神獄塔メアリスケルター

Updated
 
3.0 (1)
581   1   0
神獄塔メアリスケルター

製品情報

ジャンル
謎解き×パニック×アクティブ3DダンジョンRPG
発売日
2016年10月13日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象
価格等
PS Vitaカード:7,344円 (税込)
ダウンロード:6,480円 (税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
(ナイトメアを)虐殺鬼ごっこ
ナナメダケイ氏の絵が光るDRPG。
正直絵に惹かれて購入しただけなのでゲーム内容には期待してませんでしたが非常によかったです。
特にマッピング大好き人間としてはやりがいが感じられました。
結局全マップ成長エリア含めて制覇してしまいました。

トロフィー的には難しいものは特になく、↓で言われている通り一通りクリアすればバッドエンド以外は取れます。
私はアリス、赤ずきん、親指姫、白雪姫、ラプンツェルで最後まで行きました。
好感度はかなり上がりにくい&全部一気に上げるとイベント見るのに2-3時間かかる量になります。
ちょこちょこ上げていくのをおすすめします。
レベルについては成長エリアを踏破しつつ隠しダンジョンまで行けば90以上になりますのでレベル上げ等はほぼ不要です。

よく言われているようにダンジョンは恐ろしく広いのですが、その分継戦力が高く、拠点に戻るのはイベントが進んだときかアイテムがいっぱいになった時くらい。
戦闘難易度は低く初心者向けなのですが、マップの広さは玄人向けなのでちょっとちぐはぐ感があります。
ストーリー、キャラは文句なし、非常に楽しめました。
タイムリーなことに攻略中に2が出るということで、そちらも楽しみにしています。
新規IPなのでここはもうちょっと・・・な点は多いですが、それを差し引いてもDRPGとして名作一歩手前くらいにはなってます。
難易度としては基本的にクリアするだけ&楽しくコンプできたので2としておきます。
タワー・ブレイク
(Updated: 2019年 5月 02日)
コンプ難易度 
 
3.0
2017年10月13日プラチナ。

ストーリーやキャラ設定はよく作りこまれているんですが戦闘やマップシステムが残念な作品でした。
ダンジョンマップがとてつもなく複雑でまさに迷路。DRPGシステムゆえに代わり映えもしない景色が延々と続くため、攻略サイトに頼ったほうが精神衛生的に優しいと思います…
2つ目のエリアにしてラスダンクラスのとんでもない広さになるためかなりダレます。
戦闘は全体攻撃がかなり強く、皆で連発すればとりあえず勝てる感じ。
そのためMPが少ない序盤は苦労しますがあとになればなるほど楽になっていきます。

自分のパーティはアリス 赤ずきん シンデレラ 親指姫 グレーテルでした。
好みによる裁定が大きいため誰をスタメンにしても大丈夫です。
というか加入時のレベルがかみ合っていないことが多いため後半にパーティーに入ったメンバーはベンチ入りの可能性が高くなると思います。

時限イベントは監獄塔上層部での黒幕あてイベントで失敗するとバッドエンドトロフィーがあるため、直前でセーブを分けておくことぐらい。
意識してやっておくと楽なのは
かばう100回の「自己犠牲」(ジャックがダメージを受けて気絶する必要はなし)
舐める100回の「地の衝動」
あと行商人にダンジョンでであったら好感度アップアイテムをなるべく買いだめしておくこと。
好感度は好きなアイテムをそれぞれに80個ぐらいあげればすぐにマックスになるため金額に余裕が出来るゲーム後半でもいいですが
早くやっておくと全体攻撃などのジェノサイドスキルを覚えるため早めにやってしまうと戦闘が楽になります。

また誰かのレベルを80まで上げなければいけないです。このゲームは経験地が分配されるためパーティの数を減らせばそのぶん1人頭の経験値も増えます。
お勧めは全属性全体魔法を覚えるグレーテルなど。厄寄せの香水などでエンカウント率を上げ、隠しダンジョンで無双しましょう。
レベルを80まで上げたら博士のところで血式退化。退化を行うメリットは全くといっていいほど存在しないためトロフィーを獲得したらロードしなおしを推奨。

あまり難しい作業はないため☆2程度なのですがストーリーそのものが作業的であるため☆3とします。

レビュー

コンプ時間
70時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。