SONIC THE HEDGEHOG 2

Updated
 
2.0 (1)
145   1   0
SONIC THE HEDGEHOG 2

製品情報

ジャンル
アクション
開発
価格
600円
発売日
2011年7月28日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象

 

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
イライラの二乗
前作とコンプ難易度はあまり変わってない印象です。スピードクリアの難しさも相変わらず。前作同様スキルを必要とする内容です。
カオスエメラルドステージはさらに酷く、クリアできるまで何回もリトライすることになるためイライラがさらに加速することに。セーブ&ロードを駆使し配置を覚えるしかありません。
スピードクリアは余裕があるようでかなりシビアな設定の為、たとえ時間にゆとりがあっても油断しないように。

オンラインに関してですが、他のレビュアー様方がおっしゃられている通りの状況です。素直に談合がよろしいかと。

トロフィー目的では手を出さないほうがいいです。
真のラスボスはエッグマンではなく過疎
(Updated: 2013年 2月 15日)
メガドライブ版を10年ほど前にプレイして以来なのでしかも未クリアなので、リベンジにと思い購入しました。

初っ端「オンラインレーサー」でかなり詰みました。
他の方と違い完全野良でだったので、1時間待ってやっと来てくれた外人さんに英語でメッセージを送り、OKが出たので、嫌がらせかと思うくらいの大量接続切断と戦いながらなんとか取得しました。
後で分かったのですが、その彼はオンラインレーサーを既に取得していました。
申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちで一杯になったのを今でもはっきり覚えています。
もう二度とやりたくない・・・(笑)

「カオスエメラルドマスター」でもかなり時間がかかりました。シビアな操作スキルを要求される上、全7ステージもあるという鬼畜仕様。
リングの配置を何度もプレイして覚え、なんとかクリアしました。その後の達成感は半端なかったです。

この二つを取得してしまえば、後は非常にラクです。


~総評~
上記二つのトロフィーに時間とある程度のスキルが必要なためコンプ難易度★3とします。
トロフィー目当てで購入を希望している方は、止めておいたほうが良いですよ!

イライラだけは常に最高速
(Updated: 2013年 2月 09日)
オフでやる事は前作とほとんど同じだが、カオスエメラルドを集めるのが非常に面倒になっているので前作以上にイライラする内容となっている。
「スピードクリア」も若干シビアになっているので、初見で「カオスエメラルドマスター」を狙いながらのプレイではまず達成できないと思った方が良い。
1周目で「カオスエメラルドマスター」及び「スーパーソニック1分間」を解除したら、すぐに最初からやり直して「スピードクリア」狙いの周回を開始するべし。

オフよりも問題なのはオンのトロフィー(オンラインレーサー)。
人が全くいないというわけではありませんが、ラグが酷くてゴールすらできず
まともにゲームができる状態ではないので、野良で10勝を狙うのは困難を極めます。
一緒にやってくれるフレンドがいる人は苦労しないかと思いますが、そういう環境ではない人にとっては厳しい内容です。
唯一の救いはオンラインランキングがある事。
そこの週間ランキングから、「オンラインレーサー」未取得且つトロフィー収集をしていそうな日本人を見つけ出して
コンタクトを取れば何とかなるかもしれません。(自分はそれで何とかしました。)


コンプ難易度は、オンがある分前作よりかは難しいと言えます。
ですが、談合すれば時間もかからず楽に済む内容であり、前作に毛が生えた程度のレベルだと思うので★2とします。
逆に、野良で「オンラインレーサー」を狙った場合は間違いなく★3~4くらいまで跳ね上がります。
コンプ時間ですが、オンラインを途中まで野良で2~3時間くらい無駄に頑張った結果
多少時間がかかっています。(結局それで2勝程度です。)
ゲームとしては、前作同様酷い操作性、
ストレスしか溜まらないステージ構成や敵の配置等があるので覚悟してからやるように。
前作がダメだった人は今作もおそらく無理です。 いや、むしろカオスエメラルドで悪化しています。
個人的にはトロフィー的にもゲーム的にもお勧めできない作品です。
1よりも若干面倒
(Updated: 2013年 1月 20日)
1と同様S&Lがあるため難易度の急上昇は大して無い。
一見1時間クリアは楽そうですが、割とシビアなので2周する覚悟を決めておいた方がいいでしょう。
自分は4分オーバーしてしまい2周しました。

カオスエメラルドは全7個集めればトロフィー解除。
前作とは違いカオスエメラルドを取る為のミニゲームは大分面倒になってます。
それでもS&Lを駆使し、配置を覚えれば楽です。

問題なのはオンライン
壮絶な過疎で10勝は困難を極めると思います。
手っ取り早く取りたいなら、一緒にやる人を決めておいた方が無難
1戦ごとに部屋が消え飛ばされますが、右上のステージを選び針で自殺を繰り返せばすぐに終わります。

前作はボスまで3ステージでしたが、今作は2ステージなので結構サクサク進めます。
音速のハリネズミ、相棒と共に
(Updated: 2019年 4月 30日)
コンプ難易度 
 
2.0
ソニックシリーズナンバリングタイトル第2作。
PS+で無料だったのでプレイ。

それではトロフィーについて。
・オフライン
基本的には1と同様、セーブ&ロード使用で取れる。
前作では少々難しかったクリアタイムも、今作では難易度低下。
後半のステージで前作ほどタイムを縮めようとせずとも、40分強だったので、かなり余裕があるようです。
(前作同様、カオスエメラルド回収とは分けてプレイしているので同時の場合は厳しいかも)
カオスエメラルド回収は、先のレビュアーの通り、リング50個以上所持時にチェックポイントに触れると出現。
獲得のためのミニゲームが少々難しいので、1時間以内クリアよりこちらに苦戦するかも。
コントローラが二つあれば、「全てのマルチプレイヤーゾーン」も獲得可能。

・オンライン
ただでさえ人がいない上、他のゲームならラグ上等の海外勢も積極的に参加してくれない。
10勝どころか、10戦できるかすら怪しいほどで、野良では1戦もできなかった。
そのため、談合で「オンラインレーサー」を獲得。
談合の場合、任意のコースでわざとゲームオーバーにする(させる)事を繰り返した方が早い。
1戦ごとにいちいち招待メールを送るのが面倒だが、普通にプレイし、勝利する方法は、4つのゾーンを全て走り終えると強制的に解散になるし、迷路のようなコースまであるので、それと比べるとよっぽどマシ。

難易度について、オフライン部分は、前作同様、セーブ&ロードの面倒さから☆1に限りなく近い☆2が妥当なところで、談合相手がいればオンライントロフィーの獲得難易度も皆無のため、そのまま☆2なのだが、オンライン部分が正攻法だと面倒な上、過疎で人がいないので、これ一つでコンプ難易度を一気に跳ね上げている。
そのため、野良でプレイする場合は、マッチングすら怪しい状態なので、☆4を想定したプレイをすべし。

レビュー

コンプ時間
7h程
オンライン以外は1と変わりなし
(Updated: 2013年 1月 23日)
●概要
 ソニックの横スクロールアクションゲームの続編です。
 大まかなゲーム形式は1と特に変わりありませんが、
 「↓+ジャンプ」のスピンダッシュアクションが追加されています。
 相棒のテイルスのデビュー作。

●トロフィー雑感
 1と同じくどこでもセーブ機能があるので、
 1時間以内のクリアも楽勝です。
 カオスエメラルド取得も、失敗してもやり直せます。

 エメラルド取得用ボーナスステージは、
 疑似3D空間をノンストップで走りながらリングを集めるというもの。
 リングの数が規定数に達していないと失敗ですが、
 初見殺しなリング配置が大量にあります。
 一度目はリングの位置を覚えることに専念した方が良いでしょう。

 さらに、オンライン対戦専用トロフィーが存在するので要注意。
 計10勝する必要がありますが、ラグが強烈なのか人が居付いていません。
 根気よくプレイする必要があるでしょう。
 フレンドがいるならさっくり取れますが、野良の場合は絶望的。

●補足 / その他
 また、カオスエメラルド取得用のボーナスステージは、行き方が1とは変わっています。
 リングを50個以上持った状態でチェックポイントマーカーに触れると、出現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。