グランツーリスモ6

Updated
 
2.4 (7)
583   1   1
グランツーリスモ6

製品情報

ジャンル
オンラインカーライフシミュレーター
価格
6,980円
発売日
発売日/2013年12月5日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
オンライン配信版:6,195円

ユーザーレビュー

7 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.4  (7)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
S-4,5が鬼畜でした
GT5を少しだけ、GT3をかなりやり込んでいた者です。
やり込んでいたと言っても3では国内B級せえオールゴールド取れませんでした。6ではS-3までは楽勝でした。S-4,5は何度も走りコースを頭にしっかりと叩き込みようやくゴールド取れました。今作はライセンスのタイムは甘くドライビングラインが使えるので楽でした。ここだけで走行距離1000km近くは稼いだと思います。それでもアウトバーン走破には届かずあと5000kmほどありました。そこで見つけたのがデイトナ放置です。X2014でやりました。しかし放置だということで他の画面にしていた為プラチナ獲得の瞬間が見れなかったのが残念でした。
N
悲しいかな、簡単になっちゃった
グランツーリスモ5と同様鬼畜難易度、ウルトラレアトロフィを期待していたのになんとも簡単なトロフィになってしましましたね。
そして特筆すべきこともない・・・。

■アウトバーン走破
前作でしたらトロフィ取得の過程で勝手に取れたのですが、今作では最後まで残ってしまう、つまりそれほど距離を走らなくても他のトロフィが取れちゃうんですね。
ゲーム達成度100%目指す過程で取ろうか悩みましたが、デイトナ放置に軍配があがりましたw
GTってタイムアタックはおもしろいけど、オフラインレースはいまいちなんですよねぇ・・・。
実質的にGT5エピローグもしくはGT6プロローグ
パッド使用での評価である。
もし仮にオールゴールドがあったら★4評価くらいにはなるのだが(コーヒーブレイクが結構鬼畜なため)、無いのでこの評価となる。

初回限定版特典のアニバーサリーシリーズを持っているのでレースにおいて困ることは殆どなかった。ただ、出走可能車種がちゃんと表示されないのはちょっと困りもの。レギュレーションに合うタイヤ持っていてもを履いていないと表示されないため。PPが高い場合は乗り換えてからスタートボタンでマシンセッティングが可能である。

当たり前のことだがトロフィー取得だけを考える場合スキッドリカバリーフォースの項目はOFFにしないようにしよう。全然速さが違うため。

一番難しいトロフィーはある意味
「300個の星」と「コレクション100」ではないだろうか。「スーパーライセンスゴールド」は実際の所そう難しくない。個人的にはスーパーライセンスよりパイロンスラロームのほうが苦労したし、スーパーライセンス自体もタイムがかなり甘々である。ゴールド既定の一秒以上短いタイムでのクリアが楽に可能だ。タイムアタックではなかったが、パッチ前のGT5の国際C級卒業試験よりよほど簡単で、しかも試験の数がいつものGTシリーズの半分の5個。これを楽と言わずなんというのかわからない。
「0.01秒!」も結構難しいのだが、これは運としか言い様がない。自分はNASCARシリーズで勝手に取れた。一位だったのに賞金と星は二位相当だったが・・・
「300個の星」は100のレースにおいて一位を取れば良いのだが、今作は出走にPP制限が課されるので前作のようにX2010やプロトタイプレースカーで荒稼ぎ、というわけには行かない。適当な市販車をチューニングして走る必要があり、レースカーのスピードに慣れてしまうと遅過ぎて作業感が強くなる。そして300個星を獲得してもゲーム達成度は55%。なんとなく消化不良でもやもやする。
「コレクション100」は100台の車を所有すればよいが、特典の車は勘定されない。初回特典及びPlus特典で21台あるので121台所有すれば良い、のだが、今作では前作のような完全な放置稼ぎが出来るわけではないので金欠気味であり、レースカーがなかなか買えないため、一般の好きな車を買っていたのでは100台まで行かない可能性が高い。自分の場合購入したのは80台程であったので、残り20台はカートを買う羽目になった。これまた前作のように連射コントローラー放置とは行かないので、作業感強し。

なお、「アウトバーン走破」に使う車は6億もする(それでも前作より14億安いが・・・)X2011やX2010よりXチャレンジでもらえるX2014ファンカーがオススメである。Xチャレンジはゴールドでさえ非常にタイム設定が緩く、コースアウトで失格にならないのでショートカットまででき、そのくせオールブロンズでX2014ファンカーがもらえるからだ。Xチャレンジのブロンズはコースアウトどころかスピンして壁に激突して砂地から脱出、なんてことを2、3度しても取れるタイムなので初見一発クリアも容易となっており、だれでもX2014ファンカーが貰えるはずだ。ただ、X2011より300PS程出力が低下しているので「アウトバーン走破」にかかる時間は長くなってしまう。とはいえ、所詮放置なのでPS3の負荷を気にしなければ大した問題では無いだろう。PS3の負荷にしても、むしろ6億稼ぐまでにかかるローディングのほうが負荷が大きいのではないだろうか?

総評として、トロフィーのコンプリートは非常に簡単である。ただ、多少のスキルが必要なこと、作業感がそれなりにあることを考慮してこの評価となった。ゲーム内容は題の通り、実質的にはGT5エピローグ、もしくはGT6プロローグと評すべき内容であり、もし仮にその名で発売していたら購買層の期待感も違ったものになっていて、ナンバリングタイトルなのにこんなに空気な扱いにはならなかったのではないかなあ。あ、あとOPがMoonOverTheCastleでないのには物凄い違和感があった。GT7は元に戻して欲しい。
(Updated: 2014年 2月 03日)
GTシリーズは2と3をそこそこやっていた程度でコントローラーはパッドでのプレイとなります。

難易度は贔屓目に見ても☆3もないです。せいぜい☆2が妥当なところ(個人的には☆1でもいい) プラチナまで50時間かかりましたが、その内の半分はオーバルコースでの放置でした。 実質のプレイ時間は25時間ほど。最初からトロフィー目的の中級者以上の方は20時間もあればアウトバーン走破以外のトロフィーは全て集まります。

【スーパーライセンス ゴールド】
前の方も書かれてましたが、これを取れればプラチナ取ったも当然です。まずSライセンスを受けるにはGTワールドチャンピオンシップをクリアしなけれなばらない。ちなみにクリアすればいいので優勝する必要はありません。私は最後のニュルンベルク走るの面倒だったから即棄権して総合2位でクリアしました。フレ友は総合4位でもクリア扱いされたと言ってた。Sライセンスの試験ですがS4〜S5に関してはある程度コース覚えとかないとゴールドの規定タイムを切るのは難しいので、まずは何度か完走して頭にコースレイアウト叩き込むのが無難です。コース覚えて何度チャレンジしてもゴールドの規定タイムをどうしても切れない方はセッティングを変えましょう。トラクションコントロールを一つ変えるだけでも今まで出したベストタイムをあっさり1秒以上も更新したりもするので色々試してみるといいでしょう。

【0,01秒!】 ライクザウインドのルートXでZZⅡを使用して取得。セッティングで最高速460キロに設定。やり方は最後のストレートに入ったら敵のテールにベタ付けしてトンネル入る寸前くらいで横に追い出してそのままゴールすれば毎回±0,020秒で安定します。ちなみに今現在はここが一番効率よく金稼ぎ出来るので最後のアウトバーン走破に使用するマシンX2011を買う金を貯める為にも直ぐにトロフィー取る必要ないと思う。自分はたまたま一発でトロフィー取得しましたが金稼ぎで軽く30回以上ここ走りました。余りにも単調な作業で暇なので途中から友達とSkypeしながらやってた。そして気が付いたら持ち金6億を超えていたw

【綱渡りの勝利】ウィロースプリングスでZZⅡ使用して取得。4〜5周してピットに入るといいでしょう。燃料に関しては自分で弄らなくても最後までギリギリ持つ程度に入れてくれます。そこからコースアウトせずスムーズに上手く走れれば2〜3リッターは余る鴨なので自分のテクと相談しましょう。自分はそれで2回ミスったので規定より2リッター減らしてやりました。最後のコーナーで燃料切れちゃいましたが無事1位でゴールw 後ここでトロフィー取得を狙う場合は出走する相手のマシン次第で難易度がかなり跳ね上がりますので要注意です。そのマシンが2台以上いてずっと引っ張りあってしまったら簡単には追いつきません。

【奇跡の3ラップ】フリーランでオーバルコースにドライビングラインをオンにしてその上を3速レブ230キロで走りました。0,2秒どころか3周連続で0,02秒以内の誤差で楽勝の取得でした。使用した車は言うまでもなく今作最強のバランスブレイカーであるZZⅡですw ていうか車はGT-RでもFDでも何でも良いです。

【アウトバーン走破】
普通にやってたら残り8000キロくらいを残してこれが最後に残ります。400キロの速度で走り続けても30時間以上かかるこの12,718キロいう距離・・・長すぎるわ。GT7が出た際には地球一周走破とかいうトロフィーは出すなよマジでw やり方は最初のレビュアーさんの書いてたまんまの事をしましたので省きます。仕事で家を出てる時や睡眠の時に放置プレイして取りました。
GT5プラチナ取得済み
下のお二方が詳しく述べているので細かいことは割愛しますが
ライクザウィンドは80スープラRZフルチューン(ナイトロはなくてもOK)でやるとかなりコストが削減できます


ライセンスはどれも難易度が低くタイムの余裕もかなりあるので前作をやったことがあれば簡単に取れると思います

鬼畜難易度を期待してたので残念でした
GTシリーズ経験者なら簡単
(Updated: 2013年 12月 21日)
GT5より圧倒的に取りやすかったGT6。


アニバーサリーカーがあると殆どのレースにすぐ出場出来ますので、300個のスターも獲得していきやすいです。
アップデートで賞金増額が来てるので、それを利用してCr.600,000,000貯める。
下記のレビュアーさんを参考にしてX2011を購入、輪ゴム放置したら"アウトバーン走破"はすぐ取れました。

GTシリーズ経験者ならライセンスは、パッドでも簡単にオールゴールド獲得出来ます。
初心者の方は多少引っかかるかもしれない。
しかし、今作はゴールドが甘く設定されてるので運転のコツを掴めば、さほど苦労しません。

0.01秒はとりあえず運要素あり。私の場合、国際Aクラスのライク・ザ・ウィンドのスペシャルステージ・ルートXでヴェイロンをフルチューンして、ラストの直線で2位の車と並んでゴールして取りました。NASCARシリーズのデイトナでも一応取れます。やはりどちらも運が絡みますが(笑)

ゾロ目も気づいたら取れるので特に気にしなくて大丈夫でしょう。
残りの他のトロフィーはゲームを進めていけば自然に取れるトロフィーばかりですので問題ないです。

少し作業時間を費やすので難易度は3にしました。
GT5よりは圧倒的に取りやすくなった
(Updated: 2013年 12月 11日)
取るのがとても難しい前作のGT5もプラチナ取りましたが、今作もその難易度を覚悟していたら意外にあっさりでした。

前作との最大の違いは、レースやスペシャルイベントを全てゴールドにする必要はないことです。
GT5はベッテルX1チャレンジで挫折した人は多いと思いますが、今回はX1はグッドウッドの最後に出てくるだけです。
それ自体もゴールド取る必要なし。

今作のトロフィーで一番難しいのは、スーパーライセンスをオールゴールドでしょう。
これが出来ればほぼプラチナを取れたようなものです。
今回は特に国内B~国際Aまではゴールドのタイムがかなり緩く設定されてるのでここまではかなり簡単です。
ただし、スーパーライセンスだけは従来のGTシリーズ並みの厳しい設定になってますので、これだけは時間が掛かると思います。
とは言っても、自分がゴールド取ったタイムは余裕があったので本当にギリギリの設定というわけでもありませんので、
何度もチャレンジして慣れていけば大丈夫だと思います。

月面、グッドウッドのイベントはブロンズでもいいのでトロフィー取るだけなら苦労はしないでしょう。
0.01秒以下で競り勝つトロフィーはちょっと難しかったです。コツはないです(笑)何度も挑戦して成功を祈るしか。

最後に残るのはアウトバーン走破になると思われます。
実質ただひたすら走る作業になりますが、車をX1シリーズで、フリーランかアーケードのタイムアタックでデイトナコースを選び、
左スティックを上若干右に輪ゴムで固定、アクセルボタンも固定で放置すれば自動走行状態に出来ます。

他は自然と取れるか、攻略情報を参考にするか、作業時間と賞金次第で取れるでしょう。
個人的には難易度2でもいいんですが、作業時間と技術はそれなりに必要になるので難易度3で。

ちなみにハンコンではなく、終始パッドプレイで取りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。