レビュー詳細

RPG・SRPG 2013年 4月 13日 348
難関コンテンツは全て冒険板です
コンプ難易度 
 
5.0
そもそもトロフィー狙いの時点で、ハウツーから徒党の戦力まで全面的に寄生する流れになる以上、まずある程度募集する内容に関して自分なりに調べ、「分からないのに」募集する度胸が必要です。後はカグツチ等集まりにくいコンテンツは土日に募集かけたりタイミングさえ間違わなければ野良の方が何とかしてくれます。頼りましょう。家老は伊達等強豪の一門にお手伝いお願いしましょう。最初弱小に仕官してしまっても、筆頭が強豪に属している場合その一門に入れば、一度限りの移籍が出来ます。詳しくは「移籍補佐役」を参照あれ。以下、コンテンツ毎に注意点等を挙げたいと思います。

鬼門その一カグツチ。もう中身13人集めるのはさすがに不可能かもしれません。私の場合普段7アカ動かしていたのでそれらで水増ししてヒーヒー言いながら何とか取りました。色々な意味で最難関だと思います。寄合、個人ブログ等にポツポツ攻略を載せて下さってるのでそれらをよく読んで望んで下さい。風雷の峠では徒党を5つに分けて狐を守る必要があるので、チーム分けが一番面倒くさい箇所です。最後カグツチ本体では旗が脱兎出来ない
仕様なので鎧等生命も高く一番カッチカチな人を旗にして必死に生き残る、他は12分毎に飛んでくる印受けたら逃げて狐に話しかけて下さい。私の場合折れませんでしたが、旗が折れるとやばいかも知れません。そもそもの話ですがカグツチの人数集めに限らず、ゲーミングPCで7アカ動かせるかどうかが明暗を分けると思います。またたまーに募集が載る事もあるのでチャンスは逃さないようにしましょう。

妖魔召喚士はボスが非常にてごわい。並みの編成では7階位で折れますから、つよーい人を沢山連れていってください。単純に火力対火力のシバき合いになると思います。能の凪があると安定するかな?ここぞとばかり奥義も全部ブッ込んでください。鎧の真・不動挑発は開幕使え、非常に強いので。忍者も幻影痺れ斬り等妨害が非常に強いので一人は枠作るといいでしょう。あと召喚士の場合募集するに当たって注意点としては自分のクリアしてない
階からの募集に絞ることでしょうか。毎回1階からやるのは時間的にも無理があるので(ボスはともかく5階のスイッチ迷路を何度もやるのはダルい)、条件合う人が現れるまでそこは粘りましょう。

大黒天は今の野良が2人もいれば倒せる強さです。道中のお邪魔虫がめんどいですが強い人連れて行けばあっさり終わるでしょう。必須ではないですが、ここでもサブアカが光ります。自分で露払いをしてキャラダンジョンに残して街に募集に行けばスムーズにお手伝いさんが集まるでしょう。

以上全体を振り返るとやはりカグツチが突出していると思います。どうしてもトロフィー欲しい方、ゲーミングPC用意してやりましょう。それでも相当な努力と勉強が必要ですが・・。またトロフィーが搭載されている場合のMMOによくある話ですが、「トロフィー(という個人的な利益)の為に手伝わされている」という雰囲気にならないようにする、言葉尻のケアも大切です。一門でも野良でも口が裂けてもトロフィーという単語は使わないよう、うまく誘導しましょう。

直近、メジャーアップデートである天楼もローンチされ、帰参キャンペーン等各種キャンペーンも割と頻繁に開催されるのでまだ時間的にも猶予はあるかと思います。頑張って下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。