レビュー詳細

アクション 2018年 10月 05日 1184
本編は簡単、でもプラチナトロフィーは町激ムズ
コンプ難易度 
 
3.0
Web上のレビューやトロフィーまとめWikiに「コンプ時間10時間」「☆1程度のコンプ難易度」と記載されていたので軽い気持ちで購入。
確かに本編自体はそれほど難しくなく、VRの機能をフル活用した良質なアクションゲームで、良い買い物でした。マリオ64をVRで遊んだらこうなんだろうな、という印象。
ところが、チャレンジ制覇を目指そうとすると一気に難易度が上がります。
初見で攻略できたステージもありますが、とにかく難しい。

チャレンジ4の「世渡り上手の綱渡り」
チャレンジ17「どんぱちランウェイ」
チャレンジ22「一寸先は闇」
チャレンジ23「手裏剣クルーズ」
チャレンジ24「地獄温泉決死行」
チャレンジ25「キャビア食べたい」

辺りは各50回程度はリトライしました。
他のチャレンジはそうでもないのですが、上記のチャレンジはゴールドの設定タイムや点数が明らかに調整ミスレベルでかなり大変です。

特に「キャビア食べたい」はボス戦なのでリトライ時の演出が長い+ボス戦自体も長いので苦痛です。

それぞれ簡単にコツ的なものを書くとすると

・「世渡り上手の綱渡り」
まず綱の上では歩かずにジャンプで移動した方が早く動けます。また綱に乗っている状態でコントローラを下に傾けてから上に傾けると、綱の上を跳ねて大きめのジャンプが出来ます。これを使ってショートカットできる場面が終盤にあります。

・「どんぱちランウェイ」
数体のムカデみたいな的をほぼ打ちもらしなく倒すのがとても難しいのですが、出現位置を覚えて、画面上に現れた瞬間に撃破出来るように予め照準を合わせておくと時間に余裕ができます。

・「一寸先は闇」
最後の直進の洞窟は入った瞬間にタッチパッドボタンを押して、手みたいな敵を倒すとスムーズです。右側の方から進入した方が良いと思います。

・「手裏剣クルーズ」
これもほぼ打ちもらしはできません。
何回かプレイして、どこに敵が出てくるか覚えてからが勝負。左側または右側だけ注目していればOKな場面がいくつかあるのでそこを覚えて、打ちもらしをなくしましょう。

・「地獄温泉決死行」
水で冷やしていない溶岩が1マスでもあるとボットはそこに落ちて死にます。ジャンプを適度に使った方が楽です。様々な方向に水を発射することを要求されますので、ステージ半分くらいまで進んだら1度ポーズしてコントローラの位置をリセットした方がいいです。

チャレンジ25「キャビア食べたい」
初回の1列に並んだイカを回避する場面ではボットを動かさず、波の最高点に到達したらジャンプ、とすると安定します。2回目のイカ列回避はコツは特にありません…

とにかくコンプが激ムズなので、プラチナトロフィー目当てで購入することは全くおすすめできません。限りなく☆3.5に近い難易度です。

レビュー

コンプ時間
40時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。