アサシン クリードIII

Updated
 
2.0 (1)
641   2   0
アサシン クリードIII

製品情報

ジャンル
アクション
価格
7,770円
発売日
2012年11月15日
対象年齢
CERO:Z 18才以上のみ対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
「マアア~ヤアア~」(ザクッザクッ)
2をコンプしたからといって3も!ってレベルじゃないので注意。作業量が半端じゃない・・・そしてバグもあるらしい(主は運が良かった?)
コンプするにはほんとに作業作業の繰り返し。ゲームの全てをやりつくす勢い。
特に「非凡な人」は他の方も書かれているように、序盤から意識していたほうが良い。
オフでこんだけの作業を強いられるのに、オンでも面白くない対戦をやらされるので、こちらも作業みたいなもんで。

ほんとにこの作品、「作業」っていうイメージしかなかった。龍が如くかよ・・・
コナー「面白くない」(`ε´)
2のプラチナを取ってそのままプレイしましたが色々な仕様変更、モーションの差などに戸惑いました。
トロコンはかなりの苦行を強いられます。バグが多いと言われていますが、自分は致命的なバグは起こらず、
ゲームを再起動したりすれば治るものがほとんどでした。

・非凡な人
とにかくホームに戻ってきたらとりあえず、全ての人をチェックしに行くことを心がけましょう。
運が悪いと数時間やっても同じ行動ばかりし続ける変態に遭遇することもあるため中盤くらいから意識してやっておきましょう。

・元祖ゲーマー
恐ろしいトロフィーその1。まず、ファノローナ、モリスなどのルールがわからずに悶絶。
最後の最後まで残していたトロフィーでしたが、いざ挑戦してみるととんでもないものでした。
まず、どれも最高難易度の相手に勝たなければなりません。ファノローナ、モリスはアプリをダウンロードしてCPU同士を戦わせてみましたが何度やってもこちらの負け。パターン外れたらリセットを繰り返しました。数時間かかってようやく取得。テレビの前で思わずバンザイしました。
コナー「面白くない」(`ε´) 負け惜しみ

・追跡完了
恐ろしいトロフィーその2。このトロフィーを取得する過程で大半の他のトロフィーは取得できます。
このゲームにおけるすべての収集物や、サブミッションなどをクリアする必要があります。
狩猟ミッション、探検ミッションなどはとにかく歩き回ることを強いられるためかなりの苦行でした。
地下空間を練り歩くのが個人的に退屈で辛かった・・・途中でランタンをなくして真っ暗なまま適当に鍵を解除したのもいい思い出です。
また、とある海域で敵の弱点を狙って3隻とも沈める、というサブミッションがかなりの難易度。
動画を参考にしながらやっても苦労するほどでした。
密使はR1+Oでタックルして捕まえないとダメ。殺してはいけません。出現率はあまり高くないため見つけ次第突撃しておきましょう。
武器を全種類かわなければならないため金欠になります。熊の毛皮を最初の方から多めに売りさばいて資金を作っておくとベスト。

・プリンス・オブ・シーフ
町の外を歩いていると時々遭遇する敵の輸送隊。
敵を全滅させなければいけないにもかかわらず、護衛を倒さず、と書いているため意味がわからなかったです。誤訳でしょうか?
実際は素手で倒せばいいのですが、敵同士の争いに誰かが巻き込まれると失敗扱いになってしまうため迅速に全滅させましょう。

ゲームとしてはグラフィックこそよくなりましたが2に比べると自分は微妙だったかなと思いましたね。
バグに怯えながらも
AC3はバグやフリーズが多いと噂でしたので、あらかじめ情報をチェックしてからプレイ。フリーズは何度か起こったものの、バグはゼロ。とはいえ「追跡完了」を取るまで気が抜けないのは精神的につらかったです。
大ボリュームな本作ですが、ストーリーやキャラなども良く、また海洋ミッション系も面白かったので、基本的に楽しくプレイできました。ただ収集系が若干面倒に感じました(特にフロンティア)。

以下、トロコンする際に気を付けた方が良いと感じたこと。
「完璧主義者」:ストーリーフルシンクロはクリア後でも可能ではありますが、尾行の様な面倒なものがあるメモリーに関しては、初プレイ時にフルシンクロしておく方が良いです。
「元祖ゲーマー」:モリスは代打ちでOK。ファノロナはアプリでなれておくと楽でした。
「請負人」:私掠船コントラクトの中で『巨人と嵐』がノーミスの必要があって圧倒的に難しいです。これだけで一時間半かかりました…。弱点を露出させるのに慣れておく必要があるので、まずはより簡単な海洋ミッションの『救出』で慣れておきましょう。あとは運です。
「追跡完了」:効率よく取る為に
・各チャレンジの条件には目を通しておく
・ホームステッドミッションと解放ミッションを優先的にクリアしておく
・収集物の地図をよろず屋で早めに買っておく
・イェーガーが出てきたら素手にして武器を奪って倒す(拳闘チャレンジ)
・狩猟マップ埋め(探検チャレンジ)の際には、ネット上で探せばフロンティアとホームステッドの詳しいマップがあるので参照する
ちなみにオンラインは休日ならそれなりに人はいたのでレベル上げ等はそこでやっておくと良いです。

難易度は難しいものは限られているが、「追跡完了」でそれなりに時間がかかることと、バグ報告があることを考えると★3が妥当でしょう。
収集物やサブイベントが大量にあり、それらを全て完璧に達成しなければならない。
(Updated: 2014年 4月 29日)
これまでのACシリーズでは、チャレンジや宝箱、その他小さなミニゲーム等は全て攻略しなくてもプラチナは達成できていました。
しかし、今作のAC3では「ゲーム内に存在する全ての要素」を一つ残らず完璧に達成しなければプラチナは獲得できません。
各ギルドのチャレンジ内容から始まり、宝箱や羽は勿論、弟子の育成から地下ルートの解放、ボードゲームのクリア、サブイベントやサブミッション、広大な森の全てのエリアの動物を発見するに至るまで、すべて攻略せよということです。
つまり早い話が、「これはトロフィーに関係ある要素で、これは関係ない要素」と考えるまでもなく、AC3で目にするものは全部片づけなければならないと認識したほうが良いでしょう。
当然かなり時間がかかりますし、労力も半端ないです。その上、トロフィー獲得に影響するバグも多数報告されており、それらバグを警戒しながらの作業も相まって相当疲れます。
以下、詳細をレビューしていきます。

・【追跡完了】
DNAトラッカー(いわゆるゲーム全体の達成度)を100%にする事が条件ですが、これは前述した「AC3の全ての要素」を達成しなければ100%になりません。
普通に労力として大変なのは言うまでもありませんが、ここでもっとも警戒すべきなのは、DNAトラッカー内の各項目のパーセンテージが100%にならないというバグです。項目が一つでも100%になっていないと、その時点でDNAトラッカーの100%は不可能になり、「追跡完了」のトロフィーも取得できなくなります。
このバグは本当に危険ですので、常に頃合いを見てデータのバックアップは取っておきましょう。

・「元祖ゲーマー」
暗殺とは全く関係ないボードゲームで、コンピュータ相手に勝利する事が条件です。
正直、このトロフィーは非常に理不尽です。
まず、設定されてるコンピュータの実力が高すぎて、とても一般プレイヤーの技量では勝てません。
人間は思考をする上で、たまに小さなミスや判断の誤りをおかす事があります。対戦相手であるコンピュータは、その「小さなミス」や「一瞬の判断の誤り」を一切見逃さず、針に糸を通すような正確さで突いてきます。そりゃ当然ですよ、相手はコンピュータなのですから。
そしてプレイヤーが気付きもしないような方法を、一手二手三手はては四手五手先まで読んで正確に反撃してきます。オマケにコンピュータには「疲労」という概念も無いため、時間を重ねれば重ねるほど生身の人間であるプレイヤーが不利になっていきます。
特にナイン・メンズ・モリス。これの上級(酒屋の主人)をアプリや動画無しで自力で倒せるプレイヤーは、おそらく全体の1%もいないのではないでしょうか。
私はこのトロフィーを取るのに6時間以上費やしました。
相手がコンピュータである時点で、もはや公正な勝負とは言い難い内容ですので、こちらもアプリや動画で応戦しましょう。
ちなみに対戦中、突然自分の駒が動かせなくなったり、相手の駒が取れなくなるというバグもたまに発生します(ルール上の「必ず取れる駒は取らなければならない」といった条件にも当てはまっていません)。私は、あと一歩で勝てそうな時にそのバグが発生し、駒が動かせないので先にも進めず、やむなく降参をしました。理不尽にもほどがあります。

・「非凡な人」
主に日中仕事をしている住人を観察していきます。
でも、なかなかお目当ての作業や行動をしてくれない場合が多々あります。
特に木こりの二人組には多くのプレイヤーが頭を抱えたのではないでしょうか。あの二人組、釣りをしたり煙草を吸ってるだけの事が多く、夜は夜で酒屋で酔っぱらってるというダメっぷり…。滅多に観察対象となる行動をしてくれません。
コツとしては、木こりがサボり始めたらその時点で見切りを付けて、高速移動してマップの情報をリセットしちゃいましょう。もう一度木こりの所へ行けば、二人組の行動フラグもリセットされています。この繰り返しで、とにかく二人組がやる気を出してくれる瞬間を待つしかありません…。

・「クラウド時代」
フレンドが多いと、全てのピボットを見つけてもバグによってトロフィーが取得できない可能性があるらしいです。
私は幸いあまりフレンドが多く無いので大丈夫でしたが、報告によると50人以上が危ないらしいです(あくまで報告上での話です。確証はありません)。

・「目撃者」
森の動物が兵士を襲うのを、ゲーム画面内で目視しなければいけません。
これは動画の場所へ行けば、高い確率で見る事ができます。というより、多分動画の場所以外で見るのは難しいかと…(私は63時間プレイした中で、動画以外の場所で動物が兵士を襲ってる所を見た事がありません)。

・その他チャレンジの内容について

★「伝令を捕まえる」
伝令がなかなか出現しないという報告が沢山ありますが、私は63時間プレイした中で少なくとも100回以上は目撃しました(多い時は約40分の間に10回以上目撃)。
ボストンに多く出現するような気がします。特に港付近を歩いてると良いかもしれません。

★「ボストン・ニューヨーク・フロンティアのマップを埋める」
ビューポイントだけではダメです。コナー本人が徒歩か泳ぎでマップを移動し、地形を地図に表示させないといけません。ちょっと面倒ですが、全体の90%を埋めれば大丈夫みたいです。

★「ワシントンとの会話を全て行う」
最後の会話はシークエンス12終了後(つまりメインストーリークリア後)となります。

・地下ルート(高速移動地点)アンロックについて
ニューヨークの地下ルートを全てアンロックしたのに、DNAトラッカー上のパーセンテージが84%のままストップしてしまうというバグが報告されています。私もなりました。
この場合、シークエンス11をクリアすれば100%になりますのでご安心を。

《まとめ》
マルチプレイはどれも簡単ですので省略します。
今回、ウルフパックという一人専用モードによって、対人戦をしなくてもレベル上げができるようになっています。チーム戦勝利に関するトロフィーだけ抑えておけば、あとはシングルと変わりません(ネット接続環境は必須です)。
AC3はとにかくバグが多くて、最新パッチを全て当てた状態でも普通にバグが発生します。この不安定な作りは非常に残念ですね。
一部、ミッションのフルシンクロ条件が難しいものもありますが、今作はフルシンクロ条件に失敗してもチェックポイントからのリスタートで気軽に再挑戦できるようになりました(これまでは失敗した時点でオートセーブが入り、メモリー自体を最初からやり直さないといけなかった)。
全体的なコンプ難度としてもそれほど高くなく、スキルとしては☆3ぐらいかなと思います。
根気の要る作業も必要になってきますので、本当にアサシンクリードが好きな人でないとプラチナ達成する前に飽きてしまうかもしれません。
とにかく地道に頑張る…それだけです。
求められる作業量が物凄く多く、体感では★ 3 に極めて近い★ 4 に感じたので★ 3.5。
フルシンクロはまだマシな方で、クラブのチャレンジコンプが相当な量で、何よりもバグがたくさん有り、コンプは困難なタイトル。
深刻な大量バグの存在で、★を 1 つ分大目にしてます・・・コンプ時間の内 50 時間程、バグで削除せざるをえなかった 1 周目の分になります。

配達ミッションで、トロイズウッドの配達人が居ないバグに遭遇し、何やっても治らないのでゲームデータを削除しました・・・。
色々と調べましたが、解決法は今の所無い様なので、同じ様にバグに遭遇した方は早い段階で見切りを付けるのも良いかもしれません。
2 周目もバグに遭遇しましたが進行不能バグでは無く、目標がマップに表示されなくなるバグだったのでなんとかなりました。
ニューヨーク北地区のドビー・カーターのアイコンが表示されなくなるバグでしたが、北西の建物付近に居る彼女に近付いたら運良くミッションが開始出来ました。

【クラウド時代】はフレンドが多いとピポッドが置けなくなるバグがあります。
私も遭遇しましたが、ゲームの再起動で置ける様になったので、困ってる方は試してみると良いです。

【非凡な人】は最後まで木こりが残ってしまい、何度やっても 2/3 から進まず困りました。
合計で 3 時間位はたった一つの行動を見る為に必要だったので、立ち寄った際は木こりを最優先に観察しておくと良いです。
ちなみに、私の場合「二人でのこぎりを使い丸太を切断している」が最後でした。

最後にちょっとした小技を一つ・・・『狩猟チャレンジ 2 :罠で動物を 20 頭捕まえる』ですが、動物が罠にかかったら剥ぎ取りに行かず、ミニマップで見えなくなるまで離れて、再びミニマップにアイコンが出るまで接近すると何故かカウントが 1 つづつ上昇していくので条件達成が楽になります。
デズモンド最終章
(Updated: 2018年 12月 15日)
コンプ難易度 
 
2.0
アサクリ1から続いたデズモンドの最終章となる今作。
今作はコナーの記憶を辿る事になります。
更に現実編ではデズモンドでパルクールをするパートがあります。(成長したなぁ・・・

攻略については、相変わらず攻略サイトが優秀なので割愛します。
もし手こずるとすれば、『完璧主義者』『元祖ゲーマー』だと思います。
------------------------------------
◆完璧主義者
 海洋ミッションの『嵐と巨人』が最難関でした。
 攻略動画を見た後、何回かチャレンジして取得しましたが、コツを掴むまで少し時間がかかりました。

◆元祖ゲーマー
 私はファノローナに苦労しました。(というよりルールが今一つ理解できなかった)
 十数回やってようやくルールを理解しましたw
 理解してから何回かチャレンジして取得。自力で勝った時の感動が忘れられない!
------------------------------------

あと、フレンド数が致命的なバグに繋がると話題になっている『クラウド時代』ですが、
どうやら『フレンドが40人以上』いるとバグに遭う可能性が高いみたいです。
ただ、私は『40人以上』いたにも関わらず取得できたので、結局原因は分からずじまいですが(;^_^A

レビュー

コンプ時間
48時間(DLC含まない)
そんなのいらないン
なにげにミニゲームが面白い今作。オフトロですが、攻略サイトが充実してるため大きく詰まることはないと思います。なのでかいつまんで。

・伝令
マジでどこにいるんだ。自分は40時間以上プレイしたが普通に見かけたのは一度きり。しかも砦を攻めてる時だったので追いかけられず。出現情報の多いボストンの港付近で悪評3にし、イェーガーをSATUGAIし続けたらでてくれました。当てもなく歩き続けるよりはいいかと。足はかなり速いが追いかけ続けたらそのうち歩き出すのでR1+○で捕獲しましょう。約50時間で2回という激レアキャラ。見つけたら死にもの狂いで追いかけましょう。

・弟子たち
勧誘ミッションは最優先に行って早めに全員揃えましょう。全員アサシンにするためにはそれなりの時間が必要です。

・ホームステッドの方々
定期的に全員を観察していたため個人的にはあまり苦労しなかった。一気に取ろうとすると精神衛生上よくないと思われるので、こまめにみんなの観察をしておきましょう。ピボットチートも活用しましょう。

・元祖ゲーマー
時間かかりましたが、自力で勝てたときの感動はなかなかです。
ファノローナは自分のターンでたくさん取る、よりは『次の相手ターンで取られる駒を最小にする』ことを意識しながらプレイすると良いと思います。モリスは参考動画の通りにやってればそのうち勝てるでしょう。ちなみに参考動画のファノローナは2:20の2択でミスしてます。左でなく右の駒をとっていれば勝ち確定って場面です。

オントロはヌルすぎて書くことがないです。自分はLV20までウォンテをしてました。経験者ならウルフパックよりLVが上がるのが早いと思いますたぶん。結局、敵をロックして□で反撃が自分はなじめなかったのでトロフィーとったらいいやってなってしまいました。

オフのキャンペーンはアクションが多彩だし海戦が楽しくてフルシンクロも思ったより苦痛ではなかった。ただしオンラインがシステムが複雑になりすぎた感があるというか妙に凝っててあまり楽しめませんでした。オンはBHが一番面白かった。
プレイ時間は45h+5hくらいでした。難易度はフルシンクロで一部ツライところもあるが☆2くらいが妥当だと思います。
友達を生贄にトロフィーを獲得!
歴代シリーズの中で一番やりこまないといけないです
今回はメインミッションフルシンクロだけでなく全てのサブミッションもフルシンクロで終わらせ、さらに依頼やチャレンジ、アイテム収集など全てを終わらせる必要があります
(ピボットバグ)場合によってはフレンドが多かったらバグってトロフィーが取れない可能性があります。
発生した場合の目安は30人らしいので、多すぎる人はトロフィーか友達か、苦渋の選択をする必要があります・・・
まあ、ここに書き込んでいるということも含めて、僕がどちらを選択したのかお察しくださいw
レッド デッド アサシンクリード
(Updated: 2012年 12月 12日)
過去のアメリカで乗馬や狩猟採集など、なんとなく荒野のウエスタンな某ゲームを彷彿とさせるアサシンクリード最新作

本編のトロフィーは村の開拓からチートアイテムの入手まで、ほぼ100%やりこむ内容となっているので若干手間がかかります
宝箱や羽の地図と地下通路を解放しておくと大幅な時間短縮になる

ミッションの目標があってもアイコンが表示されないバグがあり、マップをロードし直すとアイコンが現れることも

海洋ミッションの嵐と巨人は、フルシンクロ達成に少し手間がかかります
大きな船舶にはフルセイルで正面衝突、他二隻には衝突する少し前に寸止めして小当りすると弱点を炙り出しやすい

元祖ゲーマーのトロフィーのモリスはコマを大量に取る大味な試合をすると運がいいと大差で勝てる
ファノロナは角を執拗に狙ったコマ配置や妨害をすると配置中に相手のコマを取れたりします


マルチプレイのトロフィーはウルフパックでコンピュータを相手にすると楽
シークエンス10とレベル上げのついでにエアアサシンとマルチキルを決めましょう
デズモンドの物語の終焉
アルタイル、エツィオ、そしてコナー
デズモンドによる祖先の記憶を辿る物語も終に終局を迎えます

攻略サイトをチラチラみながら
ちょろちょろ収集品集めやサブクエ進めつつストーリークリアで30時間
クリア後に取りもらしたものを集めてコンプまで7時間
オフが終わったらマルチをプレイで3時間
合計40時間程度

今作はマップが広くなったのにサブイベントのスタート地点が表示されない&ビューポイント(高いところに上るとマップが一気に開示されるシステム)でマップが全て明かされないため
攻略サイトを使わないとイベントコンプにむちゃくちゃ時間がかかります
あとバグも

マルチのトロフィーは前作に比べて簡単になっています(BHより簡単なのは言わずもがな)
チーム戦勝利トロフィーさえとってしまえば後はウルフパック(COOPモード)をソロでプレイしてれば対人しなくても全部集まります


とりあえず手間取ったトロフィー
『非凡な人』
ホームステッドの住人の活動を観察していくだけなので、ホームステッド
によるたびに住人を観察してればある程度は埋まります
しかし、最終的に木こりと仕立屋の行動が(2/3)から埋まらず。
高速移動でマップ再読み込み、仕立屋に移動して観察⇒木こりに移動して観察を繰り返しました。。。。


『元祖ゲーマー』
三種類のゲームで勝利するだけゲームに勝てる人なら余裕でしょう!私は2時間くらいモリスをやって心折られたので"morris game"などで検索して出てきた無料アプリで代打ちしてもらいました。アプリによっては全然勝てませんが、強いアプリなら一発で宿屋の親父をノシてくれます。(最初に使ったアプリは12 men's morrisだったのでボコボコにされました。。。)ファノロナは動画を参考に。ボウルズは多少運も絡むので自力でなんとかなります。

『追跡完了』
サブクエ全完了、攻略サイトや動画を見れば余裕、、、なんですが。
どこにいるんだ伝令!!!!!!!
盗賊チャレンジ1の伝令をつかまえろというのがあるのですが、出てきて欲しいときには全然出てきてくれません。。。最終的によく出現するとうわさのボストン東の港をブラブラしてたら出現しました。

メインクエで多少つまったところもありますが、多いので割愛、攻略サイトみればなんとかなるし

攻略サイトを見れば☆2くらい
みないと埋めれる気がしないので☆4くらいかな?


●ゲームについて
独立戦争を生きたアサシン「コナー」
己の運命を受け入れ進みだした「デズモンド」
コナーの戦いが終わるとき、アルタイル、エツィオと続いたデズモンドの物語も終わりを、、、終わりを、、、とりあえずシナリオライター出て来い!終局を迎えるって言ったのに毎度恒例のいつも通りの現代編やないかぁ!

ゲーム的にはいつものアサクリで楽しめたのですが、UI等なんか不親切な感じで少しストレスに感じたり。。。
アサクリを今までプレイした方には同じ気持ちを味わって欲しいのでオススメします。やったことない人は3からやるのはやめましょう。
待て、向こう側がどうなっているか分からんのだアアアー!
(Updated: 2012年 12月 12日)
トロフィー対応ソフトという点では、シリーズ4作目となります。
やるべきことは以前と同様、フルシンクロの達成と収集物等の作業が中心となります。
ですが、今作においては前者が難化、後者もその量が増加し、加えてバグや不具合が多くなったため、オフ関連のトロフィー獲得はシリーズ中最も時間がかかる内容となっています。
時間配分としては、オフをダラダラとやって55h、オンは1人でウルフパックをせずボチボチ進めたので10hというところです。

・追跡完了
メインメモリーだけでなく、サブメモリーの完遂まで求めてくるのは初めてです。
基本的にはフルシンクロを前提に進めればいいのですが、これが本当に、意地の悪い条件のオンパレードです。
中には、パッチでその達成条件を緩和するものまで出てくるなど、テストプレイの実施を疑いたくなるほどいい加減なものが多く、難しいというよりはかなり理不尽に感じました。。
サブメモリーに関しては、とにかくやらなければならないことが多いため、本編を軽く超えるほどのプレイ時間を要します。
またバグor仕様で一部ミッションがマップに表示されないため、その場合は自力で探さなければいけません。
私の場合、ニューヨーク北の解放ミッション、モンマス付近の暗殺ミッション、ボストン中部とバレーフォージの配達ミッションを見つけるのに手間取りました。

・非凡な人
基本的に、対象の住人を朝から晩まで一日中ストーキングしていれば、大抵の活動は記録されます。
ただ、木こりに関してはなかなか3つ目の活動(二人で木を伐採)をしないため、木こりの奥さんの一人(キャサリン)の活動(棒切れをピストン?)を観察した方が楽です。

・元祖ゲーマー
ボウルズ以外完全に動画頼みです。
パターン分岐に対し、複数の攻略動画を同時に参照し中盤まで形を組めば、展開が変わっても十分対応できると思います。
個人的にはモリスに一番苦戦しました。

・猟師狩り
内容そのもの…というよりは、操作方法の変更に苦労させられました。
攻略法としては、カウンターからのガード崩しで楽勝なのですが、問題はこのカウンター。従来の作品のそれとは異なり、連打での待ちができなくなっています。
具体的には、
赤▼→○ボタン→受けてスロー演出→×ボタン→武器弾き→ボッコボコ
という流れです。以前の連打式に慣れていた私にとって、これに気づくまでたいへんイライラが募りました。

マルチプレイ関連のトロフィーはシリーズ中最も揃えやすく、「勝利チーム」以外全てウルフパックで簡単に獲得できます。
全体の難易度としては、オフ関連が質・量共にシリーズ中最も面倒ではあるものの、前々作『BH』の時のような談合を検討するほど厄介なものはなく、時間さえかければ獲得できると思われるので、☆3が妥当であると考えます。
レビュータイトルのセリフ等によって笑わせてくれるのもいいのですが、次回作ではもっとしっかりバグ等の対策がなされることを祈ります。
レビュー投稿者トップ50 63 reviews
俺の物語~fin~
(Updated: 2012年 12月 05日)
大きなバグに会うこともなく無事とれました
面白かったので、つい買って数日でプラチナ取ってしまい後悔

あまりトロフィー獲得には苦戦しませんでしたが、少し気になったのは拳闘ミッションと探検チャレンジ、収集系、ゲーマーでした

拳闘ミッションは倒し方が分からなかったんですが、敵に挑む前に護送でアサシンを呼んでから挑むと一緒に戦ってくれました。多対一の出来上がりです。

探検チャレンジは「フロンティアのマップを明らかにする」というのでマップがわかりずらく面倒でした。


収集系はマップに載っており、前作よりは楽ですが、数が多く特にフロンティアは広いので近くに寄ったら積極的に回収しましょう。先に地下トンネルを発見しておくと圧倒的に楽です。

元祖ゲーマーはモリスはスマホのアプリで代打ち、ファノロナはスマホのアプリで代打ちした後、最後の局面だけ自力でやりました。一度代打ちで勝てないからといって他のアプリ等で代打ちで挑むより、何度か同じもので代打ちしてると勝てたりします。相手の手は毎回違うのでそのうち勝てます。自分はモリス2回、ファノロナ4回程で勝てました。苦手な人は是非お試し下さい。

ジュノーの意味深な言葉…次回作に期待です。
獲得:武器1 エデンのかけら 市民ミッションの(ry
(Updated: 2013年 12月 19日)
ゲームの難易度的には前作までとさほど変わりません。しかし問題なるトロフィーがいくつかあります。
そのせいで難易度☆1つ分上がる上にコンプまでに前作リベレーションのほぼ倍の時間を要します。

~追跡完了~
今までのシリーズの条件が「メインメモリーのみ」シンクロ率100%だったものが、
「サブメモリーを含めた」シンクロ率100%になりました。
これにより羽、ペグ・レッグの宝、トンネル開通、海戦、アイテム製作、お使い、各種チャレンジ…
挙げたらキリがないくらいのサブイベント量を完璧にこなさければいけませんので時間がかなりかかります。
さらにバグ(仕様の可能性あり)なのかビューポイントでシンクロしても
一部サブイベントのマーカーが表示されないので注意が必要です。

~非凡な人~
ホームステッドの人々を観察(もといストーキング)していくもの。バグの報告が多く、
取得できない人はパッチを待ちましょう。マップ上に各キャラの名前がマーカーに出るので、
気がついたら観察すると効率が良いと思います。
一部の項目は他キャラと一緒(ゴドフリー&テリー、ノリス&ミリアムなど)に居る時に
発生する物もあるのでマーカーが重なってると思ったら要チェックです。
※追記
マップを切り替える毎に住民の動きが変わるようで延々と眺め続けても生活が変わらない場合があるようです。

~元祖ゲーマー~
『ボウルズ』:ボウリングとカーリングを合わせたようなルール。あまりに簡単だった為割愛。
『モリス』:なにやら代打ち(アプリやフリーソフト)ができるようですが、自分はどこかの動画を参考にしました。
『ファノローナ』:「いかに相手の駒を奪うか」よりも「いかに相手に駒を取らせないか」に重点を置いて立ち回る。

この3つが最後まで残りました。さらに自分は、迷った(トンネル開通が遅かった)
ので移動にかなり時間を使ってしまいました。
トンネルの開通は早めにすると移動時間の短縮になりそうです。

マルチの方は前作リベレーション、前々作ブラザーフッドよりさらに簡単になっていますので楽に取得可能。

これを見たプレイヤーに、英知の父の導きがあらんことを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。