レビュー詳細

RPG・SRPG 2014年 12月 26日 4037
もうサービス終了間近なので需要あるか分からないがhuntとringのトライアル
コンプ難易度 
 
5.0
まず本編にてアビリティとattributesをマックスまで、ルーンは時間掛かるので本編で集まった適当なのを全部付けておけばいい。武器のアイコンのミッションやる事で、アビリティとattributes両方同時に育てられる。これまでが下準備段階。

huntは軍団長のintel手に入れたらバックアップ、軍団長決戦ミッションでお供を一匹でも多く全部食う、軍団長ブランドしたらバックアップ、後は他の軍団長にriot仕掛け可能な限り多くお供を食うの繰り返し。軍団長全滅したら余った小隊長のintel集め個別に食ったりミッションでしか出てこない小隊長にriot仕掛け終わり。ポイント足りなければティリス・メサス鍛造塔でカラゴルをシャドウマウントにて狩る、一匹百円也。この作戦の要は一回のriotで軍団長と同時に可能な限り多くの小隊長を食う事。とバックアップをフル活用し、特に一回目のブランドでは納得の行く結果が出るまで粘る事。理想的な動きが出来た際随時バックアップを取る。

軍団長ではズゴルが相手に回しても味方に来ても火力が高いため危険極まりなく、獲物食う前に殺されたりで持て余すが、余り邪魔なら弱点の弓で殺害、ブランドするにしろズゴルの背後に突っ込んで三角連打するとお供4人とも全部食い荒らせる場合がある、retreatされたら追い詰め弓でミリまで削ったりフラーリ攻撃当てると降伏する事がある。ズゴルをどうにかブランドしようと躍起になったりして自ら難易度を上げたり変なハマりさえしなければ、他にはそこまで致命的に厄介な動きをする相手がいるわけではない。

後は何よりも大切なのがhuntに限らずトライアル前半に言える事。実地のプレイで作業全体の流れを掴んだり、積極的に経験値を積む事。プランはラン全体の完成度を左右する、骨組みともいうべき攻略の内最もキモの部分であるが、自分なりにある程度やり込まないとプランも立てようがない。イメトレもある程度の元手が無ければやりようが無い。今作の場合特に、最大の敵は攻略にかけても英語ありきの雰囲気かも知れない。

明王はとにもかくにも時間。グラウグで食べる奴以外は弱点をつかんで速やかに戦闘を終われるようにする。弱点が特に無い相手にも指輪の力マックスまで貯まれば火矢の連射で難なく倒せる。時間に猶予はないので、軍団長5・ブランド8・ミッション食べる12を順番に拘らず出来る物から片付ける。ミッションの小隊長は、終わらせると別の無印小隊長にミッションが移ってしまい厄介で時間の無駄なので、一番最後でいいと思う。とにかくロクに弱点を衝かずにボスやザコとガチのゴチャゴチャの乱戦だけは凄く想像以上に時間が掛かるので、それだけは避ける。動画はボスの度弱点も衝かずいちいち乱戦が多い為、アテにはならない。一つのボスと悠長に戦闘しているゆとりは無い為、弱点か火矢瞬殺パッパパッパとこなしていかなくてはならない。

レビュー

コンプ時間
一か月

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー