Assassin's Creed II

Updated
 
2.0 (2)
376   2   1
Assassin's Creed II

製品情報

ジャンル
アクション
価格
7,329円
発売日
2009年12月3日
対象年齢
CERO:Z 18才以上のみ対象

 

ユーザーレビュー

2 reviews

View all reviews
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
先にトロフィーと羽の確認を
プレイ開始から1か月でトロコンになりました。
取り逃すと困るものがありますので、先にトロフィーの取得条件を確認しておいた方が良いと思います。
最近では珍しいですが羽を集めるために掲載されている地図を印刷して取得した場合には消し込んでいきました。

高い建物から見渡す町並みや無人に駆け回る爽快感はコンプリートまで飽きません。
1はやっていませんが、よく話が分かっていなくても楽しめます。
オフラインのみで取得できるのも魅力です。
羽いらないなー
他の方やwikiにほとんど情報が載っているので攻略には困らないと思います。
「飛行の名人」・時限トロ(8-5)。ただし、スペシャルエディションの人は後ででもできます。
「青い稲妻」・ぐるぐる回っていれば取れます。
「亡き弟に捧ぐ」・街に落ちている羽を集めるのですが、攻略サイトを見ながらやったほうがいいです。自分は、ストーリー中は見つけても取らずに(後で取ったかわからなくなるので、、)クリア後に一気に集めました。
 やっぱりアサシンはカッコ良かったです(笑)
英知の父の導きがあらんことを
1はプレイしておらず、2からのプレイです。
トロフィーの難易度、ゲームとしての難易度は共に低め。
エツィオのかっこよさも相まってさくさくプレイしていけました。
現代編のストーリーは過去作通してプレイしないと全く意味がわからないですが。

大半はストーリーをクリアする過程で埋まっていくため、特に気を付けるべきものだけ書いておきます。

・飛行の名人
シークエンス8で飛行器具に乗ったエツィオを落とそうとしてくる敵に突撃して蹴り飛ばすというトロフィー
適当な場所にいる相手に突っ込んでいけばいいので難しいトロフィーではないですが、
飛行器具を使うのはここだけなのでうっかりとり逃すと2週目が決定してしまうため注意。DLC込みのバージョンならばいつでも乗ることが出来るようになったらしいですが。

・人体の調和
壁などに書かれている紋章を見つけた後、パズルのようなものを解く必要があります。
美術の知識があれば簡単だそうですが、自分はその心得が全くなかったので一苦労。攻略サイトに頼るのが吉です。

・道路清掃
5人の敵を一度に転ばせる。槍を持って溜め攻撃をすると足払いが出ますが、結構範囲が狭く5人同時というのは案外難しいです。
ヴェネツィアのサンマルコ大聖堂前で敵を集め、柱の間などの狭い場所ですし詰めになって煙球を使うと少し楽になります。

・亡き弟に捧ぐ
とにかく数が多く、街の構造が複雑なため攻略サイトを見ながら一枚一枚集めるほかありません。
街を歩いていると数枚見かけるでしょうが無闇に取ると筆者のように後々場所がわからなくなってしまうため取らないほうがいいですw
一応街ごとにカウントされるのでどこが足りないかということで詰まることは無いでしょうけども。


僕は3もプレイしていますが世界観やストーリー的には2の方が面白かったのでおススメです。
最初で最後のアサクリ
(Updated: 2019年 8月 20日)
コンプ難易度 
 
2.0
本作は2013/3/5にコンプし、期間は約4日かかりました。

既に多くのレビューが投稿されていますので、少しだけレビューします。

私の状況は以下の通りです。
・DLCが入っているスペシャルエディションをプレイ
・バグ未遭遇
・初見プレイ時に収取した羽は未チェック

面倒なものは羽集めだけで、他は楽です。
クリア後の羽集めでは既に取った羽をチェックしていなかったのでかなり手間取りました。
トロフィー目的でプレイするのならチェックした方が、後が楽です。

ゲーム自体の難易度は、ほぼ初期装備でクリアできる程低難易度です。
厳しいトロフィーはなく、ゲームも簡単なので、多くの人にお勧めできる作品です。
私は友人に借りて本作をプレイしましたが、3以降はオンライントロフィーがあり、初代はトロフィー機能未対応で、アサクリ自体にもあまり興味が湧かなかったので他のシリーズは多分やらないと思います。といっても本作は楽しんでコンプできました。

セーブデータのプレイ時間27:57:12

レビュー

コンプ時間
約28時間
良ゲー
収集系のみ面倒だなと感じました。あとは楽しみながらゲット。

3、4はオンライン要素があるようなので手を出すのに躊躇してます。
良い観光ゲー
ずいぶん前にトロコンしました。唯一プレイしたアサシンクリードです。
かなり面白く、是非未プレイの方はお勧めします。
ただし、私の場合は一周した後「もういいや」と思って他の作品はやっておりません。

トロフィーですが、特に難しいのはありませんでした。
極稀にフリーズは発生していたようですが、特に問題はありませんでした(スプリンター・セルに比べたら…)。
でも、羽を集めるのは最後にしておいた方が効率が良いです。でないとかなり苦労します。

では、トロコンを目指す方、頑張ってください。
そして、美しいフィレンツェやヴェニスを十分堪能してください。
アサクリ最高
(Updated: 2014年 4月 17日)
このゲームは全くトロフィーに興味なかった時に買ったゲームで、最近ふと思い出して買い戻しました

今でも完成度のかなり高いゲームだと思います

トロフィーはwikiや攻略サイトを見ればすぐに終わります

原因不明で再現度の高い所得不能バグにかからなくてよかったです
パルクール最高!
(Updated: 2018年 12月 15日)
コンプ難易度 
 
2.0
アサクリシリーズ初トロフィー実装!
1のアルタイルと代わって、2からはエツィオの記憶を辿るようになります。

アサクリシリーズは兎にも角にも「パルクール最高!」 これに尽きますw
多少のバグはありますが、そこまで気になりませんでした。

トロフィーですが、主に4つに分類されます。
 ・ストーリー系
 ・サブストーリー系
 ・収集系
 ・作業系
収集系がちょっと面倒でしたが、攻略サイトを見ながら収集したので、そこまで辛いとは思いませんでした。

トロフィー取得については攻略サイトが充実していますので、割愛します。

レビュー

コンプ時間
27時間(DLC含む)
暗殺暗殺暗殺暗殺暗殺暗殺暗殺暗殺
アサシンクリードはこれが初プレイでした。
自由度の高さ、滑らかなアクションコントロール。文句なしに面白かったです。
2はオフのみでコンプできるのも魅力。

少し羽集めがだるかったけど、屋根から屋根へ飛び移るアクションが楽しくてストレスは少なかった記憶。

誰でもコンプできます。
空飛ぶ悪魔だぁ!
現在まで連綿と続く、アサシンクリードシリーズの礎を築いた名作です。
2011年春にBHの後に購入しましたが、マップの多彩さや歴史的な要素でいえば最も素晴らしい作品であり、今でもトップクラスだと思います。

トロフィー内容に関しては、極端に難しいものもなく、その殆どがゲームを進める中で自然に獲得できます。
ただし、システム的に後出の作品より不親切な部分が一部あり、その影響で取得し辛いものもあります。

【飛行の名人】
追加DLCを入れてない場合、これだけは時限型トロフィーなので注意が必要です。
DLCが含まれたスペシャルエディションであれば問題ありませんが、ウェルカムパックを購入された場合これだけは意識しておきましょう。
このトロフィー自体の難易度は低いです。

【亡き弟に捧ぐ】
数が多く、更に後の作品と異なり、マップ上に羽根のアイコンが表示される地図などのアイテムがないため、自力で探さなくてはなりません。
そのため、収集にあたっては位置が表示されているマップを予め印刷するなどして用意し、順々に回収していきましょう。

【人体の調和】
これも羽根と同じで、位置・解答ともにwikiなどを参照するのがオススメです。
特にパズルの解答は、途中から難しくなるので遠慮なく参照しましょう。

全体的にそれぞれのトロフィーの難易度は低く、最も面倒だと思われる羽根集めも残り数が分かるため、マップさえ用意すれば確実に達成できます。
よって、多少の作業はあるもののさほど苦労しないと思われますので、☆2が妥当だと考えます。
とにかく内容的には非常に面白いソフトであるため、トロフィー取得にも合わせてオススメです。
オントロフィーが存在せず、プラチナ獲得の機会消滅の危機もありませんので、安心して作品をお楽しみください。
レビュー投稿者トップ50 63 reviews
アクション性、自由度が高く、ゲーム自体それほど難しいものではないので、楽にプラチナがとれるゲームだと思います。

ただ、時限要素や、トロフィーが取得できないバグもあるので注意するべきである。

難易度や作業的に考えて☆2つ程度かと。
Venice Rooftops
イタリアを舞台にした箱庭アクションゲームです。
自由度が高く簡単で、死んでも直前からはじめることが可能です。
ストーリー、操作性、グラフィック、音楽等の全てが高い完成度ですが、主人公の見た目やゲームのパッケージが日本人の趣味に合わない感じで、気になってもスルーしてる人が多いです。
たまにジャンプや壁登りで誤作動が起きるが、ストレスを感じるほどではないです。

時限要素のあるトロフィーは飛行の名人の一つだけで、タコのようなもので空を飛ぶときに屋根の上に居る敵を蹴ることだけ覚えておけば取り逃すこともないでしょう。

収集や隠しダンジョンなども攻略サイトが充実してるので数が多くても何とかなる感じです。
街の雰囲気を楽しめる
特に難しいトロフィーはありません(^-^)

困ったら攻略サイト見れば余裕。
羽集めだけ苦労しました;
地道に街を隅々まで探索すれば、羽は全部集められるはず!
良ゲーです♪
バグのため3週しました
羽がカウントされない&シークエンスクリアしてもトロフィー取得できないバグのせいで3週する羽目になりました


収集物が多く非常に面倒でした


それ以外は楽しくプレイしながら取れたのでよかったと思います
ダヴィンチさんマジ天才
(Updated: 2012年 12月 26日)
本編は短いが「飛行の名人」の救済が無い「通常版」、本編は長いが「飛行の名人」の救済が有る「スペシャルエディション版」が存在。
トロフィー目的ならばどちらが良いとは一概には言えない為、各自で判断して選びましょう。
「スペシャルエディション」でバグ関係が改善されているのなら話は別ですが、自分は通常版でトロフィーバグにもフリーズにも一切遭遇しませんでした。

・砂かけアサシン
 煙玉を使えば楽とあったのですが、煙玉を使うとなぜか砂かけができなかったので結局自力でする羽目に。
 サンマルコで敵を集めてなんとか取得。

・完全勝利
 煙玉を貰ったところの暗殺達成後に取得。 そんなに難しくはない。

・ヴェネツィアの拳闘士 ~ 聖歌隊の調べに
 各種アサシンの墓所を発見すれば取れるトロフィーですが、
 妙に悪い操作性、どうやって進めばいいのか分からない、そこそこシビアなものがある
 といった理由で個人的には手こずった。(中には簡単な場所もあるが。)
 慌てずに落ち着いて確実に進めていきましょう。

・亡き弟に捧ぐ
 おそらくこのゲームで一番苦労するであろうトロフィーです。
 「プリンス・オブ・ペルシャ」の種集めと比べれば屁でもない …と思っていたらとんでもなかった。
 多分あっちよりも苦労したと思います。
 集める時はあらかじめ攻略サイトから羽の場所が記された地図なんかを参照にして、
 取りたい羽の位置にカスタムマーカーで大まかにマップに目印を付けます。
 こうすると右下のミニマップでカスタムマーカーの方角が分かるので迷うことはありません。
 カスタムマーカーの位置まで来たらタカの眼に切り替えます。(できれば高い位置で。)
 こうすると周りは暗くなりますが羽は光って見えるのでかなり見つけやすくなります。
 羽を取ったらチェックする、或いは地区ごとで集めて回るというような工夫をすれば後々泣きを見なくて済むかと思います。
 あと、「人体の調和」も羽集めと同じようなものなので、発見した場所にはチェックしておいた方が良いでしょう。


コンプ難易度は、羽集めが面倒なのとオートセーブ且つデータのコピー禁止というシステム上の難を考慮して★2。
バグによりトロフィーが解除されない難点もあるようなので注意。
羽集め以外は本当に楽
クリアしたものの羽集めが面倒で長らく放置してたものを最近コンプしました
15世紀のイタリアを観光旅行している気分になれるゲーム
基本的には暗殺を駆使し、表立って戦闘すると不利になることが多く緊張感のあるプレイができる
戦闘もカウンターを上手く使えば楽に進めることも
惜しい点としては人ごみに隠れている最中に×で早歩きをしたいのにスリが発動してしまうところ
それと建物によっては登れそうで登れないところが多くいちいちルートを探すのが面倒
羽集めはかなり苦痛な作業であるところ
それを考慮しても非常に面白いゲームであり新作が出るたびに改良されているのでぜひ遊んでほしいゲームの一つ
実はゴールドが1つしかないのでシルバーをたくさん取ってもトロフィーの数自体は普通のより多めだったりする
以下トロフィー関連

ストーリー関連を普通にクリアするだけでシルバーが大分集まるのでクリア時には大体60%くらいまでにはなる
意識して行うものの中で少し難しいのが「完全勝利」と「道路清掃」と「砂かけアサシン」くらい
どれもヴェネツィアのサンマルコ広場で敵を集めて煙幕を投げてやれば簡単に取れる
「飛行の名人」は今買うと恐らくDLC込みのスペシャルエディションだろうからクリアしてしまっても多分問題ない
本当にめんどうだったのが「亡き弟に捧ぐ」の羽集め
マップに表示されないので攻略サイトで位置をチェックして地道にやるほかない
しかし、これさえ集めればプラチナを取ったも同然なので頑張ってほしい
トロフィー的にもまずまずで何よりゲームとして非常に完成度が高いので、ぜひ続編を含めて遊んでもらいたい作品
羽集めが非常に面倒なので☆3くらいが妥当
とにかく楽しい!
アサシンシリーズは1からやって、ブラザーフッド以外はプラチナゲット

このゲームがPS3初のプラチナゲット作品です

とにかく面白い!トロフィーもプレイしてたらあれ?とれたって感じのものが多数
普通にプレイするだけで8割はとれるはず

少しめんどくさいと思われるトロフィーは
・完全勝利
自分は敵を集めカウンターで10人倒しました

・亡き弟に捧ぐ
羽を100こ集めるアサシンシリーズおなじみのトロフィー、ひとつ見落とすだけで大変な労力を使うため見逃し心配な人は印刷をして印をつけていくのがいいかと、自分は忘れないよう1日でとってしまいました。
のちのちのことを考えミッションクリアーまで羽はみつけても取らない方がいいと思います、最後に集めるのが吉

その他のトロフィーもWikiをみれば余裕かと
とにかくたのしみながらプラチナゲットできるので、プラチナ入門に最適のゲームだと思います!
シルバー天国
(Updated: 2012年 5月 29日)
今更ながらレビュー
世界観がなかなか面白い
1章ずつクリアしていくとシルバーが解除されていく。

面倒なトロフィーは以下
「亡き弟に捧ぐ」
100個ある羽を全て集めるないといけない。
マップを印刷し印を付けながらやりましょう。
「飛行の名人」
これは取り逃すと始めのチャプターからやり直さなければ
ならないので注意。
「完全勝利」
敵が大量にいるところでケムリ玉投げて暗殺していけばいける。
同時に2人ずつ殺害していきましょう。
他のは意識していれば軽く取れます。

羽集めが面倒なので難易度は、☆2
ゲームの面白さはピカイチ
ストーリーをクリアしていくだけで大抵のトロフィーは獲得できます。作業なのは羽集めだけです。アクションも簡単でゲーム内容も申し分ないので苦もなくプレイできました。

コンプ時間も短いですし、羽集めの作業を考慮しても星2が妥当でしょう。
純粋に楽しめた
羽集めを除けばとても面白い。

難易度が高くないおかげで有意義にストーリーも楽しめた!

普通にプレイする分にもお勧めの1本
アサシン無双
ルネサンス全開のイタリアでアサシンとなり、息を殺し機をうかがい、わずかな瞬間をついて忍び寄り暗殺を遂行していくゲーム・・・・と思いきや、白昼に真正面から衛兵をなぎ倒しながらターゲットを仕留めることも可能。ていうかそっちの方が基本楽です。

ゲームの難易度としては易しい方でしょうか。ほとんどのトロフィーは普通にプレイしてるだけで取れます。唯一めんどくさいのが羽集めで、これは攻略サイトを見ながら集めるのが基本でしょう。適当に取りながら進めてしまうと、いざ集め始めた時どの羽を取ったんだか取らなかったんだか混乱すること請け合いなので、一つ一つチェックしながら取ってください。



エツィオさんの中二病に乾杯  「眠れ・・・・・」
これまた有名なアクションゲーム。
お子様禁止ですが非常に世界観がよくおもしろいです。
羽を集めるのは極力無視してクリア後に集めるのをすすめします。
ビューポイントを潰しておかないとマップが見れないのでビューポイントは全部
シンクロしておきましょう。

隠された真実を自力で解いた人はリアルコナンです。自分には意味不明でした。
これと羽集めさえ気をつければいいです。
飛行の名人は「空を飛んだら人を蹴ってやる!!」と覚えておきましょう。
絶対に蹴りましょう。蹴れなかったら落ちて死にましょう。

ステルスアクションにありがちな
こんな真後ろにいるのになんで気づかないんだよ!
っと注意力のない敵に突っ込みたくなりますがそこはお約束です。

自分が本当にルネッサンス時代に行った気分になれるほど世界観がよいです。
次回作はアサシン対アサシンとか見たいですね。
収拾物の羽
箱庭アクションゲーム。
戦闘で苦戦することはあまりないと思われる。

で、問題なのは他の方も書かれているが羽根集め。
羽根はマップに表示されないので、適当に集めていると大幅なタイムロスとなる。
集めるときはWIKIにあるサイト(のマップ)を参照にして一気に集めるといい。

あとは普通にプレイしていればコンプできるハズ・・・
弟のために羽集め
(Updated: 2011年 8月 07日)
羽集めが面倒です。
中途半端に取っておくと後で何周も町をまわるはめになります。(自分がそうでした。)
それ以外のトロフィーは比較的簡単です。

ゲーム内容はイタリアの景色がとても綺麗で自分ははまってしまいました。                レオナルド・ダ・ヴィンチなど歴史上に実在する人物も登場しますし、
チュートリアルなどもわかりやすいです。
トロフィーも簡単ですし、とても良質な箱庭ゲームだと思います。
ブラザーフットの兼価版を買おうと思ってる方はこのゲームとストーリーが繋がっているので
先にこちらをプレイすることをおすすめします。


トロフィーオススメ度★★★★☆
     プレイ時間★★☆☆☆
       スキル★★☆☆☆
羽集めが若干面倒
題のとおり、羽集めは面倒。が、攻略をみつつやっていけばそこまで辛いものでもない。数も、多い、という程でもないだろう。たまに取れなくなるバグがあるようだが、自分には発生しなかった。

トロフィーwikiにも書いてあるが、通常版なら「飛行の名人」を取り忘れると凄いタイムロスになるので注意。

「完全勝利」と「道路清掃」が若干難しいだろうが、辛い、って程のものでもない。

が、地味に時間がかかるので、星2。
View all user comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。