レビュー詳細

7157DbpMt2L._AC_SL1500_
RPG・SRPG 2021年 9月 25日 371
楽曲の素晴らしさはガチ
(Updated: 2021年 9月 27日)
コンプ難易度 
 
1.0
前作はトロコン済み。
ストーリー的には一旦ケリがついたのでこれ以上の展開はないかなと思っていましたが、前作の数年後という設定でキャラや舞台を一新して続編発売となりました。
トロフィー的には2周目必須(ただ最後までクリアする必要はなく、6章の分岐までのプレイ)なものの、時限要素もなくわりと集めやすい部類だと思います。


・それぞれの想い
メインキャラ全員分のエピソードを最後まで見れば獲得。
前作みたいな時限は一切ないので終盤にまとめて一気に消化しても大丈夫です。

・心地よい世界
因果系譜には1度話しかけただけで名前が登録されるので、今作に登場する名ありのモブキャラ全員分に話しかければOK。
キャラごとにいる場所はほぼ決まってるので、前作のように探し回る必要はないですし、3回話す必要もありません。

・幸せな世界
こちらも前作同様にキャラごとのクエストを消化すると親密度に★がつきますが、これを因果系譜に載っている全員分こなすことで取得。
個人クエストはほとんどがお使いクエスト的な感じであちこち駆け回る必要があって結構面倒臭いですが、全部で100個と前作に比べれば数はかなり少ないですし、特に意識しなくても終盤になれば自然と達成条件を満たしているものも多いので難しくはないはず。
パッシブスキル50個習得、攻撃を当てた回数1万回、主人公のレベル60到達あたりは多少作業が必要なものの、一度クリアしてからプロメテウスの塔や楽士再戦で1~2時間ほどレベル上げ作業をやれば十分条件は満たせるのではないかと。
ちなみに個人クエストがない人物は、下のグループクエストを完了させると自動的に埋まるので心配いりません。

・禁断の補習授業~取り持ち上手
今作には個人クエストに加えてグループクエストというミニイベント群が10個あり、それを最後までこなしていくことでこれらのトロフィーは取得できます。
ほとんどが主人公に特定のパッシブスキル(覚えてなければスティグマ)を装備して対象の人物に話しかけることでイベントを進行させていく形式になりますが、対応スティグマ入手の関係上、序盤から起こせるイベントでも完了できるのが終盤だったり、必ずしも発生順に消化できるわけではないことに注意。
時限も一切ないので、後でまとめてやっても大丈夫です。

・チャット上手
WIREの話題はクエストやキャラエピソードをクリアする以外にも、駅前で拾ったり福引の景品(B賞)で手に入ったりします。
中でも福引の景品は全部で9つあって結構忘れやすいので注意。入手に多少運が絡みますが、何回か引くと自然に集まったので確率的にもそこまで手に入れにくいということはないはず。

・解放された歌姫
メニューの「キィ」の欄からポイントを使って覚えられるスキルを全て覚えればOK。
ぶっちゃけ難易度イージーなら覚えなくても何の支障もないものばかりなので、序盤から一切ポイントを使わずにおいて、終盤でポイントが貯まったころに一気に解放してしまえばいいと思います。
ちなみに全部解放するのに3万ポイントくらい必要。

・器用な部長
なかなか面倒なトロフィーですが、個人クエストの条件の1つになっているので、クエスト消化の過程で入手できます。
序盤から意識してスティグマを付け替えしながらプレイしていくのが一番ですが、雑魚戦一戦あたりで貰えるスキル経験値が少ないのもあってかなりの数をこなさないとなかなか覚えられません
取得スキル経験値上昇のパッシブスキルもあるので、これを習得した後、必要経験値の少ないものから優先して覚えていくと作業を多少軽減できると思います。

・世界の裏側へ
プロメテウスの塔は今作のエンドコンテンツ。ストーリーを一度クリアした後、ラストダンジョンの入り口脇に出現する扉から入れます。
クリアすると難易度に応じてアイテムが貰えるので挑戦してみる価値はあるものの、全100層と長く敵も強いので、最後まで行くには相応のやり込みが必要となります。
なおトロフィーは攻略を始めた時点で取得できるので最後までクリアする必要はありません。

・キィの歌声
2周目プレイが必要な理由がコレ。
楽曲は本編中に入手が9つ+6章の分岐でバッドエンドを見ると入手できるものが1つの計10個。
データの引き継ぎは可能なので、1周目で見るか2周目で見るかはお好きな方でどうぞ。
ちなみに福引で手に入るリミックスバージョンの楽曲は集める必要がない模様。


前作と比べて時限要素が無くなり、作業量も大幅に減って簡単になったので誰でも気軽にトロコンを目指せるようになりました。
ゲームの方は前作同様にクセが強くて人を選ぶ感じですが、ハマる人はハマる作品だと思います。
ストーリーの方向性はそんなに変わらない印象でしたし、楽曲もコンポーザーは一新されましたが軒並み高品質なので、とりあえず前作が気に入った人なら今作も間違いなく楽しめると思います。

レビュー

コンプ時間
51時間

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー