Operation Flashpoint:Red River

Updated
 
2.3 (3)
229   1   0
Operation Flashpoint:Red River

製品情報

ジャンル
FPS
価格
7,770円
発売日
2011年7月28日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象

 

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
2.3  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
遥かなるマラソンシミュレータ再び
(Updated: 2012年 11月 06日)
とにかく走るFPSの続編登場。
今作ではかなりカジュアル寄りな調整になりましたが、それでも相変わらずシミュレータよりなFPSです。

前作と比較して、ハードクリアのトロフィーが無くなったのでかなり楽になりました。
それでも、FTEの一部ミッションは若干苦戦するかもしれません。
レベルが低い序盤はスコープ類が少ないので苦労するかもしれませんが、レベルが上がりマークスマンやスナイパースコープが手に入れば楽になります。
キャンペーンやミッションで詰まるようなら、レベル上げしてみてもいいかも。

また自分の兵科設定だけでなく、NPCの兵科も設定してやるとかなり変わります。
装備がアンロックされたら、NPCもたまには強化してやって下さい。

・ウィズ・ア・リトル・ヘルプ
フレ3人集めないといけないので、過疎ると致命的です。
それでも2012年10月現在では外人は勿論、日本人もそれなりに遊んでいます。
オンで人を探せば、問題はないかと。

・FTE関連
ローリングサンダーやヘリに乗れ!などはソロでは少し難易度が高いかもしれません。
ただ、ウィズ・ア・リトル・ヘルプで集まったフレなどと一緒にプレイすれば、案外スムーズに行くと思います。

・職業軍人
レベルを上げれば結構すんなりと取れます。
ライフル兵でサーマル+M203+徹甲弾の組み合わせなら、ミッション問わずに戦えます。
G
体操せ~ん手の~
(Updated: 2011年 12月 06日)
本編+FTEと呼ばれるおまけモードのプレイが必要になります。
オンライン必須トロフィーはフレンド3人とプレイする「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ」のみですが、FTE関連はフレンドとのCOOPで楽になりますので、可能ならばその3人と一緒に攻略しましょう。

本編は独自性の強かった前作のドラゴンライジングに、一般的なFPSを足して2で割ったような内容になっています。
悪く評すれば自由度が低下していますが、それだけプレイしやすくなっていると言えるでしょう。
やはり遠距離射撃が基本ではありますが、1発の銃弾による即死はありませんでしたので、そういう意味での不運による理不尽な失敗はありません。
そもそも難易度トロフィーがないのでイージーで問題ないのも大きく、クリアだけなら前作より簡単になっています。
その他のトロフィーについても本編進行中に意識せずとも取得出来るものが多いので、まずはクリアを目指すことをオススメします。

FTEですが、これは4種ルール×2マップ用意されている単発ミッションをクリアするという内容になっています。
全体的には難しいものではありませんが、例外としてラストスタンドルールは特にソロだと鬼門になり得ます。
内容は断続的に襲いかかってくる敵兵を処理するだけのものですが、他ルールと比較しても攻撃が激しく、時間もかかるのがネックです。

各モードクリア以外にも、成長要素をコンプリートする必要性があります。
1つは各兵科で取得する経験値ものですが、これは単純に時間をかけさえすれば達成が可能です。
もう1つがステージクリア時に評価に応じて1~3つ貰えるメダルを使用する成長要素で、結論から言うと本編とFTEの全てで最高評価であるゴールドを得る必要がありますが、少なくともCOOPでやる分にはそれほど難しいものではありません。
(ちなみにDLCの追加FTEでもメダルはもらえますが、これは成長に用いることが出来ません。)

以下は追加トロフィーについて。

・死の谷

FTEの各ルールに2つずつマップが追加されるDLCです。
トロフィーは追加されるマップで取得することになりますが、ここでも問題となるのはラストスタンドルールの2つです。
いずれもソロでの達成は絶望的で、本気で取得を考えるならば有志のフレンドと共に挑むことを強く推奨します。

「ミリオネア会員」は高地と呼ばれるマップで取得するのがオススメですが、パターン化は必須です。
攻略手順を理解してしまえば難しいものではないのですが、達成には120分前後という長丁場になってしまうのがツライところなので、時間と相談して開始しましょう。

「VODマスター」は事実上、防衛戦と呼ばれるマップでゴールドを取得出来るかどうかにかかっています。
パターンを理解していることは前提、COOPでも全員のスキルが要求され、かつ役割分担が出来ていないと話になりません。
難易度でいえば断トツでこれが難しく、少なく見積もっても★4に近い★3くらいの意気込みで挑みましょう。

ちなみに「阻止不能」はガチでやると運も絡むのでなかなか難しいのですが、実は車列がスタートしてしまう前にC4などで全て破壊すればOKという抜け道があったりします。

難易度ですが、プラチナまでならフレンド3人の問題を考慮しない&FTEはCOOPで攻略という前提で★2とさせて頂きます。
(Updated: 2011年 9月 13日)
前作とはプレイ感覚・トロフィーともに大分違う。

今作はレベルの概念が追加されたので、『アウトロー・ツーの英雄』(全兵科レベルMAX)の為に何度も同じミッションを繰り返す作業が必要になる。経験値を稼ぎ易いのでコンバットスイープ推奨。

『職業軍人』(全ミッションゴールドメダル)はオンラインだと細かいサブミッションを無視して突っ込む人やクリア寸前で荒らす人がいる為、ソロプレイの方が安定して取り易い。

一番苦労したのが「ヘリに乗れ!」。敵の侵入経路と弾の補給場所を覚えていないとお話にならないのでしっかり下見しましょう。

オン必須トロフィーは『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ』(一度にフレンド3人とプレイ)のみ。

通常トロフィーに比べ追加トロフィーの難易度は遥かに高い為、100%にしたい方は注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。