Dokuro

人気
Updated
 
2.0 (2)
1729   2   2
Dokuro

製品情報

ジャンル
ギミックアクション
価格
2,400円
発売日
2012年7月5日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
DL版:1,800円
Amazon

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
撲殺剣士Dokuroちゃん
コンプ難易度 
 
2.0
PS3や4の放置プレイ中やインストールの待ち時間中などに少しずつ進めて、1年くらいかかってコンプしました。
前にレビューした、『疾風のうさぎ丸』に似たアクションとパズルを組み合わせたようなゲームですが、攻略動画やサイトがたくさんあるので、うさぎ丸より簡単です。
ノーダメージが地味にキツく何度もやり直しましたけど・・・。

レビュー

コンプ時間
15時間
大物狙い狙い
(Updated: 2016年 11月 23日)
インディーズなどに良くあるアクションパズル系です。
本編や収集物は、動画をトレースすれば誰でもクリア可能なレベルです。
スキルが必要な物としては、ボスラッシュノーダメージ、ラスボスノーダメージ、タイムアタックあたりですかね。

・魔城を極めしドクロ
初回クリア時でも特に意識せずとも取れました。
極端に時間がかかったステージから削っていけば問題ないのでは。

・大物狙いで行こう
本作最大の鬼門のボスラッシュノーダメージです。
パターン化可能とはいえランダム要素もあるボス戦を、連戦ノーダメージと言うのはどうかと思う。
動画で予習し、苦手なボスは練習をすれば20回以内にはクリア出来るのでは。
ダークビショップ戦の最後の斧戦士は、ドクロ状態の二段ジャンプで飛び越えた方が安定する気がします。

・魔王?意外と余裕でした
左端の安地で足場が生えるまで待つだけです。

動画を見ながらでもタイミングなどはシビアなので、割と死ぬことは多いです。
ノーダメージに関しては、完全にスキル頼みになり感覚的には☆3に近いです。
それでも親切な動画もありますし、時間的にも割と短く取れたのでトータルでは☆3に届かない☆2くらいでしょうか?
ノーダメージなどで詰まる可能性もあるので、簡単なブーストタイトルと言ったイメージではないので注意してください。

ドクロ放置時のダンスは可愛かったです。
「カラン、コロン」
横スクロールパズルアクション。ちょこちょこ難しいパズルがあったりする。
メダル集めが地味に面倒。動画なり見て集めていこう。
タイムは1ステージ3分以内にクリアしていけば大丈夫だった気がする・・・あんまり覚えていない・・・

ゲームとしては買うまではないですね。
フリプだったからやる程度の作品でした、個人的に。
※ただしイケメン状態に限る
(Updated: 2019年 4月 30日)
コンプ難易度 
 
2.0
PS+で無料だったのをダウンロードし、かなりのスローペースでプレイした結果、今頃のコンプ。
ゲームの中身は、ICOとLIMBOを足して2で割り、それにアクション要素をやや強くしたパズルアクション。

トロフィーについて、鬼門はボス戦ノーダメージの「大物狙いでいこう」と「魔王?意外と余裕でした」の2つ。
これらを全て獲得後に、いくつかの累計回数系のものが残る程度かと思われます。
クリアタイムについては1エリアあたり、長くても3分以内に収まるようにプレイすれば大丈夫かと。

ボス戦ノーダメージは、トロフィーwikiの参考動画を元にプレイ。他の方のレビューにも詳しく書かれているので攻略法は割愛。
ボスの動き自体は完全にパターン化できるので、雑魚での事故要因を少なく出来ればあとは集中力との戦いでした。

これのコンプ難易度は、ボス戦ノーダメージが出来るだけのアクションの腕前と、ややシビアなパズル面への耐性で変わってくる。
ボリュームがそこまでなく、パズルは自力で解けない場合動画で解法を参考にできる、ガチのアクションゲームと比べるとノーダメージも簡単な部類、といったことから☆2とするが、☆3くらいの感覚でプレイしてたほうがいいかもしれない。

レビュー

コンプ時間
表記上は14h、実時間は不明
全体的に簡単なトロフィーばかりで、あえて厄介なものをあげるなら【大物狙いでいこう】位だったので、プラチナ取得難度は★ 1 寄りの★ 2 という事で、★ 1.5 位。【大物狙いでいこう】はアクションが苦手な人は若干辛いかも?

前述した通り、トロフィーと言っても【大物狙いでいこう】位しか記憶に無いですし、その攻略法も出尽くしているので特に記載する事はありません。
謎解き自体は面白かったのですが、終始薄暗い道を進んで行くので気が滅入る作品でした。
簡単とはいかない
が、難しくもない。
「大物狙いで行こう」さえ取れればプラチナ取得も同然です。
その難関トロフィーでさえも動画を見るor攻略記事を見れば十分なレベルです。

一部難しいものはあるが根気よくトライしていれば大丈夫なレベルなので★は2です。
大物狙いもパターンゲー
値段も安く結構面白いパズル+アクションゲーム。
トロフィー的にもそんなに難しいものはありません。
強いてあげれば14面のボスラッシュをノーダメージでクリアする大物狙いが鬼門となりますが、これもパターンゲーなので、パターンを覚えて倒せばいけるでしょう。

パズル要素で詰まる事があるかもしれませんが、つべなどで動画を見れば問題ないでしょう。
ゲーム的にもトロフィー的にも価格的にもオススメの一本。
ストーリーは中々良い
(Updated: 2017年 8月 30日)
コンプ難易度は、パズルゲー・『大物狙いでいこう』の面倒臭さが異常・時間はかからない、以上3点を総合し☆2。
パズルゲーなので、動画を参考にすれば簡単ですが、一部のステージではアクション要素が非常に強い場所もあるのでアクション苦手な方は注意。

※攻略情報は削除しました
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪なんでも出来ちゃうチョーク、エスカリ(ry※違います
(Updated: 2013年 2月 25日)
PS+で(ry
必要メモリー容量は380MBほどなのでメモリーカードにも優しいゲーム。
ただしアンチャ、テメェは駄目だ!
※必要メモリー容量2770MB

ぶっちゃけほとんど書くことないです。
ただ他のレビュアーさんの言うように「大物狙いで行こう」だけが面倒くさいですww
ちなみに自分はこのトロフィーだけに3時間かかりました・・・
リトライ回数の多い順に並べると
最初のボス>2戦目のシェフ>3戦目の骨>4戦目の鳥、5戦目の魚です。
総リトライ回数の内7割は最初のボスですww

一応役にたたない各ボス攻略↓

・最初のボス
なし。

・2戦目シェフ
下から出ている火の左から3番目にボスの乗っているタライ?の左側が、上に来たときに鈴を叩くと、包丁やコショウ攻撃をしてこない絶妙な距離感が生まれるので床のギリギリに立って後は、飛ばしてくる魚を警戒しつつ斬りつけてボスが離れたら最初に書いた位置に来た時に鈴を鳴らせばいい。
説明下手ですみません・・・

・3戦目骨
1回目のダメージを与えた後に出てくる火の敵3体がこのボスにおける最大の難所。
こればかりは飛びかかって来たらタイミングよくカウンターを狙ってねとしか言えない。
役立たずですみません・・・

・4戦目鳥
特になし、攻撃が避けやすいので余裕です。
ただレーザーがかなり避けにくいので赤以外の青、黄色のレーザーはおとなしく距離を置いた方がいいです。

・5戦目魚
鳥同様に攻撃が避けやすい、たぶん全ボスで一番楽。
ちなみに爆弾を食らった直後の魚には当たり判定があるので、水面に浮かぶまでは大人しくしといた方が、事故を起こしにくいです。

3戦目を越えたらクリアしたも当然なので、焦らず1戦1戦こなしましょう。
「ヒーロー誕生」のトロフィーも他のトロフィーを取る過程で700は倒してると思うので、10分ほどのマラソンで済みます。
ゲーム自体パズル系が苦手な自分でも楽しめたので非常にオススメ!
トロフィーも「大物狙いで行こう」が少し面倒くさいこと以外はほとんど自然に取れるので☆2で。
ドクロ
(Updated: 2012年 7月 09日)
ハイパー簡単です。あと安くていい。詰まるとこはとくにありません。
所見で15時間あればいけるし、後にやり方を誰かがのせればもっと簡単に。

14ステージの死なずにクリアは通しでなきゃ無理ですがワンパターンなので簡単。まぁ無理をシナイコト。

ラスボスはノーダメで倒さなきゃいけないが、もぐらみたいなやつも絶対当たらない位置も存在しているのでとくに難しくはありませんが、もぐらと同時に復活するマシュマロの敵をやられたときは正直きついですが、出さない時もあるので運によって楽なときもある。

倒す系はやり直ししてもカウントされるため簡単。

ちなみにコインを全て取りながらクリアしたが、まだ2000秒ほどあまりがあるので相当ユルい設定になってます。

250Ⅹ60=15000秒 全147ステージ 一面あたり1分42秒
ドクロをなめてはいけない!
 安くておもしろかった!最初はミニゲームのつもりで購入したが、こんな手応えがある2Dアクションパズルゲームは久しぶり~したがって、アクションか、パズル苦手の人にはすこしの覚悟が必要だと思う。
 基本的に一周ぐらいでコンプできるから、最初からできるだけコインを集めておこう。クリア後、各ステージは選択できるようになる。

「アイ キャン フライ」:7-2で高いところから飛べば、簡単に達成できる。

「キャンドルサービス」:6-6で四つの蝋燭があるから、赤い線を引こう。

「かくれんぼなら任せて」:11-5で敵に「!」が出た時点で失敗扱いなので、敵が背中を狙おう。鉄塊は遠いところからすこし敵の視線を遮ることができるが、近くては役に立たない。

「魔城を極めしドクロ」:クリアした後、簡単なステージから「タイムアタック」を挑戦しよう。250分って結構ぬるいので、特に意識せず獲得した人もいるだろう。

「大物狙いでいこう」:途中の再挑戦は失敗扱いなので、一気に5のBOSSを無傷でやっつけなければならない。各BOSSの攻撃パタンと回避方法をよく覚えた上で、慎重に挑戦しよう。これは一番難しいトロフィーだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。