7 Days to Die

人気
Updated
 
4.0 (1)
3225   1   0
7 Days to Die

製品情報

ジャンル
アクション・アドベンチャー
発売日
2016年6月28日
対象年齢
M:MATURE
公式サイト
価格等
ディスク版:3,914円(税込)
ダウンロード版:2,480円(税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
4.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
プレイヤーレ○プ!鬼畜作業ゲーと化した7DTD
(Updated: 2016年 12月 23日)
アップデートを重ねるたびプレイヤーに厳しくなる事で有名な海外のゾンビサバイバルゲーム。
ゾンビ要素あり、クラフト要素あり、タワー防衛要素あり、バグ要素ありと非常に魅力的でベータ版から根強い人気を誇っています。

前提として、本作はまだ現状未完成という事もあり頻繁にアップデートを行っています。それに伴う従来の仕様変更も珍しくない話で
皆さんがこのレビューに目を通す頃には現在私が記載している内容とは異なる場合があるやもしれません。ご了承ください。

以下、トロフィーに関してはオリジナル順に並んでおりタイトル右に獲得条件、タイトル下に各解説・注意点を箇条書きで記載しました。
★今作は事細かにゲーム設定が可能です。これを味方に付け各トロフィー獲得に有利な環境を作りましょう。
【Cause he's the Ax Man/Stone Axeを製作する】
・説明不要。

【Good in the sack Edit/ベッドを製作する】
・植物繊維20個でできるSleeping Bagが一番お手軽。

【Playing Doctor/出血をアイテムを使って治療する】
・プレイ中に幾度となく獲得チャンスはある。
・積極的に狙うならゾンビ犬の攻撃がオススメ(30%の確率で出血)

【Handy Man/Wood Frameを製作する】
・木材5個で作れる非常に良心的なブロック、よって説明不要。

【The Homestead Act/Land Claim Blockを設置する】
・Land Claim BlockはForged Steel10個で製作可能。
・ゲームモードがSURVIVAL MULTIPLAYかPRIVATE GAMEならば初期アイテムとしてゲーム開始時に所持している。
(SURVIVAL MULTIPLAY、PRIVATE GAMEで遊ぶにはプレイステーションplusの加入が必須)

【Alexander Bell/50個アイテムを製作する】
【Benjamin Franklin/500個アイテムを製作する】
【Henry Ford/1500個アイテムを製作する】
【Thomas Edison/5000個アイテムを製作する】
・クラフト要素はプレイ中嫌でも付いて回るので特に意識する必要は無い。
・さっさと済ませたい人は低コストのアイテム(Wood Frame等)をひたすら生産。
・注意点としてキャンプファイアー、かまど、ワークベンチを利用してアイテムを作る際はクラフト画面を開いたままに
しておかないと数がカウントされない(厳密にはアイテムが完成する瞬間にクラフト画面を開いている必要がある)

【The Grave Digger/ゾンビを10体倒す】
【The Embalmer/ゾンビを100体倒す】
【The Mortician/ゾンビを500体倒す】
【The Funeral Director/ゾンビを2500体倒す】
・設定で湧き数を最大にする、AK-47を使用する等でいくらか効率化を図れる。
・フェラルゾンビを倒し【Dirty Larry44】で必要となるマグナムのパーツ収集が狙える。

【Napoleon/プレイヤーを10人倒す】
【Julius Caesar/プレイヤーを100人倒す】
【Genghis Khan/プレイヤーを500人倒す】
【Alexander the Great/プレイヤーを2500人倒す】
・本作No.1難易度(主に作業的な意味合いで)まともにやれば最初の10人でさえ厳しい。
・コントローラーを2つ使用し、ローカルの分割プレイにてメインでサブを倒すのが最も確実。
・厄介な事に分割プレイだと武器による攻撃が相手に通じない。よって爆発系アイテム(パイプボム、地雷)を当てて倒していく。
・ひたすら同じ作業の繰り返しになり、リスポーンたびに決定ボタンを押す必要があるのでろくに放置もできない。
・爆発系アイテムを最低でも2500個使用するので大量の素材が必要となる。
・キルを稼ぐ作業だけで土日を犠牲にした。もう2度とやりたくない。

【Christopher Columbus/総移動距離が10kmに到達する】
【Ferdinand Magellan/総移動距離が50kmに到達する】
【Marco Polo/総移動距離が250kmに到達する】
【Neil Armstrong/総移動距離が1000kmに到達する】
・上記のトロフィーに次いで厄介。完了までにひたすら時間がかかる。
・ある程度高品質のタイヤ、エンジンを積んだミニバイク必須(燃料であるガス缶も大量に必要)
・ミニバイクを使用する場合、輪ゴムで移動スティックを斜め上に固定しその場を旋回するようにしておけば
自動で距離が稼げる(定期的に手動で燃料補給が必要)
★参考
タイヤ品質597、エンジン品質557(Max speed:17.1)
燃料100から0になるまでの移動距離:約17.6km 時間:約40分

【Bite the Dust/5回死亡する】
【Knock em Dead/25回死亡する】
【Your Number's Up/100回死亡する】
【Meet Your Maker500回死亡する】
・上記のプレイヤーを~体倒す系トロフィーと並行可能。完了まで相手と共に自爆しよう。さようなら天さん・・・・・・

【Alive and Kicking/健康値が125に到達する】
【Fit as a Fiddle/健康値が150に到達する】
【Healthy as a Horse/健康値が175に到達する】
【The Picture of Good Health/健康値が200に到達する】
・飲食、ビタミン剤の服用等でジワリジワリと増加していく。
・数値が高ければ高いほど健康値は増加し辛くなる。
・1回死ぬと現在の健康値から10も減少してしまうので、なるべく危険の伴う行動は避けた方が良い。
・それに伴い行動が制限される為中々厄介なトロフィー。これと下記の連続~分間死なずに生き延びる系のトロフィーを
先に済ましておくと後々楽になる。

【Scavenger/スコアが10に到達する】
【Adventurer/スコアが50に到達する】
【Nomad/スコアが250に到達する】
【Warrior/スコアが500に到達する】
【Survivalist/スコアが1000に到達する】
・上記のゾンビを~体倒す系トロフィーと並行可能(ゾンビ1キルに付き1ポイント)
・1デスにつき5ポイント減点なので注意。

【On Top of the World/岩盤から255mの高さに到達する】
・ブロックを垂直に積み上げていくだけの簡単なお仕事。
・ウッドフレームを使用し150個前後積んだところで獲得確認。

【Dig Deep/岩盤に到達する】
・岩盤までひたすら掘り下げていく。溶岩は存在しないので直下掘りでも問題無い。
・スコップとツルハシは勿論、スタミナ維持の為コーヒーをいくつか用意しておかないと大幅なロスになる。

【The Polar Bare Club/体感温度を0°Fに下げて水に浸かる】
・言わずもがな雪原バイオームが狙いやすい。パンツ一枚で寒中水泳を試み、そこに風が吹いてくれることで
体感温度0°Fへの条件が揃う。キンキンに冷えてやがるっ・・・・・・!

【Dirty Larry44/Magnumで44キルを達成する】
・マグナムでゾンビを計44キルすれば獲得できるが、そのマグナムを入手するまでが長い。
・フレーム、シリンダー、グリップ、パーツを揃え、Enforcer Magazineでレシピを解除して初めてマグナムが作れる。
支援物資、商人、フェラルゾンビからのドロップ等で根気強く集めていこう。
・マグナムの品質、ゲーム難易度で左右するが弾はできるだけ多く用意しておいた方が良い(品質230程度、難易度Scavengerで80発使用)

【Evil Knievel/骨折する】
・高い場所から落ちる事で骨折できる。捻挫(Sprained Leg)ではダメ。人間には215本も骨があるのよ!1本くらい何よ!

【Brush with Death/連続50分間死なずに生き延びる】
【Near Death Experience/連続150分間死なずに生き延びる】
【Cheated Death/連続500分間死なずに生き延びる】
【Nearly Immortal/連続1250分間死なずに生き延びる】
・リアルタイム。ゲーム内だとデフォルト設定(1日50分)で25日間。
・PLAYER STATSの一番下にあるLONGEST LIFEが20H 50Mに到達すれば条件達成。
・死=0からやり直しなので、健康値のトロフィー同様完了するまで危険の伴う行動は避けた方が良い。

〈総評〉
難しい操作は一切要求されません。ただひたすら回数系トロフィーを獲得する為の作業に次ぐ作業です。
それも承知の上でしたが、ほぼ暗中模索の初見プレイからという原因もあってか結果的には予想よりも
大幅に時間と労力を使う長丁場となりました。ぬわあああああん疲れたもおおおおおん...
よって本作は物好きの暇人と言う方にオススメします。ぜひご検討ください。
追記:現在(ver1.09)バグを利用したアイテムの無限増殖が確立されており、完全にトロコン作業と割り切るならこれを利用するのも1つの手かと。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2020 プラチナトロフィー