√Letter ルートレター

Updated
 
1.0 (2)
611   1   0
√Letter ルートレター

製品情報

ジャンル
ミステリーアドベンチャー
発売日
2016年6月16日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
公式サイト
価格等
ディスク:5,184円 (税込)
ダウンロード:4,644円 (税込)

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
昔の名前で出ています
コンプ難易度 
 
1.0
PSストアでワンコインぐらいで買ったやつ

YU-NOみたいにコマンドで行動を指定する時代がかったノベルゲー。
それに相応しい人選との意図があったのか、ヒロイン達の声優もやたらに大御所揃い。
現実の島根県が舞台と言うローカル感溢れる設定も特徴的だ。

エンディングは手紙の返信で上から何個目の選択肢を選び続けたかで分岐します。
1周通して決まった位置の選択肢を選び続けるだけで狙ったエンディングに辿り着けます。
2周目以降に出てくる一番下の選択肢がTRUEルートのフラグなので、拘るなら最後まで取っておくといいでしょう。
5つ全てのエンディングを見るだけでほとんどのトロフィーが取れます。

注意点は2つ。

まず、章スキップをするのは手紙の返信を書いてからにする事。
これを徹底しないと「レターマニア」がすんなり取れない可能性があります。
3章はまるこしでウォーターサーバーを調べるまで進める必要があるため少し面倒ですが、我慢して確実に潰していきましょう。

もうひとつは、どのルートを進行している時でもいいから8章開始時のセーブデータを取っておく事。
「島根を調べ尽くした男」「しまねっこ発見!」の回収用です。

・島根を調べ尽くした男
200箇所調べるトロフィーですが、周回中に真面目に調べていたら4章途中で取得出来ました。
もし取れていなければ8章で色んな場所に行ってひたすら調べまくるのみです。

・しまねっこ発見!
8章にて指定の場所へ行き続けるだけの簡単なお仕事です。

○総評
コマンド式で多少手間がかかるが所詮は紙芝居。1周にかかる時間も短いため問答無用のブーストゲー。
シナリオの方は総じて雑な展開が目立つ。過度な期待はしない方がいいだろう。
また、主人公の行動や言動には今時見られないぐらいの横暴さが目立つ。
これを昔の作品の主人公っぽい味と捉えるか、ただの非常識野郎と捉えるかでも評価は大きく変わってくるだろう(自分は辛うじて前者)。

レビュー

コンプ時間
10時間ぐらい
簡単
コンプ難易度 
 
1.0
1週目 選択肢上から1番目のみ
2週目 選択肢上から2番目のみ といった具合に進行すれば全5ルートクリア可能。

一度EDまでたどり着くとスマホからスキップ機能が開放されるので周回はラク。※8章以降は使用不可能

■推奨セーブ箇所
 3章まるこしに入店した直後……手紙の返事を書く直前の為。【レターマニア】用
 8章開始後……【しまねっこ発見!】及び、旅人、カクテルイベント用に便利。

基本ストーリーを普通に進行すればほぼ全てのトロフィーが習得可能。
逃す可能性は低いが【島根を調べ尽くした男】の為に訪れた場所の探索はきちんと済ませておく事。
【しまねっこ発見!】に関しては攻略サイト推奨。

レビュー

コンプ時間
約12時間
ルート☆レター
島根を舞台にしたミステリー的なADVになります。
選択肢を選ぶ一般的なノベルゲーと異なり、画面クリックでフラグを立てていくクラシカルなアドベンチャースタイルになります。

一周目こそ探索パートで時間を取られますが、二週目以降は章を丸ごとスキップ可能になり
トロフィー的には非常にスムーズに進みます。

一部ゲーム進行と無関係なトロフィーもあるため、二週目以降の8章開始時点のセーブデータは残しておいたほうがいいかと。

トロフィー目的ならばブーストタイトルですが、正直キャラクターに共感できず
肝心のシナリオ面もいまいち楽しめなかったのが、正直なところです。
マックス癖ありすぎ
ストーリー分岐は全部で5つあります。
最初は3つしか選択できませんが1つクリアすることで残りの2つの選択肢も出てきます。

ルート分岐ですが複雑な選択肢はなく、各章での手紙の返信で決まります。
1番上の選択肢を選び続けるとルート①、上から2番目を選択し続けるとルート②のようにです。
5番目の選択肢がいわゆるtrueエンドなので最後に選択したほうがいいです。

2周目からは章ごとに(7章まで)スキップできるようになります。
しかし3章は手紙の返信まで少し作業がありますが、「レターマニア」をとるために全返信をする必要があるので返信をするまで飛ばさないようにしましょう。
念のため3章前でセーブしておき、飛ばしてしまった場合の選択肢を選びセーブし(この時点でシステムセーブされる)ロードすることで選んだことになります。

「しまねっこ発見!」は居場所が分かっている場合は最初以外、報告しなくても大丈夫です
「島根を調べ尽くした男」は連こんで同じところをクリックでも大丈夫ですが、普通にやっていても結構なクリック数になると思います。

最後にゲーム内容ですが、悪くもなく良くもなくという感じでした。
そこまで感動系でもないです。
読みゲーだけどゲーム性もある
既読のみスキップなので23時間。
一般的な読みゲーとは違い追求パートというものがあるので(時間制限あり)
ゲーム性はあるという点。このゲームは周回時にスマホから
章を丸ごとスキップするという機能が付いているので大幅な時間短縮が可能な
ブーストです。攻略サイトを見れば全部取れる仕様。
http://game-kouryaku.info/r-letter/

ただ8章は丸ごとスキップが出来ない。そこが少し面倒なのと
トロフィー獲得に必要な全ての手紙に返信するものは第3章のみ少し先に進んだ所
にあるので面倒くさい。面倒な手順があるので★1.7相当。

スキップ速度は早いが中断連発なので役にはあまり立ちません。ないよりマシです。
攻略サイトの通りに進めれば誰でも取れます。客観的に見ても恐らく。

5周回する必要があります。
手紙の選択肢は1本道なので、1つ目の選択肢をずっと選ぶと呪いの手紙ルート
3つ目の選択肢をずっと選ぶと政府陰謀ルートという感じで悩む必要はありません。

ストーリー的には悪くはないので既読のみはスキップするで、それでも24時間も掛かりません。
島根県全面協力の元なので登場する人物と事件以外は本当にあります。
観光呼び込みも兼ねているような感じを受けました。

午前4時44分という不吉な時間にプラチナを獲得しました(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。