特殊報道部

Updated
 
1.0 (17)
405   1   0
特殊報道部

製品情報

ジャンル
超常現象報道アドベンチャー
価格
6,090円
発売日
2012年8月23日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
DL版:5,000円

 

ユーザーレビュー

17 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
1.0  (17)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
ブーストゲー
攻略サイト見ながら最初からスキップ。数時間でプラチナいけます。
簡単ブースト
攻略サイトをみながらやれば特に詰まる所もなし
普通に全部読んでもそこまで時間はかからなさそう
自分は途中で飽きてスキップしてしまいました・・^^;
初心者向けゲーム
速読術の心得があるので早いスピードで普通プレイ。
単なる読みゲーではないとは言え難易度は恐ろしく低いので
(日本一ソフトウェアのゲームとは思えないくらいの低難易度)
誰でもトロコンは可能。時期が悪くPS+無料配信される前に中古購入してしまいましたが
全く後悔していません。むしろプレイして正解だったと思っているくらいです。

今なら中古でも2,100円平均なので、ちょっとやってみようかな?と思ったならカウンターへ!

2013/5/8 プラチナGET
読み進めるだけなのでプラチナ取得難度は★ 1。
ただ、【オールS評価】や【すばらしい観察眼】があるので★ 1.2 位。

【オールS評価】は確認が可能ですが、【すばらしい観察眼】はドコでミスっているのか確認が出来ないので厄介。『マテリアルチェック』の直前で逐一セーブしておくと確実です。
攻略は1ページでとても見やすい
本当にブーストとして最高です。
PSNで無料なので遊びました。
攻略を見るなら一ページにまとめたもの見るとすごくわかりやすい。
自分は一章だけじっくり読んで、二章から飛ばし、最終章でじっくり読んでる感じです。
完全にスキップなら3~4時間ぐらいでコンプ可能だと思います。

ADVとしては選択肢が少なく、スキップ機能も早くてとても役に立ちます。

じっくり読んではいないが、一章と最終章だけ読めば何の話が大体わかる、と思います。
最良ブーストゲー
(Updated: 2013年 7月 15日)
PS+で配信されていたためプレイ

難易度★1の中でも極めて簡単な部類。
迂闊にも途中まで真面目に読んでしまったが、陳腐で取るに足らないストーリーゆえ、オール未読スキップでも全く後悔しないレベル。
クリア後、即売りに行くことをすすめる。
日本一
特殊報道部は日本一ソフトウェアから発売されたアドベンチャーゲームです。
アドベンチャーでもオーソドックスな選択肢を選ぶ方式なので攻略難易度はかなり優しい部類になります。

一応、マテリアルチェックというシステムが搭載されていますが誰でも出来る難易度に落ちついてます。

トロフィー的には、

☆エンディングコンプリート
全てのエンディングを見た

☆読破
各話の既読率を全て100%にした

と一部エンディング系トロフィーが詰まる人は詰まる位で後は特に難しいトロフィーはないです。

ゲーム的にもボリュームに難点はあるけど日本一発売のアドベンチャーゲームが好きな人にはおすすめかな。

プラチナ獲得証拠ブログhttp://blog.livedoor.jp/siguma34/lite/
圧倒的な乳袋
既読スキップのみならず、未読スキッップも搭載されています。
ユーザービリティは流石、アドベンチャー慣れした日本一です。

詰まる所も特に無く、スムーズに取得出来るかと思います。
G
ヒバゴーン・・・一体何ヒバゴンなんだ(困惑)
最近はNG Σ+、MAGの作業であまりトロフィー取れてなかったのでトロフィーブースト。
最初は学校の新聞部の、ほのぼの系ADVと思ってたのですがいざ蓋を開けてみれば、心霊現象だのUFOだのヒバ○ンだのと、思ってたのと違いすぎてちょっと戸惑いましたw
まあでもストーリーは結構面白かったので問題ないですけどもww
トロフィーは攻略を見ても少し分かりずらい部分がありますが、それでも他のADVと違って最初からスキップ機能が使えたりと短時間でのコンプか容易なので☆1。
最後にプレイ中に度々出てくる「ヒバゴーン」て完全にヒバ○ンですよねww
トロフィーの条件に絡めるくらいってどんだけ開発者はヒバ○ン好きなんだよ・・・
開発者はヒバ○ン自身てはっきりわかんだね(確信)
簡単だがめんどい
PS+で無料配信されたのでプレイ。
攻略サイト見ながら進めれば全トロフィー取得可能です。
スキルもいらないので★1です。
良作
攻略wikiが簡素だったので不安でしたが、あれだけの情報でプラチナまでたどり着けます。
一応補足ですが、↓の方の書かれている「隔離」に関しては、分岐する為の選択肢が二箇所あるので、一章づつ100%にしながら進行しても大丈夫です。
R
簡単にトロフィーを集めることができる作品
読み進めるアドベンチャーで難しい場所もない作品
マテリアルチェックは一度でも間違えると、Sランクを取れなくなってしまうため
場面が来るたびにセーブをしながら確実にやっていけば大丈夫。

一つだけ気を付けなければいけないことは、攻略ページを見ながら1章ごとに全部埋めていく形でやっていくと、最終章のBADエンディングである隔離が見れなくなるので注意すればよい。
(Updated: 2012年 10月 21日)
ADVなので基本読み進めるだけで難しいトロフィーはなし。
マテリアルチェックに入ったらセーブして間違えたらロードでやり直し。これで特に攻略ページを見る必要もなく、ほとんどのトロフィーを取得できると思います。
その他 注意が必要なトロフィーはwikiに情報がそろっているので問題ないかと。

内容は、ちょっとボリューム不足な感じがしましたね。普通に読み進めてこの時間なので・・
ADVでは珍しくTIPSがないので、そこはちょっと不便だったかなと思います。
とはいえ、超常現象を題材にしたストーリーは斬新で、魅力的です。オカルトにあまり興味のない私も楽しめました。(個人的には4話が一番面白かった)

楽しみながら簡単にコンプできるので、トロフィー的にもおすすめできる作品です。
隠れた名作
(Updated: 2012年 10月 23日)
プレイしてみてびっくり非常に面白かったです。大まかなストーリーは超常現象を報道する局の一部書に配属された主人公があらゆる超常現象に関する取材を行い手がかりから番組を制作するというものです。
また実力のあるキャストさんを起用した事によって安定した演技を楽しむ事も出来ます。
肝心のトロフィーも非常に簡単なものばかりでどなたでもコンプ可能なタイトルです。

●読破
各話2ルート存在し、14ルート全て読む事で取得出来ます。例外として5章のみ差分があるので要メモ確認

●オールS評価
各マテリアルチェックもノーミスで進めていかないとS評価をもらえないので注意

●グラフィックコンプリート
全ルートクリアで埋まります。

●すばらしい観察眼
各マテリアルチェック時にセーブ推奨。最終話のみ若干チェック判定が曖昧な部分があるのでロードをくり返して正解を見つけ出してください。

●各ED
メモに記載してある通り最終話のマテリアルチェックをミス回答する事



個人的に彩先輩と佐曽利Pのやりとりが安定し過ぎてツボでした。さすが10年来の付き合いです(笑)
ΩΩΩ ナ、ナンダッテー !!
既読スキップありでのコンプ時間
プランニング(分岐)、マテリアルチェックに入ったらセーブ推奨
トロフィー取得に関して面倒なものは一切なく、
スキップも快適なので回収も楽々です。

ゲーム内容に関して
一枚絵が綺麗で声優陣が豪華
MMRが好きな(好きだった)方に強くオススメします

内容もおすすめADV
トロフィーが簡単なのでおすすめのゲームです、未読スキップを使えばもっと早くなります。

注意点は「読破」のみ、散々話題にもなっていると思いますが第5話共通ルートの音声マテリアルチェックと洗脳の宇宙メシアルートのマテリアルチェックに差分が存在するため98%か99%で止まってしまう人が多いと思われます。

また、隔離と知華以外のエンディングは1話~6話の全12ルートをクリアしないと見ることができない点も留意が必要です。
S
お○○○ENDは、BADENDな気がしない
ADVにありがちな、空きを埋める水増し作業も無く
自力で簡単にコンプ可能。

各章にルートが二つありますが
他なら鬼門となるような既読率も
ルートコンプするだけで殆どの章が100%になります
グラフィックコンプは、EXTRAのギャラリーを
開いたタイミングで取得しました。
普通に進めるだけでポロポロ取得していける事でしょう

トロフィー的には勿論、内容も良いのでオススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。