レビュー詳細

RPG・SRPG 2016年 7月 21日 376
乱入→壊滅→ああああああああ
コンプ難易度 
 
2.0
ザ・チームラゲーなDRPGのリメイク。
公式でも言ってるようにゲーム自体がかなり高難度なDRPGになっていますので、慣れていない方は注意。
チームラゲー自体初めてという方はまず本作ではなくオペレーションアビス辺りから入ってみるのがいいかと思います。
私は前作(黒の宮殿)トロコン済み、箱360版(白の王宮)実績コンプ済み。

【新釈・凍りついた真実】
旧版(黒の宮殿)では時限だったトロフィーですが、本作では時限ではなくなった?
クリア直前、最後のクエスト開始と共にイベントがなくなり、取得できないのが旧版だったのですが、本作ではイベントが発生しなくなっても氷の廟の当該マスを踏むことで解除されました。
おそらく気にしなくてよくなったと思います。

【新釈・竜の神に選ばれし者】
クリア後の裏ダンジョン(黒の宮殿)をクリアで取得。
そこそこ強い上に連戦になるのでノーマルではそこそこ厳しいかも。
一応下記のルート別ボスよりはマシ。

【白き魂の救済】【黒き魂の救済】
中立のエンディングを見ている時に、白き魂の器または黒き魂の器を所持していれば追加でイベントが発生し、取得できます。
こう書くと中立ルートでなければ取得できないように感じますが、クリア後の裏で任意のエンディングを発生させられるので問題ありません。
が、ボスが結構強いので楽をしたい場合は本編ラスボスで取得するほうがいいかと思います。(1回は倒さないと【時を遡る奇跡】が取得できませんが)
ちなみに白き魂の器と黒き魂の器はどちらかしか所持できません(いつでも持ち替えは可能)。
なので、どちらかを所持してラスボスを中立ルートでクリア→持ち替えて裏の境界線上の廟クリアが一番手っ取り早い。
2回とも境界線上の廟で裏ボスを相手にすると、2回目は超強化されているので大変です。
クリア後に境界線上の廟で取得する場合は、エンディングをスキップすると取得できないのでそこだけ注意。

【偉業への挑戦者】【戦闘の熟達者】
上述の凍りついた真実が時限ではなくなったっぽいのでおそらくこれが本作の時限要素。
とはいえ、討伐チャレンジ5回やればいいだけだし、万一取り逃しても2周目序盤で取得できるだろうから特に問題はなし。
ちなみに討伐チャレンジ達成でもらえるものは別に入手手段がありますので無理に達成する必要はありません。
ガイゼルとかガイゼルとかガイゼルとか。

最初に書いたとおりゲーム自体の難易度は高いですが、そこはRPG、レベルを上げて転職して・・・とやればクリアはそこまで大変じゃないかと。
トロフィーはチームラゲーとしては易しめだと思います。
DRPG大好き人間としてはこういうやりごたえがあるゲームは面白いですね、ロストも気をつけていればまず発生しませんし。

レビュー

コンプ時間
37時間(表クリアまで27時間)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。