レビュー詳細

恐縮なんてしなくていいから...(良心)
待ちに待ってようやくきた最終DLC...
本編、DLC:EP1共に悲惨な終わり方をしてましたが、今回が一番悲惨かと思います。
"恐縮で始まり恐縮に終わる"

トロフィーに関しては、EP1同様難しいものはありません。
1998モードクリアの「抜き足差し足忍び足」がありますが正直この手のゲームにありがちなガバガバAI君に、ピーピングトムとかいうチートビガーもあるので余裕です。
収集物の「真相」は海外では1月ほど先に配信されている為、攻略動画が既に挙がってるのでそちらを参照。
あと他に面倒なのは「贖罪中毒」くらいですかね。
これはスーチョンの研究室にある、ピッキングした先にあるタレットを使って稼げば近くにEVE回復薬もあるので効率いいと思います。
ただし弾は減っている状態で装備しているものでしかカウントされない点にのみ、注意。

EP1より新追加難易度のクリアトロフィーがある点、若干難しくはなっていますが新ビガーが強すぎて、完全にバランス崩壊してるのが非常に残念でした。
あくまでEP1と比べて若干難しくなっているだけであって、全体的な難易度、掛かる時間を考慮すると☆は1にします。

ちなみにですが今回のDLCで追加された1998モードは、1998年に発売されたFPSに初めてステルス要素を導入したThiefが元ネタらしいです。
近々Thiefの新作が日本でも発売されるようなので興味のある方はやってみて、どうぞ。(※海外版は既に発売済み)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。