SSX

Updated
 
4.0 (1)
283   1   0
61DioqZCNhL._SL500_AA300_.jpg

製品情報

ジャンル
スノーボードアクション
価格
7,665円
発売日
2012年3月15日
対象年齢
CERO:A 全年齢対象
Amazon

 

ユーザーレビュー

1 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
日常生活を破壊しかねない楽しさ
(Updated: 2018年 11月 19日)
コンプ難易度 
 
4.0
私生活に悪影響を及ぼす程に熱中してしまったので、
その勢いのままに初レビューさせてもらいます。

まず大前提として、
本作はEAサーバが生きていないとコンプは不可能です。
これからコンプを目指される場合は、
サーバの稼働状況に十分注意して下さい。
発売してからそこそこ年月も経っていますし、
EAはサーバの切り捨てが早い印象がありますので・・・

そして重要な点として、本作はぼっちでもコンプ可能です(断言)
一応参考として、2014年12月時点でそこそこ人はいます。
とにかく、サーバさえ生きていればコンプは可能です。
一部バッジ取得を容易にするために、サブ垢を4~5個作って
メイン垢とフレンドになっておいて下さい。
そして、ロンリーウルフ(フレの記録50回更新)のバッジや
"I Ain't Afraid of Snow Ghost"のトロフィーを真っ先に回収する事をお勧めします。
詳細は後述。

以下、各トロフィー取得にあたっての注意点となります。

・Gear Pack(ギアバッジのコンプ)
割かし作業が必要になります。

1.ジオタグ200個収集
  200個は結構な量です。
  ある程度ゲームに慣れてきたら、意識して集めるようにして下さい。
  他のプレイヤーが設置したジオタグだけでなく、
  デフォで設置されているジオタグがゲーム全体で599個ありますので、
  色んな山・コースを滑っているうちにトロフィーコンプまでには集まると思います。
  一応、サブ垢を駆使すれば、ある程度確実に集める事が出来ます。
  サブ垢で任意の場所に設置→メイン垢に切り替えて即回収するだけですが、
  あまりにも取りやすい場所に設置していると他のプレイヤーに取られてしまいますw
  他の事をしているうちに集まり切るはずなので、
  奥の手も一応あるんやな!程度の認識でいいです。

2.チームSSXのレベル関連
  グリフ以外の9人全員がレベル6以上になってもバッジの進捗率では90%ぐらいになります。
  下記、野神 翔太さんのレビューにある通り、更にレベルを上げて下さい。
  自分はゾーイ9、カオリ10、他7人が7か6後半ぐらいの時にバッジが来ました。

3.クレジット関連
  他の事をしているうちにクレジットは溜まっていきますが、放置稼ぎが可能です。
  まずメイン垢で、エクスプロアのニュージーランドAoraki、ルートゼロのサバイバルにて
  ある程度の記録を作って下さい。1000m程でいいです。
  その後サブ垢で、同コースにて連コンで○×を固定して放置。
  ぴょんぴょん跳ねながら落下死を繰り返しますが、一回死んでくれる毎に
  メイン垢には25000クレジット入ります。
  自分のPS3と相談して、必要なだけ放置しといて下さいw
  エクスプロアでのゴースト報酬バッジや
  フレンドのからの挑戦関連のバッジもこの稼ぎで取得可能です。

4.ウイングスーツ関連
  自分が最後まで残ったのがこれです。
  コンプまでに満たせなかった場合は、下記、野神 翔太さんのレビューにある通り、
  リワインドを繰り返す事で稼ぎが可能です。
  高低差の激しいパタゴニアのコースが稼ぎにお勧めです。

・The Golden Campaign(ワールドツアーバッジのコンプ)
そこそこのスキルと作業が必要になります。
鬼畜極まりない最後のデスゾーンでのグリフ戦は勝たなくていいです。

1.コミック関連
  進めていけば解除されます。

2.グリフのゴーストに勝利する関連
  6つのエリアにおいて、デッドリーディセント挑戦前に
  指定のコースとキャラでグリフの記録に挑戦する事になります。
  その記録にメンバー6人で勝てばいいです。
  一度勝てば、他のメンバーでも挑戦出来る様になります。
  最初こそ苦戦するかも知れませんが、コースをある程度覚えたらただの作業です。
  誰でクリアしたかはゲーム上で分かりませんので、必要に応じてメモするなどして下さい。

3.デッドリーディセント関連
  9エリア全てのデッドリーディセントをクリアするんですが、
  ラストのニュージーランドではグリフにも勝たないとダメです。
  なので、バッジコンプのためにはリワインド無しでグリフに勝たなければなりません。
  (後述するゴーグル無しクリアのトロフィー狙いの時は勝たなくていいです)
  グリフはそんなに早くないですが、穴だらけでとにかく走りづらい。
  何十回とやり直してコースを覚えるしかありません。
  難しいのは主に中盤まで。後半はラストの初見殺しな穴以外は何とかなると思います。
  また、これも上記2.と同様、どのコースでリワインド無しクリアを成し遂げたか
  ゲーム上では分かりません。必要に応じてメモするなどして下さい。
  
4.ノックダウン関連
  開始直後には各ライダーが密集しているので、ノックダウンしやすいです。
  バッジが取れるまでは、意識してしばきに行くようにして下さいw

・The Gold Miner(エクスプロアバッジのコンプ)
スキル的に本作最難関のトロフィーです。

1.コースバッジ関連
  1エリアの全てのピークにある全イベントでゴールドを取らねばなりません。
  文句なしに最大の難関です。
  キャラはレベルを上げて高性能な装備をセットしたカオリがお勧めです。
  スピードよりもトリック・ブーストが高い方がいいです。
  出来るなら、レベルを10に上げてエクストラトリッキータイム付きのボードを履いて下さい。
  お勧めエリアとしては、ロッキー・アラスカ・南極・パタゴニアがよく挙がっていますが、
  自分は断然アラスカをお勧めします。
  ロッキーはコースこそ簡単ですが、ブロークントゥースのトリックイベントが
  鬼畜ってレベルじゃないです。
  平坦なのに無駄に走りづらく、しかも求められるスコアは異常なまでに高いw
  平地でコンボを維持しつつ、小ジャンプトリックを何度も繰り出せる実力があれば、
  ロッキーはイベントが少ないのでコンプ時間を短く出来ると思います。
  アラスカは周知の通り逆視点で走るコースがあり、
  やはりトリックイベントが難関となります。
  でも求められるスコアはブロークントゥース程高くはない。
  イマージェンシーエグジットは雪崩が激しいですが、
  レベルを上げて高性能なアーマーを装備すれば一回降りるぐらいならゴリ押し出来ます。
  とにかく大ジャンプ出来るポイントを覚え、ジャンプトリックを確実に決めれば何とかなります。
  インビンシブルはやや要求スコアが高いため、そこかしこにある凸状の地形でジャンプトリックを繰り返し、
  マメにポイントを稼ぐようにして下さい。
  くれぐれも逆走したり失速し過ぎたり着地に失敗しないように。
  2~3回ぐらいトリッキー状態が切れても大丈夫です。コンボ倍率が落ちてしまう方が怖いです。
  サバイバルとレースについてはトリックイベントよりマシだと思います。
  イマージェンシーエグジットのサバイバルは難しいですが、
  高性能なアーマーやリワインド数増加のコスがあれば何とかなるはずです。
  他の通常視点のコース・イベントは装備さえ整っていれば大丈夫です。
  とにかく、逆視点のコースさえ制覇すればこのゲームのプラチナは貰ったも同然です。
  頑張って下さい。

2.フレンドの記録破り関連
  50回破る必要がありますが、一度破った記録をもう一度破ってもカウントされません。
  やり込む程につらくなってくるので、くどいようですが
  以下の方法を使用してさっさと取ってしまう事をお勧めします。
  "I Ain't Afraid of Snow Ghost"のトロフィーも同時に取れます。
   ・サブ垢で、各エリアの任意のピークのコースでやる気のないスコアを出す。
    これを9エリアで実施。加えて、どこか一つのコースにて、やる気のないスコアを出す。
    これにより、10コースでフレンドのショボい記録が作られます。
   ・同じ事を、他のサブ垢4つでも繰り返す。これで50のショボい記録の出来上がりです。
   ・メイン垢に戻し、ショボい記録に塗れた10コースを本気で滑る。以上!

3.絶対に収集できないジオタグ関連
  ジオタグを設置し、24時間他のプレイヤーに取られないようにしなければなりません。
  多少コースが外れた所に置いたぐらいでは他のプレイヤーにあっさり回収されてしまいます。
  お勧めの設置場所は、「穴」です。
  「普通に滑ってたらこんな穴落ちひんやろw」な穴にわざわざ落下し、設置するといいです。
  出来るだけゲームオーバーのギリギリまで落下してから設置しましょう。
  コース上からも見えにくくなり、更に生還率も上がります。
  ジオタグ設置は経験値も稼げるので、ぶっちゃけ穴に落ちたら設置するぐらいでもいいです。
  金は放置稼ぎでいくらでも稼げるので、どうせ設置するなら高価なジオタグにしましょう。
  大袈裟に書きましたが、バッジ獲得に必要な個数は15個と少ないので、気楽にやって下さいw
  余談ですが、過疎であればあるほど楽になるバッジでもあります。

・The Gold Spender(グローバルイベントバッジのコンプ)
全部作業でどうとでもなります。
普通に色んなイベントに参加し、やり切ったと判断してから作業に取り掛かれば
作業感が少なくコンプできます。
一度に作成できるカスタムイベントは3つまでなので、
間違って長期間のイベントを作らないよう気をつけて下さい。
50000人以上のバッジについては、既出の通り、適当なイベントに参加すればすぐ取れます。

1.留守の間にダイヤ~シルバークラス関連
  「留守の間に」がミソですw
  ダイヤなら、カスタムイベントを期間10分のフレンド限定で作成し、
  ゲームを終了して10分経ってから改めてSSXを開始すればおk。
  プラチナなら、期間10分のフレ限で作成、サブ垢に切り替えて
  普通に記録を作り、イベントが終了してからメイン垢でSSXを開始すればおk。
  ゴールドなら、期間20分(10分でよさそうなら10分でいいです)のフレ限で作成、
  サブ垢×2で普通に記録を作り、イベントが終了してからメイン垢でSSXを開始すればおk。
  シルバーなら、期間30分(20分でよさそうなら20分でいいです)のフレ限で作成、
  サブ垢×3で普通に記録を作り、イベントが終了してからメイン垢でSSXを開始すればおk。
  カスタムイベントは3つまで作れるので、うまくこなして下さい。

2.レース、トリック、サバイバルで50回関連
  数を稼ぎたいイベントを期間10分のフレ限で作成し、放置すればおk。
  勿論、そこらのイベントに参加しまくってもよし。
  と言うかそっちの方がいい。

・The Tricker(トリックバッジのコンプ)
意識しなくても大半はプラチナ取得までにはコンプ出来ます。

1.フォーエバー・トリッキー
  南極の平坦なコースでトリッキー状態になり、□固定のグラウンドトリックを出し続けるだけ。
  跳ねない様にコース取りをして下さい。
  速度が落ちすぎるとトリッキー状態が切れてしまうので、
  必要に応じてブーストを使い、30km以上は出すようにして下さい。

・The Finish Line(レースバッジのコンプ)
意識しなくても大半はプラチナ取得までにはコンプ出来ます。

1.ドーン!
  時速250km以上を達成すればいいだけです。別に滑っている時でなくてもいいんです。
  ・・・大ジャンプしてからウイングスーツを開き、HALO降下並みの垂直落下をしましょう。

2.全速力で突っ走れ
  時速130km以上で40秒間滑る必要があります。
  スピードが高めのキャラやボードを選び、アフリカのコークスクリューで滑るのがお勧めです。

・Survival Guide(サバイバルバッジのコンプ)
下記手順で簡単にコンプ可能です。

1.生き残る系
  シベリアのクリティカルマスで、コース右側を慎重に滑り降りるだけw
  一応穴もありますが、一度やればそうそう落ちる事はないはずです。
  リワインド・ギア無しで5周、一度に行けるはずです。

・各デッドリーディセントをギア無しで生き残るトロフィー
 ワールドツアーで挑戦する必要があります。
 アーマーやランプ・ゴーグル無しで生き残るコースは、
 大半が慎重に進めるだけで何とかなるはずです。
 暗闇のコースでは、テレビの明るさを最大まで上げれば何の問題もありません。
 リワインドは使ってもいいので、リワインド回数が増加するコスがあれば是非着て下さい。
 唯一アラスカだけはトップスピードで下る必要がありますが、
 相応のレベルと装備があれば何とかなります。
 ピッケルやウイングスーツ無しで生き残るコースはそこそこ難しいので、頑張って死に覚えましょう。
 最難関はソーラーパネル縛りの南極です。
 キャラをレベル10まで上げてウイングスーツとピッケルを装備し、攻略動画を見ましょう(丸投げ)

・Around The World
 SSXメンバーの9人全員で、シベリア・パタゴニア・アルプスに出陣して下さい。
 ぼっちのグリフ君は無視でいいです(ゲス顔)

・I Ain't Afraid of Snow Ghost
 前述の通りです。早めに取ってしまいましょう。

・Peak-A-Boo
 グローバルイベントで、全てのピーク(山)のイベントに参加すればいいです。
 ヒマラヤ以外の8つのエリアに3ピーク、ヒマラヤには4ピークの計28ピークです。
 カスタムイベントではダメなので注意。

・Uberlesscious
 スーパーUBERトリックを縛ってトリックイベントでブロンズを取ればいいのですが、
 スーパーUBERトリックだけでなくUBERトリックも縛る必要があるようです。
 トリッキー状態になったら、トリックアクションを封印してコンボ倍率が減らない程度に
 チンタラ滑って下さい。
 ブロンズだったらその程度の舐めプレイでも十分取れます。

他にややこしいトロフィーは無いと思います。

総評としては、それなりに高いスキルとそこそこの作業が必要となり、☆4と判断します。
比較対象として不適切なのを承知で書きますが、
☆5とされるマックスペイン3のNYMHCやGT5のX2010関連に比べればかなりマシです(自分は無理)。
独特なゲームなので、個人差は非常に出やすいと思います。

スキル:4
作業:2.5
トロフィーデザイン:4

恐ろしくも快感に満ち溢れた、これらの名峰達に挑まれる皆さんの御健闘をお祈りしています。

レビュー

コンプ時間
不明(70~90hと思われる)
神ゲーですよ
非常にやり応えのある作品

難易度も高く納得の☆5です。

何個かバグの報告がありますが自分は遭遇しませんでした。
ゲームシステムをマスターし自分の思い描くトリックが狙って出せるようになれば
神ゲーの如く楽しい。
SSXシリーズ初プレイ
5万人イベントが取れると言う事でチャレンジ。
鬼門はエクスプロアのゴールドメダルでかなり難しいかった。
たかだか1コースでゴールド取るのに丸1日掛かったり
一筋縄にはいきません。
ゲーム自体は非常に面白く気持ち良い。
321GOで外国人の方とかのレースに
かなり没頭しコンプにかなりの時間が掛かり
ましたが頑張っても誰でもプラチナ取れないと
思いました。
リワインドさんマジぱねえっす
タイトルは無印だが、ssxシリーズの4作目。
操作性が大きく変わってるので、過去作品をやっている人は少し戸惑うかも。
リワインドがあるので、他のレースゲームのようにワンミスが命取りってことはなく比較的楽にクリアできる。
comも結構ミスしてリワインドしていたりするので、そこまで早くない。

楽しいけど滅茶苦茶難しい
(Updated: 2012年 10月 02日)
まともな攻略サイトが無く情報も殆んどないw

ゲームシステムに慣れるまで
相当な時間を要するうえに
高難易度チャレンジが豊富に
あるのでコンプにかなりの時間と
相応の腕前が求められる。

レースとなればクレバスだらけなコースを
落ちれば即死wリワインドしている暇など無し!
といった状況下が頻繁にあります。
勿論、トロコンするには避けては通れない。

本編のニュージーランドのグリフ戦とデスゾーンの時点で鬼畜w
某掲示板にてこの2コースで詰むといったクレームの嵐w
勿論クレバスだらけの上、130㌔前後で走らなければ
グリフに追いつかれるといった仕様。
でもニュージーランドのグリフ戦とデスゾーンはクリアしなくてもトロコンできます。
ニュージーランドのグリフ戦は9箇所のデッドリーディセントをリワインド無しでクリアするに
あたりますがグリフに勝たなくともゆっくりと落ち着いてクレバスに落ちないよう
リワインドしなければリワインド無しクリアは解除できます。

5万人のライダーがいるグローバルイベント(GE)に参加し解除されるバッジは
現在、EAの配慮がありどのGEでもいいので参加すれば
5万人のバッジは解除されるので以前までコンプ不可?
と言われていたことはなくなった。

鬼門になるトロフィーがいくつかあります。

『The Gold Miner』
これはエクスプロアバッジを全て集めなければいけないのですが
1エリアのコース全てで金メダル取得
これ滅茶苦茶難しいですw
自分はアラスカとロッキーでオール金を取りましたが
若干アラスカの方が簡単かと。
アラスカには逆視点の雪崩れコースがあるのでこのコースを
完全に覚えてしまえばロッキーで滅茶苦茶頑張るより若干難易度はマシw
それでも鬼畜なのは確かw

レースに関しては少しのミスも許せなく
開幕、即効でスーパートリックモードになりこの状態を
保ちながらゴールできなければ金メダルはまず取れない。
元々、挙動が普通のレースゲームのような慣性ではなく
レコードラインからずれたからといって
微調整が容易にできない。

トリックに関してはスーパートリックモードになり
L2R2+バックフリップとR2+バックフリップの交互で
トリックが赤文字にならないよう気をつけてば
JT2ならカンストボードがなくとも2500万点はいく。
とは言ってもここまでくるのに、かなりの修行は必須。

グローバルイベントのバッジは
サブアカを作りカスタムイベントで狙いたいメダルをとればいいかと。

カスタムイベントで50回対戦するは
部屋を作りキャラ選択画面から退出してもレースをしなくてもカウントされます。

ギアバッジに関して
ウイングスーツを250回展開するは
ジャンプする→ムササビ→リワインド→繰り返しでおK
ウイングスーツで60分飛ぶも高い所から飛んで
あとは上のやり方でカウントされます。

他にはジオタグかスノーフレークを200個収集するがめんどくさい。
過疎っているので他のプレイヤーが仕掛けるジオタグはチラホラ見かける程度。
そもそもジオタグは『収集できないジオタグを15個設置する』バッジが
あるので簡単に取れる位置になんか無い。
スノーフレークも1コースに1,2個見かける程度。
過疎が進んでいるのでこのバッジ取得が困難になる可能性はあります。

『このトロフィー何なの?』ってのが2つあります。

I Ain't Afraid of Snow Ghost
全てのエリアでフレンドのライバルゴーストを倒す(エクスプロア)
これは例えばロッキーなら何処でもいいので1コースのフレンド(サブアカおK)の
記録を上回ればおK。なので全体で9の山があるので最短で9レースすれば解除。

Around The World
チームSSXの各メンバーで3人のパイロット全員に運んでもらう
これはヘリを操縦しているパイロットが3人います。
シベリアとヒマラヤにはドラゴンフライ
パタゴニアはウィザード
アルプスはレッド
この3人に開幕時にヘリで運んでくれるので
飛び降りた時点?飛び降りる前?で解除

バグに関してですが
ワールドツアーバッジで条件を満たしているのに解除されないケースは
おそらく全てのキャラが(DLCキャラとグリフを除く)LV6以上のバッジで
全員がLV6以上でも、そのバッジ自体の%が100%にならないと解除されません。
自分も『あれ?なんで?』と考えましたが更に少しLVを上げたら解除されました。

☆5としましたが自分はバイオORC、DMC3、エスコンAH 等
現在☆4とされてるこのタイトルをトロコンしましたが
SSXはこれを上回る難易度、作業があります。
バイオORCの大成功とかCOOPすれば余裕だし一人でも
攻略サイト観ながらでどうにかなる。
エスコンAHのエースオブエースもさっさとダブルアサルトを取り
何回もやれば取れない事もない。
しかしエクスプロアのオール金メダルはかつて感じた事のないくらいの
絶望間がきますwトリックやレースではありえない点数やタイムを叩き出さないと
金には到底届かず、少しのミスも許されない上にデリケート且つ大胆な攻めが必要。
システムや操作に慣れればトリックでは数千万点でも出せるようになりますが
金メダルの点数を越えるのは、そー簡単には出せるような代物ではない。

他に情報が無かった為、トロコンできた時はほんと嬉しかったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。