Don't Starve: Console Edition

人気
Updated
 
4.0 (1)
2340   1   0
Don't Starve: Console Edition

製品情報

ジャンル
アドベンチャー
価格
1,532円
発売日
2014年2月22日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
4.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
あぁ^~兎がぴょんぴょんするんじゃぁ^~
コンプ難易度 
 
4.0
PS+のフリープレイで配信されていたのでプレイしました。
アドベンチャーモードのあまりの難しさに2年程放置していましたが、再チャレンジで何とかコンプすることができました。

アイテムの配置やマップの構成等、ランダム要素が多いので
動画等を真似してプレイできないのも難易度を上げている要因の一つになっています。

ネットでは、Minecraftと風来のシレンを足したようなゲームと言われているようです。
些細なミスでもゲームオーバーに繫がるので、セーブデータのバックアップによる保険は必須です。

コンプまでの手順は以下の通りです。
サバイバルモードをデフォルト設定で始め、アドベンチャーモードのクリアに必要な知識やノウハウを身に着けます。

1. サバイバルモードをWilsonで開始。100日程生存し、アコンプロシュラインのトロフィーを獲得。
  わざとゲームオーバーになり、Woodieまでのキャラをアンロック。
2. カスタムで昼のみ等の設定をしてサバイバルモードをWX-78で新規開始(一番上のセーブデータ)。
  Maxwellのドアの前でセーブデータをバックアップ。
3. アドベンチャーモード開始。第1章が"冷たい歓迎"でなければリセット。
  "冷たい歓迎"では何かしらの資源が必ず不足するが、草が始めから刈られている or 兎が全くいないようなら同じくリセット推奨。
4. 第3章でWesが見つからなかったので、一番上のセーブデータは一時中断。
  二番目のセーブデータでWX-78を選び、再びアドベンチャーモードをプレイしてWesを探す。
  第1章でも出現するため、"冷たい歓迎"ではない or Wesがいなければリセット。
5. 一番上のセーブデータで再開し、第5章までクリア。

以下、各トロフィーの簡単な解説です。

「サバイバルモード」
生き残るコツは、とにかく兎(蛙でも可)を捕獲して乾燥棚でジャーキーを量産することです。アドベンチャーモードでも有効です。
そのため、拠点はなるべく兎の巣穴と草が密集しているサバンナ地帯に作るのがおすすめです。
兎は巣穴の上に罠を設置することで簡単に捕獲できます。乾燥棚を10台以上作ることができればかなり安定するはずです。

「アドベンチャーモード」
第1~4章でどの世界が出るかはランダムです。ただし、Maxwellのドアの前でセーブデータをバックアップすれば第1章のみ厳選できます。
第2~4章の世界に関しては、第1章開始直後に決定されてしまうので厳選はできないようです。
プレイキャラはWX-78が断然おすすめです。ギアを使うことで全ステータス回復 & 上限引き上げができ、ギア自体もかなり集めやすいです。
各章でゼンマイ系の敵を倒せば、最低でも8個は入手できます。
比較的簡単な世界である"冷たい歓迎"を第1章でプレイし、今後必要なプロトタイプを全て作っておくと後の章を楽に進めることができます。
次の章に進む際に4つだけアイテムを持ち越せますが、建設アイテムも設置をキャンセルすることで次章に引き継ぐことができます。
炉、乾燥棚、収納箱あたりを毎回設置キャンセルしておくとよいでしょう。

以下、WX-78でプレイした際のメモです。

・第1章"冷たい歓迎"(50日でクリア)
草が刈られていたり、兎がいないようならリセットした方がいいです。
長期滞在するため、兎の巣穴が密集している場所に拠点を作り乾燥棚を大量に配置します。
蛙もジャーキーになりますが、安全のため罠で倒します。
雨が頻繁に降るため、傘と避雷針を作っておくとよいでしょう。
この世界でいろいろアイテムを作っておけば、次章以降で科学機械等を作る必要がなくなります。
引き継ぎしたアイテムは以下の通りです。歩行杖を作ることができた場合は、耐寒アイテムの代わりに引き継いでおきましょう。
ギア×8、黄金×20、草×40、耐寒アイテム

・第2章"冬の王様"(28日でクリア)
常に冬状態のため、木以外の草や枝などは一度収穫すると生えてきません。
また、定期的にボスモンスターが襲ってきます。無理に戦わず、適当に逃げて拠点の近くに来ないようにしておくと安全です。
オベリスクで島が分断されている場合、緑のキノコを生で食べれば簡単に通れます(SAN値-50)。
セイウチがたくさんいるので歩行杖がない場合は、この世界で作っておきます。
引継ぎしたアイテムは以下の通りです。
ギア×16、黄金×20、草×40、歩行杖

・第3章"列島"(9日でクリア)
大抵は1つの島にそれぞれレリックがあり、探しやすいのですぐにクリアできると思います。
また、ギアを使えばSAN値を簡単に回復できるので、特に苦労はしないと思います。自分はクリアまでに2個使用しました。
引継ぎしたアイテムは以下の通りです。
ギア×22、黄金×20、草×40、歩行杖

・第4章"二つの世界"(15日でクリア)
"冷たい歓迎"の次に簡単な世界です。レリックはワームホール先の島に全てあります。
ほとんどは第5章ですぐに炭鉱帽を作るために必要なシルクなどのアイテムの準備を行っていました。
引継ぎをしたアイテムは以下の通りです。
ギア×30、黄金×20、草×40、シルク×40

・第5章"暗闇"(4日でクリア)
常に夜の世界です。前章できちんと準備をしておけば簡単にクリアできます。
引継ぎしたアイテムで虫取りアミを作り、ホタルを捕まえて炭鉱帽を作ります。
炭鉱帽を装備したら、後はレリックを探すだけです。クリアまでに4~5個程消費しました。食事はギアで済ませます。

「Wes」
メモにもある通り、セーブデータ1番目の第3章で出現しなかった場合は
セーブデータ2番目で改めてアドベンチャーモードを開始する必要があります。
ただ、その場合は第1章でも出現するので、適当に探して見つからなかったらMaxwellのドアからリスタートすればOKです。
開放する際にゼンマイ系の敵が12体出現しますが、WX-78ならギアである程度ごり押しできます。

「アコンプロシュライン」
自分はサバイバルモード中に建設しました。
必要素材であるギアは、ゼンマイ系の敵から入手できます。
使用するときは×ボタン押しっぱなしで大丈夫です。

内容的にはとても面白いゲームですが、トロフィー的にはあまりおいしくないと思います。
DLCと続編がすでに北米PSNで販売されていますが、日本では配信されていません。
このゲームも訳が変だったり、日本版だけパッチが配信されていません。
かなり楽しめた作品なので、その辺りは非常に残念に思います。

難易度に関してですが、バックアップで死亡時の保険をかけられるものの
アドベンチャーモードの難しさは変わりないので、難易度は★4とします。
サバイバルモードだけなら★2相当です。

プレイ時間の内訳は以下の通りです。
サバイバルモード:30~35時間程度
アドベンチャーモード:30時間程度

レビュー

コンプ時間
60~65時間程度

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー