれば、それほど難しいことではない。が、地図の表示は大体の範囲なので、実際には探すのがストレスがたまる。できれば、巨像狩りに行く途中ついでにこまめに狩ったほうが楽になれると思う。後は、トカゲは大体石に近いので、まずその辺から探せばいい。
3.「鉄腕ワンダ」は腕力の円盤が見えなくなっても、まだ上限値ではない。その時点ではトカゲを10匹以上狩る必要があるみたい。自分は4周目終わりの時に解除した。
4.「完璧な収集家」はPS2版の経験があるので、それでも結構時間がかかった。特に3体目、剣から腰へのジャンプは必須と言ってもいいかも。ニコニコ動画はPS2版のハードタイムアタックのプレイー映像があるので、探してみれば参考になれると思う。難しいやり方は模倣しなくていい。一見難しい4体目、6体目と15体目は普通のやり方でもいける。肝心なのは如何に巨像の弱点の安定しているところを速やかに掴むことで、これはテクニック以外、運も必要だ。
ハードタイムアタックだけが鬼門
ほとんどのトロフィーはプレイしていれば割と簡単に取れますがハードタイムアタックがやたらと難易度高め。
全体的に難易度2くらいだが、コンプとなるとハードタイムアタックの影響で難易度4くらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。