アスタブリード

Updated
 
2.0 (2)
149   1   0
アスタブリード

製品情報

ジャンル
2.5Dシューティング
販売
発売日
2015年3月19日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
ダウンロード:2,000円(税込)

ユーザーレビュー

2 reviews

コンプ難易度 
 
2.0  (2)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
(Updated: 2017年 11月 30日)
2Dシューティングゲームは数が少ない上にトロコンが難しいものばかりですが、本作は易しめでした。

とりあえず一通り全難易度でクリアして操作に慣れましょう。ちなみにR3スティックは押し込むより狙った方が強いです。
Hardで合計ダメージ50000未満を狙うに当たっては、道中で被弾しやすい場所をメモしておくと便利です。また、Chapter5,6のボス戦は被弾しやすいので、個別に練習しておいた方が良いと思います。
50000という数字はわりと緩くて、自分の場合の内訳はCh.1~3で19000,Ch.4~5で14000,Ch.6で14000(油断して死にかけ)で達成できました。

1周が短めなため、2DSTGが上手い人なら短時間でコンプ可能ですし、初心者でも練習・対策をすればコンプ可能な難易度だと思います。
交わる漸近線
抜群の爽快感と美麗なグラフィックが特徴のシューティングゲーム。
ステージは全部で6面あり、デモスキップ使用で1周25分程度。

作業的なトロフィーは皆無であり、腕前さえあれば短時間でプラチナ取得可能。

3つのゴールドトロフィーが特に難易度が高いが、その中でも
難易度「ハード」で合計被ダメージ50000未満でクリアが条件の『超人』が厳しい。
必然的にノーコンティニュークリアを達成しなければならず、敵の出現・攻撃パターンを把握し、被弾率を抑える戦い方を実践していく必要がある。

また、このゲームはラスボスが非常に強い。
体力が減る毎に大きく三段階に攻撃パターンを変化させ、それぞれの段階に応じた対処方法を覚えておかないと詰みかねない。

以下に自己流のラスボス攻略法を載せておきますので、参考までにどうぞ。
(アレンジモードの難易度「ハード」の場合)
<第一段階>
ショットとブレードのボタンは最初から押し続けている状態。ラスボスが右から出現したらすぐにロックし乱舞発動。終了したらロックが途切れない間に本体に密着し黄弾をブレードで回収、再度乱舞を叩き込む。その後はロックは外し本体の動きに合わせて密着し続けゲージが溜まったらすぐに回転発動の繰り返し。しばらく経つと本体が右に移動し全方位に黄弾と赤弾を放つ形態に移行するが、その時に本体の左側に密着。ブレードで本体中央から出る黄弾を根こそぎ回収していくことで瞬時にゲージが溜まるので間断なく回転を出し続けることが可能。上手くやればこのタイミングで一気に大ダメージを与えられ、第一段階が終了する。
<第二段階>
基本は画面を周回する本体をロックし続けゲージが溜まったら乱舞の繰り返し。常に移動している2本のレーザーはダッシュですり抜けるか乱舞や回転の無敵時間を利用してやり過ごす。最初の1周目に本体から出る赤い光弾は喰らうと高ダメージの為絶対に避ける。2周目は赤弾に接触しないように自機に向けて連射してくる黄弾をブレード押し続けで回収しゲージを溜める。3周目は赤い球体が高ダメージの為、接触しないように扇状の黄弾をブレード1回押しで回収する。効率よくダメージを与えていけば3周目の中盤辺りで第二段階は終了する。
<最終段階>
ラスボスが右に移動したらすかさずロックし密着。本体が赤弾を放つタイミングで乱舞発動。以降は本体と距離を置き避けに徹しながらゲージを溜めていく。ショットボタンは押し続けて問題ないが、ブレードボタンは黄弾を回収する時のみに使用してく。乱舞が2~3発決まれば終了。


余談になりますが、このゲームでしばし見かける「漸近」というキーワード。自分は最初意味が全く分かりませんでした。だけど意味が分かって、このゲームのタイトルロゴとアスタブリードの外観を見ると…。

カッコいいだけじゃない。ドラマチックなシューティングゲーム「アスタブリード」
PS4を持っているのなら遊んで損はない素晴らしい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。