Lumo (ルーモ)

Updated
 
3.0 (1)
903   1   0
Lumo (ルーモ)

製品情報

ジャンル
アドベンチャー
発売日
2016年10月20日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
ダウンロード:1,999円 (税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

コンプ難易度 
 
3.0  (1)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
所謂死にゲー
(Updated: 2017年 8月 14日)
アクションやパズル要素自体の難易度はそれ程ではないものの、クォータービューによる視認性の悪さから全体的な難易度は高め。
トロフィーも一度しか行えないミニゲームや収集要素に掛けられたものが多く、失敗や取り逃しが発生すると悲惨なことになる。
マップ移動やアイテム取得の度にオートセーブが行われる仕様の為、ミスに気付いた時には既に手遅れということになりがち。
セーブを行わないとタイトル画面へすら戻ることも出来ない為、Duck Hunt等ノーミスを求められるトロフィーにおいては、
失敗の度にアプリ強制終了から再起動までの流れを繰り返すこととなり非常に時間が掛かる。
特に面倒だったのは下記3点。

【Duck Hunt】
鬼門その一。取得条件の都合上、オフラインでのプレイ奨励。
アヒル取得後に死亡した場合には、PSボタン長押しからアプリ終了後に再起動。
注意事項としてオートセーブ中に死亡してしまうと、上記アプリ終了を行っても死亡ログが残ってしまう為、取得が出来なくなる。
オートセーブは部屋移動直後やマップ等のアイテム取得時に行われる為、セーブが終わるまでの間は待機が無難。
上記都合上、本トロフィー取得を目指す際は、アヒル以外のアイテムは極力拾わないほうが良い。
32個取得後にマップ移動したタイミングにて取得。取得出来ない場合は、オートセーブ中に死亡した可能性が高い。
なおアヒルは×ボタン長押しで真上に乗ることで取得可能。(タイミングを合わせて押す必要は無い)

【Cerny Method】
計6つあるミニゲーム関連トロフィーの中では恐らく最難関。(次点でBounder)
途中にある時計を取得することで残り時間を増やすことが出来る為、基本的にこれを取りこぼさすに進めていく。
玉転がし自体、慣れが必要なアクションである為、繰り返し操作に慣れながらコースを覚えていけばそこまで難しくは無いはず。

【Old Skool Daze!】
鬼門その二。残機3の状態から時間制限付きでのゲームクリアが必要。
数は多くないが残機は途中で拾うことも可能。(最終的に15機前後取得可能)
本ゲームにおけるエリアは大別して初期・城・雪・最終の4つに分けられるが、
城エリア終盤(毒沼を鎖で渡る部屋辺り)から一気に難易度が上がってくる。
目安として雪エリア開始時に残機8以上を保てればベスト。スムーズにいけば1時間程でクリア可能。
本作最難関トロフィーではあるものの、他トロフィー取得の際に操作感やステージ毎のコツが掴めてきていると思うので、
案外あっさり取得出来るかも。

【総評】
プラチナ取得までの時間自体は、特別アクションが苦手等でなければそこまで掛からないと思われるが、
終始ストレスとの戦いになる為、ドM属性をお持ちの方で無い限りはトロフィー目的でのプレイはおすすめしない。
自分は恐らく二度と起動しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。