NieR RepliCant

人気
Updated
 
2.0 (1)
3706   1   1
NieR RepliCant

製品情報

ジャンル
アクションRPG
価格
7,800円
発売日
2010/4/22
対象年齢
CERO:D 17才以上対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

View all reviews
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
何事もなくプラチナでほっ
攻略指南は出尽くしてるので特記することもありませんが、アクションRPGですが難しいテクニックは要求されませんでした。
トロフィーも「職人魂」以外は簡単。
ゲーム自体も面白くて高評価なのが納得。
ナウシカ?
アクションは簡単、敵の攻撃、グラも手抜き。だけど楽しめました。
素材が面倒で自分はくすんだ腕輪のために何度も同じ敵を倒しました。諦めかけたときに一気に二個でて脳汁プシャー。
270秒以内にPS3を撃破 …ぇ?
(Updated: 2013年 1月 14日)
マリシアスのような雰囲気のARPGだが、アクション部分は非常にヌルめであり、RPGとしても簡単な部類。
トロフィーとしては、スキル云々よりも運の方が圧倒的に必要となる。

鬼門は「職人魂」のみ。
苦労するのはドロップ系よりも採取系であり、出ない上に数が必要な「金鉱」や「黒真珠」が特に厄介。
当然このあたりの事は激しく運に左右される部分であり、どれでどれだけ苦労するかは人によって違ってくるが、
全体的にはそれ程鬼畜な確率というわけではないように感じたので、
実際にやってみると、想像していたほど苦労はしなかったと感じる人も多いかもしれない。

効率的なプレイを目指すなら、
1周目、難易度EASYで「光速ファイター」の解除を目指してプレイ。
開幕戦で「チェインマスター」、序盤で「動物保護反対」をそれぞれ解除する。
少年編で店売りに無い武器はしっかりと収集しつつ、少年編限定のクエストを10~14程度こなしつつ進める。
(イノシシのクエストだけはやっておいた方が良いかもしれない。 物運びのクエストは無視推奨。)
「鷲の卵」は必ず少年編で必要数を揃えておくこと。(自力で1個入手し、後は裏技で4個揃える。)
青年編に入ったら、寄り道はせずにただクリアだけを目指す。(移動性を重視するなら槍を装備。)
全体を通して、イベントをスキップする必要は無く、特にワード集めを意識する必要も無い。
(※この流れで1周目をクリアするのに11時間もかかりませんでした、参考までに。)
1周目をクリアしたら2周目には突入せず、クリア前のデータを使ってHARDで素材(主にドロップ系)集めをする。
この際、ロボット山絡みの素材は無視推奨。(周回する内に集まる可能性があり、デフォでドロップ率が100%である為。)
素材を十分に集めたら、後は他のトロフィーを解除しながら2周目3周目と順次クリアしていきトロフィーをコンプする。


コンプ難易度は、周回する必要はあるが1周が短く、鬼門である素材集めもそれ程苦労しないので★2。
FF13やその他★3のRPGと比べても楽だったので、この内容なら★2が妥当だと思った。
ただ、運が絡んでくる内容だけに、人によっては★3くらいに感じてしまう場合もあるかもしれない。

個人的には、RPGが好きな人には是非ともプレイしていただきたい作品。 良作であり名作です。
演出面が秀逸で、特にDエンドの演出はトロフィー抜きにしても必見。
シナリオが終始暗く、耐性の無い人にとっては辛い内容かもしれませんが、
個人的にはそっちよりも動物を狩った時の描写…これが思いの外グロかったので、
注意しなければいけないのはむしろそっちの方かもしれない。
ARPGというジャンルですが、ゲーム自体の難易度は低めです。ただ4周しないとコンプ出来ません。
難易度によってドロップ率が変わるので初回でもノーマル以上推奨。初回ノーマルでも余裕で撃破トロフィーが狙えます。

トロフィーはサクサク取れますが、作業系トロフィーもあります。武器強化の素材集め、魚釣り、花栽培など。
素材集めはノーマルでサクサク回した方が気分的に楽でした。2周目以降のハードだと敵が硬くなりすぎるので。
同じステージを探ってはリロードの繰り返しなのでかなり単調作業です。
苦労したのは【黒真珠・動かない腕時計・形状記憶合金・くすんだ腕輪・錆びたネックレス】辺り。
レアドロップ系は1時間で1つとかザラ。全てそろえるのに20時間程度かかりました。
魚釣りは場所と釣り餌さえあっていれば目的の魚が簡単に釣れます。お金稼ぎにもなるので早めにやりましょう。
花栽培はPS3本体の時計をいじって咲かせました。なかなか交配しないので自力の場合は長期戦覚悟。

個人的に『高速ファイター』はDエンド後に取るのがいいと思います。
少年期は1周目だけなので、初回は時間に縛られずじっくり世界観を楽しみましょう。
シナリオのみなら5時間ちょっとで終わります。

終始暗いシナリオでしたが、BGMがとても神秘的で総合的にとても面白かったです。
素材集めでかなり運に左右されるのでコンプ時間はあまりあてにならないと思います。
作業耐性が無いとコンプは難しいですが、良RPGなのでオススメです。あいぽんかわいい。
トロフィーバグに注意
取得条件はクリアしてるはずなのにトロフィーが取れないバグがあります。
どこでどういうトロフィーが取れるか把握しておいた方がいいかもしれません。
私はバグに遭遇した場合PS3を再起動したら取れました。

トロフィーは全体的に取得は簡単。
難易度はいつでも変更可能なので普段はEASYでOK。
武器を改造するための素材集めは時間がかかるが、難しくはない。
15時間以内にクリアが取得条件の「光速ファイター」と、武器を30種類最大改造する「職人魂」をどう取るかがカギ。

このゲームは複数のエンディングを見るために何周もクリアしなければならないのだが、「光速ファイター」は1周目しか取得できない。
それならばと1周目に「光速ファイター」を取ろうとすると、武器を改造する為の素材集めは2周目以降にする事になり、その際は素材のドロップ率を上げる為に難易度をHARDにした方がいいのだが、1周目と2周目では難易度HARDを選んだときの敵の強さが全然違うのである。
(1周目HARDでは敵の体力3倍。2周目HARDでは敵の体力15倍など)

というわけで、トロフィーコンプリートの手順は
■Aコース
1周目で素材集め他トロフィー取得を出来るだけやる。
2、3周目はEASYで手早く終わらせて「光速ファイター」と「Dエンディング」以外のトロフィーを取る。
Dエンディングを見る。
新・1周目で「光速ファイター」を取る。
●メリット
・1周目から物語をどっぷり楽しめる。
●デメリット
・やり込んだセーブデータが残らない。

■Bコース
1周目をEASYでさっさと終わらせ「光速ファイター」を取る。
2、3周目をEASYで手早く終わらせて「Cエンディング」「Dエンディング」「絆」のトロフィーを取る。
(上記トロフィーは3周目以降でしか入手出来ない為)
新・1周目で武器素材集めなどじっくりやり込む。
●メリット
・やり込んだセーブデータが残る。
●デメリット
・1周目が残り時間を気にしながらのプレイになる。

私はAコースでやりました。
ストーリーが秀逸
(Updated: 2012年 2月 05日)
最近レビュアーになったので、今更ながらレビューさせていただきます。

このゲームはストーリーが素晴しいです。
プレイしていてここまで引き込まれたゲームはあまりありません。
二周目からの別視点で描かれる場面も、色々と考えさせられます。

さて、トロフィーに関してですが、これはもう『職人魂』につきますね。

とにかく素材が面倒。
鷲の卵、くすんだ腕輪辺りを収集する為に何時間費やしたか……
これを乗り切ればプラチナでしょう。

その他で言うと、Dエンドトロフィーくらいでしょうか。
かなり危険なこのトロフィーですが、実は別のメモリーにシステムデータとセーブデータの両方をコピーしておき、取得後に本体のシステムデータを削除してコピーし直すと、Dエンドクリア前のデータで再開できます。
私はこの方法で別のトロフィー取得も確認しました。

ですが、私がプレイしてたのは1年半くらい前ですので、もしかするとパッチか何かの影響でできなくなっている可能性はあります。

コンプ難易度は作業感が激しいので☆3。

コンプ時間ですが、私はデータを二つ所持しており、54時間プレイしたものと、48時間プレイしたものがあり、その理由が確か取得ミスかなにかだったと思います。
なのでよけいな時間がかなりかかってます。
まぁ、楽しんでやってたのもありますけどね。

とにかくストーリーが面白いゲームなので、ダークで重い話がいけるって人は是非プレイしてみて下さい。
俺をトロフィー厨に変えた名作
(Updated: 2013年 12月 18日)
まず僕は友達から借りましたw
しかし完全にこのゲームの虜になってしまい、DLC、サントラ、設定資料集まで買ってしまいました。
PS3で面白かったゲームは?と聞かれるとまずこのゲームかデモンズかニンジャガ2と言うでしょう
面白いゲームには敬意を払いたい、何がいいか・・・トロフィーってのがあったな・・・これが始まり


プラチナトロフィーを目指すならマラソンをする必要があります。
全武器をMAXまで強化する必要があり、いろいろな種類のマラソンがあります。
敵がドロップするまでやるタイプのマラソンや、探索地点を探ってはロードタイプのマラソンなど本当に面倒ですw
しかし武器の詳細に武器物語というのがあって武器レベルごとに全く違うのですごく楽しめました
ストーリーがすばらしい!
ダークな物語ですがこんなにもストーリーに引き込まれたゲームは久しぶりでした。
 すべては職人魂の素材集めが耐えられるかの一点だけたと思います。戦闘ドロップの素材は戦闘が楽しいのでそこまで苦痛ではありませんでしたが、黒真珠等は 拾う⇒ロード⇒拾う
で眠くてたまりませんでした。
周回プレイが苦にならない
全編イージーでプラチナ取得可能。
ただイージーでプレイするとアイテムのドロップ率に関係してくる為
欲しい素材をマラソンする時は難易度を上げて(いつでも変えれる)プレイすることをお勧めします。

シナリオや音楽はいい中、プラチナトロフィに関係してくる「職人魂」
これだけのトロフィの為に何回も同じ敵を倒す事やアイテムを掘る作業が始まります。
特に錆びたネックレス、くすんだ腕輪、鷲の卵、黒真珠あたりは
何度も同じフィールドや街をマラソンする羽目に。。

全トロフィ獲得で最低4週ですが二週目以降は青年期の途中から始まるので
それほど時間は掛かりません。

アイテムのドロップ率にも関わってくるが
難易度も低く、スキルもほとんどいらない為、難易度は☆2.5ぐらいが妥当と思われる。
武士道と伝うは死ぬことと見つけたり
武士道まったく関係ありませんが、主人公のかかわった方々が・・・・
ふさぎ込むタイプの方はお勧めしません・・・
後味悪いです・・・

ゲーム自体はゲームが下手な私でもハードでサクサク進めてしまうくライの難易度
主に素材集めが仕事です。
ものによっては後半とりづらいアイテムがあるので、攻略サイを見て計画を立ててから
プレイすることで一気に攻略時間が短縮されます。

音楽きれいだし、周回しても、内容が若干違うのであきませんでした。
個人的に好きなゲームです
切ないデカダンスに浸りたい方にお薦め
(Updated: 2011年 7月 31日)
プレイ前の予備知識
・少年編は1周目のみである(New Gameで新規プレイをすれば勿論再プレイ可能だが、引継ぎは不可)
・難易度はアイテムドロップ率に影響(Easy⇒Hardで×1.5のドロップ率)
・必ず『Dエンド』トロフィーを最後にすること

本作は少々特殊な仕様が多いこともあり、プラチナ獲得への道のりは人によって結構差がでるかと思います。実際に私のプレイルートを載せておきますが参考程度に見てください。

1.難易度Easyスタート、プロローグの新宿ステージのボスで『チェインマスター』取得(後半にもっと簡単な場所があります)
2.物語冒頭、北平原で羊狩り『動物保護反対』獲得後、即ロード(プレイ時間節約の為)
3.少年編を出来る限り寄り道せずにクリア(クエストは簡単なもの、短い物を重点的に20個弱)
4.青年編でやはり簡単なもの選んでクエスト消化『仕事請負人』取得
※クエストに関しては一周目でやりこむ必要はないのでプレイ時間と相談して程ほどに。
5.青年編本編で指定ボス時限撃破トロフィーを獲得しつつクリア
※ここも一周目で~秒撃破を狙う必要はないですが余裕があればどうぞ
『Aエンド』&『光速ファイター』取得(上記のように色々取りながら進めても13時間ほどでしたので余裕はあると思います)
6.2週目、やってないクエスト消化、素材集め、取り残しているトロフィーなどやり込み開始
7.全て完了したらストーリークリアし『Bエンド』
8.3周目、武器の取り残しを取得し『武器コレクター』取得。 2周目で揃えた素材を使って全てLv4強化『職人魂』獲得
9.『Cエンド』獲得後、直前のデータから再開し、『Dエンド』で終了
(この際、どちらかの周回で『絆』を獲得しておくこと。ムービースキップしないと時間が厳しいので一度ゆっくりCを見た後でDの前に取る方がいいですが、取りこぼしが怖い場合はCエンド前に取るのもあり。 取得タイミングは最後の選択が出る前 出なければ失敗してるのでやり直し)

プラチナ獲得へは特別なスキルは一切必要ないですが、収集物が膨大であり、出現率がかなり低い物がある為にここで苦労する方が殆どでしょう。
特にきついのは『くすんだ腕輪』『錆びたネックレス』『機械油』『形状記憶合金』あたりでしょうか。完全に運次第ですが恐らく全ての素材を揃える為には20時間程度はかかると思うので、根気良くやっていくしかないと思います。

※Dエンド後(プラチナ獲得後)もやり込みたい方へ
以下の手順でデータを管理すれば継続プレイ可能です。ただしトロフィーについては正常に獲得できないなどの報告事例が挙がっていますので、最悪の事態を考え必ず『Dエンド』トロフィーはそれ以外のトロフィーを全て獲得した状態で取ることをお薦めします。

1.Dエンド前にセーブデータ、システムデータ両方を外部機器にコピーしておく
※外部機器がない!⇒捨て垢でもなんでもいいのでメインとは別のアカウントでPS3にユーザーとして登録し、セーブデータの一覧からデータを新しく用意したユーザーにコピーでもOK
2.Dエンド後、ゲームを終了するとシステムデータだけ残っているのでこれを削除する
(この残ったシステムデータを消さないと不具合の原因になります)
3.全てクリアしたら移動しておいたゲームデータ、システムデータをメインに戻して完了


ストーリー自体は短いですが、周回プレイもそれ自体に”意味”がある作品だったので、場面場面で心動かされるものでした。特に二周目以降は色々な意味で胸にくるものがある。退廃的な世界観、ストーリーの苦手な方にはお薦めしませんが、個人的にはツボな一作でした。

難易度の方は素材集めは面倒ではあったものの、予備知識をつけてスマートに進めていけばトータル50時間以内クリア可能 という点を踏まえて★★とします
(★2.5というのが本音ですがw)
自殺マラソン
ゲーム内容がストレスレスなので楽しみながらプラチナまでいけました
全武器Lv.MAXの「職人魂」以外は楽に取れます
武器強化の為の素材集めマラソンをしないといけませんが、攻略サイトに出ているマラソン方法で2時間程度粘れば必要数が集まるものばかりです
★2.5が妥当ですが、フリーズやロードが長いなどが無いので★2でしょうか
「職人魂」取得に少し時間がかかりますが、全体的に取り易いものばかりで取得難度は2.5位。
難易度変更はタイトル画面からいつでも変更可能なので、アクションが苦手な方はEasyにしてプレイすればボス撃破系トロフィーも一週目で全て取得出来ると思います。
「Dエンディング」トロフィー取得時に、外部記憶媒体か何かにデータを移す場合、セーブデータと一緒にシステムデータも一緒に移して置かないと意味ないので注意です。

ちなみに、本作は2003年9月11日にPS2で発売されたドラッグオンドラグーン(DOD)のマルチエンディングの内の一つ、新宿END(新宿への転移後、色々あって自衛隊に撃墜され亡骸が東京タワーに刺さるやつ)後の世界が舞台になってます。
ストーリーの繋がり以外にも、DOD時代の武器がそのままの名称でたくさん出て来ます(長剣のデポルポポルは今作だとキャラクターとして登場しますが、双子という中々ニクイ演出です)
過去にDODをプレイしてハマッた人は勿論、公式HPを見てドキドキしてしまった人は作品全体に漂うどうしようもない悲壮感が味わえるので、飽きずにプラチナ取得出来ると思います。

逆に、作品の雰囲気自体が気に入らない場合、同じイベントシーンを何度も見たり素材集め等の反復作業が多い為、プラチナ取得が苦痛になる可能性が高いです。
加えて、そもそもアクションゲームとして荒削りですし、幕の内弁当の様な演出(途中でシューティングになったりノベルゲームになったり)が多く含まれてるので、アクションゲームを期待して購入した場合も後悔する可能性は高いかと思われます。
が、前述した通り雰囲気だけに惹かれて購入した場合は満足出来ると思うので、プラチナ取得を抜きにしてもオススメ出来る作品でした。(BGMも耳に残るものが多く嬉しかったです)
私自身、DODの大ファンだったのでDOD2で反動をつけた分、初代よりもカオスな展開を期待してたんですが・・・・・・次回作があればまた改めて期待したいです。
良い作品だった
トロフィーの内容としてはクエストやワードもコンプではないし簡単だったと思います。

ただ、ほぼ全部の武器を最大強化する上での素材集めにはかなり時間がかかりました。
特に“くすんだ腕輪”と“鷲の卵”は涙がでそうになほど時間をかけました。

ゲームの内容はとても楽しめました。
周回プレイも最大5つのエンディングがあるので、そこまでは作業となったものの最後は感動できるものでした。

最近のスクエニとしては一番内容が良かったRPGではないかと思います。
運さえあれば楽だが…
(Updated: 2011年 10月 21日)
アクションRPGだが難しいことは無く回復を怠らなければゴリ押しで勝てるレベル。

ストーリーを楽しみつつ最短でクリアしたかったので少年時代では「光速ファイター」「動物保護反対」「チェインマスター」を狙っていきました。
少年時代限定(未確定?)の武器を回収しつつ、楽なクエストを消化していったので15時間以内にクリアはぎりぎり。同じ方法でクリアを狙うとして時間が厳しい人は少年時代ラストと青年時代ラストは長いので一度ムービー見て、改めてやり直すと良い。
一部素材が少年時代に取ったほうが楽な物がありますが時間が足りなかったので2周目以降の青年時代で収集しました。

「フィッシャーマン」は釣り関連のクエストをクリアが必須となるので「仕事請負人」と合わせて狙うと楽。砂魚が金策に使えるので早めにやっておくと便利かもしれない。

「伝説の庭師」は白い花が全然出なくて2時間以上費やした。グラフィックが桃に似ていてわかりづらいので注意。

「職人魂」は最難関でMMORPGのような素材集めをオフでやらされるとは思わなかった。ストーリーは余韻を残すいい感じだっただけに素材集めは苦行でしかない。
攻略wiki参考にすればあらかた情報を出尽くしていますがトロフィーwikiのコメントも結構役に立ちます。思うようにいかない場合は両方を見比べてみるのも良いかもしれません。
個人的には難易度は取る素材によって変えたほうが楽でした。
ちなみに槍を装備して△+回避で若干だけど高速移動できるので重宝します。

スキルはほとんど不要、素材集めに運と時間が必要なだけなので☆2とします。
マラソンが最大の難関
(Updated: 2010年 12月 22日)
普通にプレイしてるだけで半分以上のトロフィーは取れる

魚釣りは仕事請負人を目指してるうちに取れるだろうし
花の栽培は時計をいじればすぐに取れる

職人魂を取るための素材採取マラソンが最大の難関で
運要素がかなり強くこれだけで60時間以上掛かりました

光速ファイターはEASYモードでムービースキップすれば6,7時間ほどで取れる

敵撃破系は3週目までくればHEADモードでもないかぎりまあ取れる

素材採取の作業が苦になるかどうかがコンプ出来るかどうかをかなり左右すると思います
N
☆2,5という感じです。

「職人魂」のために、素材集めに時間がかかります。少年期から、素材は定期的に集めておきましょう。

「伝説の庭師」は本体の時計をいじれば、すぐに獲得できると思います。

他のトロフィーは簡単だと思います。

Dエンディングの演出はすばらしいと思いました。ぜひ見て欲しいですね。
ひたすら素材集め
(Updated: 2011年 1月 04日)
ストーリーの流れで大方のトロフィーは取得出来る。

少年期限定トロフィー、特定時期以降取得出来ない素材があるので、「光速ファイター」はDエンド後を勧める。

素材集めは時間がかかるが、難易度をあげると出現確率が若干あがるので、アクションが本当に苦手でなければハードで進行した方がいい。
「鷲の卵」は少年期に全て取得しておくと楽。青年期は仲間が回復をかけてくるので死に難くなり、マラソンに時間がかかる為。

ボス時間内撃破は強くなった二周目以降で十分。一周目無理に狙う必要はない。

「伝説の庭師」、詳細はwikiを参照して貰うとして、白い花といいつつ若干青味がかったグラフィックなので気をつけた方がいいw

時間はかかるがスキルはまったく必要としないので、救いようのない世界観、グラフィックに耐えられればやってみてもいいのでは。
P
マラソンと運
(Updated: 2010年 11月 05日)
ストーリー自体はとても短いです。
なので、「光速のファイター」は、ムービーを飛ばして、無駄な敵を倒さなければ7時間かからず終わります。
しかし、一度しかない少年期に、やっておかなければ獲得が難しいトロフィーもあるので、一周した後別のセーブデータで取ることをおススメします。

メインは素材集めになるでしょう。鷲の卵だけ4つ崖の村で取っておけば、キーアイテムを全て取った後でも全ての素材集めが可能です。
むしろ、強い敵が出やすくなるのでそのやり方の方が楽だと思います!
その素材集めの方法はダンジョンの中をひたすらマラソン。
運というのは「伝説の庭師」。少年期にクエストをやっておかないときついのでお忘れなく。
ボスを決められた時間内に倒すのは、2週目以降でEASYすれば楽勝。

あとは「動物保護反対」、これは羊がストーリーを進めるごとにいなくなってしまうので、一番最初に取っておくことをおススメします。羊の肉をある婦人に売りつけることもできるので序盤のお金稼ぎにもなりますしね!

素材も運が大きく絡みますが、他のゲームに比べれば出る確率は高いと思います。
なので☆2です。
後半はランニング
(Updated: 2010年 11月 10日)
ゲーム本体の難易度は、hardでもコンティニューやアイテム等を使用すればクリア出来るレベルなので難しくはない。


ゲーム本編は周回を重ねることでエンディンが変化し、Dエンディングを選択するとセーブデータがすべて消えてしまうので、データを残したい人は必ずバックアップを取っておくことをオススメする。

プラチナ狙いで鬼門となるのは、「職人魂」。
武器を強化するのに素材を集める必要があるのだが、運要素が強く、何度も同じところを往復することになる。
すぐに出る人もいるのだろうが、ひとつの素材でも数を揃えようと思うとなかなか難しいため、どうしても時間がかかる。
負担を少しでも軽くしようとするならば、少年期からこまめに武器強化に必要な素材を集めておくことを勧める。
後半になると仲間がいるので、効率的に悪くなったりするため。

他に挙げるとするなら「伝説の庭師」「動物保護反対」。
「伝説の庭師」は特定のものを栽培する必要があるのだが、これも運なので根気強くやる必要がある。
「動物保護反対」は青年期になると動物がほとんど居なくなるため、少年期に必ず取るようにすること。


ゲーム自体の難易度は低いためこれらに注意してプレイすれば☆2つかとも思ったが、それでも運要素が高いことと作業的になりがちであるので☆3とします。
ネックは職人魂とバク
(Updated: 2011年 7月 28日)
ゲーム自体の難易度はさほど難しくないしかしプラチナトロフィー狙いで立ちはだかる壁があるとすれば

武器30種類すべてを最終強化することで取れる職人魂が取れるかどうかでプラチナ取得が出来るかどうかが決まってくる

とにかく素材集めが面倒で作業感がかなり精神面に負担がかかる

ゲーム攻略より素材収集の方が時間がかかるそこさえクリアしてしまえば後はどうにでもなる

気をつけないといけないのは少年期でしか取れない武器があるので一度そこを逃してしまうともう一週やるハメになる

自分は一度逃してしまい方向転換して高速ファイターをとりもう一回ニューゲームをして確認しながら武器取得し素材集めすることになり余計時間がかかってしまいました

職人魂のトロフィー取るにはまず武器コレクターのトロフィー取らないと話にならないので時間を無駄にしたくないなら少年期でしかとれない武器を把握しすべて入手することをおススメします

最初は気づかなかったのですがカイネ仲間になることで取得できるトロフィー、ワイルドな仲間が取れませんでした。

それと同時におとなしい仲間も取れませんでした最初はバクと気づかずそのまま進めてエミール加入で気づき最初からやり直しました

ゲーム難易度は☆2ですが作業とバグがあるので難易度+スムーズに行けないと言う意味でこの評価にしておきます
ただただ面倒臭い
荒削りなARPGという感じのゲームで、微妙に異なるエンディングが4つ用意されています。
その為、本来なら4周する必要があるのですが、セーブデータをコピーすることによって時間を短縮出来ます。
実際には、1周目の少年期に全てのクエストをこなして『動物保護反対』のトロフィーを取り、青年期でも全てクエストをこなしてクリア(Aエンディング)。
2周目以降は引き継ぎ有りの青年期から開始なので、寄り道せずにそのままクリア(Bエンディング)。
3周目は、崖の村消滅前に「鷲の卵」を必要数取得しておき、制限時間内にボスを撃破するトロフィー(ラストダンジョンまでのもの)を全て獲得して、クリア直前までストーリーが進んだら残りのトロフィーを獲得。
そして、ラストダンジョン直前のセーブポイントでセーブし、そのデータとシステムデータをUSBメモリにコピーして、残りの制限時間内ボス撃破のトロフィーを獲得しながらそのままクリア(Cエンディング)。
その後、USBメモリにコピーしておいたデータを本体にコピーし直し、セーブデータを消す方の選択肢を選んでクリア(Dエンディング)。
後はNew Gameで始めて、『光速ファイター』を獲得。
全てEasyでプラチナトロフィーを獲得しました。

鬼門なるトロフィーは、『伝説の庭師』と『職人魂』だと思います。
『伝説の庭師』の方は、PS3本体の時計と連動して植物が成長するので、種を蒔いては時計を進めの繰り返しで、トロフィーを獲得した時には3ヶ月も時計が進んでいました。(トロフィー獲得時間は正常でした)
『職人魂』は素材を集める為にひたすらマラソンをさせられます。
難易度をHardにすると、レア素材が若干出やすくなるような気がします。
その為、キャラクターのステータスとプレイヤーの腕が共に成長している3周目に行うのが一番いいと思います。

作業プレイが苦にならなければ、プラチナトロフィー獲得も難しくないと思います。
後半は若干作業的
ゲーム自体は大味で、特に詰まるところも無くサクサク進むアクションゲームと言った感じ

トロフィー収集でネックとなるのは、とにかく繰り返しプレイになりがちなこと
リスポンやロードを繰り返しながらの素材収集と
ストーリーも2週目以降は、後半からとはいえ最低3周する事になります。
さらに「15時間以内にクリア」のトロフィーを後回しにした場合、もう一度まるまる1周する必要もあります。

ただ、ゲームの難易度の低さと、極端に出にくい素材などがあまり無かったので(自分の場合)
これらの作業的な要素も、そこまで苦に感じることはありませんでした。
素材集めゲー
自分はクエストを全部こなしたので必要以上に時間がかかっています。
(トロフィー的には30個取れば良い)

このゲームでとにかく時間がかかるのは他のみなさんもおっしゃってる通り素材集めです。

素材1個取得する為に同じ敵を5時間も6時間も狩り続ける事もありました。

それ以外は比較的簡単です。

1周目でエンディング各種と絆以外は取得可能ですが、○○秒以内に○○を撃破系は1周目での取得にこだわらず、1回目のチャレンジで上手くいかなかったら2周目、3周目でやった方が楽だと思います。
2周目以降は2時間で攻略可で、3周目は最後のセーブポイントでセーブしてCエンド→そのデータをロードしてDエンド

難易度EASYでも全てのトロフィーが取得可能なので★2です。
ゲシュタルト崩壊
(Updated: 2010年 8月 25日)
3周半でコンプ。
ストーリーが把握できなくなる場合もあるので、素直に光速クリアは別にnew gameでとっておいた方がゲームとして楽しめる。少し反省。
ゲームプレイ時間の半分以上はマラソンをすることとなる。
人によってドロップの偏りもあるので一概にどれを取るのに時間がかかったとはいえないが
すべてにそこそこの時間を要す。
やってるうちにゲシュタルト崩壊を起こして
今何のドロップを求めているのか分からなくなるくらい落ちないときは落ちない。
個人的にもっとも時間を要したのは、伝説の花を咲かせることだが
ウネに植える順番で

橙桃橙桃橙を
①②③④⑤とすると
①→③→⑤→②→④のように植えると5倍ほど伝説の花が咲きやすいらしい。

時間:★2
スキル:★2
 運:★4
View all user comments

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー