orgarhythm

Updated
 
3.3 (3)
170   1   1
orgarhythm

製品情報

ジャンル
ミュージック×ストラテジー
開発
価格
3,990円
発売日
2012年8月9日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
価格等
DL版:3,200円

 

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
3.3  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
メロディー・ライン
(Updated: 2015年 3月 22日)
このゲーム私以外今まであったプレイヤーの中でコンプしている日本人は私含めて下記レビュアーさん以外見たことがありません。
つーかタイトルすらあまり見ることがありません (ゲーム自体影が薄いからか。。)
このゲーム全体のプラチナ取得率が0.7%なので★5()笑だと思いきやあまりにもつまらなすぎて誰もコンプまでやらないだけだと僕はそう思いますw

攻略情報に関してはどのサイトにもまったく皆無なのでこちらが実際にプレイした内容を大まかに説明します。
累計系のトロフィーに関しては下記レビュアーさんが的確に仰っているのでそちらを

CO-OP系、アドホックトロフィー
このトロフィーに関しては2ch、wikiにマルチプレイでも取得出来るんですか?とおっしゃっている方がいたのですが
残念ながら間違いです。このトロフィーはvita本体2つ、ソフト2つと自家談合必須です。
どうしてもトロコンしたい場合 以外の場合はハッキリ言ってお勧めしません。資金面でもそうですがそれなりに相応のスキルも求められます。

難易度系トロフィー

難関、巨大な聖音、復讐の大筒、阿吽の舞に関しては下記レビュアーさんが丁寧にレビューしてくれているのでそちらを参考に

そしてだれもレビューしていない血戦を私がレビュー

『血戦』
最初は的確にトライタップ、敵の弱点に合わせて弓兵配置
道なりに進むと敵岩兵配置。道中の敵の配置と兵科を覚え、常に有効属性で先手を打てるようにする
毒のあるステージでは扇型に回復支援設置

血戦 ラスボス HARD
開幕、鈍足効果のある支援をボスの取り巻きにいる雑魚に一斉配置
雑魚全体の速さが極端に遅くヌメヌメ状態になるのでそこに岩兵全配置
とにかくここで上手く決めればEASYとほぼ互角の強さ、敵に対して積むことがないので楽になるはず。

注意:
開幕鈍足効果のある支援、をボスの取り巻きに足止めをかけ、一人も散らせないようにしましょう。
散らせてしまえばここは潔くリトライ推奨。

こんなとこですかねー
どうしても手っ取り早くプラチナを欲しい場合は有料DLC買い占めれば楽になるはず
Sランク全制覇も夢ではないです




深刻なバグがあるのでご注意を
(Updated: 2013年 7月 02日)
攻略に関してはXR-900さんが丁寧にレビューしてくれているので、実際にやったプレースタイルでも書いてみます。

スキルは有料DLCの【飛び道具の使い手】、【絶対リズム感】の二つのみ使用しました。
正直これだけでいいです

【絶対リズム感】に関しては「疾風」のステージにだけ使用しました。このステージはなんかタイミングが合わなかったのでこれでなんとかコンボを繋げるようにしました。それ以外のステージは全て【飛び道具の使い手】を使用しました。

とにかく処理落ち等で曲とタイミングがズレてくるので、最速トライタップの感覚を覚えておきリズムがズレてきたなと思ったら一度間隔をあけて、最初のタップを目押ししてから最速トライタップに繋げると個人的に繋げやすかったです。

累計系のトロフィーで少々面倒なのが
「マラソンランナー」、「闇狩り」でしょうか。どちらも最短で終わるステージばかりでまわしていると全然足りなくなると思います。
撃破数のオススメの稼ぎは血戦のNormalです。ボスの取り巻きを速攻で倒してクリアすると5分半で110kill前後いけます。
マラソンランナーの歩行距離のみが残った場合は「闇の鼓動」Casualで少しの攻撃だけで淡々と進むので気楽に稼げます。


そしてこのゲーム最大の敵がバグによるデータリセットです。
詳細ですがタイトル画面に戻るとスキルレベルとユニット4種類開放やエンディング等のムービー開放のデータ以外全てリセットされる可能性があるバグがあります。

プレーしていてバッテリーが無くなって電源落ちたので再度起動したらデータがリセットされてました・・・
Sランク埋めが残り「血戦」のみだったので非常に萎えましたw

その後にもデータベースから間違ってタイトル画面に戻って、再開しようとしたらリセットされていた
バックアップ取るのにイチかバチかでゲーム終了してコピーしたらリセットされていた

の計3回も被害にあいました・・・10時間分は消え去ったかな。
希にとかそうゆうレベルではありません。50%以上の確率でリセットされているのでバックアップ取ることさえオススメは出来ません。

それでもバックアップ取りたいのでしたら1つのステージをSランク取るたびにバックアップ取る。

そのデータが正常で、2度目のバックアップからは別の機器にバックアップ取りましょう。同じ所に上書きしてリセットされていたら今までの苦労が水の泡になります・・・

やはり理想はコンプするまでゲーム終了しないことですね


コンプ難易度ですが有料DLCアリでの体感だと☆2~3といった感じでしょうか。課金無しも考慮して☆3としておきます。
スキルが必要なのがあるので簡単ではない。
データリセットされたセーブデータのプレー時間は12時間でしたが、要領を理解していてスキルレベルが残っていたのでたそこにプラスすることを考慮すると20時間ぐらいでしょうか。と言ってもスキルレベルが残っていても歩行距離や撃破数でだいぶプレーしないといけないのであまり変わらないかなと。ってか初期のデータが残っていたらそれぐらいでいけたと思います。

作品的には全然オススメ出来ません。音ゲーでもうやりたくないと思った作品はこの作品が初めてでした。
DLCで難易度大幅低下
(Updated: 2013年 6月 06日)
リズムに合わせて画面をタップし、光の民と呼ばれる兵士を配置しながら敵を倒していく戦略ストラテジーの音ゲー版のようなゲームです。全ステージ全難易度でSランクが条件の『オルガリズマー』が取れればほぼプラチナですが、本作にはアドホック対戦が必要なマルチトロフィーがついていますので、二台持ち、友人の協力、実際に待ち合わせしての談合 このいずれかが出来ない環境の方はコンプできませんので注意してください。

Sランク取得のためにはいくつか設定されているスコア条件を満点に近い状態でクリアせねばなりませんが、この内分かりにくいのはTap Scoreだけだと思います。これを高得点で終えるためには最速トライタップという技術が必須になります。とにかく休みなく連続でタップしていかなねばならず、リズムの難しくなる後半では慣れないと辛いと思います。
その他のスコアについてはしっかり戦略を練っていけば大丈夫でしょう。このゲームはAIをオフにしてプレイすれば全て固定敵となり、完全な覚えゲーとなります。敵の出現位置と属性、行動パターンはいつも一緒なので、正しく民を配置していけば何も難しいことはありません。

また、どうしても難しいという方にはDLCで高性能なスキルが販売されているので、導入すれば格段に難易度が下がります。おすすめは次の二つ
【飛び道具の使い手】弓と投石の攻撃力2倍というチート性能。打撃は80%に低下しますが、このゲームは打撃の使えなさが異常なのでこのスキルがあるだけでボスも一瞬で溶けます。
【絶対リズム感】タップの成功判定がかなり甘くなります。最速トライタップも非常に成功しやすくなり、スコアに直結します。
(ちなみに【神の力】という見るからに反則性能っぽいスキルも販売されていますが、これは神が敵のダメージを受けなくなるだけでこちらの火力が上がるわけではないので、実質Sランクプレイには意味がありません)

・まずリズムを覚えて最速トライタップを確実につなげられるようにする
・道中の敵の配置と兵科を覚え、常に有効属性で先手を打てるようにする
・ボスの行動パターンと最速撃破の為の兵科配置を覚える
これが全ステージ共通の攻略スタイルとなります。

ボスについてはいかに速攻で倒しきれるかが重要です。基本は弓兵を全配置(16x3=48人)して攻撃力UP支援をかけ、一気に削るスタイルでいいと思いますが、ボスの火力が凄まじいステージではある程度の戦略が必要になります。また、雑魚兵を引き連れてくるタイプのボスでは支援、足止めを有効活用しましょう。ここでしか使い道のない支援スキルですが、極めて効果が高いです。特にラスボスの連れてくる自爆兵は接近を許した時点でほぼ壊滅なので、開幕で足止めをかけ、一人も散らせないようにしましょう。
ボス攻略で特に難しいのは『巨大な聖音』『復讐の大筒』『阿吽の舞』あたりでしょうか

『巨大な聖音』
開幕で右側の巨人前に青弓兵配置、残りの兵で現れる雑魚を倒す。属性が変化したら今度は左の巨人が止まるので有効属性で正面に弓。このボスは2体いる時は1体が動かずに踊り続けるので格好の的にできるが、片方を殺してしまうともう1体が動き続けるようになってしまい、攻撃が通りにくくなる。なので左右に弓兵を置く際、一気に倒しきるのではなくあと僅かのところで止まるよう配置数を調整すること。2体とも瀕死の状態にできれば理想

『復讐の大筒』
 基本は開幕で扇型に弓兵全配置&攻撃力UP&防御力UPまたは回復支援を弓兵に。ボスの火力が凄まじく、支援による回復か防御がうまく機能しないと一瞬で壊滅もありうるので、支援は一気に出し切り長引かせないこと。最初で殺しきれずに味方が壊滅しだしたら諦めてリトライ推奨

『阿吽の舞』
最難関。超高火力の巨人が2体。長引いたらほぼ全滅です。ボス出現前にタップ→青兵選択→投石選択 まで済ませた状態でスタンバイ。ボスが出現したら即座に右の巨人前に青投石兵全配置。時間を空けずに左正面に黄色投石兵全配置。続いて青と黄色の投石兵を結ぶように攻撃力UP支援。次いで赤兵を神の下部に並べて壁にする。完璧に決まればこのターンで殲滅あるいは瀕死状態までもっていけるはずです。逆にここで手間取るとほぼ詰みなので、何度もリトライして手順を覚えるまで根気よく挑戦しましょう。

難易度はDLCを導入する前提で☆3.0 導入しなくてもレベル100までいけばDLCの下位互換くらいのスキルは手に入るので、攻略に問題はないですが、手っ取り早くこなしたいならDLC推奨。
ゲームとしてはリズムゲーでありながらタイミング判定が実にいい加減であり、ラスボスステージではまさかの処理落ち&音ズレという、音ゲーにあるまじき鬼仕様。
加えて高難易度では対策を練らないと簡単に全滅するバランスになっているので、心の折れるゲーマーが多そうな印象。色々と残念なタイトル。
(追記:Sランク制覇が終わった場合、レベル100までの作業プレイが待っているが、DLCステージに1分で終わるステージがあったはずなので、導入すればそこは楽になると思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。