真・三國無双7

Updated
 
3.7 (15)
469   1   1
真・三國無双7

製品情報

ジャンル
タクティカルアクション
価格
7,560円
発売日
2013年2月28日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ダウンロード版 6,600円 TREASURE BOX 13,400円

ユーザーレビュー

15 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
3.7  (15)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
究極的に単調な作業を延々と続ける精神力が必要
(Updated: 2017年 8月 24日)
コンプ難易度は、スキル0でもコンプ可能・ブロンズトロフィー1つに20時間以上かかる・時間がかかる、以上3点を考慮し☆4。
スキルはまったくいりませんが、作業量が凄まじい。これぞ無双のトロフィーリスト。
無双屈指の作業
(Updated: 2014年 3月 06日)
無双シリーズはコンプリート物の有無で難易度が大きく変わってきますが今回は物凄い作業が待っています。
まずはすべてのシナリオを難易度「修羅」でクリアする「修羅のつわもの」次に武器収集率が100%にする「全武器収集」、さらには兵器を合計1000個以上破壊する「壊し屋」、すべての台詞がギャラリーで閲覧可能になる「全台詞収集」等々・・・根気がいる作業を要するトロフィーが用意されています。
中でも、「全台詞収集」。これが1番きついです。男性女性どっちも聞かなければならなず連戦連戦連戦・・・無双キャラの多さを考えていただければこのだるさは無双シリーズ屈指の面倒臭さだと思われます。
次に「修羅のつわもの」ですがこれは「全武器収集」とレベル上げをしっかり行った後やりました。全武器収集も敵武将が落としたアイテムをきちんと取らないといけませんので赤兎馬でぶっ飛ばしながら作業プレイしている人は要注意です。又、条件達成武器を集めるのも中々に面倒でした。しかし台詞収集に比べたら全然マシでしたが・・・
シナリオも面倒に感じる人は多いかと思います。IFルートと史実ルート両方とその他併せて5勢力をこなさなければなりませんし、合わせると9回エンディングを見る事になりますからね。
他の作業トロフィーはこうしたプレイをしている中で自然に取得できると思います。しかし、最後に残ったのが意外にも手を付けていなかった「訓練終了」と敵を空中に10秒以上浮かせた状態で撃破する 「空中散華」です。これは諸葛亮で壁際で羽扇を振り回して取得しました。
内容的には物凄く良くできていて何度も折れそうな心を支えてくれましたが、それを凌駕する作業があなたを迎えてくれる事でしょう。
良作ですが・・
(Updated: 2014年 1月 22日)
無双シリーズはPSPで遊んだ時以来久しぶりに触ったのでシステムやアクションなど凄い進化していて夢中になって遊びました。
ゲームに関しては間違いなく良作ですがトロフィー関係はゲームの性質上作業トロフィーが大半を占めるのでかなりしんどかったです。
無双シリーズなので技術が必要なトロフィーは皆無ですが膨大な作業量を強いられます。

「全台詞収集」
トロフィー集めの大半はこの絆集めに費やされると思います。
作業量が多い上に物凄く単調です、7連戦→基地に帰還して会話→1戦→帰還→1戦帰還で会話を埋めるのが恐らく最速だと思います。
男性女性ともに最初の会話は共通なのでどちらかが終わったら6戦→3戦ですみます。
私は頻繁に操作キャラを変えたり、後述の修羅のつわものと並行したりして出来るだけ作業的にならないようにしましたがそれでも厳しかったです。

「修羅のつわもの」
秘蔵武器集めと並行してやるのをお勧めします。
旋風付きの武器を使えば修羅でも簡単です。
赤兎馬に乗って旋風付き螺旋槍を振り回すのが最速ですが私は飽きないようにいろいろな武器を強化して乗り切りました。

「全武器収集」
修羅のつわものや全台詞収集を習得する時にユニーク武器を入手する機会があるので最後にやる事をお勧めします。
私が武器集めに入った時は85%まで集まっていました。
ギャンブル購入よりもフリーモードを回していった方が効率が良いです。

武器改造やストームラッシュ強制発動などシステム面の不満が多かったのですが、それらの仕様は先月発売された猛将伝でほぼ解消されているようです。(完全版商法止めてもらいたいですね)
ゲーム自体はとても楽しめたのでお勧めな一本です、今から始める方は猛将伝とセットの方を買うのもよいかもしれません。



THE・作業
(Updated: 2013年 9月 13日)
無双シリーズは三国、戦国、OROCHIとやってます。
その上でプレイした7だったのですが、非常に楽しかったです。
ですが、それは一通りプレイした感想です。
で、トロフィーコンプを終えての感想はどうだったかと言うと、疲れた。この一言に尽きます。

このゲームでの3大トロフィー(自分で勝手に言ってます)は下の方も言われている通り、
「修羅のつわもの」、「全武器収集」、「全台詞収集」ですね。

自分の手順としては、
全ストーリークリア(IF含む)→将星クリア→全シナリオ修羅クリア(ついでに秘蔵武器収集)→台詞回収
といった順番でした。
ちなみに、途中でDLCをプレイしたり、寝落ちしたりでプレイ時間はエライことになっております。(自分もセーブデータ見て驚きました。)

各トロフィーについて。
・修羅のつわもの
全シナリオを修羅でクリアが条件です。
自分はまず、秘蔵武器を入手するために各キャラでそれぞれのシナリオを修羅で攻略しました。
レベルは50以上あれば問題ないかと。
武器は迅雷剣で属性は凱歌、旋風、荊棘、神速を付けておけば、問題なくクリアできます。
同じ武器なので飽きやすいですが・・・。
秘蔵武器を集め終わった後は残りのシナリオを同じキャラでクリアしてしまいました。

・全武器収集
これはとにかくギャンブル購入で頑張りました。
ただ、シナリオ攻略中でも無双武将が落としたりするので、このトロフィーに関してはそんなに苦労しませんでしたね。
残り少なくなってきたら、重複購入を避けるためにメモをしておくと良いと思います。

・全台詞収集
今作品最大の作業を要するトロフィー・・・。
下に書かれてある通り、大変苦労しました。
9連戦が一番良いと言われてますが、後から台詞を聞くために長いロードを繰り返さなければいけないことと、9戦目になると旅団長が意外と体力があったりして面倒な点から、自分は違う方法で行きました。
まず、1週目(対男)はプレイヤー馬超(赤兎馬・槍装備)で3連戦×3で回し、
2週目(対女)はプレイヤー貂蝉(赤兎馬・箜篌装備)で6連戦+3連戦で行きました。
対して変わらないとは思いますが、結構サクサクいくので自分には合っていたと思います。
速さを求めてみたり、PCしながらプレイすると、ある程度は気分転換になるかもしれません。
面倒くさいことに変わりはないのですが・・・

最後に
大変でしたが、やるだけの価値はあったと思います。
11月発売の猛将伝が楽しみです。。。(コンプできるかはわかりませんが・・・)
真・旅団長無双7
ゲームは良作ですが、トロフィーはクソゲーです
6猛将伝をこえる作業ばかりです
今作の三大作業トロフィーは「修羅のつわもの」「全武器収集」「全台詞収集」です

「修羅のつわもの」
私は旋風、凱歌、誘雷、誘爆、荊棘、神速をつけた笛でやりました。操作キャラは甄姫様です。
ここまでつけなくても旋風と凱歌さえついていればヌルゲーです。ただし、ステージ数が多いため途中でダレてきます

「全武器収集」
ユニーク武器集めは、魏攻略戦・魏軍を回しつつ、金がたまり次第、将星モードのギャンブル購入が一番効率的です。
無双武将が宝箱を落としたら確実にユニーク武器です
ちなみに私は、白帝城の虎戦車バグで全武将をLV99にしていく過程で大半が集まりました。

「壊し屋」
現在Ver.1.04ですが、虎戦車バグは修正されていません

「全台詞収集」
何をとち狂ったのか男女両方聞かなくてはいけなくなりました。
男女合わせて1386戦もしないといけません。これだけで6猛将伝の作業トロ「達人」を凌駕しています。
難易度天国で小競り合いを一気に9戦し、会話を聞いたらちょうど絆がMAXになります。これの繰り返しです。

「全武器収集」と「全台詞収集」が鬼畜なほど時間がかかり、また恐ろしいほどに単調でしたので、★4です。

全武将をLV99にしたり、黄巾結集戦で9999人斬ったりしていたので、コンプ時間はもっと少なく出来たと思います。
時間と金さえあらば楽しくコンプ出来る。
(Updated: 2013年 6月 25日)
コンプしました。
最後に残ったのは、台詞収集でした。
その前は全武器収集。

辛いのが、女性武将の数が少ないので、同じキャラを使って、親密度を上げる必要があること。
女性武将の数がもっと多ければ、マンネリがもう少し少なくなったのに…。

武器収集はDLCのそうそうの馬が手に入る面を中心にやったり、異色武器を集める面で、やったりとバリエーションを持ってやりました。

ショウセイモードとフリーモードの繰り返しの連続でした。
DLCに2000円くらい使ったと思いますが、楽しくトロコンできました。

あとは、ストーリーを一つクリアしたら、ショウセイモードをクリアして赤ト馬をゲットして、お金稼ぎと武器収集とカコウトンの秘蔵武器と飛翔剣の秘蔵武器ゲットして、お金を使って武将のレベルを上げて、新規ストーリーで、最初から修羅で挑んで、各秘蔵武器をゲットするとより効率的です。
あと序盤に運が上がるやつゲットした方が良いです。これあると1ステージに最大3つはユニーク武器でます。
最初に言っておこう。私は役に立たぬぞ
(Updated: 2013年 6月 11日)
他の方も書かれていますが、やはり苦痛になるのは全台詞収集と全武器収集となります。
修羅に至っては旋風の高レベルをつけるとただの流れ作業に変わります。

【全台詞収集】
天国でひたすら回すだけです。
注意点として、ver1.03から将星モードの勝利画面がカットできません。台詞のみ早く集めたい、作業は出来るだけしたくないという方は大体最後に残るであろう全武器・台詞以外のトロフィーを取得した上でアップデートファイルを一時的に削除、ゲーム起動時にアップデート画面で×ボタンを押すことによりスルーできます。台詞収集後はアップデートして武器の収集に向かうといいかもしれません。

【全武器収集】
ver1.02からユニーク武器は重複しないので楽に集めることが可能となりました。
楽と言ってもギャンブル購入で集めようとするとストレスが溜まりやすいです。
出来るだけステージで集めて、足りない部分もしくはお金が余った時の気分転換で少しギャンブル購入に頼る、と言う感じで行うというのがよろしいかと。
DLCステージが武器を集めるのに最適なのですが、DLCを買いたくない方は蜀の魏攻略戦・魏軍をお勧めします。
プレイアブルキャラの黄忠などを倒した時、落とした武器がモブ武将などが落とす武器箱だった場合、確実にユニーク武器となっていますので他の武器が必要でなければ見分けることは可能です。

なぜ全台詞収集がブロンズなのか理解に苦しみますが、ステージが前作から変わっていたり、話やシステム的には面白かったと思います。無双ファンにはお勧めできますが、トロフィー目的となるとちょっとお勧めしづらいかと。
台詞と武器集めが完全なる作業で苦痛になりやすく、大幅に時間を取られるため☆4とさせていただきました。
9割が作業
(Updated: 2013年 5月 19日)
トロフィー取得の流れや攻略は他の方々が書かれているので割愛しますが、最優先すべきは最強武器の作成で、それにより攻略が大幅に楽になります。

「全武器収集」と「修羅のつわもの」は同時進行をおすすめします。
各ステージを修羅攻略していく過程でユニーク武器も獲っていきましょう。
(自分は別々に狙ったため、数十時間余分にプレイしました)
ほとんど作業です

ストーリーモードもかなりの量になり、それを忠実とIFルートとでやるので、これだけでも結構な時間がかかります。
その上、全てのシナリオを修羅でクリアしなければならないのでなかなか面倒です。
(フリーモードでしかできないものもあるので注意)

しかし最大の問題は全武器収集と全セリフ収集です。
全武器収集は修羅クリアや秘蔵武器収集をやっていれば7,8割方取れてるはずです。
ユニーク武器は自分が所持しているかぎりはダブって取得することはないので、所持したまま
修羅ステージをクリアしていけばいつかは獲得可能です。

全セリフ収集は将星モードで護衛につけた武将の好感度が一定以上に上がるたびに言うセリフを
操作キャラが男の場合と、女の場合との両方を聞くことで、その護衛武将のセリフが開放されます。
これを全ての武将でやるので本当にひたすらに作業になります。
これがブロンズトロフィーなのは絶対に間違っています。

簡単に取れるものがほとんどなのですが、一部トロフィーが鬼のように時間がかかり、
全修羅クリアなど、多少プレイヤースキルが必要になってくるので☆4とします。
台詞がきついです
6からだんだんとストーリークリアに時間を要するようになりますが、それでもそこは苦に感じませんでした。

アップデートによって武器が重複しなくなったので、ずいぶんと今では楽になっています。これとダウンロードコンテンツのステージとの組み合わせにより1ステージで2,3個の秘蔵武器が入手できるはずです。

とにかく台詞収集がきつすぎます。男女で絆が2パターンあるので護衛武将に設定して、9連戦の繰返しを徹底しました。
連戦終わりの台詞をしっかりと1人につき3~5回聴かないといけないのでつまってきたら、1ステージ終われば帰還することも大切です。

ゲームとしては、新しいキャラが増えて?になるところもありますが、新しいアクションの導入、武器の属性による3すくみなどがとても面白いです。


時間★4
運★3
技術★3
精神力★5
猛将伝より作業が多く時間もかかります。
個人的に武器コンプだけ鬼門でした
今は重複しないしのでかなり楽です。
セリフは武器と違って運関係ないので精神的に楽でした
それでも総合的に時間かかるし作業が多いので4評価
6猛将伝以上の長い長い作業
6猛将伝以上に作業が多く、トロフィーの取得もやや難しくなっています。
鬼門は他の方も仰る通り「全武器収集」と「全台詞収集」。
この2つだけで総プレイ時間の半分以上を費やさなければならないと言っても過言ではないです。

私はストーリーモード全クリアまではゲーム性重視、また攻略サイト等も殆ど見ずにプレイしたのでかなり時間がかかりましたが、最初から効率プレイをするならば100時間弱くらい、逆に最後までゲーム性重視プレイなら200時間以上かかる人もいるかもしれません。
また、全武器収集はユニーク武器の取得が運に左右されるのでこれでも時間が大幅に変わると思います。

ゲーム自体はかなり楽しめましたが、やはりバグ・不具合や将星モードの粗悪さがかなり目立ちました。これは猛将伝やパッチ・DLCでの埋め合わせに期待します。
三歩進んで二歩下がる
(Updated: 2013年 3月 21日)
○手順
1:ストーリーの難易度天国で適当な勢力を一周
2:将星モードで施設のランク上げと100連戦
3:ストーリーの難易度修羅で残りの勢力をクリア
4:将星モードで絆上げ、金が溜まったらギャンブル購入
5:フリーの難易度修羅で未クリアを埋める
6:将星モードで金を稼いでギャンブル購入
上記手順で約130時間かかりました(一時停止の放置時間含む)

○メモ
・2で旋風/凱歌付きの武器を作っておくべき
・3で秘蔵武器を並行して獲得するとよい
・4の絆上げは1週目3/3/3、2週目6/3戦毎の帰還が最高率
・5はイベントが少ないので予想外にすぐ終わる
・6は中断再開での無双武将撃破でも良いが体感確率は大差なし
・秘蔵武器は開始直後の中断データ再開だと取れない場合が多い
・壊し屋は虎戦車バグが治ると非常に面倒そう
その他細かいトロフィー条件はwiki参照

○感想
キャラが増えれば作業も増える。まさかの性別で作業2倍は鬼。
ユニーク武器も出ない出ない。最後は武器アイコンの判別で目眩が。
ゲームとしては相変わらず面白いが、6に比べてDLCが遅く感じる。
システムは改善されているものの、細かなバグが多く、
全体的には三歩進んで二歩下がるといったところ。
効率よくやっても100時間が目安でしょう。猛将伝も期待。
台詞コンプが本当に苦行
(Updated: 2013年 3月 16日)
ゲームとしては今回も面白かった三國無双の新作です。
ストーリーは前作の方が良かったと思いますが、今作もボリュームがあって楽しめました。
トロフィーもいつもの無双シリーズと同じく作業プレイが多いです。
その作業というのも今まで以上に同じことを繰り返す反復作業が多いため、プラチナ獲得は精神的に苦痛を伴います。

鬼門となるトロフィーは大きく分けて3つ。
全ステージを最高難度でクリアする必要のある『修羅のつわもの』
全ての武器を収集しなければならない『全武器収集』
そして将星モードの台詞を全て埋める必要のある『全台詞収集』です。

まず『修羅のつわもの』について。
今回の難易度修羅はいつもの修羅よりもヌルいです。
更にこちらの武器属性も強力なものが揃っておりクリア自体は簡単ですが、油断は禁物です。ステージ数が多いのでダレてきます。
今回の特に強力な属性は、敵を倒すと体力が回復する「凱歌」、敵のガードを打ち破って割合ダメージを与える「旋風」の二つです。無双乱舞が強力な武将、呂布や関羽、夏侯惇、祝融らを使うなら「乱撃」も有力な属性といえます。
自分は「旋風」「凱歌」「誘雷」を付けたヒョウで全ステージを修羅でクリアしました。操作キャラは王元姫です。
ここまでしなくてもレベルを99まで上げて秘蔵武器を装備した呂布ならば大丈夫かと思います。

次に『全武器収集』
武器は1種につき7個存在します。
今回は過去のシリーズ作のように各キャラに1つ秘蔵武器が割り当てられています。
秘蔵武器は陸遜と貂蝉のが難しかったです。この二人の秘蔵入手の際には予めレベルを上げておくことをオススメします。
前者は韓当の火計を全力で援護、後者はとにかく迅速な行動が求められます。赤兎馬は将星モードで入手しておいた方が良いでしょう。
また7つの武器のうちレア武器なるものが2つ存在し、これは無双武将を倒すことで稀に手に入れることができます。
また将星モードの武器屋のギャンブル武器を買えば低確率ながら入手できます。

そして『全台詞収集』
いやーしんどかった!これに尽きます…。
これを全て埋めるためには操作武将男女それぞれで77人×2回、一人の絆をMAXにするには10戦かかりますので約1500回ステージをクリアする必要があります。
今作一番の鬼門。どう考えてもブロンズのレベルではありません。
また会話イベントを3回みる必要もあるため、後の苦労を考えると一気に10戦してしまうよりか3,4戦したら戻るのを繰り返した方がいいかも知れません。

コンプ時間は120時間を超えていましたが、無駄な行動が多かったので、短縮しようと思えばもっとできたはずです。
プラチナ難易度は台詞コンプが本当に苦行そのものだったので、甘いとは思いますがこの評価です。

その他のトロフィーについて
『壊し屋』…最初は鬼門トロフィーかと思っていましたが白帝城ステージの南西付近に虎戦車の無限湧きポイントありとの情報を得たので実践したら、虎戦車が壁に埋まっていました。これをひたすら殴り続けたら撃破数が急増するとともにトロフィーゲットしてしまいました。パッチで修正されてしまうかも知れないので早めにやっておきましょう。
『空中散華』…属性「蝸牛」の付いた龍槍を趙雲に装備させてお手玉コンボをやっていたら取れました。浮いた敵将に通常攻撃→C5→ジャンプ攻撃出し切り→追いついてC3出し切り→EX→ジャンプ攻撃出し切り→ダッシュ攻撃→無双→R1無双→追いつけるようなら適当に攻撃などなど。簡単に取るならwikiに載っている馬上弓チャージを推奨しておきます。多分他のトロフィーを狙っているうちに取れるはず。
『獣王邁進』…支援獣はこちらが攻撃していないと敵に攻撃してくれないようなので適度に敵を殴りつつ支援獣が攻撃してくれるのを待ちましょう。結構面倒のように思えますが案外楽に取れたりします。
『無影』…将星モードの最初のステージを難易度練習でプレイするのがオススメです。馬上で槍をぶん回していれば容易く取れます。


最後に…
滝下毅さん、今まで本当にありがとうございました。一人のファンとして心よりご冥福をお祈りします。
作業プレイ多め
(Updated: 2013年 3月 15日)
前作の無双6よりも面倒
一部のトロフィーはスキルも必要ですが、
wikiなどを見れば問題なく取れると思います

今作の鬼門は「全台詞収集」「全武器収集」

■全台詞回収
将星モードで各武将との絆をMAXまで上げる事になりますが、
そのためには10戦ほど護衛武将として連れて行き、
計3回(2・5・9回目の戦闘後)の親愛イベントも必要になります
男女別のセリフになっているので、武将77人×男女2回×10戦で約1500戦と大変です

この作業プレイを少しでも楽にするため、序盤から赤兎馬を狙いましょう
30連戦の3回目で貰えるため、ある程度Lvが上がったら早めにチャレンジしたい
100連戦で貰える支援獣もいるため出来ればこの時にまとめてGETしましょう
(90連戦目で貰える)
この時には装備スキルの「慶運招来(運UP)」を早めにランク20にして装備する事も忘れずに
もう1つの鬼門トロフィーにもあるユニーク武器集めが楽になります

戦闘で絆を全員MAXにするだけでは取れません
面倒でも街に戻ってくる時に発生する親愛イベントは必ず聞きましょう
親愛イベント自体は戦闘開始→即リタイアで街に戻っても発生するので、
連戦しすぎてイベント会話が足りない時はリタイアすると良いかもしれない


■全武器収集
各武器には通常武器4種・ユニーク武器2種・秘蔵武器1種があり、
将星モードに出現する武器屋では最初は通常武器しか購入できません
武器屋ランクを上げると「ギャンブル購入」が出来るようになり、
ユニーク武器も低確率で購入できる様になります
セーブ&ロードで何回でもやり直し可能なのと(恐らく)重複なしなので、
終盤で資金に余裕が出来てきたらギャンブル購入で集めましょう

秘蔵武器は各武将が難易度:難しい↑での戦闘中に様々な条件を満たすと出現する武器です
将星モードをクリアする頃にはお金は大量に余るので、こまめに学問所でLv上げしましょう
一部はかなりシビアな条件の武器もあるため、wikiでチェックしながらが良いと思います


かなり無駄なプレイとなったので80~90時間かかりましたが、
最初からwikiを見て効率プレイをしてゆけば相当短縮できると思います
それでも相当な作業プレイは必要になるので、トロフィー狙いには適していないかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。