レビュー詳細

アクション 2017年 1月 27日 2259
(Updated: 2018年 5月 13日)
プラチナ取得難度は低く、★ 2。1 周がかなり短く(カジュアルなら 2 時間ちょいでクリア出来ました)、収集物も少なく、達成系トロフィーも簡単なものばかり…非常に良心的な構成でした。

1 周目は攻略情報は見ずに Normal でプレイ。
2 周目は【超富豪】も同時取得を狙って Madhouse をプレイ。
3 周目、Casual で【一刻も早く帰りたい】と【こんな薬信用できない】を中心に収集。
4 周目、Casual で【大富豪】と【もうどこにもいない】、そして【あんな箱信用できない】を中心に収集。
5 週目、Casual で【活字中毒】を取得して終了。

か~なりグダグダなトロフィー取得スケジュールだったので 5 週もしてしまいましたが、前述した通り 1 周が非常に短く収集物も少ないので、コンプ時間は思っていた程かかりませんでした(DLC コンプの分の時間は含んでおりません)。ただ、最高難易度「Madhouse」は終盤のボスである変異ジャック戦が結構辛かったです。変異マーガレット戦も体力オバケで弾薬が枯渇しかけましたが、変異ジャック戦も枯渇しかけました。初期位置でガードしながら頭部の目玉を破壊→右手か左手の方に移動して手の目玉を破壊→残った方の手の目玉を破壊、後は下段に降りてハシゴを登るフリして変異ジャックを上段に上げて下から残った目玉を破壊…といった順番で攻略しました。
このゲーム、とにかくガード時のダメージカット率が高いので、空振り以外の攻撃は必ずガード!です。
DLC でもガードは多用する事になるので、DLC もコンプ予定の方は早いうちからガードする癖をつけておくと良いでしょう。


DLC もコンプしたので、気になったトロフィーをちょっとだけ記載しておきます。

・21 の【ギャンブル狂】
最高難易度「Survival+」をクリア(死なずに 10 人抜き)するトロフィーです。
一見すると運要素だけのトロフィーに感じますが、REWARD で強カードを解放させておくという下準備と、若干の思考力、そしてほんの僅かな運で、完全運ゲーから実力ゲーに変わります。具体的には、1 人目のホフマン戦で大量に SP カードを集めておく事と、最後の 10 人目のホフマン戦の為に「デストロイ++」と「パーフェクトドロー+」× 2 、後保険で「ゴール 24」か「ゴール 27」のどちらか 1 枚を手札に忍ばせておく事が重要です。
関門は、2 人目・5 人目・6 人目・10 人目です。
10 人目以外の上記ホフマンは「ベットアップ」系のカードを多用して一気に畳み掛けましょう。
10 人目のホフマンは、もうズルばっかりするのでマトモに相手していると一生勝てません。この時の為に貯めておいた「デストロイ++」と「パーフェクトドロー+」× 2 で強引に 1 ターンキルを狙いましょう。数値の関係で「パーフェクトドロー+」が 2 枚続けて使えない場合は「ゴール 24」か「ゴール 27」でワンクッション置いてから 2 枚目を出しましょう。

・End of Zoe の【沼の覇者】
Ethan Must Die の【イーサン・ネバー・ダイ】とよく似てるトロフィー。
【沼の覇者】の方が取得難度は高く感じました。
簡単に言えば即死ポイントを覚える作業ゲーなので、攻略動画を参考にするのが良いでしょう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。