レビュー詳細

51Rhdv35s2L._AC_
RPG・SRPG 2020年 8月 31日 5738
英雄伝説 ゼロの軌跡
コンプ難易度 
 
2.0
クロスベル編にあたる零・碧、エレボニア帝国編にあたる閃の総結集。
零・碧は未プレイ、閃は全4作プレイ済み。
空の軌跡3rdのような幕間のシナリオであること、サブイベントを網羅すると結局は同じくらい時間を要するので参考程度ですが、冗長傾向にあったシナリオのテンポ、および閃の軌跡にてずっと課題だったロード時間に関しては改善が見られ、遊びやすくなっていました。

基本的なトロフィーはこれまでと同様ですが、大半のトロフィーが「創まりの探求者」の取得過程で取れるようになっております。
「創まりの探求者」で取り切れないものについては、アップデート前後で難易度が大きく変わりますので、可能であれば、パッチによるアップデートを推奨します。
●創まりの探求者
難所、および他のトロフィーに含まれない取りこぼしの可能性があるものは以下。
また、周回時に引き継いでさえいれば、これらの進捗はリセットされないので、思い切って次の周回に進めることも視野にいれること。

・現実世界の「〇〇」達で強敵を20体倒せ
条件自体は主人公たちをパーティに入れた状態でWARNING表示の出る敵を倒せばいいだけですが、終章攻略までの時限要素となっているため、ラストダンジョン攻略開始前までに獲得することを推奨。
《C》の規定数が不足しがちになると思いますので、終章の合流時にはできる限りレギュラーメンバーにしましょう。

・「アクセサリーの交換」を50回行え
条件は説明不要ですが、Uマテリアルの利用用途の多さからどうしても後回しになりがちです。

・夢幻回廊の「仲間全員」をレベル150以上にせよ
加入メンバーが少ないほど条件はゆるくなります。
現在はアップデートにより、クリア後データのオプションから、Lv+50、Lv+100の設定ができるようになるため、これと難易度調整を併用したレベリングを推奨。
余談ではありますが、上記オプション未使用でも、アップデートで追加された第零階層までの攻略をした場合、難易度NORMALでもレベル180くらいまでは上げることが可能です。

●Mクオーツコレクター
今作のマスタークオーツは加入キャラの初期装備、もしくはエピソード、ランク報酬となっているため、取りこぼしは出ないようになっています。
ただし、マクバーンの初期マスタークオーツ「バロール」はこれに含みませんので注意。

●至境の珠
今作の難関トロフィーの1つ。
「創まりの探求者」獲得に必要なマスタークオーツのレベルは10のため、そこからさらにレベルを上げる必要があります。
レベル10以降の伸びが極端に悪くなるため、上記オプションか、アップデート追加階層での攻略がほぼ必須となります。

●歴戦の王者
今作の難関トロフィーの1つ。
「創まりの探求者」獲得に必要な戦闘勝利回数は800のため、そこからさらに700回の戦闘勝利が必要となります。


相も変わらず時限要素が多いですが、閃の軌跡ほどカツカツではなく、全体的な難易度は低いため、今回は低めのレビューをします。
但し、「シリーズ比で」低ボリュームである点は注意が必要です。
作業耐性がない方は、至境の珠や歴戦の王者により、+1くらいになると思います。

レビュー

コンプ時間
95h強

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 プラチナトロフィー