戦国BASARA4 皇

人気
Updated
 
3.0 (1)
2588   1   0
戦国BASARA4 皇

製品情報

ジャンル
スタイリッシュ英雄(HERO)アクション
発売日
2015年7月23日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ディスク:7,549円(税込)
ダウンロード:6,990円(税込)
衣装21式道楽箱:12,949円(税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
過眠症との戦い
PS3版トロコン済み。中古価格が安くなっていたので購入踏み切りました。
しかし大誤算があり、前作のディスク版もしくはダウンロード版が必須という問題。
お陰で買い直す羽目になりました。前作のをアップデートしてコンバートする必要がある為。
しかもDLCを削除していたので再度ダウンロードするという手間まで。
(予約特典分も含めて全DLCが必要 カスタムテーマは含まず)

この準備段階で余計な時間を取られましたが、PS3版をトロコンしているという
前歴があるので基本的に踏襲していけば良いはずなのですが、とにかく眠くなる。
前歴があるという事は記憶がある程度あるという事でもあるので作業化すると眠くなるので
寝ている間の時間を放置時間として「Thank you for playing」を獲得していますが
一度、すごく凶悪なフリーズに見舞われて(PSボタンが反応しなくなる)コンセントを引っこ抜いて
強制再起動をするという厄介事が起きたので、放置し過ぎてもいけないのかもしれません。

コンバートしている場合、ゴールドトロフィー1つを含めた約35%近いトロフィーをブーストで獲得しますが
その後は急激に衰えます。

個人的に使える武将は「まつ」「石田三成」「立花宗茂」「かすが」「足利義輝」「風魔小太郎」です。
専用銘を各自に付けておくと真価を発揮します。まつの五郎丸は勝手に敵を倒してくれますが
制御出来ませんので基本的に遠距離において強い。立花宗茂は俊速がないと足が遅すぎて
役には立ちませんが雷切の前に陣など無意味です。
風魔小太郎はヒット数に特化していますが攻撃力は低いので対島津・立花とかでは難易度天の場合は
即死する事もあります。石田三成はある意味最強。ただ体力が低いので難易度天で弓兵の攻撃で
死ぬ事が多々あります。

・無傷の栄光
実はかなり簡単である事が判明。何度も検証したので間違いはないのですが
ラストが足利義輝(謁見)だったりもしくは途中にだった場合は、防御を捨てる形の遊戯書があると
ほぼ確実という結果に。難易度天では一度で倒せませんが粋の時間内であれば
ダメージ4倍で一気に削れるので(逆にダメージ受けると4倍で即死)大名殺しや
気力満々で出て足利との戦闘開始直後に粋発動し婆娑羅絵図にて攻撃、
(難易度究極以下ならここで勝負あり)
約半分の体力を削れるので後は最も威力の高い攻撃一発で終わります。
千利休・伊達政宗・まつでノーダメージ確認。相方も強くないとダメです。

これ以外のトロフィーは他の方のを参考にして頂ければトロコンは難しくないです。
ただ眠くなるので要注意です。連続起動も危険なので本体の電源を切るなどして休ませた方が
フリーズを起こし難いかもしれません。(フリーズするとコントローラーを認識しない状態になります)
引き継ぎの有無で難易度はかなり変わる
(Updated: 2017年 8月 20日)
コンプ難易度は、引き継ぎの有無で難易度変動・スキルは不要・100時間固定、以上3点を考慮し☆3。
引き継ぎ有りなら100時間トロが鬱陶しいぐらいですが、無しならかなりの時間やらなければならないので中間と言える☆3とさせていただきました。
爆弾兵(大ハズレ)
(Updated: 2015年 7月 31日)
戦国BASARA4のデータを引き継いでのプレイ。
トロフィー構成は前作とは異なり、新要素である「合戦ルーレット」関連のトロフィーが大量に追加されている。

「身から出たさび」
自由合戦で恩賞がすべて武器のステージを選び、小づちで凶を引いてすべての武器の銘をさびにしましょう。
恩賞でのさび入手でも無事取得できます。

「おたずねもの完全制覇・極」
データ引き継ぎを行い、前作で婆娑羅まですべてのビンゴ帳を制覇していた場合は天だけを埋めれば取得できます。
今作でも被った場合は自由合戦に行けば移動する場合があります。

「銘完全制覇・極 」
前作で強化素材や所持金がカンストしていた場合、引き継いだ時に10500枚のメダルを貰えます。
引き継いだとしても最低で19万1500枚必要。
各キャラの創世を消化中に合戦ルーレットのあるステージを優先的に選んで稼ぎましょう。
難易度・天だと尼子の落とすメダルの量、武蔵が落とすメダルの量が増えるので、稼ぎプレイ中は天でのプレイを推奨します。
創世を終えても足りない場合は、自由合戦の加賀・前田花吹祭でメダルを稼ぐのが効率的です。
三成の慙悔や信長の破滅ノ焦土R1はメダル兵に対して優秀なので、稼ぎプレイはこのどちらかでやりましょう。
ポエム尼子は難易度・天なら1000枚以上のメダル稼ぐことも可能なので、スルーはせずに45秒最後まで叩くことをお勧めします。

「Thank you for playing」
プレイ時間が100時間を超えた状態でステージをクリアして取得。
PS4のスタンバイモードではプレイ時間に加算されない為、ギャラリー等で放置しましょう。
戦歴でプレイ時間を確認できます。

創世全ルート制覇は全キャラにドラマルートが存在したりと、引き継いだとしても結構な量なので、コンプするまでに30時間はかかるかと思われます。
引き継ぎ有りの場合は30時間程で「Thank you for playing」以外のトロフィーが取れるので、難易度は☆2。

固有技・改で各キャラのアクション強化、専用銘復活、緑銘入手の簡易化等色々と良いところはたくさんありましたが、合戦ルーレット(変化)に全部持っていかれました。
3倍どころじゃない速さの将軍様
(Updated: 2019年 2月 02日)
コンプ難易度 
 
3.0
前作、戦国BASARA4プラチナ獲得済み。PS3→PS4のセーブデータ引き継ぎを行ってプレイしました。
トロフィーが関わっていたこともあり前作未消化分と本作新規シナリオを消化しましたが、なんか歯切れが悪いのが増えたな、という感じ。ギャグはいつも通りですが。

まず、トロフィーに関わる引き継ぎの項目は以下。今作には全キャラレベルMAXのトロフィーはないため、これについては気にする必要はありません。
・戦国創世モード関連
新規キャラ、新規シナリオがあるため引き継ぎ直後の解除は不可能ですが、前作でのクリア分を丸々短縮可能。
・合戦場
こちらも新規のものがあるため引き継ぎ直後の解除は不可能。
・武器・銘
武器については既存キャラ分は丸々短縮可能、銘も前作で入手したことがあるものは獲得済みの扱いに(ただし新規の銘があるので引き継ぎ直後の解除は不可能)。
・おたずねものビンゴ帳
難易度「婆裟羅」までの討伐したものは全て討伐済みの扱いに。

以降、トロフィーについてわかっている範囲で。
・戦国創世・極ルート完全制覇
ドラマルート、アニメルート(ショートカット使用で2~3戦)とは異なり、ショートカットが出来ないので6戦フルセットでやる必要があります。
先述の通り、クリア済みのものを再度やる必要はありませんが、大量のメダルが必要になる(後述)関係で一騎打ちばかりで短縮、というのはやめたほうがいいでしょう。

・合戦マスター・極
前作とは異なり、一騎打ち(「帝 謁見ノ儀」を除く)は対象から外れているので戦国創世モード関連のトロフィーの解除ついでに取れるようになっています。

・身から出たさび
未検証ですが、トロフィーの解除条件が「生成・入手した」なので、報酬の武器をさびにしたものを10個入手するのが一番楽と思われます。
難易度ごとの報酬を確認する場面で□を押すとおみくじ小づちで武器の銘を変更できるので、凶を出すことで報酬の武器をさびに出来ます。

・絶対! 入信拒否
ザビー教入信案内拒否10回は後述のゴールドトロフィーを狙うついでで到達できるはずなので回数は気にする必要はありません。
本来のギミックは魂を連れ去られる前に気絶状態から復帰する、というものですが、タライの直撃を回避しても拒否成功扱いになりますので、演出による動作ストップがかかる直前に回避モーションをとればタライを回避出来ます。
また、タライが直撃しても気絶状態にならなければ成功扱いになるらしく、変化でキャラが変わっている場合は直撃してもイベント自体を回避できます(直江兼続に変化している場合もモードが終了してしまう以上のデメリット無し)。
トロフィーとは関係ない余談ですが、振りほどきに失敗すると残体力関係なしに即死します。レバガチャの操作要求も少し厳しめなので回避のクセをつけたほうがいいかもしれません。

・富豪大名
歴代の金銭系の実績は100万両以上所持する必要がありましたが、今回は累計で大丈夫です。

・銘完全制覇・極
武将専用銘と限界突破用の「開」が追加されており、これを含め全て入手する必要があります。武将専用銘は1つ毎に天貨メダル5,000枚、開には2,000枚の計20万2,000枚使用するため、「景品コレクター」はこれの過程で獲得できます。
他の銘に未入手のものがある場合は、「身から出たさび」同様おみくじ小づちで武器の銘を変更するほうが前作の「変」を使って書き換えるやり方より遥かに簡単で、これにより前作実装分の銘の入手難度も下がっているので引き継ぎなしでも前作ほどの運操作は不要になっています。

プラチナの難易度としては引き継ぎ有りで見た場合は面倒な作業の7割くらいまでは消化した状態から始めることが出来、普通にやれば「Thank you for playing」獲得前に全て獲得できるでしょう。
一方で引き継ぎなしの場合は100時間ではとても消化しきれないほど膨大な作業量になり、3無印のシナリオ64周と同等か、それ以上の面倒さが待っています。
前作と比べるとダレる要素が非常に少なく、案外あっさりと終わりましたが、引き継ぎ有りでもかなりの量のシナリオが待っていましたので、☆3に。引き継ぎなしだと3と同等以上の難易度になると思われます。

レビュー

コンプ時間
100h(実プレイ30h強)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー