レビュー詳細

シミュレーション 2016年 10月 28日 314
そこは海だ、海のはずなんだ・・・!
(Updated: 2016年 12月 08日)
SLGの名作、ネオアトラスのVita版。
大航海時代のヨーロッパを出発し、探索結果を信じる・信じないで自分だけの世界地図を作るゲームです。
ネオアトラス1、2をPC版プレイ済み。

トロフィー的に鬼門になるのはもちろん【完成! 博物図鑑!!】
他のトロフィーは【大西洋は湖だった!】を除き、全て博物図鑑を作る過程で取れます。
また、【世界は丸かった!】と【世界の果ては滝だった!】および、そこから派生する世界観と前述の大西洋湖ルートがあるため、最短で2周+αが必要です。
パッチは最新版(現在は1.02)でないと出ないと思われるものがあるため、適用必須。
後述のフリーズ軽減にもなります。

【完成! 博物図鑑!!】
いくつか見つけにくいものがありますが、特に注意したいのはジパング付近で出る産物のサツマイモ。
これが出ないと提督ロハスが仲間にならないのに、黄金の国にしてしまうとかなり出にくくなるという罠。
ちなみに黄金の国(ジパング関連の噂を全て信じる)にしても、扇子・サツマイモが出ることは確認しました。
噂バルーンは、信じる・信じないを選ぶものがいくつかありますが、ジパング関連と肉人・人魚を除き全て信じるで問題ないかと。
比較的出にくい産物は、トマト(南米北部)、サツマイモ(ジパング)、せんす(ジパング)、トウガラシ(カリブ海)、浮遊パイナップル(北中米)あたり。
この辺りは注意しながらのほうがいいでしょう。
今はもう情報が出そろってますので、とりあえず1周して感覚をつかみつつ、Wikiとにらめっこしながら2周目、3周目あたりで図鑑完成を目指していくのがいいと思います。

【大西洋は湖だった!】
世界観全発見を除き、唯一博物図鑑関係ないトロフィー。
とにかく探索結果を信じないを繰り返し、陸地を作っていきます。
2周目以降なら提督の能力引継ぎがありますので、そちらで狙う方がいいかと。
ペレス、マリアは観察力が10まで上がるため、一気に雲を晴らせます。
ただ、スカンジナビア半島辺りから北は狭いので、観察力限界が2のバルディでちまちま陸にしていきましょう。

また、引継ぎについてですが、世界地図を100%にした段階で世界全図メニューから報告ができ、このデータが引継ぎ対象になります。
ただ、例えば1周目のデータをAとして、これを引き継いだBのデータを作ったとします。
このとき、Aをロードしてプレイを進め新しいアイテムを手にいれた場合、Bと合わせて完成になる場合はセーブしてはいけません。
ゲーム開始時に完成している場合、トロフィーが出てこないみたいです(Plusのデータをダウンロードして巻き戻したら解決)
簡単に言えば、引継ぎ開始したらもう前の世界では冒険しない方がいいっていうことですね。

【2016/12/08追記ここから】
2016/12/07にパッチ1.04が配信され、どうやらゲーム開始時に図鑑完成していてもちゃんとトロフィーが取れるように修正されたようです。
私は既に取得してしまっているので確認・検証はできませんが、前の段落の注意は気にしなくてよくなったかもしれません。
【追記ここまで】

フリーズ祭りにギターカブトバグ、雲が晴れるほどプレイはもっさり、タッチ操作必須と微妙すぎる出来。
一応前者二つについてはアップデートでほぼなくなりましたが、あまり人に勧められるUIではないです。
グラフィックは綺麗になってますが、プレイアビリティを犠牲にしてます。
ゲーム自体は非常に面白いのですが…移植がダメダメ。
プレイ時間は情報が無い中手探りでやっていた部分もありますので結構かかってますが、今からなら50時間程度でコンプ可能ではないでしょうか。
ちなみにこれ以外に10時間分くらいはフリーズで吹っ飛ばしてます。
アプデ前は1日1回はフリーズするひどさでした。アプデ後はありませんが。
運がある程度絡みますが、難易度は高くありません。

この報告を信じますか?
 信じる  信じない

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。