STEINS;GATE

Updated
 
1.0 (2)
286   2   1
STEINS;GATE

製品情報

ジャンル
想定科学アドベンチャー
開発
販売
価格
6,090円
発売日
2013年3月14日
対象年齢
CERO:C 15才以上対象
価格等
ダウンロード版:6,090円
STEINS;GATEダブルパック:10,290円
STEINS;GATEダブルパック初回限定版:18,690円

ユーザーレビュー

2 reviews

評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
You will be able to upload media right after you submit your review.
to True
(Updated: 2018年 11月 09日)
コンプ難易度 
 
1.0
プラチナ19個目。3年前のコンプです。
昔はPSP版で遊んでいたのですが、ゼロの発売前にVitaで改めてプレイしました。

真エンド以外は順当に進めば問題ないはずです。
が、真エンドへの分岐は、初見ならほぼたどり着けないと思います。
私も分岐の選択肢を憶えてなかったので、攻略サイトを参照しました。

既読スキップは活用しましたが文章量が多く、スキップしている時間がそれになりに長め。
もう読み慣れたシーンだな~と流し見していると、着信に気づかずにスルーしてしまい、
泣く泣くロードしてスキップし直しということが頻発しました。(直前の会話に戻る機能はありません)

中盤まではスローテンポで説明がちな文章が続き、プレイヤーとしては作中の日付の感覚すら曖昧でした。
ですが中盤以降、序盤の伏線がどんどん回収されていき、平和な日常が失われていく怒涛の展開で、
読み物ゲーでここまで緊張してプレイしたことはありません。
苦労して辿り着いた真エンドは、熱くも物悲しいような気持ちで思わず泣けてしまいました。

私の思春期にぶっ刺さった作品です。アニメだけ観たという方でもぜひゲームを遊んでほしい_(:3」∠)_

レビュー

コンプ時間
100h
攻略サイトを見れば余裕
スキップ機能が優秀なので、物語を無視してトロフィーだけを狙うと短時間で取得できると思います。
私は既読スキップのみ使ったので、トロコンまでそこそこ時間がかかりましたが。

誠也さんのHPが非常に優秀で、どこでセーブすればいいかも記載されているのでこのサイトを見ればトロコンは余裕だと思います。
特に難しいトロフィーはないのですが1点だけ気になったトロフィーについてコメントします。

【CGの達成率100%】
全てのエンディングを見ただけでは取れないので、このトロフィーだけ若干迷う人もいるかもしれません。
全てのエンディングを見た後に、セーブのどれかをロードするとある人物からメールを受信して そのメールを開くとCGが表示されトロフィーを取得できます。

【総評】
特に難しいテクニックもいらず、時間も35hくらいしかかからないので☆1としました。
そんなバナナ
(Updated: 2019年 2月 02日)
コンプ難易度 
 
1.0
科学アドベンチャーシリーズの一作。知り合いから勧められながらもずーーーっと積んでいたものを消化。
自分に合わなかったらどうしよう、とか思っていた時期もありましたが、とにかく凄まじい作品でした。
俺も、Dメール使っていいっすか(棒)

このゲームは純ノベルゲームのため、今までのレビュー同様
①別ゲー要素があるかどうか、また、その難易度
②スキップ機能が備わっているかどうか
③分岐がランダムのものが存在するか
から判断。

順に、
①別ゲー要素なし。
②未読スキップ可。
③ランダム分岐はなし。

注意点を挙げるとするならば、選択肢にあたる要素がメール/電話の着信に応答する/しないの形式のため、見落としが発生しうる点があるのみ。
トロフィー的には特に言うことはないです。

中盤以降の展開こそ素晴らしいものではあるものの、そこまではややスローテンポ。
ロボノほど「進まなすぎる」展開ではないものの、科学アドベンチャーシリーズの悪い傾向の一つとして見たほうがいいかもですね。

レビュー

コンプ時間
25h弱
作業があるのでフルスキップとは行かないんですが…。
とは言え、トリガー部分でスキップ解除等々の最低限の機能はあるので、ミスっても取り返しもつきやすいので難易度としては、(攻略サイトを参考にする分には)1で良いかと思います。

ちなみに、この作品は評判もよかったので、トロコン後に少し通常でプレイしたのですが、やっぱり主人公の言動が色々と「痛すぎて」苦痛になってしまいました。

トロフィーブーストとしては最適でしょうが、作品そのものは好み分かれると言った所な印象です。
バナナを粗末にするのは良くないと思う
(Updated: 2016年 12月 08日)
5pbのアドベンチャー特有の、選択肢でなく行動で分岐するシステムが搭載されているため
攻略を見て適当に読めばプラチナって感じではないですね。

かと言ってスキルが必要なわけではないので、多少面倒なブーストタイトルには変わりはありませんが
フリプでプレイ
攻略サイトにお世話になりました。
作品の世界観についていけず、途中からスキップしてしまいました。
Plusに再加入したらもうちょい事前に調べてゲームそのものを楽しもうと思います。
素晴らしい名作。
(Updated: 2015年 9月 19日)
フリープレイで配信されてましたので、名作と評価されていて前から気になっていた事もあり、この機会にプレイ。
感想は大満足、ストーリーも申し分なく感動しました。
コンプ時間に関しては、スキップ無しで雰囲気やイラストを楽しみながら二周かけてまったりプレイしましたので、132時間となりました。
基本的にメールへの返信(選択肢)をおさえてフラグ立てするだけですので、プラチナ難易度は☆1です。
これは本作品に限らず、アドベンチャーやノベルゲー全てが同じだと思います。

CGコンプに関して、最後の一枚はエンディングコンプ後にどれでも良いのでセーブデータをロードすると、画像添付のメールが届きます。それを開けばCGが入手可能です(とても心温まるCGです)。

ただ、紅莉栖からのメールが届かないバグがあります。
発生個所と発生条件も判明しました。
チャプター5にて「予定」というメールが届いた後にセーブしてゲームを終了し、同データをロードして再開したところ、その後に届くはずの「バカ!」「(´・ω・`)」というメールが届かないバグが発生(そのチャプターの終了直前まで進めましたが届かず)。クイックロードにて同チャプターを最初から中断無しでやり直したところ、無事に全てのメールが届きました。
最初は、私のそれまでの選択肢選びやフラグ立てなどが失敗していたのかなと思いましたが、チャプター7で「鍵が(ノД`)」というメールが届いた後にセーブ・中断・ロードの流れで再開したところ、やはりそれ以降の「(゚Д゚)」「妄想ですね分かります」「現実」が届かない状態になり、この時点でこれらはゲーム側のバグであると判断しました(これもクイックロードからの中断無し進行にて無事届きました)。
これらの事から推測しますと、おそらくトゥルーエンドの条件である紅莉栖からの一連のメールは、そのチャプター内の最初の1通から最後の1通までの間にセーブしてゲームを中断した場合、残りが届かなくなるバグが発生する可能性があるようです。このバグの発生条件が100%かどうかはわかりませんが、もし私と同様にメールが届かない状態になった方はクイックロードからそのチャプターを最初からやり直すようにしましょう。
おそらく、チャプター8、9の同様のメールも途中セーブ・中断を行うと残りが届かなくなるかもしれません。
届かなくなるメールは、トゥルーエンドに関係する紅莉栖のメールだけです。ちなみに私がプレイしたのはVita版のDL版(フリープレイ版)です。

どうやら続編(後日談?)がもう二本発売されているようですので、それらもプレイしてみたいと思います。
本当に大満足のゲームでした。
漆原るかが可愛い。私の好きな声優さんな事もあって、一番お気に入りのキャラです。
すべては運命石の扉の選択である!世界は再構成されるっっっ!!!
コンプ難易度:1
面白さ:5
作業感:1
技術:1
運:1

2015/01/11にプラチナ取得。
全プレイヤーにおけるプラチナ達成度 19.0%(2015/07/26)

■プラチナトロフィー取得における大体の道筋

手順①:ストーリーをクリアする
手順②:フォーントリガーを埋める

■オススメのキャラ・武装など

特になし。

■感想

フリープレイだったのでプレイ
なお箱版で既にプレイ済みだった為、お気に入りシーンだけ再生して
その他は全てスキップしました。

願いが適うとすればプレイに関する記憶を全て忘れ、もう一度プレイしたい。
それほどまでの神シナリオです。初回プレイ時はスキップを忘れることを推奨。

トロフィー的な部分をいえば、フォーントリガーの取得が若干面倒です。
「そこのバイト戦士!」
攻略サイト見ながらじゃないと厳しいです。
逆に見れば誰でもコンプできます。
フリープラスに来てたのでラッキーでしたが、4000円出してプレイすべきかと言われたらそうでもないです(笑)
でも内容は素晴らしいです。
もっと早くにこの作品をプレイしたかった
(Updated: 2015年 2月 18日)
360版発売から気にはなっていたものの、このシリーズの一応前作にあたるCHAOS;HEADを途中で投げてしまったこともあって今まで食わず嫌いしていたこの作品。フリープレイ配信を機にプレイしたのですがドハマりしてしまい今までスルーしてたのにちょっと後悔w

このコンプ時間はしょっぱなからwiki閲覧、テキスト既読のみ一部スキップ、ボイス全聞き でプレイした時間です。 未読スキップは使ってません。

wikiが充実しているので特に詰まることはなかったです。CGの最後の1枚はクリア後どのセーブデータでも良いのでロードすれば獲得できます。
上記の理由から難易度は☆1の中でも簡単な部類かと。

ゲーム内容に関してはネタバレになってしまうので伏せますが元が約5年前のゲームなのでゲーム中に出てくる2ch用語もちょっと古臭くて懐かしく感じました。

万人におすすめできる作品ではありませんが名作なので気になった方は是非。
収集要素がやや面倒
初見で未読スキップ未使用、既読スキップ使用でのプレイ
PS3版とは別のトロフィーです
ストーリーは後半に進むにつれどんどん面白くなっていくので、序盤だるいからといって初見全スキップしないように(笑)
基本的にすべてのルートを見れば8割程度は埋まりますが、特定のメールのやり取りで得られる着信音と壁紙の収集がやや面倒
攻略しっかりみながらのプレイを推奨します
難易度は☆1で問題なし
序盤はキツイが、中盤以降の展開はガチ。
(Updated: 2014年 12月 05日)
PSプラスのフリープレイでDL.。ノベルゲーは本作品を含めてほとんど遊んだことがなく、数年前にやったPC版の某ひぐらし以来のプレイになります。

ノベルゲーの性質上、運やテクニックに左右される要素は少なく、基本的にチャートさえ完璧に把握してしまえば誰でもトロフィーコンプは可能です。ただし、メール(フォーントリガー)関係は結構複雑で、シナリオ分岐に必要な返信をすると収集要素に必要なメールが来なくなってしまうこともあるため、取り損ねたものはロードや周回を駆使して回収することを忘れないようにしましょう。
また、真EDは他のエンディングから派生して到達するものですが、派生元のEDと真EDはそれぞれ個別に見る必要がある点には注意。先に真EDを見たからといって、派生元のEDトロフィーが同時に取れるわけではないので、どうせなら派生元のEDを見てから真EDに行くことをオススメします。

プレイする前は萌え系のSFモノかと思っていましたが、実際プレイしてみるとミステリーや猟奇サスペンス的な要素もあり、思っていた以上に楽しめました。万人向けの作品ではありませんが、アドベンチャー好きや本を読むのが好きな人ならプレイしてみて損はしないかと思います。
える・ぷさい・こんがりぃ
(Updated: 2014年 11月 07日)
PC版とPSP版をプレイ済みなので全スキップ
ノベルゲーでは毎度お世話になっている誠也の部屋さんを見ながら進めていくだけの単純作業です

他のレビュアーさんも言っていますが未プレイの方はぜひ読み飛ばさずプレイしてみてほしい作品です
スキップしながらも思い出して泣きそうになった事は秘密
ちゃんと読め!
速読術持ちですがオールスキップはせず若干早い程度で普通にプレイしました。
PSVITAトロフィーWikiの者達の大半はトロフィーさえ取れればいいやってのが多くて嘆かわしい。
丁度PS+の無料で入ってきたのでDLCしてプレイ。

スキップはせずに読む!
中二病がどういうものなのかよくわかるゲームなのですが、
2ちゃん用語も出てくるので(ゲーム内では@ちゃんねる)苦手な人は注意。
しかしストーリーは良く出来ており量子力学とかはよくわかりませんが、
作品としては面白い。また声優さんの演技力も高いので不自然さを感じさせないです。

アルバさんのレビューに激しく同意します。←略したい気持ち抑えている(2ch用語になるから控えてる)

神ゲーとまでは言わないが名作であるという事は断言出来る。
普通に買うと実はそれなりに高いです。中古でも2,480円くらいします。

2014/1/7 プラチナGET
フリープレイ(無料)だったので・・・
正直ノベゲーなめてました・・・
本来はアクションやRPGぐらいしかプレイしない人間です。
ノベゲーなんて意味がない、わざわざゲームでやらなくても本で読みゃいいじゃん!
と、思っていた時期が俺にもありました

ストーリーは面白く、トロフィーは簡単、しかも無料(2014年12月のフリープレイ)
どう考えても神ゲーです。本当にありがとうございました。
PS3 版同様、簡単な分岐はあるものの、基本的には読み進めて行くだけなのでプラチナ取得難度は★1。攻略内容は PS3 版とほぼ同じになる為、向こうの攻略記事をそのまま参考に出来ます。

『CONFIG』で『フォーントリガー時のスキップ解除』を『する』に設定しておけば、分岐点(フォーントリガー時)でストップしてくれるので、特に理由が無い場合はそのままの設定にしておきましょう。

PS3 版と違い操作性の不備が目立ち、画面レイアウトもそっくりそのまま移植されただけなので少し不満もありましたが、シナリオの完成度の高さは相も変らず、綺麗な映像を手軽に手元で鑑賞出来るのは良かったです。
岡部の孤独な戦いを見届けた後の『Another Heaven』の ED はやっぱり泣ける~!
何度読んでも楽しめる作品ですし、プラチナ取得難度も低いのでオススメです。
「特に意味は無い」・・・そうだろ?
※PS3版未プレイ

PS3版をプレイしていないのでわかりませんが、フラグ回収のポイント等がPS3版と違う可能性がありますので、攻略サイトを参照する際はvita版であることを確認した方が良いかと思います。
未読スキップ可ですが、是非読んで頂きたい作品です。
R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。