PixelJunk SideScroller

Updated
 
2.5 (2)
122   1   1
PixelJunk SideScroller

製品情報

ジャンル
シューティング
価格
1,000円
発売日
2011年11月10日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象

 

ユーザーレビュー

2 reviews

コンプ難易度 
 
2.5  (2)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
個人的にはシューティングとしてはいい出来ではないと思う。
(Updated: 2012年 8月 17日)
半額セールで500円で買ったシューティングゲームです。
途中途中、
グラディウスにR-TYPEにダライアス見たいな場面がたくさんあり、
これは製作者が狙って作ったとしか思えません。
これに斑鳩の白と黒、ボーダーダウンのボーダーシステム、
レイシリーズのロックレーザー、サンダーフォースのサンダーソードがあれば、
完璧です。(もちろん悪い意味で)

トロフィーに関しては、
難易度ブルータルのセクターをクリアすることぐらいしか難しい事はないと思いますが、
難易度ブルータルはハードをオールクリアしないと出ないため、
ノーマルとハードを1周とブルータルを1セクターやらなければいけません。
特にハードとブルータルはゲームオーバーになって装備がパワーアップが初期化されるので、
無理そうなら最初からやり直すのも手です。
特にハードの最後のステージはやり直し推奨です。
ですがR-typeⅡみたいな鬼畜な復活ではないです。
(r-typefinal、グラディウスⅡ並の難易度だと思います。)

クラウンを3つ集めるトロフィーは動画をみれば楽です。
一応、動画がyoutubeにあったのでタイトルを書いておきます。
PixelJunk SideScroller:Sector 1-1 100% All Crowns, Max Combo

なお2人プレイをするトロフィーもありますのでコントローラーは2つ必要です。
ちなみにオンラインマルチプレイはありません。
多分ですが。

難易度は個人的にはだいたい☆2ぐらいですね。
短時間で取れて、最高難易度以外楽にトロフィーが取れると思います。
正直な話をするとトロフィーを取るにはおすすめはしません。
ゲーム自体も出来は良くないと思いますし、1000円は高いです。(100で十分)(ぇ

ところでps3のスペックを最大に使った、硬派なシューティングは出ないかな…。
萌え弾幕シューティングも悪くはないけど、最近かっこいい戦闘機が戦うシューティングがほとんどないです。
女の子に見とれてシューティング部分が楽しめないし、なんで玉を避けるのに萌えが必要か分かりません。
そしてそういう雰囲気が苦手です。><でもかわいい子は好きです\^o^/
(ただし二次元で種族が人間以外に限る)
レビュー投稿者トップ100 48 reviews
これとShooterとの発売順が逆なら理解も出来たけど…
(Updated: 2011年 12月 19日)
ノーマルクリアでハード、ハードクリアでエキスパート(トロフィー説明文ではブルータルと表記)がアンロックされますので、最低2周+αとなります。
また後述しますがトロフィーコンプにはコントローラーが2つ必須となります。

PixelJunkシリーズのシューティングといえばShooterがありますが、パズル要素が濃いそれに比べてこちらは真っ当な強制横スクロールものです。
弾幕的にはそれほど激しいものではないのですが、地形的なギミックにより被弾へと追い込まれる、そういう趣旨のシューティングゲームになっています。
よって、一般的なシューティングゲームでのそれとはニュアンスが異なりますが、死に覚え前提のパターン化努力は必要となります。

トロフィー的にはプレイしてみれば何をすればいいか理解出来るものばかりでしょう。
最高難易度のエキスパートは撃ち返し弾が激しく全クリアしようとすると大変ですが、1セクターだけをクリアでいいのでなんとかなると思います。
もしなかなか突破出来ないという方は、敵を倒さず進むということも選択肢に入れてみて下さい。

あとプレイ前に気になる方がいると思いますが、「手をとりあって」の「マルチプレイでどこかのセクターをクリアする」にコントローラー2つが必要です。
(このゲームにオンラインはなく、またポート1にコントローラーが設定されていないとゲームがストップするので切り替えではダメです。)
残機共通制で0になった時点で片方は復活不可となりますが、そのまま残った側がクリアすればいいので1人でも問題ありません。

難易度ですが、コンプまでの時間を重視するなら★2でもいいと思います。
ですが、ミスの度にいちいちチェックポイントに戻されたり、難易度ハード以上での視覚演出方法が理不尽だったり等、コンプまでの過程は気楽なものではないので★3とさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。