レビュー詳細

ネタバレ:サウンドスタッフによる○リキ○アコメントはありませんでいた
(Updated: 2019年 3月 03日)
コンプ難易度 
 
2.0
アトリエシリーズの流れを組んだ、オールスター系ゲーム。
メインシナリオ面は近作寄り、システム・イベントは初代寄りなのですが、近作に慣れているとちょっと物足りない部分があるかも。
進め方次第でゲーム進行が早くも遅くもなるアトリエシリーズの他作と異なり、ターンが完全に決まっていることがその一因かも。

全体のトロフィーについてですが、今作ではイベントや図鑑の全回収は要求されていません。
流石に、友好度、売り上げ、8区画開拓のトロフィーが絡む関係でクリアせずに埋めきることは難しいですが、課題9(人口50,000人以上)さえ達成できれば、エンディング分岐条件を除き時間制限は撤廃されます。
とはいえ、1周目で課題9を達成するには緻密なスケジュール管理が必須です。私は1度達成を失敗して周回しております。
2周目以降は、売り上げや好感度上昇に倍率補正がかかりますので、余程の場合でも周回を繰り返せばクリアできるはずです。

以下、詳細な解説。
・需要クリエイター
ハマりやすいトロフィーその1。
「普通の、大きな、豪華な」「食品店、雑貨屋、武具屋、服飾店、薬屋」を「3色」ずつ、計45種を建設する必要があります。
「建てたことがある」の説明文が示すとおり、全てが同時に存在する必要はないです。
調合アイテム類とは異なり、現在/累計でいくつ建てているかが不明瞭であること、農地やランドマークとは違い複数種あるため、何を建てたか、建てていないかの把握が難しいです。

・全てがある街
ハマりやすいトロフィーその2。
条件自体は難しいものではなく、8つ全ての区画にアトリエ、ショップ、農地、ランドマークが存在する状態にすればOK。
ハマりやすい原因は、ゲームが進むにつれ、ランドマークやオブジェのシナジーを意識し、上記条件を忘れてしまう点にあります。

・伝説の探索者
今作の難関その1。
おそらくは、1ターンのメンバー1枠に対して1回の計算(10人派遣すれば10回としてカウント)とは思われますが、3,000回は他の回数系トロフィーと比較すると多めの数字が要求され、ゲーム状況によってはその前段階の称号全獲得すらいかないです。
私の場合は、他のトロフィーを全て獲得した状態で、2,000回いかなかったです。

・伝説の錬金術お得意様
今作の難関その2。
依頼件数1件ごとに1回の計算(中和剤を赤、青、緑、黄4種全て依頼した場合、4回としてカウント、調合の個数は1個でも10個でも同じ)とは思われますが、シナリオ進行やまちの声、施設建設のために優先すべきアイテムがありますので、ゲーム終盤までは思うように回数を稼げないです。
コストの許す限りの範囲で、最大数である10件を埋めきるつもりでやると後で苦労しないです。

・みんなだいすき
キャラクター全解禁前に解除できたため、厳密には全員ではないです。
私がトロフィーを解除したときの友好度最大の人数を数えたところ、92人とかなり中途半端でしたので、ゲーム内実績「愛すべき住人たち(友好度最大80人以上)」とゲーム進行で加入する33人の友好度最大を両立、あたりがトリガーとなっていそうです。

難易度としては、基本的にはゲームクリア≒プラチナであるのですが、多少時間はかかってしまうので、☆1.5くらい。
いつものトロフィー効率度外視の脱線をしたためプラチナまで時間がかかっていますが、その気になれば60時間くらいでコンプできると思います。

レビュー

コンプ時間
約100h

コメント