Brink

Updated
 
2.7 (7)
302   1   0
Brink

製品情報

ジャンル
FPS
価格
7,980円
発売日
2011年7月14日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象
Amazon

 

ユーザーレビュー

7 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.7  (7)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
海上の楽園は鎖国状態のようです。
(Updated: 2016年 12月 02日)
トロフィー目当てでプレイしたら後悔するということを教えてくれた今作。
攻略情報は出尽くしてるので、主からは割愛とさせていただきます。
言いたいことがあるとすれば、多くの方々がおっしゃっている通り、非常にゲームバランスが悪いことだけです。
主が苦戦を強いられることは、特にありませんでしたが、最後に一つだけ言わせてください。

【世界の王だ!】
 こいつに関しては『運』があるかないかで、大きくプラチナトロフィー取得時間が左右されることでしょう。

根気強くプレイすることが重要となりますので、これからのプレイを考慮されている方は、覚悟が出来たときに購入することを強くおススメいたします。
では、さようなら。
バランスが悪い
(Updated: 2013年 11月 02日)
攻撃側と防御側に分かれて戦うFPS ゲーム自体の難易度は高いですが、大体のトロフィーは簡単にとれます
最初から対戦でキャンペーンを進めると効率よく「鉄の意思」を取得出来ます

「鉄の意思」
「物語の始まり」と同時に取得できたのでWhat if は条件に入れられてないと考えられます。
前述の通り攻撃側は難しく味方Botのバカさと敵Botの優秀さが難しさに拍車をかけています ハードでやるより対戦でやるほうが多少は楽になります 

「地雷だ!解除しろ!」
コメント欄にありました運搬物も持ったまま地雷を踏んだ状態で待っていたらあっさり解除してくれました

「世界の王だ!」
Be More Objective の☆3はかなり難しく根気がいり、運ゲー要素もあります

面白かったゲームではありましたが、オンラインに重きをおいているわりにサーバー隔離それによっての過疎でオンラインは誰もいませんでした また敵Botは非常に優秀でしたが、味方BotがバカでCPUの動きに差があり(こちらが不利)バランスは悪いです ベセスダゲーにありがちなフリーズも今作は搭載しておりオートセーブ中にアビリティ画面にいくと高確率でフリーズしたので注意です
オントロこそはありませんでしたが、上述のバランスの悪さ、難易度が高いことを加味して★3です
この手のジャンルでは珍しいトロフィー構成
海外版でのプレイ。
FPSでは珍しく、オンライン関係のトロフィーが無い。

「鉄の意志」はHARDかVERSUSでクリアすると取得。
このトロフィーはどちらかに統一してクリアする必要はなく、最初HARDで途中からVERSUSにしても取得可能。

「地雷だ!解除しろ!」はソロプレイの場合一番苦労するであろうトロフィー。
解除してほしい地雷に一定時間照準を向けるとスポットされるので、稀に解除してくれる。
CPUが解除してくれやすい条件はwiki参照。

「世界の王だ!」は4ステージ×3回づつプレイの計12回プレイする必要がある。
キャンペーンで慣らしていれば特に難しいものはない。
強いていうならチャレンジ2の3回目が苦戦した。撃ち合いが皆無でジャンプアクションが要求される。時間もややシビア。

「今のはタメになったな」は一番最後に残るトロフィーだと思われる。
一部決まったステージでしか取れないトロフィーがあり、残りはどんなステージでも取れる。
フリープレイCPU無しの攻撃側なら1ステージ数分で終わり効率が良いが、作業感が沸くため時にはCPUと対戦して息抜きするといい。


地雷だ!解除しろ!さえ取れれば後は流れ作業で取れる。
中々面白いゲームだが、オン人口皆無という点と味方CPUのアホさが欠点。
敵CPUは死体撃ちを積極的に行うが味方CPUはそれを行わない。そのせいで衛生兵に蘇生されことがしばしば。
RANK5になると瀕死状態からも射撃が出来るスキルが取得出来るが、敵CPUがそれを取得している場合、味方CPUは死体撃ちをしないため瀕死状態の敵CPUは無双状態になる。

オンライン関係が無い、難しいトロフィーも無いということで☆2に。
どこか"惜しい"ゲーム
(Updated: 2012年 8月 01日)
殆どのトロフィーがフレとの協力プレイで取得可能。
オンに人こそいませんがゲーム自体は面白く、
また多人数戦向けのゲームシステムとなっているので協力感もあり楽しめました。

■鉄の意志
ハードのキャンペーンはかなり難しいです。
フレとの2人プレイでもガンガン死にました。
トライ&エラーの末ギリギリでクリアできる難易度と言えば聞こえは良いですが、大概は理不尽にボコボコにされることを考えるとそうも言い辛いところ。
心が折れたら素直に対戦モードで取るのが楽だとは思います。

■世界の王だ!
これは協力プレイでは取得できません。
ひとりでやるしかないわけですが、やっぱり理不尽に死にまくるので心が折れそうになります。
キャラをマッチョ、もといデブにすれば幾分楽になるかと思います。

難易度は☆3をつけましたが、
常時フレとの協力プレイならば☆2.5くらいだと思います。
協力プレイはもちろんオンでも可能なので、
離れた友達と一緒にプレイするゲームを探している…という人にはオススメです。
オンラインに人は一人もいないですが、BOTが相手してくれるのでコンプできます。
(Updated: 2012年 12月 27日)
べネスタが作ったオンライン向けFPSです。
サーバー隔離されてるので海外版を購入しました。(ひどいよ…べネスタ…。)
が、海外版にも人はいませんでした。
なのでコンプできない…という事はなく、BOTという方が相手してくれます。

チャレンジ関係は最初のと最後のだけ難しいです。
最後のは出現場所を覚えれば何とかなると思いますが(それでも難しいかも…)、
最初のチャレンジの☆3は味方が無能なので、運も絡み、
かなり難しいです。気合あるのみです。

キャンペーンは難易度を対戦にしましょう。ハードより楽なはずです。
ですがやはり少し運が必要で、特にセキュリティ側のDAY6はかなり難関です。
面白いけど、ゲームバランスはいいとは思えません><。

「地雷だ!解除しろ!」は地雷しかない空間を作る事が大事です。
僕は本当に意識せず味方が取ってくれたので特に苦戦はしませんでしたが、
実際はかなり難しいと思います。味方が解除してくれる事を祈りましょう。

「貰うよりは与えるほうがいい」も意味がよく分からず、個人的には苦戦しました。
http://www.youtube.com/watch?v=MO2pDis-3mMで詳しいやり方が見れるので、
そこを参照にすれば取れると思います。

ちなみに僕が使用した武器はLobster GLとKross SMGです。
Lobster GLで人数が多い所に打ち込み、細かい敵をKross SMGで殺害してます。
対戦で勝てない場合はよかったら使ってみてください。(体系はノーマル)

「今のはタメになったな」はキャンペーンをオンラインですべてクリア、
フリーミッションを2勢力ですべてクリア。そのあとは好きなもので42回勝利すれば取れます。
一人で42回やるのもいいですけど、僕は楽しみたかったのでBOT達と仲良く遊びながら取得しました。

難易度的には☆3ぐらいです。協力すれば☆2ぐらいかな・・・?
でもちょっと理不尽な点や運な所があるので☆3です。

※おまけ

BOT「DAIKIさんは、もうひとりぼっちなんかじゃないです。」

DAIKI「…そうね、そうなんだよね、
本当に、これから僕と一緒に戦ってくれるの?地雷を解除してくれるの?」

BOT「はい、私なんかで良かったら。」

DAIKI「体が軽い…、こんな幸せな気持ちで戦うなんて初めて…、
もう何も恐くない!あっ、地(ry」

こんな感じにフレンドがいない方でも助け合いを感じる事が出来ます。
ゲームバランスはいいとはいえませんが、楽しかったです。
でもオンラインには日本版も海外版も人はいないので、
どっちを選んでも一緒だと思います。(英語音声で楽しみたい人は海外版。)
原子炉ミッションが規制されるという噂もありましたが、それはないです。たぶん。
なおトロフィーが別扱いなのでどっちもやるのもありかもしれません。
レビュー投稿者トップ100 48 reviews
フリーズさえ無ければ…
面長外人たちが攻撃側と防御側に分かれて戦うサバゲー風FPS
オフの1人対戦でトロフィーが取れたりと一部無茶苦茶仕様となっているが、内容としては非常に面白くフレと強力プレイはやっぱり楽しかった。
問題になるトロフィーは『鉄の意志(ハードでキャンペーンクリア)』と『世界の王だ!(3つ星のチャレンジクリア)』だが、いづれも”自分のランクと敵のランクが同じ”という点を逆手に取って自分のレベルを4に維持すると大分楽になる。
一応全てオフで取れるとの事だが、明らかにフレがいると難易度が下がるのでフレ推奨。
オフラインだけで全トロフィーが取得できる、珍しいFPS
(Updated: 2011年 8月 08日)
●概要
 攻撃側と防衛側に分かれ、
 攻撃側は器物爆破・要人護送・物資運搬といった目標の達成の為に動き、
 防衛側はその行動を阻止するために動くという、
 ルール自体は割と一般的なFPSです。
 特徴は、ストーリーモードでもその方式でゲームを進めていくことでしょう。
 基本は8vs8の16人対戦で、プレイヤーキャラ以外はBOTが担当します。

●トロフィー雑感
 鬼門と呼ばれるようなトロフィーはありませんが、
 多少手こずると思われるトロフィーはあるので、挙げておきます。
 全編オフラインでプレイしました。

 「鉄の意志(オン or ハードで全キャンペーン勝利)」
 これは単純にキャンペーンモードの攻撃側が難しいためです(特に護送ミッション)。
 BOTが守るのが得意なのか、そもそもルールが防衛側有利なのかはちょっと判断しかねますが、
 攻撃側キャンペーンでは常に苦戦を強いられます。
 特にハードではBOTがガンガンヘッドショットを決めてくるので、
 プレイヤーが死にやすく、戦局に影響を与えづらくなります。
 キルカメラも無いので「どこから撃たれたの?」と思うこともしばしば。

 「地雷だ!解除しろ!(地雷発見後、味方エンジニアに地雷を解除してもらう)」
 オフラインではちょっと面倒です。
 BOTの地雷解除は、他の支援行動と比べて優先度がかなり低いためです。
 地雷解除しかすることがないという状況をムリヤリ作ってやる必要があります。

 「世界の王だ!(全チャレンジで★★★取得)」
 4種あるチャレンジをそれぞれ3回、計12回クリアする必要があります。
 とくに実戦仕立てのチャレンジ、"Be More Objective"の3回目は、かなりの難度を誇ります。
 これがクリアできれば、本編の難易度ハードもクリアできるでしょう。

 「今のはタメになったな(オーディオログ全取得)」
 オーディオログはゲームに勝利したときに得られますが、
 全取得には最低でも74回は勝つ必要があるうえ、
 特定のマップで勝つことでしか得られないものがいくつかあります。
 順当に進めていけば、これが最後のトロフィーになるでしょう。

●補足 / その他
 なお、フリープレイモードでは参加人数を1~16人に設定してゲームができます。
 参加しているのが自分1人だけであってもゲームが進行するので、
 作業的に経験値やトロフィーの取得をすることも可能です。

 上記三行だけ読むとコンプは簡単に思えますが、
 本編はBOTを含めて16人固定でプレイする必要がありますし、
 1人作業で経験値を稼いでレベルを上げても、BOTのレベルも上がります。
 結局のところ、難易度の低下には繋がりません。

●総評
 「ゲーム自体は難しめだが、トロフィー条件は割とゆるい」……というのが全体的な印象です。
 ★3が妥当ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。