Trine 2: Complete Story

人気
Updated
 
3.3 (3)
2009   1   0
Trine 2: Complete Story

製品情報

ジャンル
アクション
発売日
2015年7月8日
対象年齢
CERO:B 12才以上対象
価格等
ダウンロード:1,800円 (税込)

ユーザーレビュー

3 reviews

コンプ難易度 
 
3.3  (3)
評価 (数字が大きいほどよい評価となります)
コンプ難易度
トロフィー獲得に要する難易度
レビュー
コメント
レビューを投稿後、画像をアップロードすることができます。
トライン、またお前か
役割の異なる3キャラを切り替えながら進んでいく横スクロールアクション。
トロフィーは「Walk in the Park」だけが飛び抜けて難しく、それ以外は正直大した事無い。
とりあえず一周目はイージーでexperience pickups(XP)及びchests(宝箱)を回収しつつクリアし、
適当にソロクリアやノーダメクリアを間に挟みつつ「Walk in the Park」の解除を目指すのが無難かと。
ソロクリアやノーダメクリアは全て「見捨てられた森(レベル2)」で比較的簡単に達成できる。
アマデウスでのボス戦は、破壊箇所をボスの攻撃によって破壊してもらわなければならない。
ポンティウスで攻略する時は、岩を落としてゴブリンを潰せる場所の先にあるセーブポイント後の戦闘(隙間から弓を撃ってくるゴブリンがいる所)では敵を踏み台にしないと上に上がれないので倒してしまわないよう注意。
水蒸気が噴き出る場所ではパーツをハンマーで叩いてある程度角度を合わせ、磁力の盾を使って繋げれば突破できる。
ちなみにボスと相打ちになってしまった場合はソロクリアと見なされない点には注意です。
ノーダメクリアはソロクリアの後にやった方が効率的かと思います。

【Walk in the Park】
このゲームの鬼門となるトロフィー。
基本的に全ステージ(チュートリアルステージ除く)難しいのだが、レベル10から特に難しくなってくる。
ゲームの性質上、各ステージには謎解き要素のようなものがかなり盛り込まれている。 おまけに1ステージが長い。
この点がハードモード(ハードコアオン)とは相性が悪く最悪。 全滅したらステージの初めからやり直しになるからだ。
戦闘時は、低重力フィールドを張る、安全地帯から攻撃する
これらは基本中の基本となるが、それら以外に重要となってくるのは…

・画面外から攻撃する
 行く先に敵がスタンバっている場合は近づかず(=敵の姿を画面内に入れず)に弓やハンマーを使って画面外から攻撃する。
 こうする事で敵からの攻撃は受けずに一方的に敵の数を減らす事ができます。
 攻撃がヒットした際に敵の声がするので、その声が聞こえなくなるまで攻撃を続けましょう。

・一旦退く
 敵は圧倒的物量で攻めてくるのが大半で、まともに相手をするとフルボッコにされるのがオチである。
 戻れる場合は一旦戻り、安全地帯から落ち着いて敵を一体一体処理しましょう。
 これは一部のボス戦でも有効な技です。(※←ココ重要)

・生贄を捧げる
 ゾヤが死ぬと張っていた低重力フィールドも消える。
 低重力フィールドが無いとまともに戦闘できないので、ダメだと思ったらゾヤ以外のキャラに切り替えて犠牲となってもらう。
 切り捨てるキャラは状況を見て判断しましょう。

その他、敵を無視できる所は極力無視。(進んでも敵が付いてくるような所は倒しておいた方が良い。)
あとは死にながら攻略法を確立していき各ステージを突破していきましょう。
以下、個人的に難しいと思ったステージの攻略法を少し書いておきます。

●シーロック城(レベル10)
ボス戦だけが異常にキツイ。(その上ステージも長い。)
いや、ボスが強いと言うよりも周りに雑魚が湧きすぎて無理ゲーと化している。
ただ幸いな事にボス戦には抜け道があるのでその方法を使えば突破は容易。
入口が一方通行のような構造になっているので普通にボスのいる間に行くと戻れなくなるので進んではいけない。
まずは入口付近(できるだけ下の方が良い)に低重力フィールドを張りアマデウスで板を出す。
その板で入口を開けた状態にしてそのまま右の壁に貼り付けておく。 次に箱を出し入口の下の方に設置しておく。
そのままボスの間に突入― して即行引き返す。 設置した箱を利用して入口の所まで戻るんだ。
あとは開けた入口に爆発矢やハンマーを垂れ流すだけで一方的に勝利できる。
自分の場合は低重力フィールドを剥がした状態で、アマデウスで板を出し入口を開け(入口上で板を出しそのまま離す)、入口が開いている時に矢とハンマーを垂れ流しまくった。
ボスのライフポイントが表示されていないが問題無くダメージは通っているので心配はご無用。
戦闘が終わればセリフが出るのでそれで判断しましょう。
道中の絵画が飾られている所の戦闘は素直に一旦引き返す。
崖下の窪みの所が安全地帯となっているので、そこからアマデウスを使って敵を海にポイするだけで楽に処理できる。

●アイスワーデン砦(レベル12)
個人的には最難関(色んな意味で)。
長い上に即死トラップ満載。 そして最悪なのがスキップできない長い前置き…。
炎の二刀流の敵が大量に出てくる点も厄介である。(溶岩に落としても死なないので注意。)
逆にボス戦は「シーロック城」と違い雑魚が出てこない点では楽。
このステージはこれといって特別楽になる攻略法は無いので、長い前置きに耐えながら何回も挑戦していくしかない…。

●ブラッケンリッジ登山行(レベル17)・雲上の島々(レベル18)
どちらもワイバーンが厄介となるステージ。
「雲上の島々」に至っては、一旦引き返して安全地帯から―な戦法もほぼ通用しないステージでもある。
ワイバーンはハンマー投げで処理した方がもしかすると楽かもしれない。(もちろん低重力フィールドは張った状態。)
途中のゴーレムみたいな敵はポンティウスで処理するのが楽。
股下をウロチョロしながらハンマーをブン回しているだけで完封できる。
「ブラッケンリッジ登山行」の最後のギミックはアマデウスがいなければおそらく詰むのでそこだけは要注意。

●ゴブリンの陰謀(レベル19)
ボス戦のみのステージ。
別に難しいというわけではないが、第二形態の時は上から狙わずに下から狙っていく方が多分安定します。
股下付近に待機しつつ踏みつけ攻撃を誘ってから攻撃しているだけで勝てる。 弾もほとんど撃ってこないので被弾もしない。
上から攻撃しようとするとハチの巣にされるだけだったので自分には無理でした。


コンプ難易度ですが、個人的には★4寄りの★3(★3.4くらい)に感じた。
「Walk in the Park」は難しいですがそんなにリトライはしなかったので★4まではいかないかなと思った。
収集要素もありますが比較的楽な部類なので、総合的に見ても★3が妥当かと思いました。
トラインに導かれて…
(Updated: 2015年 9月 03日)
トロフィー一覧を見て何となく分かると思いますが
やはり鬼門はGrand CollectorとWalk in the Park。
この2つさえクリアできれば後はあってないようなもんです。

【All Too Easy!】
2面でやればそこまで難しくない。
どうしても無理ならばセーブ&ロードでごり押しましょう。

【Grand Collector】
全XP回収。
割と物陰に隠れて配置しているものが多いので、とったつもりでも実は取れていなかった…というパターンが多い。
これと言って探しやすくする方法も無いので動画を見て一つ一つずつ確実に回収するしかないです。

【Walk in the Park】
全ステージ難易度ハード+ハードコアモードでクリア。
途中セーブ不可、体力回復と蘇生に制限あり、敵強化…
序盤のステージのうちは大して気にならないでしょうが後半になると一気に難易度が跳ね上がります。

僕は特に空中ステージかつ強敵ワイバーンが出現する18面でやられまくりでした。
とにかく戦闘が厳しいので正確な操作が要求されます。
ステージギミックはゾヤとアマデウスがいればどうにでもなります。

戦闘は低重力フィールドを張ってその中で戦うことを心がけましょう。
タッチパネルの操作に自信のある方ならアマデウスで敵を拘束しまくるのも良し。

DLCステージが総じて長い、戦闘がきつかったのでこの評価で。
もっとアクションとタッチパネルの操作に慣れてる方なら難易度はもう少し下がるか。
キャラ同士の掛け合いは面白かったですが、ストーリーやボスはやや淡々としてた印象でした。
ただそれでも十分楽しめましたけどね。
杜撰な日本語化
前作プラチナ獲得済。
配信当初は日本語が表示されない何のための日本語化かわからない致命的なバグがありましたが現在は修正されています。
トロフィー文が英語のままなので私自身何をすれば良いのかわからないものが多く、YouTubeでトロフィー名称を検索し出てきた動画をみて理解していました。
現在ではトロフィーWikiにて日本語化されているのでそちらを見てください。

1周目からハード+ハードコアは選べますが、とりあえず1周目は普通にプレイし収集物、経験値を全て集めたからハードコアに挑みましょう。

「Walk in the park」
最難関のトロフィーです。1ステージづつ順番にクリアする必要はなくバラバラにクリアしていっても取得出来ます。
レベル選択画面の右端のマークが点灯していればハード+ハードコアにてクリア済みのレベルとなります。
面倒くさい仕掛けは全てゴリ押しが可能です。
戦闘が難関ですが、安置からアマデウスで奈落に突き落とす、ギミックで殺す、ゾーヤで反重力フィールドを貼り爆発矢を撃ちまくるでなんとか突破は可能です。ポンティウスは盾役にしかなりません。

20ステージもあり、あまり代わり映えのない仕掛けが延々続いて正直だれました。
ハードコアは難しいですが、めげるような難易度ではないと思うので★3とします。

  1. トロフィー中毒者 より:

    Grand Collector。
    ゴール手前で一つだけ取れていない、というパターンが多く、その際の絶望感は計り知れません。
    画面から見えないところに取り逃しがあると最悪なので、攻略サイトを見ながら回収する場合
    取得した時の「音」でもそこにいくつあるのか細心の注意を払うようにしましょう。

    Walk in the Park。
    他の方も挙げていらっしゃるように本作最難関のトロフィーです、
    全てのレベルを最高難易度でクリア、ただし1レベルずつでよいと言うと
    案外簡単そうに聞こえますが侮ってはいけません。
    一撃食らったらほぼ致命傷、全滅したら最初からやり直し、即ち面倒なギミック戦闘全部を
    繰り返さなければならないので、私のようなアクション下手は相当な時間を取られました。

    難関ステージについては皆さんが役立つアドバイスをくださっているので、ほんの補足程度に。
    【レベル10】のボスですが、ハメ技の方法があまり理解できず、
    ボス部屋にたどり着いて即座に引き返し、考え込んでいたら勝手に死んでくれました、
    どうも手下のザコ敵の同士討ちでダメージを受けていたようで、
    一度ガチンコ勝負を挑んで見た限り無限湧きするようです。

    【レベル12】アイスワーデン砦
    確かに異様な難しさです。
    即死トラップの連続もそうですが、厄介な二刀流と合計4回も戦うことになります。
    攻略動画を見るとアマデウスで檻に閉じ込めるパターンが多かったですが、
    激戦の中でテンパってしまう私のような方は、
    素直に低重力フィールドとゾヤの爆発矢で正面切って戦うことをお勧めします。

    岩のゴーレムには確かにハンマーが有効ですが、少しでも前に出ると掴まれて即死させられる
    危険性が大なので、常に少し背後から攻撃するようにしたほうがいいです。

    最後に、少しでも落下死の恐れがあるところでは
    ゾヤの低重力フィールド&アマデウスのオブジェクトを組み合わせチキンプレイに徹しましょう。

    このゲームは名作ですが、トロフィーを取り尽くさないと気がすまない人は
    寿命を削る思いをさせられます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2021 プラチナトロフィー