RESISTANCE 3

Updated
 
2.3 (11)
324   2   0
RESISTANCE 3

製品情報

ジャンル
FPS
販売
価格
5,980円
発売日
2011年9月8日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象
価格等
PlayStation Move対応

ユーザーレビュー

11 reviews

5 stars
 
(0)
4 stars
 
(0)
3 stars
 
(0)
2 stars
 
(0)
1 star
 
(0)
コンプ難易度 
 
2.3  (11)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
アビアビアビアビ、阿鼻叫喚
PS3ロンチから続くレジスタンスシリーズの最終作になります。
大好きなシリーズだったのですが、シリーズ特有の味方部隊との共闘感や、前作の大人数COOPなどが削除された結果、シリーズの良さがスポイルされ、ただの古臭いFPSになってしまった気がします。

・最強の人類
ベリハクリアトロフィー
大ダメージとライフ制が相まってストレスが溜まる事請け合いです。
特にハンマーオンリーの闘技場はきつかった。
マークスマンとアトマイザーのセカンダリーやミューテイターなどの強力な武器を有効活用すべきです。
攻略では下記サイトを参考にさせていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/clockwork_perssimon/folder/227472.html

・◯◯を使い同時に◯◯体倒す。
ピットの最後のグリム祭りが簡単です。
敵を制すのトロフィーもここなら狙いやすいかと。

PSnowでプレイしましたが、強制インストールタイトルは起動のたびに毎回インストールが発生するのか、無駄に起動に時間がかかるのでnowでのプレイはオススメしません。
またPSnowが原因か分かりませんが、プレイ時間も20〜30時間のはずがゲーム内だと100時間突破していました。

チートのお陰で全体的には簡単なのですが、最強の人類がチートを使えない事もありかなり苦戦しました。
最近のFPSに慣れていると予想外に苦戦するかもしれません。
COD,BFより・・・
正直、難しかった・・・
雪のステージでの乱戦がとにかくきつかったイメージ(コンプしたのは半年くらい前)
主的にはCODやBFのベテランより難しかったと思う。完全オフでコンプは可能だが、トロフィーの多さとそこそこのキャンペーン難易度から☆は3
↓GANG DAO Ⅲさんが詳しく書かれているので、そちらを参考にするといいと思う(おいっ)↓

レジスタンスはしばらくやりたくないと思わされた作品だった
RESISTANCE 3 100% Platinum Trophy
(Updated: 2014年 3月 28日)
【RESISTANCE 3】
Insomniac GamesのRESISTANCEシリーズも見納め
RESISTANCE 1(人類没落の日),2,3のシリーズ3部作とも、すべてプレイ済み
前作のResistance 2(TM)と違い、すべてオフラインでトロフィー獲得が可能

【キャンペーン(ストーリー)】
前作の主人公であるヘイルはキメラウィルス活性化によりケージなしの体力回復だったが
今作の主人公であるカペリは人類の為、ケージでの体力で自動的に回復されないので、留意されたし
単調的なものが少なく、テクが必要とされるトロフィーがいくつかある
トロフィーコンプリートするのに最低3周(EASY,NORMAL,SUPER HUMAN ※HARDは省いてよい)
最高難易度であるSUPER HUMANは、NORMAL以上の難易度でクリアすれば追加される

「生き残った人類」
難易度は問わず、どの難易度でも1周クリアすればトロフィー獲得
楽に進みたければ、EASYでプレイされた方がよい
前作の操作方法があまりにも違うため、高難易度から始めると操作に慣れるまでかなりの時間を浪費してしまう

「あっという間の破壊/ゴリラ調教師/決着は手短に」
ストーカー(シリーズ3部作登場のハイブリット),ブロウラー(今作初のゴリラ型キメラ)が該当
序盤以降のステージと中盤の郵便局が対象だが、指定時間が短く、まともに実践するのは困難である
キャンペーン1周クリアで解除されるチート(体力回復,全武器解除,無限の弾)を利用すれば楽である

「パブの用心棒/守りは任せろ」
防衛での戦闘で自分のエリアに敵が侵入しないように全滅する必要がある
上記と同じく、まともに実践するのは難しいので、チートを利用し、ワイルドファイアでガンガン撃ちまくれば楽勝

「根っこの駆除」
初めから、意識せずとも、ストーリーを進む途中に黄色い根っこの破壊のレクチャーがあるので、それから意識するとよい

「/鈴が鳴る/片目のジャック」
ステージ中に出現するオブジェクトを破壊するだけ
気づかない場所にあるので、攻略サイトや動画などを参考にすればよい

「スナイパーライフル収集/今だけは味方だから」
どちらも、ウィドウメイカーと戦闘するステージで条件を満たせばトロフィー獲得
「スナイパーライフル収集」気づかないところにあったりするので、攻略動画を参考にするとよい

「重力を味わえ!/レーザーなんて怖くない」
マウントプレザント関連の2つのトロフィー
「重力を味わえ!」様々な手段があり、自分なりに考えて実践するのもよいが、攻略動画で参考するのもよい
「レーザーなんて怖くない」炭鉱の入口にたどり着く(※チェックポイントが前提)まで、ノータメージでトロフィー獲得
EASY難易度で炭鉱の入口まで一気にダッシュして走り抜け、運がよければ、ノータメージでたどり着ける

「移動式棺桶/運転手さん、こんにちわ」
列車に乗ってる状態での戦闘で、外に走ってる車と運転手が該当
条件を満たすまで、リロードして繰り返せば自然とトロフィー獲得

「一人も逃がさない」
車庫内にある車をすべて、破壊することでトロフィー獲得
位置がわからず、むやみに探し続けても敵に返り討ちに遭わされるので、死亡しながらも位置を覚えておくとよい

「ウゲェー/腐ったリンゴはまわりの奴も腐らせる/花火/キャンプファイアー/弾倉いっぱいの死」
基本的に、同時撃ちが前提のトロフィー関連である
集団行動の敵に同時撃ちが狙える有効な場所を選ぶかが、カギである
なお、武器のアップグレートが条件であるトロフィーはアップグレードするまで気長に進むしかない

「電磁気中和/グレネード名人/グチャグチャグリム/ナイススロー/漏電注意」
グレネード関連のトロフィー
様々なグレネードを条件通りに上手く活用することで、トロフィー獲得
グレネードの最大所持数がそれぞれ5個までなので毎回使用出来るというわけではない
「ナイススロー」バスケのフープに投げ入れることでトロフィー獲得
攻略サイトや、動画などを参考にするのもよい

「安全な射撃/貴様の攻撃など届かん」
オーガを常時、射撃&防御(フォースバリア)することで自然とトロフィー獲得

「バッタ撃ち/戦死者背後からの一撃/カウンタースナイプ/次元の向こう側へ/タグ、それが君の生き様/環境には危険が一杯/自慢の早撃ち」
基本、指定の武器、指定の敵、指定の手段を繰り返せば、キャンペーン1周で獲得できるトロフィーがほとんど

「ジャグリング/メデューサ/割れ物不注意」
クライオガン(凍る息吹の武器)に関わるトロフィー
特に、「ジャグリング」は、ミューテイター,ロスモア,クライオガンのトリプルコンボにテクが試される
ロスモアでなくとも燃えるものであればどの手段でも可である

「あくまで頭を/スナイパーエキスパート/無駄撃ち無し」
ヘッドショット関連のトロフィー
デッドアイは弾数が少ないので、1回もミスらないことが、望ましい

「トースト/爆発には気をつけろって言ったろ?/散弾ならでは」
2体以上の敵を倒すことが前提のトロフィー
大概、2体以上の敵を同時に倒すことが条件のため、チャンスの時に弾数がなければ無意味

「靴の底をすり減らして/陸・海・空」
どちらも、キャンペーン1周目を進行させることで自然とトロフィー獲得できる

「マスターメカニック/武器屋お気に入りの銃」
すべての武器をアップグレートするのに最低2周は必要
ほかの武器を放置してお気に入りの武器を使い過ぎないようにバランスよく武器を使い分けると最短の時間でトロフィーを獲得できる

「ビブリオマニア/コレクター/本の虫」
前作に続き、今作も情報書類を集めなくてはならない
だいだい、見つかりやすいところがいくつかあるが、1周目で見逃したものは2周目でまた探さなくてはならない
攻略サイトや動画などを見ながらプレイしていけば、安心して収集することができる

「最強の人類」
RESISTANCE 3で、最も難問とされるトロフィー
NORMAL以上の難易度を1周クリアし、解除されるSUPER HUMANをクリアすることで、トロフィー獲得
キャンペーンクリア後の特典のチートを利用するとトロフィーの獲得が無効となる
さすがに、最高難易度なので、何度も死亡してしまうのは無理もない
何度も死にながらも敵のパターンや攻略法を編み出しながら、自力で頑張るしかない

【協力プレイ(キャンペーン併用)】
前作のCOOPとしてのプレイではなく、キャンペーンを2人で協力するというシステム
オンライン必須ではなく、オフラインで1人2役でトロフィーの獲得が可能
難易度は問わず、EASYでも可なので地道に実践するとよい
ただ、1人2役(1人で2つ以上のコントローラーを操作)に慣れてないと恐らく手間がかかる

「沈黙のパートナー」
自らが敵に1,2回ほど撃ち、タメージを与えた敵をパートナーが倒すという少々面倒な条件
誤って自分が倒してしまわないように注意が必要

「仲間を見捨てはしない」
倒れたパートナーをわざわざ、蘇生しなくてはならない
蘇生しに行くとき、敵に撃たれて無駄死にされたらゲームオーバー
撃たれないように岩の陰など(壁でもよい)に隠れて、そばにパートナーを立たせて蘇生を繰り返すのがベスト

【あとがき】
RESISTANCE 3部作の最終章 前作と比べ、現実味が深く何より絶望的だ そこに家族愛があり、ラストの出来栄えもよかった
Resistance 2(TM)にない表現の仕方が非常に素晴らしく、最後までストーリーを堪能し、楽しむことができた
キャンペーンでは、雑魚の敵の数が非常に多く厄介、行く先を阻まれるの繰り返しでSUPER HUMANは過度に半端なかった
基本的なトロフィーも含め、協力プレイのトロフィーと合わせて約2日でトロフィーコンプリートできるのが最大の利点

【補足】
対戦プレイは、Resistance 2(TM)の盛況のせいか、なかなかマッチしないので断念
100回は死にました
シリーズ初プレイ、どころかFPS自体初プレイのため他の人が言うほどもあっさりは取れませんでした
ノーマルクリア→スーパーヒューマンクリア→残った単発ものを無限弾薬を使い埋める→資料集めの順で埋めました
トロフィーのほとんどがこのシーンで何々をしろ、だとか
どの武器でなんとかしろ、のような単発物でまたクリアしたステージは自由に遊べるため1週目はネタバレなしに効率的に埋めていかなくてもいいとこがよかったです

・最強の人類
9章のパワーコアを持ったチャーリーを防衛するシーン
14章のハンマーのみで闘技場で戦うシーン
17章の反撃を門の前で敵が次々と沸いてくるシーン
この3箇所が鬼門でした、1回の死ぬまでの時間よりもロード時間のほうが長いのが辛かった・・・

・ビブリオマニア
最後に残ったのがこれ
わかりにくい場所にあるものも存在するため攻略サイトや動画などをみて、集めれば詰まる部分はないと思います

・沈黙のパートナー、仲間を見捨てはしない
他の方も書いているように一人で2キャラを操って取りました
FPS初心者におすすめ
初めてFPSでプラチナを取った作品なので初心者におすすめできます。

特に初心者にオススメな理由の一つが、オフラインでもプラチナ獲得できるということ。初心者はFPS仲間もいませんからね。ただしコントローラを二つ用意して、画面分割の二人プレイを行う必要があります。連射パッドが無い人はこの機会に導入してみては。

このゲームで慣れて、他のFPSにも手を出していけばゲームの幅が広がって良いと思いますよ。
良FPS
終始フレンドとの協力プレイ。
多様なトンデモ武器があるのが面白く、最後まで飽きずにプレイできました。
そういう意味で、何となくパーフェクトダークを思い出したり。

トロフィーは数が多いものの内容がユニークで、キャンペーン中に意識しながら進めていくのが逆に楽しいくらいです。
特にスナイパーを避けるのとか、崖から落とすのとか…。
骨が折れるのは「最強の人類」くらいです。
序盤は全ての敵を丁寧に倒していて結構苦労しましたが、戦闘を回避することを知ってからサクサク進めるようになりました。

トロフィーはないですが対戦も面白かったです。
30キル3デスとか、うまい人は本当にうまいですが。
最初は難しく感じたが、慣れたら普通に思える難易度
(Updated: 2012年 6月 12日)
コントローラが2ついるが、ソロでプラチナが取れる貴重なFPS。トロフィー総数がけっこう多いが「最強の人類」以外は、どれも難易度Easyでチート使用して意識してやれば簡単。wikiメモを参照に。トロフィーを取るたびにチート購入のスコアがもらえるので、取れそうなトロフィーを集めていき無限弾と全武器解除のチートを購入してから、パブや基地を守るやつやボスを2分で撃破などのトロフィーを狙っていけばいい。

収集物も総数が少ないほうで、かつそれぞれに名称があって取ってないやつは確認できるので苦労しない。

自分は「メデューサ」のトロフィーがなかなか取れなかったが、これは地下鉄の第一チェックポイント超えたグリムと虫が大量に出るところでゲットできた。リーチやラベジャーが混ざってると取りにくいので、上手くいかない人はここがおすすめ。

問題の「最強の人類」は最高難易度スーパーヒューマンをクリアするというもので、チート使えないしすぐ死ぬので武器の揃ってない最初は難しく感じるが、進むたびに慣れていき普通に感じるようになるはず。アンチャのプロと同レベルくらいのものと思ってもらえばいい。対策としては全武器をレベル3まで上げておく、回避できる戦闘はダッシュで切り抜ける、遠くから倒せる敵はスナイパーやオーガであらかじめ仕留めておく、といったあたりか。丁寧に攻略していけば詰まることはないので躊躇することなし。

個人的には簡単でした
(Updated: 2012年 4月 17日)
人間VSエイリアンのFPS

前作に比べて非常に楽になったと思います。

まずキャンペーンですが、
システムを理解できなかったのか、1周目のノーマルの方が難しく感じました。
HPがゲージ式なのはやはり慣れないと難しいですが、なれたら楽です。
難易度はクライシスより簡単でKILLZONE3と同じぐらいだと思います。
ストーリーも3部作の最後みたいな終わり方でよかったです。
なお協力プレイのトロフィーは2pコントローラーを使いましょう。
友人がいれば楽ですがいなくても変わらないと思います。


ゲーム自体も面白いのでぜひやってみてください。
マルチプレイは中古で買ったためやってませんが。
レビュー投稿者トップ100 48 reviews
ブロウラー怖い
シリーズ初プレイです。以前から遊んでみたいと思っていましたがパッケージの画像のせいか、なかなか手を出せずにいました。遊んであまりの面白さに後悔しました。しかしマルチプレイは別ですが・・・。

レジスタンスの最難関ゴールド「最強の人類」を除いたトロフィーはスーパーヒューマン攻略前に取りました。ゲーム内ではチートが用意されており、弾数無限化があれば最強の人類以外全て取得できるのがディ・モールトベネ!

以上
M
いやぁ・・面白かったです
シリーズ初プレイでしたが、非常に楽しめる作品でした。

最高難易度クリアのトロフィのみが鬼門で、
それ以外はWikiを見ればほとんどすぐに取れるものばかりです。

弾倉いっぱいの死が何気に苦労しましたが・・・

ちなみにFPSは苦手ですが、プラチナゲットできましたので、
入門ソフトとしても良いのではないでしょうか!!

ロスモア強すぎ
(Updated: 2011年 9月 21日)
インソムの人気タイトル。かつ私が最も愛するFPSシリーズ。
前作の2より更に絶望感が増していて強大なキメラに反抗する人々の生き様は正にレジスタンス。この雰囲気が一番の魅力だと思います。
トロフィーは全てオフで取得可能。そしてなによりトロフィーのデザインがかっこいい。
意識しないと取れないトロフィーが多いので一周目はノーマルを普通にクリアして
二週目にスーパーヒューマンでクリアしてからイージーで取りこぼしたトロフィーを集めていくといいでしょう。wikiのお世話になりました。

2P必須のトロフィーはフレンドがいればすぐに取れます。
協力と対戦プレイは中毒性高いので気をつけましょう。自分は最初から協力や対戦ばかりやってたので無駄に時間かかっています。

最高難易度は前作より簡単です。基本的にスナイパー、オーガー持ちは危険なので瞬殺しましょう。前作で脅威だったラベちゃんはこっちに近寄ってくれるので絶好のカモです。
協力だと一人を囮にできるので楽。

個人的に対戦プレイのトロフィーがなくなってしまったのは前作をやりこんだ身となっては少し寂しい。まぁトロフィーがなくてもメダルや記章といったとんでもないやりこみ要素があるので無問題ですが。

前作以上に物語本編に力を入れてるゲームだと自分は感じました。
前作を(特に1が好きな方)プレイした人には文句なしにお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。