JANNEさんによるレビュー

13件中 1 - 13件を表示
表示順
2019年 12月 15日 (Updated: 2019年 12月 19日)
コンプ難易度 
 
2.0
PSN配信タイトル(あ~わ
私が町長です。

高難度RPGとして名を馳せた「ロマンシングサ・ガ」の3作目かつ最終作が本作になりますが、ファンの間では「ロマンシング」シリーズのみならず、全サ・ガ作品の中でも屈指の人気を誇り、SFC時代とは思えない良質な戦闘BGMと、個性溢れるキャラ達の魅力は今なお語り継がれています また、1、2が当時の初見の子供達には難し過ぎたせいか、ストーリーの攻略難易度も前二作品と比較すると優しめになっており、ロマサガシリーズをプレイしたことがない方にも取っ付きやすい作品になっています トロフィーについてですが、前作のリマスター版ほどややこしいものはないですが、8人の主人公それぞれでエンディングを見るトロフィーがあるため、" 8周が必須 " となっています ...

2019年 9月 14日 (Updated: 2019年 9月 15日)
コンプ難易度 
 
1.0
PS4国内対応タイトル
SLEEPING LION HEART

本作は、言わずと知れたFFシリーズトップクラスの人気を誇る7の次作品であったため、売り上げ "だけ" 見ればシリーズ最高を記録し、進行不能バグの存在が当時ニュースで報道されるほどの知名度だったそうですが、その出来栄えはと言うと、「賛否両論」という言葉がぴったりと言われるくらい、シリーズの中でも特に意見が分かれている作品でもあります 実際私も原作をプレイしましたが、本作最大の特徴であるジャンクションシステムに馴染めず、ストーリー序盤で投げ出してしまいました トロフィー内容としては、いくつか時限のものがあるものの、コンプ難易度はかなり低く、FF7のリマスター版と同等かそれ以下だと思います ...

2019年 7月 11日 (Updated: 2019年 7月 19日)
コンプ難易度 
 
3.0
PSN配信タイトル(あ~わ)
ルドン送り

高難度RPGでありながらも名作と名高い本作ですが、私は小学生の頃(と言っても64世代ですが…)、雰囲気的にFFシリーズみたいな感じだろうと思って、知人から借りた本作を軽い気持ちでプレイしてみたのですが、あまりに強烈な敵の強さとシステムの難解さに、ストーリー序盤で挫折したのを今でも覚えています 本作が取っ付きにくい原因として、「戦闘すればするほど敵が強くなるシステム」と、「フリーシナリオを採用している」点が大きいと思います 通常のRPGのように、詰まったらレベル上げみたいなことを軽くできないのが本作であり、倒そうが逃走しようが戦闘回数が加算されるため、逃げ続けている内にさらに戦闘回数が積み重なり、こちらは成長しないのに敵だけが強くなるという悪循環に陥ってしまったプレイヤーが当時かなり多かったそうです さらに、フリーシナリオ(物語の進め方はプレイヤー次第で、どのエリアから攻略してもよい)が採用されているため、現代の攻略サイトであっても、サイトによって攻略手順が様々で少々分かりづらいです (とは言うものの、フリーシナリオは本作の魅力の一つなので、次はここに行けとサイトで断言して書くワケにも行かないでしょうし、理由は分かります ) ...

2018年 10月 09日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
プラチナの軌跡

ファルコムが誇る名作RPG、英雄伝説「軌跡シリーズ」の最新作です リベール王国編を描いた「空の軌跡」3作(FC、SC、the 3rd)、クロスベル編を描いた2作「零の軌跡」、「碧の軌跡」、そしてエレボニア帝国編を描いた「閃の軌跡」(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)の最終章が本作になります 軌跡シリーズはRPGの中でも超売れているというワケではありませんが、全ての作品のストーリーが緻密に繋がっており、それに魅せられたファンが多いことで有名です ちなみに私もそのファンの一人で、実際に過去作のトロフィー取得率を見てみても、エンディングのトロフィー取得率が60%を超えているものもあり、ファンの熱さがうかがえます トロフィーについてですが、宝箱全回収など相変わらずファルコム作品特有の時限トロフィーがいくつかありますが、過去作と比較すると、かなり難易度が緩和されていると思います ただ、念には念を入れて、セーブデータはできるだけこまめに分けて作成しておくことをオススメします また、本作は過去作と違って1周で同時に獲得できないトロフィーがあり、コンプには2周が必須です シリーズ恒例最高難易度のナイトメアでクリアしなければならないトロフィーもあり、どのみち2周プレイが必要なので、1周目は他の難易度でクリアし、レベルや各種アイテムを引き継いだ上で、2周目にナイトメアでクリアを狙いつつ、1周目に収集しきれなかった要素を埋めていけば比較的楽かと思います ...

2018年 9月 16日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
日本神話TACTICS

本作は、2017年に発売された無印版「GOD WARS ~時をこえて~」に新規ダンジョン及び新規キャラクター5名を追加収録した物になっています また、無印版のプレイデータを引き継ぐことが可能なので、無印版のコンプデータをお持ちの方は非常に簡単にトロコンすることができます ちなみに、本作から始められる方も、トロフィー内容は無印版と全く変わらない(ただしキャラ育成関連のトロフィーのみ新規キャラ5名分も追加で育成する必要があります)ので、詳細なトロフィー獲得方法は私の無印版のレビューを見ていただければと思います なので、ここでは "無印版のトロコンデータをロードした(引き継いだ)場合" のトロフィー獲得手順を書いていきたいと思います まず、メインストーリー進行関連のトロフィーもあるので、無印版のトロコンデータをロードしたとしても、もう一度ストーリーを初めからプレイし直す必要があります ただ、キャラのレベルや所持品等を全て引き継いだ状態で開始できるので、イベントスキップも活用しながらプレイすればほとんど時間も掛からないかと思います ただし、一つ注意点があり、引き継ぐ項目の中で、「埋もれた宝の獲得状況」のみ引き継がないようにしてください 無印版をコンプしている=「埋もれた宝」も全て手に入れているということなので、これを引き継いで始めてしまうと、トロフィーを獲得できなくなります なので、埋もれた宝はもう一度全て取得し直す必要があるということは覚えておいてください...

2018年 4月 26日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
GOD FATHER

言わずと知れた名作3Dアクションゲーム「GOD OF WAR」シリーズの最新作です タイトル名は初代と同じですが、Ⅲで完結した物語の続きで舞台を北欧へと移し、クレイトスと息子アトレウスの成長を描いたものになっています アクションやカメラワークなども一新されており、あえてナンバリングを付けていない点からも、「新生GOD OF WAR」と呼ばれている理由がよくわかります また、発売前から注目を浴びていましたが、本当にロードが一切なく、オープニングからエンディングまで完全1カットでプレイすることができ、本気で驚かされました …と、偉そうに語ってはいますが、PS2で初代GOD OF WARが発売された当時私は小学生だったので、CERO:Zのソフトを手に入れることができず、結局これまでシリーズを一切プレイしていません (T_T) トロフィーについてですが、過去作のように指定難易度でクリアといったトロフィーはなく、難易度イージーでも全てのトロフィーが獲得可能です また、時限要素も一切ないので、ストーリークリア後からでも全てのトロフィーが獲得可能です ただし、収集系のトロフィーは厄介なものが多いので、動画等を参考にしながらの回収をオススメします ...

2018年 3月 28日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
エバン・ドリスファン・ニャンダール

スタジオジブリが制作協力していることで有名なファンタジーRPG「二ノ国」シリーズの最新作です ジブリ作品に登場しそうなアニメキャラをほとんどそのまま操作している感じが素晴らしく、また、バグや不具合等もほぼなく非常に良くできた作品だと思いました また、前作「白き聖杯の女王」をプレイしていなくても全く問題ないストーリー展開となっているので、今作から始める方にもオススメの作品だと思います トロフィーについても非常に良心的な設定で、ほぼ全てのトロフィーが楽しみながら獲得できるような内容になっており、前作のように作業を強いられるようなトロフィーや時限トロフィーも一切ありません (当然ゲーム自体のボリュームが増しているので、ある程度の時間はかかります ) また、トロフィーに関わるようなカウント(敵の撃破数や宝箱の開けた数など)は全てメニュー画面の「二ノ国データ」から確認できるのも非常にありがたい設計だと思いました 以下トロフィーレビューです ...

2018年 3月 05日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
八百万の神々

日本神話、日本昔話をベースに作られたシミュレーションRPGです このゲームを一言で例えるなら、まさに『和製ファイナルファンタジータクティクス(FFT)』です 戦闘システムやワールドマップの仕様など、FFTを彷彿させる要素が満載であり、FFTが大好きだった私にとっては本当にドストライクな作品でした トロフィーについてですが、時限要素は存在しないものの、全ての仲間のレベルを最大にしなければならなかったりと、ある程度の作業を求められる内容になっていますので、それなりに時間はかかるかと思います 以下、トロフィーレビューです ...

2018年 2月 18日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
SECRET of MANA

聖剣伝説シリーズ第2作目のフル3Dリメイク作品です 世代的に私は原作をプレイしていなかったのですが、過去にVITAでリメイクされた第1作目をプレイしていたこともあり、RPG好きならやるしかないと思い、発売日に購入しました トロフィーについては、前作とほぼ似たような内容でほとんどがメインストーリー進行上で自然と手に入るものになっていますが、一部時限要素が絡むトロフィーや、リアルラックが絡むトロフィーもあるので、一筋縄ではいかない面もあるかと思います ※2018/02/22現在、PS4版、VITA版ともにエラー落ちが頻発したり、キャラが突然消失するなど重大なバグが多数発生しており、少数ながら一部収集系のトロフィーを獲得できなかったとの報告も上がっているため、トロコンを狙うかどうかは慎重に検討して下さい 以下トロフィーレビューです ...

2017年 12月 16日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
4.0
RPG・SRPG
Melodies Of Life

FFシリーズは本当に大好きなのですが、FF9だけは原作(PS版)をプレイしていなかったので、どうせならHDリマスター版をやってみようと思い、プレイしてみました トロフィーについてですが、FFシリーズ最高難易度のミニゲームと言われる「ナワトビ」の1000回跳び、「敵を10000体撃破」という鬼作業、その他多数時限トロフィーの存在など、7のHDリマスター版とはケタ違いの難易度となっているので、トロフィー目的だけのプレイは絶対におすすめできるものではないです トロフィーまとめwikiのほうにある程度メモを書いてくださっていますが、一応私なりに補足(と言っても攻略は出尽くしており、調べればすぐにわかることばかりなのですが)を加えてレビューを書かせていただきます 以下トロフィーレビューです 【熟練の戦士】...

2017年 11月 02日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
RPG・SRPG
ネオ・トラディショナル・トロフィー

前作「いけにえと雪のセツナ」とストーリー的な繋がりは全くありませんが、セツナや昇華など、ゲームシステム面はそのまま引き継がれている感じなので、前作プレイ済の方はもちろん初心者の方でもすぐに慣れるかと思います トロフィー的には前作よりもさらに簡単かつ短時間でコンプできます 半分以上は特に意識することもなく獲得可能です 一応私は32時間(前作は42時間)でコンプしましたが、前作と同じくストーリーもじっくり堪能したかったので、ムービーを早送り等はしていませんし、道中で出会った雑魚敵は全て倒す、宝箱も全て開けるという王道?なプレイをしてこの時間なので、トロコン目的だけの方ならもっとコンプ時間を縮められると思います 以下トロフィーレビューです ...

2017年 10月 26日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
1.0
PSN配信タイトル(あ~わ)
エクスカリバー♂

聖剣伝説シリーズは未プレイですが、FFシリーズが大好きということもあり、プレイしてみました アイテム所持上限数がかなり少ないことが若干不満でしたが、あくまでもGBソフトのリメイクなので、あまり気にせず楽しんでプレイできました トロフィーについては他の方もおっしゃられていますが、【アイテムコレクター】と【ジェマの騎士】に尽きます この二つのトロフィーのためだけにプラチナトロフィーが存在しているんじゃないかと言ってもいいぐらいです(といってもそこまで難しいトロフィーではないです) 全体的にみてもかなりトロコンしやすいかと思います 既に他の方が解説してくださってますが、私なりに【アイテムコレクター】について補足を入れて解説させていただこうかと思います 【アイテムコレクター】 全てのアイテムを手に入れることでトロフィーを獲得できます (※このゲームでいう...

2017年 10月 11日 (Updated: 2018年 10月 29日)
コンプ難易度 
 
2.0
プラチナの軌跡

ファルコムが誇る名作RPG、英雄伝説「軌跡シリーズ」帝国編の3作目が本作にあたります ファルコム作品おなじみの時限トロフィーがいくつもあり、さらに、Aのトロフィーを逃す=Bのトロフィーも逃すというふうに、互いに密接に絡みあったトロフィーもあります なので、セーブデータはできるだけこまめに分けて作っておいたほうがいいです でないと私のように少しのミスでかなり戻されるハメになります 1周目から難易度ナイトメアでスタートし、収集関連のものも一切取りこぼすことなくクリアできれば1周でトロコンできなくはないですが、たった一つの取りこぼしで2周目が確定し、かえって時間がかかってしまうので、よほど自信がある方以外は無難に2周目以降でコンプしたほうが良いかと思います ※以下トロフィーレビュー ややネタバレ要素含みます ...

13件中 1 - 13件を表示