レビュー詳細

81D7m0enPtL._SL1500_
アクション 2019年 9月 09日 3325
SSD導入は必須
(Updated: 2020年 1月 05日)
コンプ難易度 
 
4.0
アイスボーンでは、金冠・最小冠の救済クエストがないため
ワールドの時よりも時間がかかりました。

このゲームはロード時間が長く、内臓HDDだとクエスト読込みに毎回1分以上かかります。
私も耐えかねて外付SSDを購入しました。コンプを目指すなら導入を強くおすすめします。
ロード時間が半分以下に短縮されるため、コンプ時間に大きく影響が出ます。

以下、各トロフィーの簡単な解説です。

「変貌する生態」
手っ取り早く地帯Lv.7にしたい場合は、モンスターをひたすら罠にはめましょう。
罠がなくなったらモドリ玉で補充を繰り返せばOKです。
ただし、モンスターごとに上昇値が異なります。
荒地ならディアブロス系が最も上昇値が高かったと思います。

「何かを指し示す」
食事スキルの"ネコの生物学者"を発動しておきましょう。他の環境生物でも同様です。
荒地のエリア5高台で、下のブルーディーヴァと同時に狙うと効率が良いです。
隠れ身の装衣は高台に登り始める前から着ておきましょう。

「美しき旋律を奏でる」
荒地のエリア5高台の頂上などに出現します。
近付くと独特な鳴き声が聞こえてくるので分かり易いです。

「水面下に潜む神秘」
出現する時間帯が限られているので注意です。

「空泳ぐ幻」
晴れかつ夜にしか出現せず、毎回頂上まで登らないといけないので面倒でした。
滑空の装衣と操虫棍を使うと、一部ショートカットができます。
山頂で放置する方法では出現しなかったので、エリアチェンジして毎回登っていました。

「大地を掘り暮らす」
リポップ判定が日の出と日の入りしかないようです。
潜った時にネットを投げても捕獲できないのでタイミングに注意です。

「各地に馴染み掘り暮らす」
通常モギーに混じって出てきます。
外見は異なるのでよく見れば分かりますが間違えないように注意です。

「蒐集家の極み」
金冠・最小冠ほどではないですが時間がかかるトロフィーです。
オトモダチの友好度は、広域+早食い+満足感を付けて
回復薬を1回飲む→受付嬢に報告を繰り返せばすぐに上がります。

「一流の観察記録師」
こちらも特定の条件を満たさないと撮れないものがあったので面倒でした。
トロフィー的には全部を金にする必要はないです。
撮った写真が依頼条件を満たしているかどうかはその場ですぐに確認できます。

条件を満たしているのに『手が震えて見えない~』等と言われる場合は、
別の依頼内容に対して提出している可能性が高いです。
写真と依頼内容が合っているか確認しましょう。

「助け合いの精神」
今作唯一のオンライントロフィーです。
MR0のハンターは今後減っていくと思われるので、真っ先に獲得しておきましょう。

「マスター・オブ・マスター」
金冠・最小冠を埋めている間に獲得できていると思います。

「モンスター大博士」
ワールドのモンスターも研究レベル上限が上がっており、
それらもMAXにする必要があります。

「真のミニチュアクラウンコレクター」
「真のビッグクラウンコレクター」
ワールドと同様に最難関トロフィーです。
救済クエストは2020年1月時点で、パオウルムー亜種の最小のみのようです。

他の方も説明している通り、調査クエストを集めて
オンストを使いリセマラが基本になります。
気分転換に参加した救難でポロっと出ることもあったので、
たまに確認してみるとよいです。

大きさを確認する方法として、目視だけでなく
自マキ法、歩数法、落とし穴睡眠法も駆使しました。

私は自マキ法を主に利用しました。目視で確認したり、実際に倒したりしなくても
大きさの足切りができるのでおすすめです。
また、アイスボーンではフリークエストでも金冠・最小冠が出現します。
中でも特殊闘技場は邪魔が入らず、回転数も早いので自マキ法が比較的楽に出来ます。

歩数法は、ガルルガ系とネロミェールで使いました。
落とし穴睡眠法は、ジンオウガの最大金冠にのみ使っています。

トロフィー難易度ですが、金冠・最小冠の取得に運が絡み
また救済クエストがない分、非常に時間がかかるため★4とします。

今後、ワールドのような救済クエストが配信されれば★3に下がるかと思います。

レビュー

コンプ時間
310~320時間程度

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。