LEGO Indiana Jones 2 The Adventure Continues

Updated
 
2.0 (1)
260   0   0

製品情報

ジャンル
アクション・アドベンチャー
開発
発売日
2009/11/17
対象年齢
CERO:A 全年齢対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
2.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
デフォルメされたキャラクターが魅力
最近のタイトルでは無いですが他にレビューが無いので。
登場キャラは一切喋りませんがコミカルによく動いてくれるので見てて飽きません。チートコードを入力し手に入れonにしてもトロフィー獲得に問題ありません。
なのでこだわりがなければスコア倍率アップのコード入力だけは真っ先にonにすることをお勧めします(後述)

内容は映画6作品をHUBと呼ばれるいわゆる箱庭で区分けし各HUB毎に達成度を上げていき最終的に全体の達成度を100%にすることが目的です。
達成度は以下を行っていくことにより上がっていきます。
[各HUB毎]
◇ミッション
・メイン(5ステージ)
・サブ(10ステージ+1ボーナスステージ)
◇収集要素
・ブロック(3色)
・乗り物
・キャラクター
[クリエイト]
・チュートリアル(4ステージ)
・各HUB毎に買えるパーツ全部を購入

上記を全て行えば100%になりますがミッションだけは注意、下のネジ型のバーが点滅してる状態でクリアしなくてはいけません。デフォルトでは効率が悪いのでスコア倍率×10は欲しいです。
時限要素は無いので適当にやっていても詰むことはありません。自分なりの進め方はメインを終わらせキャラクター集めを最優先にしある程度終わったらサブを纏めて行いました。

ここから要注意トロフィー
「You choose the wrong friends.」
クリエイト内のクイックプレイから再度クリアする必要があります。(謎仕様...)
「Not as easy as it used to be」
時間的にぎりぎりなのでタイムアタックを苦手とする人は苦労するかも。fast buildは欲しいです。タイムアタックモードからなら時間が表示されるので若干楽です。


総合するとゲーム難易度的には☆1ですが膨大な収集要素、「Not as easy as it used to be」が若干厳しかったので☆2が妥当ではないでしょうか。
また、コンプまで5回以上はフリーズしましたので気にされる方にはお勧めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。