レビュー詳細

71UKSOmXPSL._SL1000_
アクション 2019年 6月 24日 1596
タクドラが如く
(Updated: 2020年 10月 11日)
コンプ難易度 
 
3.0
龍が如くというシリーズに若干の不安感を持たせた疑惑の作品。
ここと6のナンバリングの脚本は言わずもがなの暗黒期。
唐突に始まる別ゲーはまさに迷走。
品田や渡瀬など一部のキャラクターは評判がいいだけに残念。

ノーマル、EXハードでの2週が必須となりますが、今作はプレミアムアドベンチャーからの引き継ぎが存在しないため、プレミアムアドベンチャーの間にコンプした要素はEXハードに引き継ぐことが出来ません。
黄金銃などを持ち込みたい人は1周目クリア前に終わらせておきましょう。

ラスボス前では遥が操作できないこと、時間の切り替えが1度ずつしか行えないため、
クリア前に前コンプしたい人は以下の要素に注意。

・遥のサブストーリー・アナザードラマ、プリクル
・川釣り・海釣り(時間帯で釣れる魚が変わる)

・神室町のプロント 昼しかないメニューがあるため注意
(福岡の屋台も該当ですがこちらは夕方・夜しか出現しない仕様なのでとり逃すことはないです)

・闘技場
(厳密には時限ではないですが難易度準拠なので、EXハードで挑むと無理ゲーになります)

今作はまだ達成目録は存在しませんが、「殿堂入りプレイヤー」のトロフィーが存在しているため、
サブストーリー、アナザードラマ、ミニゲーム、食事、闘技場、キャバクラ、街歩き、師匠とほぼすべての要素を網羅する必要あり。

ただ、今作はミニゲームのコンプリートが若干甘くなっています。
ビリヤードで特級をを相手しなくてよい、バッティングセンターの目標引き下げなど。

その代わりに賭博やカジノミニゲームは目標点が上がっていたりしますが、
イカサマアイテムが豊富でコンプは楽になっています。(麻雀などが最たる例)

都市が増えたことで店の数も大幅に増えた食事、
挑戦のためにランキング4位まで上がらなければならない闘技場が面倒。

ランキングポイント稼ぎは、ブレイクアウトSPで相手を場外に投げ飛ばす作業で稼げますが、
秋山のリミテッドバーサク、品田の100人抜きが厳しいです。
今作はプレミアムアドベンチャーの引継ぎが出来ないこと、闘技場は難易度準拠につき、
EXハードで挑むのは無理ゲーに近いので必ず1周目ノーマルのうちに終わらせること。

亜門も今作はかなり弱めですが、虎落としゲーなのでコツが掴めない人は難しいかも。

意外と作業は苦にならなかったものの、何かと残念な部分が目立つ惜しい作品でした。

レビュー

コンプ時間
120時間くらい

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2020 プラチナトロフィー