AKIBA’S BEAT

Updated
 
3.5 (2)
491   1   0
AKIBA’S BEAT

製品情報

ジャンル
アクションRPG
発売日
2016年12月15日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
公式サイト
価格等
ディスク:7,776円 (税込)
ダウンロード:6,200円 (税込)

ユーザーレビュー

2 reviews

コンプ難易度 
 
3.5  (2)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
プレイ出来るがつまらないタイトルほど最悪なものはない…。
(Updated: 2018年 1月 19日)
アキバズトリップ2は色々と導入部分がシステムなど諸々の説明があまりにも不足していて意味不明で速攻投げてしまった(トロフィーのために訳解らないものを延々とプレイしろとか御免被るので…)タイトルだったので、フリプでこちらが来た時もどうせすぐ投げるだろうな…と思っていたのですが、こちらは良くも悪くもテイルズをパクったシステムになっていたのでどうにかプレイすることが出来ました。

ただし、プレイ出来て確かにトロコンまではしましたが、色々な意味で苦痛というかストレスが溜まって仕方ありませんでした。
なお、最初はノーマルでプレイしていましたが、途中から明らかにバランス調整がとち狂ったものになっていってストレスが溜まるようになり、トロフィーに難易度指定のものがないことも手伝って、イージーで最後までプレイしました。
まあ、この辺はトロフィー云々から外れてしまうので詳細は書きませんけど、ホント酷いですね…。


・サブイベント系
途中でサブイベントを発生させ損なってしまうと、その先のサブイベントも連鎖的に発生しなくなってしまいます。
一応最終チャプターで回収出来るようですが、その場合はアサヒの家で時間帯も合わせなければいけなくなってしまい、非常に面倒になるので、適宜自由に動けるようになった所でマップの左部に「サブイベント」のアイコン説明が出現していないか、していない場合でもサポートキャラクターを変えることで出現することがあるものもあり、更には中盤以降は菫のエデンに行かないと発生しているかが解らないものもあるため、面倒であれば攻略サイトを適宜チェックしていった方が良いでしょう。
また、メインキャラのサブイベントのコンプはトゥルーエンドの条件にも関わってくるので、こちらは発生にサポートキャラクター指定はあれど、菫のエデンは関わってこないため、サブキャラクターのは最終チャプターで回収すれば良いと割り切るのも手…かも知れません。
ただし、それでも七尾ナナのサブイベントをこなさないと地下闘技場が利用出来ない(開放されない)ので、こちらは発生地点に菫のエデンが関わらないですから、確実にこなしておきたい所です(しっかりこなしていけばチャプター13で開放出来ますが、そうでないとチャプター16までお預けになってしまいます…)。
あと、アケミのサブイベントも最後までこなすとトレカの「アキバズビート」パックが解禁され、こちらもトレカマスターの条件に当然絡んでくる(と言っても、アケミのサブイベントを適宜こなしていても該当のサブイベントは最終チャプターで発生ですが)ので、こちらもこなしておきたい…のですが、多くが菫のエデン内が発生ポイントになっているので、ちょくちょくチェックしておくか、大人しく攻略サイトを頼ってしまった方が良いかも知れません。


・まだ見ぬ明日へ
アサヒを除いた戦闘参加6名のサブクエストを完全に消化した状態でエンディングを迎えるとスタッフロール後にアニメーションが挟まれ、これがトゥルーエンドのようです。
そして、この6名のサブクエストは最後のチャプターがどれもダンジョン最奥でボスを倒すのが含まれるためその点は注意です。


・ビート/ダメージ/レートマスター
ぶっちゃけ、闘技場の超級や終盤の妄想主の変異体や真体、ストーリーボスとかの攻略中に望むと望まざるとに関わらず達成出来てしまうので、プレイ中に意識して達成させようとする必要は無いです。
自分の場合、アサヒで普通に150ヒットオーバー、2万強のダメージを叩き出し、イマジンモードバースト込みで650%超(ヤマトのキャラソンを使用)なんてことも終盤はザラにあったので…。
と言うか、現実的にこのタイミングで達成出来ないと特に闘技場の超級の攻略が相当苦しいことになってしまうと言うのもあります。
レートに関してはヤマトのキャラソンがアベレージレートが高いので稼ぎやすいのではないかと思います。


・最強の仲間たち
地下闘技場上級団体戦で、プレイヤーをリユにして×ボタンにピュアネスアローを登録、あと戦闘参加させる他の3人含め4人全員に二つ名前半に怠惰をつけ、リユの後半にはコントラクター(敵撃破時にSPが最大値の50%分回復)をセットしてひたすらピュアネスアローをぶっ放し続けるだけです。
このゲームは無駄にレベル差での経験値補正がかかってしまいますが、こうしてあげることで上級突破に1分ほどで経験値は72000~3000ほど入るので、比較的スムーズに経験値稼ぎが出来ます。
お金も3万円前後は入るので参加費分は回収出来ますし、報酬で金のインゴットが手に入るので差し引き1回突破毎に4万円手に入ることになります。
一応、クリア後のサブイベントで仲間に出来るアクワイアちゃんのサポート効果でコンボ数に応じて経験値とお金にボーナスが入るというのがありますが、コンボがプレイヤーの攻撃以外はカウントされないようで、このやり方だと出ても7ヒットくらいでボーナスが入ってもたかが知れるので、ここはあまり意識することはないかと思います。


・地下闘技場の覇者
団体戦はともかく個人戦においては特にリユは術者キャラな上、物量を良いことに詠唱を平気で潰してくる敵のせいでストレスが溜まりましたが、上級までは適正レベル以上に上げていれば、そこまでつまることは無いかと思います。
問題はクリア後の名も無き妄想宮を突破したあとに解禁される超級です。
団体戦は名も無き妄想宮の中ボスと大ボス勢揃いというとち狂っているにも程があるもので、特に中ボス×3との2連戦を終えたあとの3戦目の大ボスと中ボス1体との戦闘は本気でコントローラーをぶん投げてやろうかと思うくらいにストレスが溜まりました。
中ボスが攻撃でガードを貫通してきてそこに、大ボスが広範囲の攻撃で追撃してくる…等など、冗談抜き、難易度イージーでもゲーム内で推奨されているレベル80では足りないだろうと思いたくなるレベルで、自分も難易度イージーで参加者の平均レベル82~3ほどでほぼ回復系のアイテムを満杯にして挑んだにもかかわらず、戦闘後はほぼ枯渇してしまっていました…。
ノーマル以上では確実に推奨されているレベル80では足りないと思います。
個人戦では特にコトミがストレスフルで、こちらは敵の詠唱を潰せない、攻撃当てても怯まないせいで平気で反撃してきてこちらはあっさり怯んでボコられる…等団体戦の3戦目レベルにストレスが溜まって仕方ありませんでした。

他のキャラクターはヤマトは状態異常に完全耐性をつけておかないと、こちらがイマジンモード中でも平気で麻痺&気絶にしてくるのでかなりイライラする羽目になりますが、それ以外はリユやミズキの後衛キャラクター含めてさしてストレスを覚えずにプレイ出来ました。
まあ、こちらはレベル99にしてから挑んだのもありますが…。


・パソポンマスター
基本的にはストーリーやサブイベントなどをこなすことで入手および購入出来ますが、中途加入キャラクターに関しては明らかにその段階で性能不足で使い物にならない容量のメモリのバリエーションも用意されるため、加入直後(である必要は無いのですが、放っておくと忘れやすいので…)に一通り購入しておく必要があります。
また、シャレ子のサブクエストチャプター3の「新武器の開発」をこなすことで32GBメモリをそれぞれのキャラクター用に購入出来ますが、これはあくまでシャレ子の「個人闇市(ダンジョン内のショップ)」でないと購入出来ませんので注意です。
また、32GBメモリは一人頭15万ぶっ飛ぶのでそこにも注意です。


・アパレルマスター
基本的にアクセサリーに関してはサブイベントやクエストをこなす、宝箱の回収など、あとはアパレルショップで購入してしまうことでほとんどは揃いますが、防具に関しては装備可能キャラクターの参戦(ないし復帰)時期等の問題で買わず終い(その頃には次の防具が解放されてしまうのでそっちを買ってしまう)になってしまい易いものがあるので、そこの見落としには要注意です。
特に途中でやや長期にわたって離脱してしまうサキや、途中で一時加入の後に離脱を経て正式加入となるミズキに関しては特に見落としやすいので注意です。
幸いなことにこの2名は装備出来るカテゴリは一緒なのですが、実際自分はこの2名が装備出来る店売り防具の見落としでトロフィーが取得出来なかったので…。


・トレカマスター
言うまでもないですが運ゲーです。
とりあえず、ゲーム中で番号毎のリストの表示が出来ない、そしてどれがどのエキスパンションパックから出て来るかの情報が無いので、これも攻略サイトに頼ってしまった方が良いです。
ただし、情報が揃っているサイトは役には立ちましたがコピペ対策だか言う名目で正しいカード名になってないので非常に紛らわしくて困りましたが。
ひとまず、通常パックでSRやUR以外のカードが一通り出るまでひたすら購入し続け、揃ったらあとは深夜限定のお店で残りを埋める…とした方が良いでしょう。
通常パック(ヴァニファン)に関しては個人闇市がボス戦前のセーブポイントの近くにあるので、そこでリセマラをするのも良いかも知れませんが、これも終盤であれば流石に5000円もはした金になるので、作業の手間を考えると終盤にお金を潤沢に用意出来る状態になってひたすら回した方が良いのではないかと。
ただし、深夜限定のスペシャルパックは20万円ぶっ飛ぶため、流石にリセマラ推奨で、一応地下闘技場でお金を稼ぐことも出来ます(上述のレベル上げだけでも相当にお金は貯まります)が、それでも流石に20万円が毎度毎度ぶっ飛ぶのでは流石にいくらやってもキリがありませんので。


・クエストマスター
名も無き妄想宮の雑魚敵に関しては既出レビューの通り、闘技場の雑魚敵でもカウントされるので、レベル上げと並行してやれば作業を減らすことが出来るでしょう。
あと、メインキャラクターの妄想宮以外の妄想宮に出現する妄想獣の変異体を討伐するクエストがあるのですが、これを受注しないと当該ダンジョンの妄想獣が出現しないのか、あるいは先に倒せてしまった場合の救済措置があるのか、その辺は確認する前に普通に受注して倒してしまったので不明ですが、いずれにせよクエストは特に終盤は適宜チェックしていくようにした方が良いです。
正直、「受注しなくても普通に妄想獣が出てくるわ、当然救済措置なんてもんはないので「2週目頑張ってね~♪」って展開にしかならないんじゃないか」としか思えないくらい色々な意味で不親切だったり壊滅的だったりなゲームなので…。


ある意味よるのないくにシリーズと良い勝負くらいの面白くないゲームで、途中何度も「なんで俺はこんな事やってるんだろう…」となってしまいましたが、ひとまずゲームの面白くなさと苦痛になるレベルの作業と運ゲーに耐えられれば少なくともトロフィー取得が不可能というわけではありません。
ですが、実際問題、運ゲーにも作業にも耐えさせられ、更にはゲームは諸々がグダグダな劣化テイルズでちっとも面白くない…と言うのではあまりにハードルが高すぎるように思います(まあ、ストーリー中盤クリアのトロフィーの取得率が一桁とかの時点でお察しですね…)。
そう言う意味では運に左右される部分がある、そしてゲームバランスがイージーでも闘技場はとち狂っているのでストレスフル、そして苦痛な作業もある、そしてゲーム自身のつまらなさも考慮して難易度は4としました。


このゲームに低評価を下すのはエアプだなんて意見を見ましたが、プラチナ取るまでやっても誇張抜きでちっとも楽しくない、そう言うゲームでした。
さて、今度はトロフィー抜きにフレと地球を守るとします、正直…何度もそっちやりたくて仕方なかったのにこっちの消化を中途半端にしちゃったせいで我慢していたので…。
ゲームバランス悪くてペルソナもどきのキャラゲーのようなRPG
アキバズトリップから派生したと言うよりは完全にキャラゲーとして独立したというべきかも
しれません。本作はペルソナのパクリ要素が強いので、なんだかなぁと思う人は
多いかもしれません。また1作品に対しての鬼門トロフィーが3割に達している難関
だらけという事もありプラチナ獲得は険しい道程となるので、★3.6相当としました。

Vita版も出るようですが(多分、別トロになる)流石に二度はやりたいと思いません。

アクションRPGと銘打っていますが、テイルズオブに酷似した戦闘スタイルですので
アクション性は皆無です。

本作のトロフィーについては下記の通りとなります。
プラチナ以下16のトロフィーはストーリー進行で解除されます。

・まだ見ぬ明日へ
各メインキャラ(戦闘要員のみ)のサブクエを全てクリアした上でラスボスを撃破し
エンディング後に1分ちょいのアニメが流れればチャプター16クリアの
トロフィーと同時に獲得となります。サブクエを見逃していると同時獲得不可です。

・地下闘技場の覇者
個別・団体の全ランクを全て制覇する必要があるのですが、クリアデータをセーブして
ロードした後に出現するサブクエを発生させて、名も無き妄想宮を踏破しないと
超級というランクが出てきません。この超級は個別の場合は同属性での
相性最悪という一騎打ちでイマジンモード・イマジンフィールドでのEXスキル
をフル活用しないと勝てません。団体は名も無きボス総当りという極悪の極みで
妄想主と妄想1とのバトルは頭がオカシイのではないだろうかという鬼畜です。
レベル99でイージーでもキツイので、ある程度の対策は必要。

・最強の仲間たち
究極の作業です。6人全員のレベルを99にする必要があります。
楽な稼ぎ方はやはり地下闘技場なのですが、やり方は攻略サイトに記載されています。
http://gametter.com/akibasbeat/
ちなみに、この方法は名も無き妄想宮のザコバトルに対しても有効です。

・トレカマスター
完全なリアルラックでゲーム内のお金に換算すると500万円くらいは費やす事になる
トンデモ仕様ですが、上のトロフィー獲得の際にもトレカの位置付けは重要なので
下準備的なものも必要になってくるので半分くらいは何とかなります。
出にくいのも相当数あるので裏ショップも活用する必要があります。
このトロフィー獲得だけで50時間前後運に左右されつつ掛かりますので注意。

・パソポンマスター
大半は店売りされていますが、シャレ子のサブクエの3をクリア後に
妄想宮で手に入るものと地下闘技場の個別の上級で手に入る物も
含めてというのもあるのですが、一部のキャラの弱いパーツも数に含みますので
殊の外めんどくさいです。

・アパレルマスター
名も無き妄想宮の最強防具や店売りのアクセなどが盲点になっている事が多く
取れないという場合は何かを見落としているだけという事があります。

・クエストマスター
シャレ子の討伐クエを50種全部やり遂げる必要がありますが
名も無き妄想宮の討伐クエは地下闘技場で回してもカウントされるので
何度も入り直す必要はありません。

・ビートマスター/ダメージマスター/レートマスター
攻略サイトには妄想宮の主を全部倒すと獲得困難みたいな事が書かれて
いますが実は狙えば全部3つとも取るなんて事も可能です。

ヤマトのキャラソンなら高確率でレート500%突破が結構あります。
EXに派生する技が短時間で発動可能でいてかつEXスキル発動を数回
繰り返すだけで200Beatや3万くらいのダメージになるのでドーピングで
アサヒやヤマトのSPを600以上くらいにすると回復要らずです。
(トレカの精霊があるとなお良い 特に7秒ごとにSP5%回復とか)

ほとんど鬼門ばかりなので難易度はPS4のRPGの中ではかなり高い方ですが
全くの無理ゲーと呼べるものでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。