Salt and Sanctuary (ソルト アンド サンクチュアリ)

Updated
 
2.0 (1)
578   1   0
Salt and Sanctuary (ソルト アンド サンクチュアリ)

製品情報

ジャンル
アクションRPG
発売日
2016年8月18日
対象年齢
CERO:D 17才以上対象
価格等
ダウンロード: 1,780円 (税込)

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
ハリー!ソルト!
(Updated: 2019年 5月 02日)
コンプ難易度 
 
2.0
ゲーム性世界観、タイトルのフォントに至るまで某ソウルシリーズにそっくりなパク・・・もといオマージュのようなゲーム。
宗教システムなどの部分が全く説明がないところや2Dであるゆえ起き攻めで回避不可能な攻撃を出してくるところは難ですが総評としてはまあまあ面白いゲームでした。

ストーリーボス撃破がトロフィーのほとんどです。隠しボスはトロフィーなし。最初の負けイベボスにもトロフィーがありますが
攻撃パターンがかなり少なく、倒すのは楽です。
難所はヘイガー、湖の魔女、ドラゴンスコウツあたりでしょうか。
攻略wikiはあまり充実していないため強敵はyoutubeで攻略動画を見るといいでしょう。

宗教についてのシステムが面倒で(ソウルでいう誓約のようなもの)誓約を変えると免罪が必要となるクソシステムがあるため、
宗教関連のトロフィーは事前にUSBやオンラインストレージに保存してからトロフィー獲得後にリセットしたほうがいいです。
こだわりなければ三神が最もアイテム集めが楽なので固定でOK。
ハートシーカーは光輝の家サンクチュアリから回転リフトで上に上がると1体います。やや強敵とつるんでいるのが難点ですが・・・

NPC関連のトロフィーには注意。話しかけるのを忘れてエリアボスを倒してしまうと周回確定です。
またルートによっては出現しなくなったりするとの情報もあるため攻略サイトのフローチャートどおりに進むべきかと。

EDもカカシに話しかけていれば2種類見ることが出来ますが、これもセーブデータを取っておけば2週せずに済みます。


レビュー

コンプ時間
30時間くらい
名前は塩だが内容は面白い
(Updated: 2016年 9月 04日)
【救済】【征服】
クリア直前(井戸に飛び込む前)にUSBにセーブデータをコピーしておくと、1周で両方のエンディングを見ることが出来ます。
かかしの居場所は忘れましたが、1周目探索しつつ進んでいだらエンディング条件を満たせたので、あまり神経質にならなくても良い気がします。


【深淵に潜む者】
クラスは何を選んでも良いが、防具は全て外す。敵の攻撃は3パターンしかなくどれも予備動作がわかりやすいので、落ち着いてローリングで敵背中側にかわし、1~2発攻撃。画面端に寄ってしまったら一度中央に戻る。
全ボス中1番の雑魚です。やり直しも容易でいいアイテムを貰えるので、初回プレイでいきなりチャレンジしてもよい位です。


【コーストロック】【知恵ある言葉】【消えゆくもの】
会話選択肢は基本「はい」と答えれば問題ない。
会話は最後まで聞く。
エリアボスを倒す前にそのエリアのNPCに会う事。
---------------------------
騎士:
1.蛮族の道、入り口
2.嵐の城、屋外エレベータの傍
3.紅の牢獄、サンクチュアリを右に出てすぐ
4.ヘイガーの洞窟、サンクチュアリすぐ真上
5.朽ちた神殿、コーヴテッド撃破後最下部まで降りる
6.暗い森、カースジョウの先

盗賊:
1.嵐の城、クラウケンドラゴンを撃破した先
2.紅の牢獄、回転足場×3の手前三角とびで行けるルートの奥
3.ヘイガーの洞窟、サンクチュアリから上へ進みアンバースカル集団がいる少し上の三角とびで進む所
4.(ヘイガーの洞窟でヘイガーの剥製を倒す)
5.最果ての浜、サンクチュアリ右

魔法使い:
1.ジグラット、干からびた王を撃破した先
2.朽ちた神殿、コーヴテッド撃破後左へ行き、三角とびで進む場所
3.(シャム湖で湖の魔女を倒す)
4.凍える岸辺、ゲーム開始地点
---------------------------


【火と空の守り人】
暗き森、祠がある塔を消える床を辿りながら登っていく。


【光輝の家】
紅の牢獄、回転足場×3の一番右の回転足場から右足場へ降り壁を調べる。


【造反者の教団】
1.「不浄の紙片」でサンクチュアリを穢す。その場にいるNPCを倒してしばらくすると敵が現れる。
2.その敵にわざと殺されると「血まみれの紙」が手に入る。
3.シャム湖サンクチュアリから右に行くと穴があるので水滴を頼りに落ちていく。
4.NPCがいるので「血まみれの紙」を渡す。
ソウルじゃなくてソルト
(Updated: 2016年 8月 23日)
2D横スクロールアクションRPG。
ダークソウルシリーズに強く影響を受けている作品であり、ゲーム性や設定がそっくり。
それでいて独自の世界観と、骨太で歯ごたえのある難易度が魅力のゲーム。

トロフィーの種類としては
各ボスをクリアするトロフィーと、各宗教と誓約するトロフィーがほとんど。
エンディングは二種あり、どちらもトロフィーがあるが、バックアップを取れば同時に取得可能。
他にNPC関連の時限トロフィーや、武器強化のトロフィーなど。


●ボス関連のトロフィー
ボスは正規ルートのボスが対象で隠しボスは関係ない。
ボスが強いと感じたら、レベルを上げるなり、装備を整えるなり、RPGらしく試行錯誤すれば倒せない敵はいない。


●各宗教での誓い関連
見つけにくいものは以下3つ。
・火と空の守り人→暗い森の塔の上。蝋燭の休憩所を壁を蹴ってのぼっていく。
・光輝の家→紅の牢獄の隠し扉の先。
・造反者の教団→不浄の紙片をサンクチュアリ内で使用しNPCにわざと殺される。
そうするとアイテムが手に入るので、シャム湖の近くにある水の滴る暗い部屋から落下していく。
NPCがいるのでそのアイテムを渡す。

また献身レベルはアイテムを指導者に渡すと上がっていく。


●コーストロック、知恵ある言葉、消えゆく者
NPCとの連続イベントを達成していく必要がある。
見過ごしてボスを倒してしまうと「フラグが折れる」ので、二周目以降やりなおしとなる。
位置は攻略サイトなりを参照。こまめにバックアップを取っておくとよい。


●征服
意味深な言葉をしゃべるカカシのイベントを進めていく必要がある。
見過ごしてしまうと「フラグが折れて」二周目でやりなおしとなる。
これも攻略サイトを参照


●難易度について
自分の場合、とくに難しいと感じたトロフィーはなかった。
ストーリーはストレスなくサクサク進むし、武器を全部集めろだとか、図鑑を全部埋めろだとか、そんなバカみたいなトロフィーもなし!
自分は一周目は攻略サイトを見ずにプレイ。二周目からトロフィーを集め始めた。実質、トロフィーコンプまでは17時間ほどである。
しかし、基本ソロプレイで攻略する必要があり、自分の腕次第で難易度は大きく変わってくると思われる。

攻略サイトに関しては日本のサイトはろくに編集されてなくて情報がない(2016/8/22現在)
先行している海外の攻略サイトを翻訳ページを通して観覧すればOKだ。

ゲームが得意な人なら★2以下。苦手な人なら★3くらいを目安に。
●追記:光輝の家の献身レベルを上げると「黄金の酒」が手に入る。これは攻撃力を1.5倍防御力を1.2倍するとんでもアイテムなので、これがあれば誰でもクリアできる。難しいと感じたら光輝の家の献身レベルをあげよう。

●総評
簡単すぎない歯ごたえのあるゲーム難易度。ボスを倒した時の達成感はダークソウルに通ずるモノがある。
ゲームに関しては文句なく面白い。トロフィーも、収集系のクソトロフィーはほぼ無いのでストレスは感じなかった。
2000円以下と安く、またプラチナトロフィーがあるのも魅力的だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。