レビュー詳細

RPG・SRPG 2017年 10月 01日 5198
英雄伝説 黒の軌跡 前篇
コンプ難易度 
 
3.0
閃の軌跡シリーズ3作目。これまでの2作は既プレイ。
シリーズ元来のイベントの長さを考慮しても今作のイベントは膨大、かつ、長丁場で、じっくりプレイした場合は1周クリア時間ですら100時間を超えます。
後述の内容とも重複しますが、レベル引き継ぎ、ターボモードがアップデートで実装されているため、初期よりは作業負担が軽減されています。

トロフィーについては、概ねこれまでどおりの構成。
今作は、フラグ管理がしっかりしていれば、絆イベント(に伴う人物ノート)を全て回収可能で、後述の理由から1周目で難易度ナイトメアに挑戦する選択肢もあるようです。

特筆すべきものは以下。
●地獄の栄冠
おなじみ難易度ナイトメアクリアトロフィー。バージョン初期は、キャラレベルを引き継ぎがありませんでした。
アップデートでレベル引き継ぎができるようになったため、これを利用することで円滑にゲームを進めることができます。
パラメータ負けすることはありませんでしたが、総力戦の局面ではブレイク耐性の高さから一方的な展開に持ち込めず、状態異常でひっくり返されることはありましたので、アクセサリによる状態異常対策はしっかり行うこと。

●バトルマスター
トロフィー自体はアナライズ、バトルスコープの両方が使えない状況がないため、1周で取得可能、かつ、条件を満たした時点で解禁されますが、戦闘ノートの途中進捗の達成報告がマスタークオーツの取得条件に含まれているため、報告漏れに注意。
後作と異なり、アークスIIから報告できず、演習地での報告が必要であること、次周で取り直す場合は1章途中まで報告機能が解禁されないため、時間を要します。

●Mクオーツコレクター
上記バトルマスターの報告絡みと、帝都地下墓所の宝箱を忘れやすいので注意。
帝都地下墓所は終章のクエストで立ち寄る機会がありますので、暗黒竜の寝所突入時点で取り忘れている場合は取得を忘れないこと。

●○○との絆
シナリオ途中の贈り物をくまなくやっていれば、最後の帝都散策イベントを1キャラ集中すれば取れるようにはなっています。


1周でコンプ可能ではありますが、シリーズの常として時限要素だらけですので、難易度評価はこれまでと同じにしています。
バッドエンド自体は嫌いじゃないけど、クリフハンガーの度合いが今まで以上に酷く、単体で章編締めきれてないのはいかんよね・・・

レビュー

コンプ時間
125h程度

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2022 プラチナトロフィー