レビュー詳細

2020-08-24_19h32_29
PSN配信タイトル(英数字) 2020年 8月 24日 528
オワタークソウル
(Updated: 2020年 8月 24日)
コンプ難易度 
 
3.0
硬化、バリスタ、鎧によるステータスやアビリティの変化など、
ダークソウルに似せつつ独自の要素が多い作品。

ただ、ダークソウル2を軽く上回るほどの数の暴力、回復アイテムの少なさ、
希少であっても使用しなければ効果が分からず、使い時を見失うアイテム群など、
総評としてはダクソの皮を被った残念ゲーと言うのが正直な出来。

翻訳はチュートリアルの時点で文法が怪しく、さらにトロフィーリストに至っては何故か未翻訳です。

硬化が一度使うと数秒のインターバルがあるものの、基本的にどんな攻撃も完全無効果でき、
またステップの無敵時間が非常に長いため、何度か死んで敵のモーションを掴めばダクソよりも簡単に突破できます。

クリアにあたって撃破が必須となるボスは、4~5体くらいなので、慣れれば周回も早いです。
が、トロコンにおいてはなかなか厳しい。

・Forever Alone
シェルを全く入手せずにゲームクリア。引継ぎの仕様上new gameでのプレイが必須。
ほぼ無尽蔵に近いスタミナゲージを得られる一方、カエルがぶつかっただけでも即死するという人間以下の貧弱さとなります。当然一番の鬼門トロフィー。

前述の通り、このゲームはステップの無敵時間が長いため、無限スタミナと合わせて、走り抜けが非常に楽です。
ただ、飛び道具を持つ敵や、消えた状態から攻撃してくるゴーストには注意。

また、The Nihilist、Life is Sufferingも同時に取得しておきましょう。
しかしながらダークフォームになるメリットが全く実感できませんでした。

・Face Off
チュートリアルのボス、ハダーンを倒すと取得。(聖なる剣を持っている個体)
new gameの最初でしか出会えず、2週目以降は戦えません。

回復手段がほぼない上、隙が少なく割と手ごわい相手です。
こちらから仕掛け、硬化で防がれるとほぼ確実に反撃を食らうため、
フェイントで硬化を誘ってインターバルの間に攻撃を加えることを意識しましょう。
その際はもちろん自分は硬化を使って相手の攻撃を防いでから反撃すること。

ちなみに倒すとユニークアイテムを落とします。
熟練度のあるアイテムでないため、トロコンには影響ありませんが、
アイテムコンプを狙う人は注意。

・Seeker of False Truths
ポーズ画面で集めた「伝説」の確認ができます。
自分は「遺文」に空きがありましたが、「食刻」をコンプした段階で取得できました。

・Brigand Life
フォールグリム、巨大カエルの近くのテント周辺に話しかけられる雑魚がいます。
焼きネズミ、高級密造酒をあげた後に選択肢に「はい」と答えると取得。
EDになりますが、拠点に戻されるだけなのでデメリットは特にないです。

・Bars Tended
すべてのアイテムの熟練度を最大にする
1周につき1つしか手に入らないパンとマンゴーが面倒(しかもどちらも何故か非常にわかりづらいところに隠されている)
ソロモン?だったかのシェルに熟練度を上がりやすくするアビリティがあるため、
ラスボス前に道中で集めたアイテムを一気に使ってしまえば取得可能。

・Is This a Sparta?
キックのアビリティで敵を蹴り落とす。
説明文にはkillと記載されていますが、敵が死ななくても取得できました。

・The Good Times are Killing Me
フォールグリムのそこかしこにいるリュートを引いている敵に近づき、
自分もリュートを弾けば取得。

・Sugar Baby
拠点の店で50000ター使う。
1度も死ななかったとしても1周で集まるターはせいぜい15000~20000くらいであるため、
意図的な稼ぎが必要になります。
パリィ100回のトロフィーと合わせて稼ぎましょう。
なお、同じデータではなくすべてのデータ累計です。

・Nailed It
8000ターで商人から買える工具を使って、拠点の作業台でバリスタを作る。
1発の矢でダブルキルを達成すれば取得。フォールグリムの雑魚敵で簡単に取得可能です。

・It's a me
空中で硬化 → 地面叩きつけのスキルが必要。
誰でも良いので敵をこのスキルで倒せば取得。

レビュー

コンプ時間
20時間くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。