幻想の輪舞

Updated
 
3.0 (1)
284   1   0
幻想の輪舞

製品情報

ジャンル
弾幕対戦アクションシューティング
開発
発売日
2015年6月11日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ダウンロード:3,000円(税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
CS機進出という「異変」
(Updated: 2019年 2月 02日)
コンプ難易度 
 
3.0
当方、本家シリーズはほぼ未プレイの実質動画勢。
本作は原作者こと上海アリス幻樂団と一切関係のない二次創作ですが、それすらもコンシューマーゲーム機に移植されることはまずなかったので、気になってやってみることに。
なお、弾幕系シューティングについては最低難易度すらコンティニューが必要なド素人であるため、以下その視点で書かせていただきます。

トロフィーについてはストーリーモード全キャラクリア、アーケードモード全キャラ7人抜き、ボスモード全キャラ10人抜き、対戦系トロフィーの4種。
ストーリーモードはコンティニュー可能、対戦系トロフィーも2P対戦が出来る環境にあるかどうかで難度は変わりますが、特に説明は不要なのでここでは割愛。
プラチナ獲得における難所はアーケードモードとボスモードになると思われます。
・アーケードモード
1ラウンド先取、3人撃破毎にボム1個補充のルールで7回勝利する必要があります。トロフィーの獲得タイミングは敗北後、「今回のチャレンジで倒せた敵の数は○○人でした。」と表記される時。
ボスモードとは違いこちらから攻めなければいけないため、各キャラの性能を最低限把握する必要があるため苦戦しました。シューティング慣れしていないとこちらのほうが難しいです。

・ボスモード
スペル攻撃オンリーのモードで、一定時間生存、もしくは敵体力ゼロで勝利、3人撃破毎にボム1個補充のルールで10回勝利する必要があります。トロフィーの獲得タイミングは敗北後、「今回のチャレンジで倒せた敵の数は○○人でした。」と表記される時。
ゲームルール上ノーダメージの必要はない、というか対戦ゲームの体裁上被弾前提の構成のため、どの攻撃なら受けても大丈夫か、逆にどの攻撃は食らうとまずいか、の判断が必要になります。
はぐりんさんのレビューを元に、自分は以下のように対処、弾幕にムラの大きい早苗と空でボムを温存できるかが肝になると思います。
ボムなし、時間切れまで回避:霊夢、魔理沙、レミリア、アリス
開始時点で体力が少なければボム使用:早苗、空
即ボム使用、速攻処理へ:咲夜、妖夢、幽々子
プレイヤー側はボムの集弾性が低くダメージを稼ぎにくい魔理沙と咲夜、ボムが単発で無敵時間の短いアリスでの攻略が個人的に厄介でした。

難易度については対人想定(被弾前提)の弾幕のため受け流すのは難しいですが、その一方でノーダメージでクリアする必要はないので、シューティングが苦手な人でも根気さえあればプラチナを獲得できる難易度になっています。
私個人の評価は☆3ですが、本家東方シリーズや、その他弾幕系シューティングに慣れている方なら☆1のブーストゲーになるかも、といえるくらいの難易度、ボリュームです。

レビュー

コンプ時間
15h程度
弾幕ごっこ
全てのキャラクターでストーリー、アーケードモード、ボスモードをクリアすることで、ほとんどのトロフィーを獲得できます。

ボスモード攻略
相手の体力を削りきるか、制限時間生き残ることで勝利できます。
自分なりのやり方ですが、攻撃のよけやすい霊夢、魔理沙、アリス、レミリアが相手の時は逃げ切り、それ以外のキャラ相手の時はボム使用時の無敵時間を利用して瞬殺しました。
ボムは3戦ごとに1つ補充されるので、10人抜きするまでに最大6つ使えます。(一度に所持できるのは3個まで)

対人戦のトロフィーはローカル対戦でも獲得できます。(vitaのリモートプレイでも可)
「美しき逆転」もローカル対戦でとるのが簡単です。

慣れるまで少し時間がかかりますがそこまで難しくなく、短時間で終わるので☆2にしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。