BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

人気
Updated
 
2.0 (2)
3852   1   0
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

製品情報

ジャンル
ヒロイックRPG
発売日
2017年3月30日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
ディスク:6,800円 (税抜) / 7,344円 (税込)
ダウンロード:7,344円 (税込)

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
圧倒的な透けブラへの拘り
コンプ難易度 
 
2.0
積みゲー消化の一環
道中やエンディングの分岐は無く完全な一本道RPG。
バトルの難易度をEASYに下げてもトロフィー取得に影響は無いので早々に変更しておくといいだろう。

・絆エピソード完遂関連、ミッション請負人
新しいミッション対象や友達には積極的に話しかけ、早いうちから少しずつ消化しておきたい。
その方がレベルの上がりも早くなり、結果的に進行も楽になる。

・敏腕クリエイター
ゲーム中にリストは無いが、作れるものは最低1個作成するようにしておけば管理上は特に問題ないだろう。
唯一「原初の力」だけは作れるようになる前から所持していると思われるので意識しておくといい。
また、雑魚戦をサボり過ぎると素材不足に陥り、後々稼ぎが必要になる可能性があるので、普段からある程度は戦って素材を集めておこう。

・やみを統べるものを統べる者
フリスペが使えるようになった段階ですぐに取得可能。やり方は攻略サイトを参考に。

・女子高生のたしなみ
余程未読スルーし過ぎない限り取れない事は無いと思うが・・・新着メッセージはちゃんと読むようにしよう。

●総評
難易度は極めて低く時間も然程かからないRPGで★1・・・と言いたいところだが、
移動時の頻繁なロードや反応の鈍いUIが結構なストレスだったので★1.5としておきます。
キャラクターは良、世界観やストーリーも悪く無かったが、それ以外は悪い意味で低予算丸出しの出来です。
そこは覚悟しておきましょう。

レビュー

コンプ時間
28:05:28
ほかぴた。
(Updated: 2018年 11月 09日)
コンプ難易度 
 
2.0
プラチナ42個目。
ダンジョンは綺麗でシンプル、シナリオはまあまあ、戦闘はオーソドックスなRPG。
キャラクターが可愛い。日常パートやシステムからやんわりペルソナライクと感じるゲーム。

「敏腕クリエイター」に多少時間がかかるかもしれませんが、
基本的にストーリークリア+若干の稼ぎ行為で簡単にトロコンできます。

レビュー

コンプ時間
40h
キャラだけが最高の作業ゲー
ストーリーをすすめば大半のトロフィーを入手できる
戦闘はミッションやアイテム関連だけで経験稼ぎになれない
フリー期間は女の子とデートすることでレベル上げればいい
8章と9章のフリー期間サブキャラのストーリーを完結できる
アイテム作成は攻略サイトを参照すれば楽
闇の洞窟は最後にとっておく、運の成分あり
メインイベント以外にキャラボイスがないのは本当つらい、戦闘も単調すぎる。アニメや動画を見ながら作業したほうがいい。
手軽にトロコン可能
時限要素もなく楽にトロコンができる
唯一少しだけめんどくさいのが【敏腕クリエイター】
しかしコレも素材集めをしっかりとやっておけば何の苦労もない
ストーリーが進むと天使族系のモンスターが混ざりあった世界の一部しか出なくなってしまうため安閑な情緒を優先的に集めておいたほうが良い
ミッションで行くことのできる混ざりあった世界でしっかりと落ちているアイテムを拾い敵を多めに倒し素材を集めておけばオーケー
混ざりあった世界は屋上からも行くことができるが完全にランダムなので確実に行けるミッションで素材集めをしておいたほうが良い
手軽に楽しみながらトロコンができるブーストゲー
エトワール
(Updated: 2017年 4月 11日)
細かい難易度をつけるなら限りなく★1に近い★2くらいかと思います。
絆エピソード、アイテム全作成の作業は10章で終わらせました。
少し詰まったトロフィー↓
【敏腕クリエイター】作成可能なアイテムを全種類作成
のためにある程度は敵を倒したほうが、後々アイテムを作るときに素材が足りないということはなくなると思います。(採取ポイントも見つけたら取っておいたほうがいいです)

【オールリフレクター】レベルを最大にする
全てのデートイベントをこなしても(おそらく)成長ポイントが足りずレベル50にすることはできません。
自分は11章に入ってからレベル50にすることができました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー